MAGAZINEマガジン

連載

ホリステック・ライフに向けて by 中川吉晴

行為」の道とは何か -『バガヴァッド・ギーター』を読み解く- vol12

*TAO LABより
同志社大学Well-being研究センターから2021年3月29日に小冊子『ウェルビーング研究 3』が発行されました。

その冊子には当社刊『神の詩 バガヴァッド・ギーター』を引用しながら同志社大学社会学部教授の中川吉晴先生"「行為」の道とは何か-『バガヴァッド・ギーター』を読み解く- "という論文が掲載されています。

CDBBB31E-47D5-4C05-852A-C7A0AA1E48BE11.JPG

その論文を中川先生及び同志社大学Well-being研究センターのご厚意によりここに転載させていただけることとなりました。
ありがとうございます。
章単位ごとに12回に分け、連載させていただきます。
今回はいよいよ12回め、ラストとなります。

では、今此処にいながら中川先生とともに時空を超えたギーターの旅をお楽しみください。


*12 未来存在としてのクリシュナ
 その生涯を世俗社会に生きたクリシュナは、現代において、また未来において大きな意味を有している。クリシュナは一次元的ではなく、多次元的であり、生のあらゆる道、生のあらゆる次元に侵入し、そこを歩んでみせる。大半の宗教や聖者の教えが一次元的であり、それゆえ生の多くの面に対して否定的、抑圧的であるのに対して、クリシュナは生のあらゆる面を受け入れ肯定する。したがって、その測りがたさゆえに、クリシュナを理解することは容易ではない。その意味では、シュタイナーの解釈もいまだ部分的であると言えるであろう。クリシュナは、その全体性と測りがたさゆえに、単なる過去の存在ではなく、人類の未来にこそ属しているのである。

 『バガヴァッド・ギーター』をとおしてクリシュナにふれる私たちにとって重要なのは、クリシュナの教えから特定の信条や教義を引き出したり、概念や定式を構築したりすることではなく、クリシュナの多様なヴィジョンに触発されて、各自が生の全体性の理解を深め、その理解を伴って独自の道を見いだし、それを生きることである。


文献
 本文中の『バガヴァッド・ギーター』からの引用は、田中嫺玉訳『神の詩 バガヴァッド・ギーター』TAO LAB BOOKS刊による(使用に際して出版社の許可を得た)。『バガヴァッド・ギーター』の数ある邦訳書のなかで田中氏の邦訳を用いるのは、この邦訳ではギーターのスピリチュアリティがよくとらえられていると思われるからである。田中嫺玉氏(1925-2011)は、シュリー・ラーマクリシュナの長大な言行録、マヘンドラ・グプタ著『不滅の言葉』(ブイツーソリューション刊)の名訳で知られる。

赤松明彦(2008)『書物誕生 あたらしい古典入門 バガヴァッド・ギーター』岩波書店.
Aurobindo, S. (1976). The synthesis of yoga. Pondicherry, India: Sri Aurobindo Ashram.(抄訳 オーロビンド・ゴーシュ『インテグラル・ヨーガ』澤西康史編訳, アルテ, 2013年)
Aurobindo, S. (2004). Essays on the Gita. Pondicherry, India: Sri Aurobindo Ashram.
Aurobindo, S. (2006). The Bhagavad Gita with text, translation and commentary in the words of Sri Aurobindo (3rd ed.). Jhunjhunu, Rajasthan, India: Sri Aurobindo Divine Life Trust.
Balsekar, R. S. (2003). Peace and harmony in daily living: Facing life moment to moment, being anchored in tranquility (S. Waterman, Ed.). Mumbai: Yogi Impressions.
チョウドリー, N. C.(1996)『ヒンドゥー教』森本達雄訳, みすず書房.
ゴンダ, J.(2002)『インド思想史』鎧淳訳, 岩波文庫
Huxley, A. (1946). The perennial philosophy. London: Chatto & Windus. (ハクスレー『永遠の哲学』中村保男訳, 平河出版社, 1988年)
Huxley, A. (2002). Introduction. In S. Prabhavananda & C. Isherwood (Trans.). Bhagavad-Gita: The song of god (pp. 13-23). New York: New American Library. (スワミ・プラバヴァーナンダ, クリストファ・イシャウッド編『バガヴァッド・ギータ』熊澤教眞訳, ヴェーダーンタ文庫, 1970年)
岩本裕編訳(2013)『原典訳 ウパニシャッド』ちくま学芸文庫.
市川白弦(1978)『日本の禅語録十三 沢庵』講談社.
Maitra, K. (2018). Philosophy of the Bhagavad Gita: A contemporary introduction. London: Bloomsbury Academic.
美莉亜訳(2009)『バーガヴァタ・プラーナ――クリシュナ神の物語』下, ブイツーソリューション.
宮元啓一(2008)『インドの「二元論哲学」を読む』春秋社.
Nagamma, S. (2006). Letters from Sri Ramanasramam Volumes 1, 2 & Letters from and recollections of Sri Ramanasramam (D. S. Sastri, Trans., 5th Rev. ed.). Tiruvannamalai, India: Sri Ramanasramam.
パリンダー, J.(2001)『神秘主義』中川正生訳, 講談社学術文庫.
Prabhavananda, S. & Isherwood, C. (Trans.). (2002). Bhagavad-Gita: The song of god. New York: New American Library. (スワミ・プラバヴァーナンダ, クリストファ・イシャウッド編『バガヴァッド・ギータ』熊澤教眞訳, ヴェーダーンタ文庫, 1970年)
Ram Dass (2004). Paths to god: Living the Bhagavad Gita. New York: Harmony Books.
Ram Dass, with Remeshwar Das (2014). Polishing the mirror. Boulder, CO: Sounds True.
Ram Dass & Bush, M. (1992). Compassion in action. New York: Bell Tower.
Ram Dass & Gorman, P. (1996). How can I help? New York: Alfred A. Knopf. (ラム・ダス, ポール・ゴーマン『ハウ・キャナイ・ヘルプ?』吾妻典子訳, 平河出版社, 1994年)
Sargeant, W. (Trans.). (2009). The Bhagavad Gītā. Albany, NY: SUNY.
シュタイナー, R.(2017)『シュタイナー根源的霊性論――バガヴァッド・ギーターとパウロの書館』高橋巖訳, 春秋社.
シュタイナー, R.(2020)『バガヴァッド・ギーターの眼に見えぬ基盤』高橋巖訳, 春秋社.
田中嫺玉訳(2008)『神の詩 バガヴァッド・ギーター』TAO LAB Books.
辻直四郎『バガヴァッド・ギーター』講談社, 1980.
上村勝彦訳(1992)『バガヴァッド・ギーター』岩波文庫.
上村勝彦(2007)『バガヴァッド・ギーターの世界』ちくま学芸文庫.
Varma, P. K. (2001). The book of Krishna. New Delhi: Penguin Books India.
Vivekananda, S. (1984). The complete works of Swami Vivekananda. Vol. 3. Calcutta: Advaita Ashrama.(抄訳, スワミ・ヴィヴェーカーナンダ『バクティ・ヨーガ』日本ヴェーダーンタ協会, 1991年)
Vivekananda, S. (1986). The complete works of Swami Vivekananda. Vol. 1. Calcutta: Advaita Ashrama.(抄訳, スワミ・ヴィヴェーカーナンダ『カルマ・ヨーガ』日本ヴェーダーンタ協会, 1989年. 同『ラージャ・ヨーガ』日本ヴェーダーンタ協会, 1997年)
Vivekananda, S. (1987). The complete works of Swami Vivekananda. Vol. 2. Calcutta: Advaita Ashrama.(抄訳, スワミ・ヴィヴェーカーナンダ『ギャーナ・ヨーガ』日本ヴェーダーンタ協会, 1993年)
鎧淳訳(2008)『バガヴァッド・ギーター』講談社学術文庫.

付記
本論考は「『バガヴァッド・ギーター』の統合人間学」(『統合人間学研究』2号, 2019年)を改訂したものである。なお初出論文の一部は「カルマ・ヨーガと無心のケア」に転用され、坂井祐円・西平直編『無心のケア』(晃洋書房, 2020年)に収録されている。

*中川吉晴先生 著作

*TAO LABより
12回に渡り、中川先生の論文を掲載させていただきました。
いかがでしたでしょうか?

中川先生+同志社大学、および田中嫺玉さん、そしてこの書物を文字として残してくれた聖なる方たち、さらにこの書物をさまざまなカタチで紹介してくれている探求者の皆さま、あらためましてありがとうございます!

時空を超え、国境を超え、宗教を超え...普遍的な真理を伝えてくれている『バガヴァッド・ギーター 神の詩』が激動の「今」という時代を共に生きる皆さまのなんらかの指針、励ましになったら幸いです。

NEXT

PAGE TOP