MAGAZINEマガジン

連載

本日のたべもの

発酵食〜その1

*TAO LABより
ここのところ、意識して実行しているのが「土と内臓」の環境をよくすること。

庭には土壌よくするために炭素が豊富なチップや枯葉を撒きながら、窒素を多く含む刈り取った草やコーヒかす、ぬかを加え、生ゴミを堆肥化、EM菌を始めとする微生物を加えたりしてどうなるのか実験実践しています。

土が良くなると植物の根が喜びいさんで張り ⇔ 微生物やミミズや虫たちが活き活きし、結果、小鳥たちチョウチョもなんでか集まり...それはきっと「場」のバイブスが上がり、「半径15メートルの生きものたちの調和=平和」が実現したことになるとおもいます。
ここを与えられた責任として、そんな空間を創り、気持ちの良い「和=環」を実現維持したいものです。

土と同じような役目を体内でしているのが内蔵。
特に腸。腸がよくなると体調調子よくなること事実です。
で、腸内環境よくする、最近のお気に入りの朝ごはん・デザートはたとえば、こんなもの、いただいています。

左〜甘酒豆乳ヨーグルト
・豆乳ヨーグルトはこのように水を切ります
http://www.taolab.com/magazine/2018/08/-st-3000.html
注)採れた乳清は他に使います

・上記のクリーミーな豆乳ヨーグルトと同僚の甘酒を混ぜます。
注)砂糖が入っていないものをチョイスしています。

・出来上がりを冷蔵庫に保管して1週間位のうちに召し上がります。
これに乾燥スーパーフードやナッツ・ドライフルーツ、さらにメイプルシロップや酒粕混ぜたりしてバリエーション楽しんでいます。

右〜甘酒納豆
納豆 180G
乾燥麹(米や麦) 40g
甘酒 150cc
海藻や乾燥野菜 適量
薬味(七味や山椒とか) 適量

・上記を全部混ぜ、冷蔵庫で保管して2週間位のうちに召し上がります。
このままいただいてもいますが、豆腐やサラダ、ゴハンや麺類(自宅ではお米ほとんど食べません)のトッピングとしても利用しています。

132484962_4127427477284694_763760372226165403_n.jpg

超カンタンでおいしいヘルシーかと。
よろしかったら日常生活でお楽しみください〜:)

NEXT

PAGE TOP