MAGAZINEマガジン

連載

本日の健美

七つある首の骨〜その二番目、第二頸椎の位置を整える『頸部前彎療法』知ってます???

*TAO LAB より
昨年9月よりつづく、右腕付け根+脇胸の激痛...珍しく行きました〜西洋医学大きな病院二カ所での各種精密検査。でも...一切、どこも...問題なし...とのこと。
さらに東洋医学の鍼灸も試しました。こちらは"気の流れ"を意識するので痛みのひとつの原因となる連なり、あらためて意識化。その流れに乗り、自分なりにそこから体感実感したことが。
理解したこと、眼の疲れ、首の前倒し、カラダの捻れ、姿勢。その結果の歩き方。さらに生活環境の変化=コンピューターやスマホ、悪化=電磁波や悪想念。

で、たどり着いたのはふたつ。
そのふたつは偶然、それぞれ別の方を通して流れ、同時期、自分に届いたもの。結果、自分にとってはそれは対となるシナジー生じるものと認識、さっそく、ダブルで体験試しました。
今回、ぜひ、まずは紹介したいのはそのうちのひとつ、『頸部前彎療法』です。

頸部前彎療法〜わかりやすくいうと七つある首の骨の上から二つ目、喉仏ともいわれる第二頸椎の位置を正常に整えるための治療...というか調律といった方が適正かと思われる療法。
上記、原因不明の痛みに苦しんでいたとき、古くからの友人である福永柏くん(童話作家 福永令三さんの長男)がこちらを紹介してくれました。

茅ヶ崎 川島整体院・青山堂

川島4jpg.jpg

川島陽一さん

喉仏とは?
頸椎.jpg
第二頸椎.jpg

いかがですか?まさしく仏さまが合掌胡坐しているかのようなカタチ。
「喉仏」として、火葬の後の骨壺に収骨する際は一番上に収められます。正式名称は「軸椎」と言って頭の下のところにあり、喉仏の場所にはないのです。

余談ですが、私たちが喉仏と称している喉の突起は「甲状軟骨」という軟骨のことです。

さらなる余談〜約4000種ある哺乳類の頸の骨の数は7個、です。人も犬も猫もゾウもキリンも皆、7個です(ナマケモノ2種とマナティは例外で6あるいは9個)。カメ、トカゲ、ヘビ、ワニなど爬虫類は8個、のようです。進化の過程で数が決まってきたのでしょうが、不思議です。
二本足で直立歩行する哺乳類は人類だけですかね?
鳥類は二本足ではありますが、頸椎は11〜25個とのこと。ペンギンくらいですかね?首据わってて直立歩行するの?

さて、ここで、川島さんのこの言の葉を〜

- 症状及び病気の発生と進展 -
病気の症状は、どんな健康な人であっても、少なからず起きるものです。例えば睡眠時間が不足すると、日中眠気を覚えます。身体もだるさを感じます。でも少しの休息を取る事ができれば、症状は改善します。何かに身体をぶつけた結果としての軽い打撲であれば時間の経過とともに痛みは和らいで行きます。

さて、健康な人は風邪を引かないでしょうか。そんな事はなく、条件によっては鼻水、咳き込み、悪寒など、様々な症状が起きるものです。ですが、そのような人達は一晩あるいは1日寝るだけですっきりするのです。

外に出、 社会に出て、大切な授業、大事な会議や取引、接客などなど、中々休む事ができず、手っ取り早くお薬に頼る事になります。解熱剤、咳止め、頭痛薬、ありとあらゆる薬は薬局、コンビニ、スーパーで直ぐ手に入れる事ができるのです。

環境や生活状況の整備をしていてもなおこれらの症状がいつまでも続いて治らない場合は神経電流の伝達障害、つまり自己治癒力の停滞が起きています。頸部前彎療法(以下 前彎療法)でいうとろの全ての病気の原因、スタグネーション(停滞)が発生していると考えられます。

スタグネーションは必ず上部頸椎、つまり頸椎一番及び頸椎二番のところで起きています。上部頸椎以外の神経電流の阻害はほとんどが補正の為の第二次的なものにすぎません。スタグネーションが解消すると、補正作用も時間の経過とともに消えていきます。つまり上部頸椎が原因であり補正作用は結果です。

胸椎や腰椎の部位における神経電流の圧迫による胃もたれ、背中の痛み、腰痛便秘などが起きてもそれらは全て補正作用であり、上部頸椎のスタグネーション(原因)を解消すれば時間の経過と共に症状(結果)も改善の方向へと向かいます。

私達が生まれてからおよそ三、四ヶ月経つと、頸椎に二次彎曲が起こります。俗に首が据わる、と言いますが、このことによって頸椎の前彎ができ、やがて成長して一年前後に赤ちゃんたちは、大きい頭を支えることができるのです。前彎療法では、上部頸椎を整えることで、人が生来的に持っている治癒力=自然治癒力を発揮させます。


〜なるほど、です。難しい???笑
ここで大切なのは「太字」です。
停滞が直ると自己治癒力が発揮する」ということ。いたって難しくなく、シンプル、でしょ???生命の仕組み。

さらに大切なのは頭で納得!そこで止まるのではなく、自らのカラダを使って、実践体験してみること。この二番=喉仏が本来の位置に座ることにより、私は有り難い結果+とんでも:)当たり前な気づきを3回通っただけでいただいています。

哺乳類で唯一直立二足歩行する人類の頸椎二番の日本語名が祈り座っている「喉仏」というネーミングになっていることも、ある意味、驚愕します。21世紀の座禅はこの二番がチャントに定位置に座ることかもしれないと思ったりして〜座禅のパラダイムシフト:)

料金をお伝えいたします。
1回目
初診料3000円+調律料4000円
2回目以降
調律料4000円のみ

電話:090-4598-2062
E-Mail: lordosis11@gmail.com
予約受付時間:午前9:00 ~ 18:00
★完全予約制となっております。お電話くださいとのこと。
休日:不定休

改めてこの機会に、、、一向に病が縮小されない対症療法である西洋医学に保険が効き、多大な税金が投入されている現状鑑み、東洋医学やこのような療法である根本治療やそれを支える日常の食や環境に税金が今以上に投入される未来、ソウゾウしたいものですね〜:)

アフター567の時代、自らが自らの救世主になるということは自己治癒力を発動高めるということでもあります。
私がなぜ、川島さんの療法を「治療」と言わず「調律」というのか?
そのニュアンスをぜひ体感し、薬や先生たちに依存するではなく、自らでまずは自律し、自立する人生をお互いに実現したいものですね!
「川島整体院・青山堂」そのスイッチを入れるお手伝いをしてくれる日本のなかでも希有な治療院の一つと確信しています。

PS
『オダワラ興味sing!sing!』の5月のゲストは川島さんをお迎えし、お送りしています。
順次、こちらに選曲リストとともにアーカイブアップいたします。
お楽しみに〜:)

9月よりの痛み...だいぶ、無くなってきているのと痛みの種類、場所が移動しております。
こちらはふたつの実践が効いていると実感するとともに、原因は今までの体験より物質的な原因とともに根っこでは「霊的スピリチュアル的な原因」も絡んでいると思われます。こういう痛みは経験上、運命として:)まずは受け入れ、耐え、外側に囚われず...時を経て何らかの解消=浄化されるその日その時、来るの待っています〜:)

NEXT

PAGE TOP