MAGAZINEマガジン

連載

本日の一本

プロフェッショナル仕事の流儀『桜咲く、人で咲く~樹木医・和田博幸~』

山高神代桜 .png
樹齢2000年山高神代桜〜山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラの老木。
しかし一時は樹勢が衰え、枯れてしまうことが危ぶまれた。17年前、復活に向けての調査と工事の施行管理などを託されたのが、和田博幸さんだった...今では、元気を取り戻し始めている。

そんな和田さんに先日お目にかかり、インタビューさせていただいた。
今回の一本は彼の活動をまとめ、昨年NHKで放映されたこの番組をご紹介。

*NHK解説より
樹齢2千年の巨大桜、倒木で危機にひんした公園など30か所以上の桜の名所を復活させ育ててきた樹木医・和田博幸。樹木をみるだけでなく、多くの人に長く愛される名所にするためのロードマップを作るのが和田の真骨頂だ。花見客が歩く動線や見上げる角度、地元市民が手入れをしやすい品種などさまざまな視点から立案していく。桜が満開になる春は回復具合をみて計画を練り直す季節。100年後を見据えた和田の地道な挑戦を描く。

和田博幸.jpg
プロフェッショナル仕事の流儀『桜咲く、人で咲く~樹木医・和田博幸~

*TAO LABより
数年前、久しぶりに伊豆に戻り、故郷熱海に帰ってきた時、驚いたのは市内の何箇所かに行き届いた気遣いを感じる植栽がされていたことだ。梅、紅葉、櫻、ジャガランダ、ブーゲンビリア等々。街に、人が集うところに花や緑があるとそれだけで嬉しくなってしまう...このランドスケープ、いったいどこが?だれが??なんで???...

というわけで調べたら和田さんの存在にぶつかった。また、この粋な出来事にはひとりのスポンサーが居ることも知る...大塚商会大塚会長〜事業で大成功納めても品位のない方が多い昨今、皆が、自然が、地球が喜ぶ素晴らしいお金の使いっぷりにはシビレます!!!
近いうちに和田さんや関係各位の皆様に伺い、まとめ記録したものを何回かアップします。

その前にまずは現代の花咲おじさん:)和田さんの仕事っぷりをこの番組を通してぜひ観、知ってください。超ナイスジョブ!!!!日常の美を創り、育てる仕事。毎日が生活観光〜未来への素敵な贈りもの。

まるで癌細胞のように母星である地球を痛めつける"人間"。その結果、逃避場所として行うような宇宙開発より、美しい地球を保全するこのようなお金の使い方、時間と知恵の使い方のほうが"ヒト=霊止"として尊いかと。

NEXT

PAGE TOP