MAGAZINEマガジン

連載

万物日本霊長辞典

追悼:鈴木孝夫先生〜日本語脳が世界を救う... 

*TAO LAB より
219915011_10223382859553019_5161954163298905866_n.jpg
鈴木孝夫先生と金谷武洋先生と。

2021年〈令和3年〉2月10日、94歳で鈴木孝夫先生が老衰のため肉体を離れました。
縦割りピラミッド型でなおかつグローバリスト=コミュニスト=全体主義で運営されている教育界、社会もそうなってますが...そんな息苦しい閉鎖的官僚的な人類の世界で自由奔放縦横無尽に世界をまわり、知の冒険者ともいえる人生を歩んだ先生。ありがたいことに晩年、お付き合いをさせていただきました。大天才でしたが、お茶目でもありました、そんな先生との会話、大爆笑超刺激的でした。

先生と自分との共通項〜右であれ、左であれ、真ん中であれ、私利私欲のために権力振りかざし、結果、恫喝や暴力でヒトを服従させる存在=エネルギーに対する反骨心です。先生との約束のひとつである書籍、新たな原稿をいただき作ることは叶わなくなりましたが、機会とご縁いただけたらチャレンジしてみたいなぁと思います。どうでしょうか?で、必要でしたら先生、それを実現するエネルギーとアイデア、そちらより送っていただけたら〜その作業で再会すること、楽しみにしています。
この世ではありがとうございました!お疲れさまでした!!ますます、お元気で!!!
合掌

あらためてこのWEBにアップした下記、纏めておきます。

2018.02.04
言語生態学者 鈴木孝夫先生との企画が始まります

2018.04.24
KeioPoster.jpg
『慶應義塾大学タタミゼプロジェクト講演会』のお知らせ

2018.06.04
IMG_6032.JPG
報告+御礼『慶應義塾大学タタミゼプロジェクト講演会』

2018.07.21
慶応義塾大学タタミゼプロジェクト講演要旨


*映像『慶應義塾大学タタミゼプロジェクト講演会』

鈴木孝夫講演 「なぜ日本語を世界に広める必要があるのか」


金谷武洋講演Ver1.5「日本語を世界に発信する」


鈴木孝夫+金谷武洋<鼎談> 「日本語の世界・日本語と世界」

NEXT

PAGE TOP