ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2015年01月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
serch
recent Comments
Spiritual Archive
■The Blue Marble

いつの頃か、いつも周りにこの写真があります。
ザ・ブルー・マーブルと言われている人類が初めて目にすることが出来たこの写真。
やばいっす、大好きです。

TheBlueMarble.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■2008年5月末 アンマ来日決定

amma14.jpg
大好きな南インドの聖母アンマの来日日程がおおよそ決まりました。

開催地は、昨年と同じ神戸・東京です。
開催日は変更の可能性がありますが、おおよそ例年と同じ、5月の最終週となる予定です。
開催順は神戸⇒東京です。
詳細はコチラへ

楽しみです!毎年、有り難いことです、わざわざ、日本に来てくれて。
予定表に書いておいて下さい:)
是非5月、彼女に触れてみて下さい。
すべて無料です!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■観音様

あらためてまた見ちゃいました。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■I LOVE YOU SO MUCH:)母性!

いや〜世の中どうなっちゃうんでしょうかね・・・どうなるか・・・はっきりしているのはそれはすべて僕らの生き方の結果ということです。

さて大好きなアマチが今年も5月神戸+東京来日 です。

彼女は僕にとって「宗教家」ではありません。
昔、あっちゃんが彼女のことをNYに住む姪っ子のクミに説明するときに「宗教じゃないのよ」といったら即答で一言「わかってるよ〜愛でしょ」といったそうです・・・最近の子はバージョン上がってるなぁ〜:)
いるんだよね、有り難いことにこの時代にも、尊敬できる生き方を示してくれている人がここにも!


世界は知っているけど、日本はまだまだ彼女のことを知らない・・・ダライ・ラマやマザーテレサを知ってても彼女のことはあまり理解できない・・・5月末、ぜひ彼女に触れてみてください。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Amma On CNN

最近彼女の映像をとても観たくなります・・・なんかジ〜ンときて、俺も顔晴っていこうと思えるからです:)
有り難いことに結構WEB上にアップされています。
今回はCNNで流されたものを・・・
僕の大好きな場所のひとつ、ケララにある寺院。懐かしい。世界中の人が同じ釜の飯を食べるキッチンワークのお手伝い、また行きたいものです。

5月に会場 で会いましょう:)
なお来日時に海外から来る方達のゴハン作りの仲間を募集中です。
日にちは5月27日+28日昼&夜ゴハン。場所は調布あたり、1日でも1食でもいいですよ〜良かったら連絡下さい。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA来日チラシ配布ボランティア募集

配布始まっています。
本年も良いものが出来ました。

このプログを観て「このチラシをお店やイベントや集いで知人に配布したろう」という心ある方:)がいましたらぜひご連絡下さい。
配布先は全国です。
数は50枚以上から・・・1000枚単位でも大丈夫です。

・お名前
・チラシ送り先アドレス(電話含む)
・部数

をメールでこちらに送って下さい。
追って送らせていただきます。
よろしくお願いします!

sumiちゃんはじめ広報の皆様、超忙しいところデザインしてくれた大賀さんチーム、お疲れ様です。
良き集い になったらいいですね:)

a2.jpg

a3.jpg

a4.jpg

a1.jpg

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA来日4週間前 コメント1

先日アップしたチラシ は世界の様々な方達からのアンマに対するコメントが書かれています。
写真ではわからないので改めて引用しますね〜:)


「聖者を紹介するのというのは大きな仕事です。けれど、天使を映像に収めるのは、それとは比べられないほどの大きな仕事です。「ダルシャン」はとても強く訴えかけてくる映画ですが、自らを奉仕に捧げる人の人生は、私たちすべてが目指すことができます。なぜなら、私たちが自らの意思でそれを選ぶことができるからです」
シャロン・ストーン(女優)。2007年シネマ・ヴェリテ映画祭のプレゼンテーターとして。アンマは映画「ダルシャン」によりシネマ・ヴェリテ賞を受賞した。


アンマは、抱かれている人が、まるでこの場にいるただ一人の人であるかのように、心から人々を抱きしめる。
大勢の人々が喜びの涙をぬぐっているのを私は見た。英語を話さないこの謙虚な女性は、言葉を超えた普遍の教え、つまり愛の必要性が、すべての人が分かち合う共通のテーマであり、人の心が成長するための土台であることを教えているのだ。
彼女の温かい抱擁を受け、その喜びをたたえた目が私を見たとき、私はほかの人たちが感じたことを感じることができた。そして、この不信と不安の時代に、どんなことも可能にする「無条件の愛」がこもったシンプルだが力強いメッセージを送り続け、人々を勇気づける手本となり続ける一人の女性がこの世に存在することについて考えた。
FOXニュース キャスター ウマー・ペンマラジュ(FOXニュース記事より抜粋)


「MAM(MAマート)の津波救済活動が印象的などということばはあまりに控え目な表現です。この救済プログラムは、食料、衣類、避難所、医療、さらには教育と仕事にまで、津波の影響を受け、そのような救済活動を受けるにふさわしい人たちのために、人生のあらゆる側面をカバーしています。」インディア・トゥディ2006年2月


続きを読む
| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA来日3週間前 コメント2

先日アップしたチラシ は世界の様々な方達からのアンマに対するコメントが書かれています。
そこから再び引用します〜:)

「このように素晴らしく善良さそのもののような女性とこの場を分かち合うことができることをとても光栄に思います。彼女は神が男女の差別をするとは思っていません。そして私は、彼女が神の愛の化身として目の前にいると信じます」
ジェーン・グドール博士(霊長類学者、2001年ガンジー・キング平和賞受賞)

「分け隔てなくすべての人に開かれた教育や医療、地域福祉などの、アンマの行う慈善活動に、私はいつも勇気づけられます。私の10か月分の給与を、MAMの慈善活動に捧げたいと思います。」
アブドゥール・カラム博士(前インド大統領)2003年大統領在任中にアンマにあてた手紙より

「アンマはのびのびと直観的に行動します。これがスピードと弾みをもたらし、お役所的な手続きを省き、人々を刺激し、集まってくる人々と動くようになるので、必要とする人に時を得た質の高い支援をすることが可能になります。国際的NGOや国連諸機関はアンマの仕事や実績から学ぶものがあると思います」
オララ・オトゥンヌ前国連事務次長、前子どもと武力紛争に関する国連事務総長代理


続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA来日2週間前 コメント3

先日アップしたチラシ は世界の様々な方達からのアンマに対するコメントが書かれています。
そこから三度引用します〜:)

「平和について語るにふさわしい人はアンマをおいて他にありません。自分自身が平和のうちに生きているだけでなく、人々をもその平和に目覚めさせているのです」
映画「ダルシャン」のプロデューサー、マニュエル・デ・ラロッシュ氏

「アンマのシンプルなメッセージは愛と人に奉仕することである。そして、彼女は今もそのほとんどの時間を求める人々を抱擁することに費やしている。」
ABCニュース
「アンマは神とだけ交流し一体であると認識しているのではない。通りを行きかう普通の人々とも、一つとなっているのだ」インディア・トゥディ2003年9月

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA来日1週間前

もうすぐ来日です。
24日、神戸から・・・東京は27日+28日

5月24日(土)25日(日)
神戸:ホームズスタジアム神戸(旧名神戸ウイングスタジアム)
所在地: 〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番地の2
TEL 078-652-5656
会場までのアクセス:JR神戸線 兵庫駅より徒歩20分、
JR和田岬線・地下鉄海岸線 和田岬駅より徒歩6分
地下鉄海岸線 御崎公園駅より徒歩5分

5月27日(火)28日(水)
東京・調布: 味の素スタジアム内ミズノフットサルプラザ
京王線飛田給駅より徒歩5分

*無料+入退場自由

昨年のNYCでの模様を〜

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■心に残ったフレーズ

いや〜ロックンロールスピリチュアルツアー終わりました。終わるといつも夢のよう・・・
アンマの話の中で心に残ったフレーズをご紹介します。

『笑いは魂の音楽です。笑いながら生きなさい。』

ういっす〜:)そうします!

amma_red.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■しゃんてぃ〜印度

日付は変わってしまっていますが、昨晩(26日)、来福チャキ夫妻とインド話で盛り上がり、今日はムーチ君とケララのTVの音のすり合わせしていました・・・ブログもなぜだかインドづいてました。

ムンバイでテロとのこと、今知りました。
タジマハールホテル・・・いい宿です。
此処で上品な:)カレーいただきながらシタール聴いて〜俺のムンバイでの過ごし方のひとつ。

沢山の命がなくなってしまったようです。
ご冥福をお祈り申し上げます。
合掌。

インド、大好きな場所。
インド、上記のような愛溢れる方が沢山生まれる場所。
シャンティ シャンティ シャンティ インド 地球
願っています。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Babaji

10数年前のスピリチュアルな旅。ネパールからヒマラヤトレッキングを経て、バスでブッダをたどりつつ、インドへ入国。その後列車とバスを乗り継ぎ南下して南印度の聖者・聖地巡り。その後再び進路を北にとり北印度のヘラカンババジを訪ねました。

こんなのYou Tubeで見つけました。

インド人というよりはネイティブアメリカンの勇者のようなババジの写真を初めて見た時にしびれちゃってどうしても行きたく・・・ババジはすでに肉体を離れていましたが、滞在していた時期は偶然にも丁度世界の食べものを浄化させる儀式の真っ最中でした。
護摩焚きどういうわけか参加させていただき、その後、ぶっ倒れちゃいました:)

アンマやサイババはもちろんのこと、ラーマクリシュナやババジのバッジャン(賛美歌)も大好きです。ラーマクリシュナは美しく、ババジは力強く、それぞれカラーがあってどれも大好物。心が晴れます:)

ババジは魂的にはヨガナンダの師匠の師匠の師匠と言われています。

聖者はとても美しい気持ちの良いバイブを放っている〜活躍していたその場所もまたなんともシャンティなバイブが・・・たまんないなぁ:)

印度深いなぁ・・・不思議だな〜
魂はインド、肉体はハワイ、カルマヨガは今世いただいた日本人の“和”のセンスを活かし、母国日本を核に世界に向け行いたいものです:)

オーム シャンティ シャンティ シャンティ:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■皆既日食

| Comments (3) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■無題

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■PAPAJIと福間さん

最近読んでいたのはこれ、覚醒の炎―プンジャジの教え。

プンジャジは俺の大好きな聖者の一人であるラマナ・マハルシの弟子の一人です。翻訳者の福間さん、彼の訳したスピリチュアルな書籍を偶然続けて読んでいました。先日気づいたんだけど、場合によって彼は高校・大学の同級生かもで・・・驚きと共にそうだったらゆっくりあらためて話し聞いてみたいなぁ〜:)
余談ですが最近ご無沙汰の同級生が福岡の店に何人も現れる・・・ご縁が再び繋がってきています。縁は円なり:)
「友よ」元気で何よりです。

Papaji Ramana Song ; One Day Harilal

Meditation with Papaji

PS
毎度ながらインド、深っ!〜最近届いたメールですが、例年のごとく本年5月後半、南インドの聖母アマチのダルシャンが神戸と東京で行われる模様です。招聘チームがボランティアワークの仲間を捜し始めているようです。ぜひお手伝いご検討下さい。

アンマに会いたいなぁ〜楽しみだ:)!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■アンマ!!!ボランティア募集

090213.gif

大リスペクト、大好きな南印度の聖母アンマの本年来日日程が決まったようです。

神戸 5月22日+23日
東京 5月25日+26日

両方とも会場は未定。
また変更もあるかもですが、詳しくはWEBをチェックして下さい。

この集いはボランティアの方たちの働きで例年行っています。
神戸+東京ともよろしかったらぜひお手伝い願います
俺らも例年のごとく“賄いワーク”でお手伝いできるように調整していきます。
こちらもどなたか名乗り上げてください。
メールいただけたら幸いです。

福人、神の戸:)花のお江戸:)行きませんか???:)
未来の常識の“戸”を開けよう〜:)
う〜っす、楽しみ!!!
ひらけ護摩:)

下記シリーズですがPart1のみ埋め込み禁止〜下記クリックして見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=12sCzuHohzw&feature=related

| Comments (4) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■日本ではまだ知られてないけど・・・

世界中で活躍しています〜AMMA
残念ながら日本ではまだ知られていません。

アンマ〜5月神戸+東京来日、イベントは無料です:)ぜひ!
今年こそ、皆にアンマに触れてほしい・・・オムナマシバヤ リスペクト アンマ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■2009年アンマ来日プログラム・ワークショップ開催

本年も5月末に神戸+東京にてイベントを行うために来日するアンマのプレイベントとして下記のようなワークショップが開催されるようです。
案内を転載しますネ。
お近くの方+ご興味ある方はぜひ参加したらいかがですか?

●2009年アンマ来日プログラムに向けて、ワークショップを開催いたします。
参加費用は、1口1,000円〜(全額、国際チャリティ協会アムリタハートへの献金とさせていただきます)

以下のワークショップのお問い合わせ、お申込先は同じですが、開催場所が2ヶ所ありますので、お間違えのないようにお願いします。
みなさまと、共に学びながら楽しいひと時を過ごせることをお祈りします。

<アロマ・ハーブのナチュラルケア>

 植物からとれる100%ピュアな精油(エッセンシャルオイル)やハーブをの使い方
を知って日常のケアに役立てましょう。自然の恵みをいっぱいに受けたラベンダーオイ
ルやインドの聖なるハーブともいわれるホーリーバジル(トゥラシ)の効果や利用方法
をご紹介します。
実際に育ててみたい方にはその方法もお伝えします。
塗ったり、飲んだり、吸入したり、湿布したり、マッサージしたり。。。風邪の予
防、ストレス対策、安らかな睡眠、つやつるお肌などなどにお役立てください。

★ 3/29(日)14:00-16:00 日本MAセンター
★ 4/19(日)13:30-15:30 アーヤタナ・ヒーリングスペース(神奈川県藤沢市)

<アーユルヴェーダ・パンチャカルマ(心身浄化療法)とは?>

 こころ、からだ、スピリットを浄化し、調和させるパンチャカルマの実際を体験
談をまじえてご紹介。
パンチャカルマの目的、どんな事をするのか、どのくらいの期間・費用を要するの
か、どんなことに注意するべきか、などなど。
ケララ州アンマの僧院内のクリニックとアーユルヴェーダ大学病院でのパンチャカ
ルマをご紹介します。

★ 5/19(日)14:00-16:00 日本MAセンター
★ 5/12(火)14:00-16:00 アーヤタナ・ヒーリングスペース(神奈川県藤沢市)

<アーユルヴェーダ・こころ・からだを癒す食べもの/食べ方>

 食べるものが、からだだけでなく、こころにも影響します。
さらに、食べ合わせ、調理法、気持ちなど、どう食べるかでも変わることを知って
賢い食生活を。こころを穏やかにし、調和させる食べもの、活力を与えるけれど、過ぎ
ると激質を高めてしまう食べもの、無智で怠惰にさせる食べものなどを具体的にご紹介
します。

★ 4/21(火)14:00-16:00 アーヤタナ・ヒーリングスペース(神奈川県藤沢市)

お申し込み、お問い合わせ: ミナ ayatana2007@hotmail.co.jp

・・・とのことです〜というわけでよろしくお願いします:)
来日楽しみ!!!:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■YOGA and VEGIE

マナバーガーズはヨギーニにご贔屓していただいています。

市内にあるUNIVAさんyogalimtさんYOGA BREEZEさんにはスクールでマナからのインフォ置かしてもらいながらさらに「神の詩」も扱っていただいています〜いつも有り難うございます。

各スクールでは通常のクラスとともに世界中から先生を招きスペシャルクラスを提供したりしています。そういう時は休憩時間によく先生と生徒さんが一緒にマナ来てゴハン楽しみつつ、交歓してたりで嬉しい次第です:)
ここ数日毎日顔を出してくれているのがBREEZEさんでの9日間のスペシャルクラスを現在行っているフロムNYのJules Febre先生。なんだかシャンティなHIP HOP:)を感じさせてくれる目の綺麗な青年です。
0903271.jpg

彼もそうですが、BREEZEのパク先生はベジタリアンです。海外のヨギーニはベジタリアンが多く、日本でもほぼベジの方が増えています。
先日パク先生からお二人の師匠に当たるJivamukti YogaのSharon GannonさんのYoga and Vegetarianism: The Diet of Enlightenmentをいただきました。ヨガもベジタリアンも同じ根っこから生まれたライフスタイル=生き方だと思います。あらためて両者を繋げるこの書籍をパク先生に一肌脱いでいただき、ぜひ翻訳して日本のヨギーニたちに伝えてもらいたいですね。個人的なことになりますが、先生、先日はお客様連れてきていただいたのに対応出来ずですみませんでした。

0903272.jpg

ヨガもベジもどちらもHealth&Happy:)な世の中になるためのツールとしてとっても良いものです。まずはゆる〜く無理せず「なんちゃってヨガ」や「なんちゃってベジタリアン」気軽に楽しみませんか:)

PS
もちろん他にもお世話になっているヨガクラス&先生もいらっしゃいます。マナの空間は情報発信の場所でもあります。インフォございましたらお気軽にお使いください。

また、クラスやパーティ等まとまった数のバーガーのご注文およびデリバリーもお気軽にご相談ください:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■アンマプレイベント@福岡+大分

来月神戸+東京に来日してLOVE&SERVEなイベントを行う南印度の聖母アンマ。
残念ながらここ福岡九州でのイベントは開催されませんが、今月26日、シャンタジという日本語ペラペラのかっこいい:)アメリカ人のアンマのお弟子さんがプレイベントとして福岡+大分に来ます。
内容はアンマのビデオや講話・瞑想などとのこと。

4月26日(日)
・福岡
10:30〜12:30 ももちパレス
連絡先 中島 090-9585-6146
loveall3188@hotmail.com

・大分 
18:30〜20:30 大分瞑想道場
連絡先 岐津 050-3557-5347
oita@amma.jp

アンマ、母性溢れる素晴らしい女性です。
神戸+東京、この機会に思い切って訪ねたらいかがですか?
彼女のこと知らない方はまずは上記覗いてみたらどうでしょうか?

昨日今回のイベントのチラシも届きました。
現在縁ある福人や福店等に配布し始めました。
このチラシを配ってくれる方、よかったらマナバーガーズにお越しください。

とともに当日神戸+東京でのボランティアも募集中です。
俺らは東京の賄いキッチンを担当します。
ハードワークだけど良かったら一緒に上京しませんか?
この件に関してはこちらに連絡ください。宿泊も相談に乗ります。

下記は世界を廻っているアンマの映像です。UNITY〜お国は違えどやっぱ俺たちは地球人ですね。
そんな意識をリアルに感じさせてくれるアンマ、リスペクト!

PS
アンマは宗教ではありません。ましては人を分離させる宗教団体ではない。
アンマは「生き方」です。「スピリットと繋がっている生き方」です。そうじゃなくちゃ〜普遍的ではなければ本物ではないと思います。
それを体現しているアンマと一緒にいるとなんとも気持ちがいい。じわ〜っと気持ちがいい。なんなんだろう?その感覚は…こればっかは「体験」ですからぜひ足を運んでみてください。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA@YouTube

ここ数日超デスクワーク、大変です!
合間の息抜きにこんなの見ました。

やべぇ〜AMMA、SHANTI&FUNKY:)!最高!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■探求者

俺がカッコイイ地球人だとおもう一人。
久しぶりに遭遇。さらにかっこよくなっています〜超渋っ!
出来ればメディスントーク→サムライセッションと続いたトークライブの第三弾でお願いしたいと思って動き始めました。

この方はキャラがとても立っており、イカス!のであえて誰かは言わず、まずは彼の文章に浸ってください。これまた、最高なので!
090419.jpg
おおっ?何で十字架にかけられたウルトラマンの写真が・・・

以下彼のブログから・・・

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Jai Mata Rani Ki Jai!

聞こえてきます〜Jai Mata Rani Ki!!!Jai!!!
上がるんですよ、なんか楽しい響きだし・・・:)
0905111.jpg
イェ〜イ女神万歳!!!って感じの訳ですかね:)
世界中でアンマと皆が唄って盛り上がる曲です。

さて今月末神戸+東京でイベントが行われるアンマ
東京での海外からの来賓者のベジタリアン賄いを俺らが担当します。
引き続き25日+26日、品川でキッチンボランティアしていただける方求めています。
ご連絡ください。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■SUN

地球の全てといっても過言ではないエネルギーをタダ:)でくれる太っ腹の太陽さん。
太陽系のお父さんです:)

090514.gif

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■EARTH

地球ではなく本来なら水球の方がしっくり来る俺たちの故郷。
太陽がお父さんなら地球はお母さんです。

090515.gif

会社は誰のためにあるか・・・?
株主?顧客?社員?
どれも正しいけど、どれかだけではない・・・全部入れてもそうかなぁ〜と思う。

太陽からタダでいただいたエネルギーを使ってビジネス=価値の創造が出来るのは地球があるからです。社会があるからです。人類がいるからです。
こんなご時世、どうせなら大きな視野で考えて、ささやかでも地球=社会=個人全てに役立つ何かを具体的に創造したいものです:)

不況不況と言ってますがはたしてそうか???
価値観や生き方が変わる時代。
「未来の常識」創るにはとってもいい機会。

“Think Cosmically Act Joyfully"

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■MOON

ジンライムのようなお月様:)

0905161.jpg

満ち潮引き潮つかさどるもう一人のお母さん。
なんとも静かな・・・

おもわず祈る
オームシャンティシャンティシャンティ

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■木津龍馬 今週末鹿児島+7月3日福岡

先月アクロス円形ホールでサムライセッションVOL1を行った木津さん。あの後、公式WEBやファーンサイトが閉鎖されました。ネットは便利ではありますが誤解や湾曲も生じやすく、それらが一人歩きする一面も・・・だからかな???
真理はやはり口伝ですかね〜新たなカタチの再開楽しみにしていますね:)

さて、毎度木津さん情報を伝えてくれる宮崎の綾ちゃんより下記のようなメールが入りました。先月セッションで熱い講演を木津さんと一緒に行ってくれた北山邦子さんのお店で行われる集いのご案内です。


『さて、ご存知かもしれませんが今週の24日の日曜日 午後五時から鹿児島鹿屋の北山さんのお店クーズダイニングにてスペシャルサウンドコラボっていうのがあるようです。

ビュッフェスタイルのおひとり3500円

木津龍馬 講演
茂谷ゆうこ スペシャルオペラ
DJ有村友成 スペシャルサウンド

予約はクーズダイニングさんですTEL. 0994-40-7336
お知らせでした〜』


とのこと。
お近くの方はぜひ!

またサムライセッションVOL2の速報です。
福岡のみならず九州から、また、それ以外から来る方達も多いため何とか週末で会場取れないかと願っていましたら・・・7月3日の金曜日、同じくアクロス福岡円形ホール確保できました。
ここ、いつも一杯で前回も火曜日とはいえたまたま取れた次第です。
前回は「4/14=良い世」今回は「7/3=波の日」ですね:)
詳細は追ってですが

テーマ:「REAL FREEDAM」
日時:7月3日(決定)
時間:18時半開場〜19時スタート(予定)
料金:3000円

今月末にはフライヤーも出来ます。
取り急ぎなにはなくとも申し込みをしたい方は〜「サムライセッションVOL2参加」という表題とともにお名前+メルアド+携帯を記入のうえmanaburgers@taolab.comまで申し込みしてください。
代表で申し込む場合、お仲間の人数と共に各自上記情報も一緒にお伝えください。
折り返し詳細踏まえ、返信差し上げます。
今回は今のところ来場者の皆さまと木津さん単独のセッションとなります。

いや〜前回は面白凄かった・・・次回もお楽しみに〜〜〜:)

写真は木津龍馬ライブの模様
0905182.jpg

PS
サムライセッションVOL2の前、一緒に主催するヒムカ服部さんの「オーラ写真セッション」もここ福岡で6月に行うかもです。
これまた深くて面白ためになります。
これが2年前に俺が経験した服部さん撮影オーラ写真。オーラ写真はその時々で変化があり、またその解読が実はとても大切。
服部さんの解読は流石ですよ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■本日からアマチ@神戸

0905221.jpg

昨日1年振りに神戸に来日したアマチ。
その頃、ここ福岡は豪雨+雷。
神戸は本日朝も大雨だったそう・・・例年彼女が着く頃やイベントが始まる前はお清めのごとく必ず雨が降る・・・ホント・・・不思議だなぁ・・・:)

ご一行様休む間もなくイベント=ダルシャンは本日と明日(正確には日曜早朝まで)は神戸。
日曜日は移動日で、週明け月+火(正確には水曜早朝まで)は東京。
水曜午後にはその足でアメリカという毎度のハードスケジュール。

昨晩から一緒にLOVE+SERVEしているまなちゃんは神戸向かいました。
日曜日朝、彼女の帰福とともにアキさんは上京。
俺も月曜日から上京してボランティアです。

神戸+東京、お近くの方はぜひお越しください。
全て無料ですよ〜:)

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■明日からマナ2日間改装+お江戸アンマ行き

0905241.jpg

金曜日から本日にかけて行われたアンマ@神戸。
マナからはマナちゃん参加。
今朝方帰福して一緒に今ワークしています〜お疲れ様です。

0905242.jpg

神戸組は今頃移動して、お江戸組は明日から品川プリンスで行われるイベントの準備で皆てんてこ舞いだと思います。
荷物を積んで走っている皆、ちゃんと寝てる?(この時期は無理か・・・)、またちゃんとゴハン食べてるかな???こちらも道中祈願安全:)

0905244.jpg

マナのあきさん朝方お江戸向かいました。
俺も明日早朝向かいます:)日本中+世界中から久方に出合う面々も沢山来ます。
ハードワークだけど超楽しみでもあります。

0905243.jpg

明日+明後日、このタイミングでマナはプチ店内改装のためにお休みです。
水曜日から通常通り営業しますのでよろしくお願いします。

0905245.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■YOU ARE LOVED!

前にチラッと報告しましたが北山耕平メディスントーク木津龍馬サムライセッションに続き、マナバーガーズが送る面白真面目で普遍的スピリチュアルトークライブ第3弾が決定しました。

今回の語り部は全身入れ墨ハーレーに跨り世界を駆けめぐる「俺は牧師だがキリスト教や宗教は大嫌いだ!」という掟破りの不良牧師アーサー・ホーランド師。師は俺の母校玉川学園高校の礼拝の授業でもお話してくれています。いや〜その授業、最高だろうなぁ・・・俺の時代には無かったので残念。

こんな方・・・

・・・どうですか?最高でしょ!
題して・・・

不良牧師 アーサーホーランド GOSPEL Talk
『 YOU ARE LOVED!〜君は愛されている〜 』

 聖書の言う神は、オレ達がどんな人間であれ、無条件で愛してくれている。
 今度十字架を目にする時、この事を心に留めてみてくれ。
 イエス・キリストはそのことを君に伝えている。
 君との出会いを大切にしたいと思う。
 少しでも君を励ますことができればうれしい。
 人生ともに楽しく生きようぜ!

日時:2009年7月24日(金)18:30〜20:30(開場18:00)
チケット:2500円(限定定員88名 要予約)
会場:電気ビル本館7号会議室
福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号
TEL/092-781-0685 MAP

●アーサー師からのメッセージ「大空と大地 Heavens& Earth」

「あなたははるか以前に地の基を据えられました。天もあなたの御手のわざです。」
ー詩篇 102:25ー

暖かい日差しに渇いた空気。そして肌に触れる熱風。ハンドルを握ってアクセル全開。ひたすらと続く大陸のハイウェイにこだまするマシーンの響き。

広い、大きい、すげえと心が感動し、叫んで、喜び、踊る。バイブルを読んだことがなくても、「初めに、神が天と地を創造した」とある、創世記1章1節が理屈なしに毛穴から体に染み込んでくる。

GOD(神)の存在は理屈ではなく事実であることを納得させられる。NATURE(自然界)に出てそのスピリットに触れることは、都会の中でかたちにとらわれて狭苦しく己を見失っている者に確かないのちの存在があることを味あわせてくれる。まさに神から人への愛の人工呼吸なのかもしれない。都会の空気に息苦しさを感じるとき、ちょっと自然界に出てみてはどうだろう。見栄張って、比べ合って、威張って生きている人生がいかに馬鹿らしいか、太陽が教えてくれる。人間関係で疲れている君の心に、優しい風が癒しの手を差し伸べてくれる。また、澄んだ大空が小さな問題を忘れさせてくれる。そしてたくましく、かつ美しく咲いている野の花は君は大切な存在であることを感じさせてくれる。

天と地は君を愛してやまない神のメッセージで満ちている。

0906051.jpg

個人的にも久方に聞く師のゴスペルトーク。
俺はキリスト教じゃないけど、イエス・キリストが大好きだ!
特定の宗教ではなくて普遍的な真理・愛・自由・平和ならすべての人と共有できるはず・・・
キリスト教や宗教家の枠に収まらない師の熱いトークを一緒に楽しみましょう!
申し込み方法はこちら

●アーサー・ホーランド著作

PS
いつものアクロス今回は取れませんでした・・・クロス=十字架でアーサー師の話聞きたかったけど今回は電気ビル・・・シビレちゃいましょ:)

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■続YOU ARE LOVED!

0906053.jpg
アーサーさんの3日のブログ
不良牧師と呼ばれている方は超まとも:)

どうしますか?ニッポン!!!
顔晴れ!ニッポン!!!


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■緊急告知〜お詫び サムライセッション中止

残念なお知らせです。
本日、先ほどヒムカより7月3日に行う予定で進めていた「木津龍馬サムライセッションVol2」の中止の連絡が入りました。
すでに申し込みしていただいた方+楽しみにしていただいた方には大変申し訳ございません。
木津龍馬+ヒムカ+マナバーガーズ共々お詫び申し上げます。
申し込みしていただいた方にはメールにてご連絡差し上げました。
また、電話のみの方にはこちらより電話差し上げております。
取り急ぎで申し訳ございません。
なにとぞご理解お願いいたします。

0906123.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■GOSPEL TALK “YOU ARE LOVED”

残念ながら木津さんのトークはお知らせしたように今回は中止となりましたが、もう一つのトーク『GOSPEL TALK “YOU ARE LOVED”』は行われます。
フライヤー来週には上がります。今回はこんな感じ〜

090613.jpg

0906131.jpg

ギーターをデザインしてくれた倉茂クンが助けてくれました。忙しい折、ありがと!

皆さま、ぜひ、お越しください。
申し込み受付始めます。詳細はこちらへ。

楽しみだなぁ〜ホーランド牧師!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■七夕〜本日18時21分17秒

本日は七夕。
またグルプールニマの日です。

0907083.jpg

本日18時21分17秒〜月の力が一番強くなる時間帯です。


その時、各人それぞれが静かに○○を想う
・・・「○○」は自分で決めて下さい。

続きを読む
| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■観たい?観ない?

来週22日は日蝕です。
TVは見ないのですが、なんだか、いろんな意味で大騒ぎ始まっているようです。たまたま目に入ったものは日蝕グラス・・・メーカー品切れとか・・・

尊敬する一人北山さんのブログへ・・・

090718.jpg

さ〜てと、日蝕、観たい?観ない?
ここ福岡からは日蝕観測のためにロシア製の船がチャータされました。知人たちもスタッフとしてお客さんとして乗り込みます。俺は結果、資金と時間となによりもどうしても行きたいという気持ちが足りませんでした・・・

日蝕もめったにない凄いことだけど、毎日お日さまが出ていることもある意味、凄い!と思いませんか?
ず〜っと死ぬ時まで休む間もなく心臓がビートを刻んでいるのも凄すぎる!
普通の凄さ・・・当たり前過ぎて意識にも上がらないけどあらためて気づくと凄いこと沢山あると思いませんか?

ハレの日、ケの日に関わらず、「生活観光」は毎日が発見・感謝のTRIPです:)


PS
偶然、その日はお江戸のとある場所で午後から北山さんと打ち合わせすることになりました。狙ったわけではないんだけど・・・たまたま・・・
そんな日に時間いただき、北山さん、ありがとうございます。
良い結果、生まれたらいいなぁ〜:)よろしくお願いします。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■明日はゴスペルトークです:)

お江戸、三日目。ただいま有楽町にいます。
この後、最後の打ち合わせをして、今晩、帰福します。

090723.jpg

さて、明日はアーサー・ホーランド牧師トークライブです。
昨日、浅草から吉祥寺に向かう途中にアーサー師から電話いただきました。
むちゃくちゃ元気の良いボイス:)
さらにこのスタイル、そしてハートから発する熱い励ましのメッセージ・・・個人的にも明日が超楽しみです!

まだ席は余裕ありますので是非当日、ご家族・お友達お誘いの上、ご来場お待ちしてます。
外しませんよ〜せっかくの機会、一緒に楽しみましょう:)

皆さま、気をつけて来場&アーサーさん、気をつけて来福して下さい。
YOU ARE LOVED:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■History of Religion

人を自由にするのも縛るのも宗教。
戦争の原因になるのも平和の礎になるのも宗教。
使い方によって変わってしまう・・・使う人によって・・・使う人のセンスによって・・・

ようこそ、宗教の歴史へ〜歴史観光のひとつです。
クリックしてみてください。
いってらっしゃいませ!

●History of Religion

*ONE LOVE ONE HEART ONE SPRIT*
0908026.jpg
お互いが棲み分け、支え合い、補い合い、世界が平和でありますように!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ギーター×2

最近、ネットでほとんど書籍は購入。調べたいことがあって、久方に福岡の大型書店=ジュンク堂に行きました。
ついでだから「神の詩—バガヴァッド・ギーター」あるかとチェックしたらこんな感じで並べられていました。

090825.jpg

横には「アシュターヴァクラ・ギーター」が同じように並べられていて、訳者を見たら嬉しいことに福間巌さん・・・そうです、俺の高校と大学の同級生(のはず・・・)

玉川っ子が、それも同い年の友がたまたまギーターに関わっている不思議:)
他の同級生にしてみたらそれは考えられないし、俺も彼もなんで“今”そうなっているのか、高校の頃考えると不思議:)

彼に「神の詩」送りたいんだけど・・・今の所、連絡取れず。
インドにいるのかな・・・話したいなぁ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■お誕生日とLOVEとSERVEと・・・

昨日は大好きな南印度の聖母・アマチの57回目の誕生日でした。

0909281.jpg

アンマ、おめでとうございます!
ナンニー〜いつもありがとうございます。
引き続きお元気で大活躍してください。
日常茶飯事、出来ることでリアルにお手伝いさせてください。

俺はこの日1週間続いたマルシェジャポン福岡へ出店参加。(また今週末もあります〜定期的に3月まで開催、ぜひお越し下さい)
夕方店じまいをしてマナバーガーズへ。

アキさん+リッキーとキッチンの鉄板上に作った「LOVE+SERVE」のタイルを見ながらアマチ談義。
このフレーズはアマチから戴きました。怒りや恐怖のないキッチンの象徴:)会社運営の指標の一つ。
多忙でうっかり忘れてましたが、この会話でアマチの誕生日だと思い出した次第です:)


余談ですが世界中のハードロックカフェの店内とキッチンには「LOVE ALL SERVE ALL」と書かれています。
これはハードロックカフェの創業オーナー・アイザック氏がサイババの言葉から戴いたもの。そういえば一昨晩思うところあってマナ終了後、アキさんと久しぶりに福岡のハードロックカフェ行きました。

アマチとサイババ・・・俺にとってはリスペクトするお二人。
その二人のメッセージはまるっきり一緒・・・普遍的な真理はどこでもいつでも一緒です。

アイザック氏とは時代もカタチもスタイルも違えど起業した思いと目指す方向は同じ。
マナバーガーズは自分たちにとってのLOVE+SERVEを実践する職場=ハードロックカフェでもあります:)

アマチ、あらためてお誕生日おめでとうございました!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■The world is painful but wonderful

20世紀を生きた素晴らしい人類の進化を示した先達者。
マハトマガンジーとキング牧師。

3次元相対的なこの惑星で絶対の平和は各自の内側でHEALTH&HAPPY:)が確立された人類がある絶対数超えない限り実現されないでしょう。ある意味、ゴールは彼方。でもそこに至るプロセスそのものが進化の意味であり、人類がこの惑星で生きている証だと思います。

凸凹な俺たちですが、マナバーガーズやタオラボのワーク通して世の中と人々のお役に立ち、個人的にもその結果、確実に一歩一歩でも成長していきたいと祈り、願い、そして決心しています。

KEEP&RIDE ON〜LOVE +SERVE!!!

「世界と人類と私」が平和になりますように:)
♪あーめんなむしゃんてぃしゃんてぃしゃんてぃはれるやかんぜーおんあっらー♪

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■追伸

「The world is painful but wonderful」アップしたあと、深夜のジョギング大濠公園走って戻ってきて、たまたまグーグルであること検索しようとページを開いたらこんなマークが・・・

0910021.gif

れれ〜?この顔は・・・ガンジーさん???
なんと、なんと本日はガンジーさんの誕生日でした。
いや〜偶然・・・ビックリとともになんだか有り難くなっちゃいました:)

0910022.jpg

まはとまがんじーすぴりっとふぉーえばー
きっとゆーふぉにのっていまでも
おれたちみじゅくだけどあいすべきじんるいを
あたたかいあいでみまもりたすけてくれているはず
あるときのふしぎでりあるなたいけんからそうしんじています
まはとまがんじーすぴりっとふぉーえばー
もちろんきんぐぼくしすぴりっともふぉーえばー
とうしゃたしゃことばでいいあらわせないかんしゃのきもち
あなたがたのむしのほうしにまじあたまがさがります
すこしでもそのこういにみんなでさんかできますよに
ありがとうございますいつまでもいつまでもおげんきで
たいようけいだいさんわくせいのへいわなあおいほしより
すぴりっとふぉーえばー

0910023.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■バプテスマ

日曜日のアーサー牧師のゴスペルトーク・・・サイコ!!!でした。

0910287.jpg

夕方に広島からツーリングで福津に到着したアーサーさん、ばっちりのタイミングで夕焼けが・・・雨模様の空でしたがその時だけはすばらしい色に空も海も染まり、まさしく天国を垣間見たようなひととき。

0910288.jpg

集った方は日常ではたぶん教会には顔を出さないタイプ・・・もちろんキリスト教の信者さんではない方が大多数〜でもそんなの関係ないっす。
普遍的な真理に宗教も国境も時代もありません。
アーサーさんの元、キリスト教というよりは最高の愛を具現化していたイエス・キリストとビーチ・フロントという大自然のパノラマの中にあるもう一つの教会と化したランドシップでのダイレクトな交歓、面白ためになる話に皆ひとつになれました。

翌日、あらためて午後に再び福津・ランドシップ、アーサーさんの講話会のお手伝いに。
アーサーさんから「おまえ、洗礼受けちゃう?」とのこと。

宗教団体にはまるっきし興味がありませんが、聖なる事や方にはこう見えても頭が自然に下がっちゃうタイプ・・・かの時代、きっと素晴らしい生き様を見せてくれたブッタもマホメットもリスペクト!もちろんイエス・キリストにも・・・どういうわけか玉川学園の高校部時代は3年間結果、ず〜っと礼拝係。また、西洋旅する時にはなんだか教会巡りに足が向き、ステンドグラスから射し込む光と美しい賛美歌の響きに幻想的なブログレ感じちゃって、持っていかれちゃうタイプ。ジーザスには憧れと親近感がどういうわけか昔からあります。

戴いたご縁〜スピリチュアルな縁は円なり。
「洗礼というのは“儀式”だけど“意識”が一番大切なんだよ〜」という牧師の言葉に共鳴し、円をカタチにすべくご厚意に甘え、お日さまの光を浴びてキラキラゆらゆらと反射している福津・宮司浜の海で洗礼を受けました。
アーサー牧師のリードに身をゆだね、10月の冷たい海水に体を沈め、再び、復活〜:)

戴いたホーリネームは「テモテ」。
ギリシャ語で“神を尊ぶ者”という意味があり、臆病だけど謙虚で、良きことや良きものを伝えるという意味があるとのこと・・・

0910289.jpg

「ティモシー」とも言うその名前に思わず、「リアリィ?」
解る方には解るその冗談:)を笑いながら、引き続き「良きNEWS」を伝え「マナ」を配る懺悔と感謝の航海は続く・・・人生がますます晴れるや!:)

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Merry Christmas and a Healthy and Happy New Year!

ジーザース。
私たち人類の手によって磔にされた愛の化身。
ゴメンナサイ、高貴なる魂の人よ。

あれから2000年・・・
私たち人類は進化したのだろうか?
どこに向かっているのだろうか?

昨晩はこの映画「パッション」、今宵と明日は「マリア」と「ブラザーサン シスタームーン」を一人静かに再び鑑賞します。

きよしこの夜。
地球が平和な惑星になりますように。
私たちの天命が全うされますように。
ア〜〜〜メン♪

テモテより:)

PS
俺のソウル兄貴アーサー牧師は沖縄のようです。
来年2月にマナバーガーズで少人数での講演会開催予定。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■岡田資さん

「マリア」を変更。
観たいと思っていてちゃんとに観ていなかった
「明日への遺言」を鑑賞。

0912251.jpg

やばい、美しい映画でした。
内容は申しません〜よかったら観てください。

監督は小泉堯史。この監督の映画= 雨あがる(2000年 監督) 阿弥陀堂だより(2002年 監督/脚本)博士の愛した数式(2006年 監督)すべて好きです。黒沢明監督の助手のひとり。流石です。
岡田資中将役は藤田まこと。海外でもそうですがお笑い出身者には素晴らしい役者さんが多いですね。超渋いかっこいい役でした。

さて本物の岡田資さん

0912252.jpg

高貴なお坊さんのような顔立ちと瞳。

0912253.jpg

「毒箭」

感動しちゃってこれ見つけて手に入れました。
映画のおかげで再発されたものです〜有り難いなぁ〜良さげだから!

 岡田資(たすく)陸軍中将は東海方面軍司令官として敗戦を迎えたが27名のB29米空軍投下員を略式または軍事裁判によって処刑した責任により昭和24年9月15日B級戦犯として絞首刑に処せられた。
 岡田中将が獄中書き上げた遺稿は昭和29年に賛助会員によって出版された。その題名は「毒箭」である。題名の由来は岡田氏が以下のように著書に述している。

『毒箭とは阿含経でも大涅槃経でも仏陀が説いた譬えである。
何処からとも知らず、一筋の毒箭が飛んできた。そしてそれがわが身に突き刺さったとき、間髪をいれず、箭を抜き棄て、毒の始末、傷の手当てを急がないと一命が危ない。
箭は誰が射たか毒の種類はなどその原因をすべて知ろうとしてもついに知ることなく命を失うのみである。
仏陀は箭を抜き捨てることを忘れ、即今ここで煩悩毒を除去すべきこと、解脱涅槃を得べき緊急の修行を行うべきで、徒に宇宙がどうの未来がどうのと、哲学的に探求することを先とすれば主客緩急をわきまえない大矛盾であると戒めたのである。
自分は一般の煩悩箭に加え第二の絶対時限箭をうける身であるがこれは抜き捨てる自由は無く、矢のあるがまま前者の煩悩箭もろとも速やかに浄化摂取しなければならない』

  また岡田氏は自序に次のように述べている。岡田氏の宗教は獄中で生まれたのではなく、獄中で仕上げられたのである。

『昨年5月末、この特設房の人となって以来、仏教に関する多少の素養を基として、これ絶好の機会なりと修行につとめてみた。そして当時80名余の同村青年の苦悩を見ては、かれこれ理屈を考える閑もなく、片端から同行としてその手をつかんだものである。
我自身の出来不出来など顧慮する暇もなかった。
仏教に関する愚見を記録し始めたのはこの3月に入ってからである。5月末を以って我が人生の最後と判断したからである。

その5月を無事に迎えてからは、毎日の文を綴り続けて7月中旬になった。とうとう付箋付きの賑やかな300枚の草稿となったのである。即ち一応整理してみる気になった。今日この跋文に筆とる事の出来るのは、何と有難い事ではある。

陸軍士官学校を出て、軍人勅諭を捧じつつ、人の子を教うる身になってから、私は特に何か充たされないものを感じて何時とはなく、宗教書に親しむようになった。
私が真正面から、法華経の解読と取り組んだのは、大正九年の秋からである。陸軍大学一年生時代だ。当時その勉学は実に難解なもの哉と思うた。確か最初の念珠は堀ノ内妙法寺の前から求めたと思う。』

編者の久保田正文は序文に次のように述べている。

「岡田氏は獄内に法華経を持ち込むことを許され、うすい便箋に鉛筆で随筆、教義的なもの 法戦の3部作を綴った。鉛筆を削るナイフは持つことが許されず、コンクリートの壁でこれを削って芯を出し辛うじて書き記す事が出来た。その原稿は極めて判読し難いものであったが編者は慟哭を禁じえなかったと述べている。この貴重な人間記録を公にすることは、法華経信仰に生きる者の聖なる義務であると思うに至った。」

 中将の横浜裁判での「法戦」は大岡昇平の長編ノンフィクション「ながい旅」に岡田中将による無差別爆撃の立証、空襲軍律と方面軍司令官の軍律、権限の関係を詳述している。岡田中将は横浜裁判で名古屋空襲の無差別爆撃を十分に立証し、米国側も充実した裁判と認めつつもB級戦犯として絞首刑に処せられた。

『米軍の爆撃をば露骨に批判せしめたのは、市ヶ谷をも含む軍事法廷中、実に我等の法廷が唯一のもであったと思う。少なくとも最初の事であったのである。敗軍の将に悠々八日間も証人台に於いてあれだけ無遠慮な陳述や駁論を吐露せしめた事はありがたかった。「誰を予の位置に立たしめても我等以上の処置は採れなかったであろう。我等はあの熾烈な盲爆下情況に応ずる最善を尽くしたままである。故に毎日この法廷に通う吾人だけは、青空に一点の雲もなき境地を持ち続けている」ということを、全証言を終わった日に挨拶の辞として残して来た。』

 法戦の内容は省略し裁判の最後の場面のみ引用する。

『漸く8日間に亘る、記録破りの証人台にさようならかと思う途端に、検事席からそれこそ旗本を以ってする突撃を加えてきた。
「6月26日両人会談の際、何れが搭乗員を極刑に処すべし、ともヒントを与えたりや」
「余は余の判断によりて、ヒントを得たり。」これで質問はポツリと真の終了となった。』

 この証言で死刑宣告を受けた伊藤少佐は釈放され、岡田中将以外は減刑となり一人で責めを負った結果となった。

『爆撃下吾人の採った行動は、今日冷静に法理一本もて解剖せらるるならば、色々な批判があるであろう。吾人としても考えさせられる事無きにしも非ず。然れども吾人は、爆弾と火災の裡に、漸く生命を保ちつつ、決戦準備の重荷を負わされて、あえぎながらそのベストを尽くしてきたのである。顧みて正に吾人は満足感を持つと言うて憚らぬ。計らずも公正寛大な取り扱いを受け誠に感謝に堪えぬものがある。
 当法廷のこの寛大公正さは、やがて我が国民の伝聞するところとなると思う。その日彼等は吾人と同様に、感謝の念を抱くに相違ない。その気持ちこそは、今日太平洋を挟む日米両民族の提携—米を兄、日を弟とするーに必要不可欠の要素の一であるべきものである。』

 以上の発言には部下の減刑の願いが込められている。

最後にこの裁判を書き記した大岡昌平著 ながい旅より岡田中将の最後を引用。

「すると閣下は口をすすがれ、再び顔を拭かれた右手首にいつもの数珠をかけられて『なすことはなし終わった。君らは心配するな。最後まで正法を護念せよ』といって軽く頭を撫でてくださった。———
思わず自分は「南無妙法蓮華経」と声が喉について出た。するとあちらこちらの部屋から一度に大きな唱和の声がわきおこった。このときアダムスという大尉が来ていて、彼は始終不動の姿勢で見守っていた。矢張り将軍というものに対する敬意を持っていたのである。
目の前で手錠をうけられ、一番端の部屋より挨拶をされて廊下を行かれた。そして階段をおりつつ、閣下の大きなあの美しい唱題が廊下一杯に響き渡り、大扉の閉まるまであい呼応して唱題の声が続いた。」(同室者の回想)

合掌。
戦争は良くないけど、どんな時代にも素晴らしい人はいる。
もちろん、岡田さんも戦闘遂行のおりにはたくさんの方の命を奪ったことだと思います。
本当に人は仏にも畜生にもなれる。
逆境こそ、人は試される〜肝に銘じます。

ホーリナイト。
そりゃ〜戦争や貧困や飢餓はなかなかなくならないだろうな・・・でも切に願います。
この惑星から戦争や貧困や飢餓なくなりますように。
皆それぞれが笑顔:)でいられますように。
終わりよければ総てよし!
『青空に一点の雲もなき境地』そんな人生の終点を迎えたいものです。

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■岡田陽さん

ご縁とは不思議なものです。

前回アップした岡田資さんのこと。

戦争を美化する訳ではありませんが、生き様の素晴らしさは肯定させていただきます。
その息子さんの陽さんへのメッセージも転載させていただきました。

岡田陽さん・・・今気づいたのですが岡田先生?岡ちゃん???
在校時の玉川学園高等部部長=校長で芸術全般に理解が深く、特に演劇に情熱を捧げていらっしゃた方。
俺が中学のときに縁会ってお目にかかり、玉川学園に入るきっかけを与えてくれた一人。

0912254.jpg
昭和20年9月20日、岡田資中将(右から2人目)が巣鴨プリズンへ出発する当日、愛知県半田市の自宅で撮影した家族の写真。中将の左隣が陽さん〜気づいてみると面影あります。

【「明日への遺言」の証言者たち】長男・岡田陽さん(上)
【「明日への遺言」の証言者たち】長男・岡田陽さん(下)

まさか、岡ちゃんが資さんのご子息の陽さんとは思ってもみませんでした。
劇中に出てきた結婚する相手の純子さん、純子先生は玉川学園創立者の小原先生のお嬢様でした。「学校で出会った」とか「教育に舞踊を取り入れる」とか台詞がありましたが、まさか玉川学園のこととは露知らず・・・個人的に感動したことは深めていきたい性分で、機会があったら岡田中将のご遺族の方にもお目にかかってみたいと思っていましたが、既に会っていました。
岡田陽・岡田純子、ドンピシャの名前なのにもかかわらず気づかず、まさしく縁は円なり:)

0912255.jpg
岡田陽先生&純子先生夫妻

残念ながら岡ちゃん、岡田先生は本年11月26日に86歳で永眠されました。
12月2日にお葬式だったそうです・・・4日からお江戸出てたけどそんなこと知らず・・・学校出てからご無沙汰でなんのお礼も出来ませんでした。

でも再び、こうやってご縁いただき誠に感謝しております。
その節は大変お世話になりました。
またお父様の生き様には頭が下がります。
クリスマスの日に知らぬが仏ならぬ、仏のご縁を感じさせていただきました。
お父様とごゆっくりあの世で交歓してください。
また、残された私たちをお守りください。

合掌。

真理に基づいた法が守られますように!
どうでもいい法は無くなりますように!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ふたご座流星群 2009 静岡県熱海市

2年、故郷熱海には戻ってません。
これは年末12月14日のものです。

以下撮影者ryubunbunさんのコメントから
「2009年12月14日に熱海の山の中で撮影した写真を微速度動画にしました。
飛行機が多いため、見にくいかもしれませんが、一瞬光るラインが流星です。
画面の下1/4くらいで、ちょろちょろしているのは船(漁船?)です。流星は18個あ りますが、全て見つけられるかな?」

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■MANA NEWS1

感動こそマナです。
彼のことご存じの方多いでしょうが、俺は最近知りました。

皆、がんばれ:)

夢もマナです。
・・・明日も天気でありますように!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Sorrowful Song〜悲歌のシンフォーニー

泣き叫んでいる世界・・・聞こえるかい、君にも・・・
たまらない・・・涙も涸れている世界・・・

「悲歌のシンフォニー」   
ソプラノ独唱とオーケストラによる三楽章形式の作品で、主題は「子を亡くした母の嘆き」である。第1楽章は磔刑のキリストを抱く聖母の嘆き、第2楽章はゲシュタポの独房の壁で発見された少女の言葉、第3楽章は子を戦争で亡くした母の嘆きである。
 
 第2楽章
 お母さま、どうか泣かないでください。
 天のいと清らかな女王さま、
 どうかわたしをいつも助けてくださるよう。
 アヴェ・マリア。

[ナチス・ドイツ秘密警察の本部があったザコパネの「パレス」で、第3独房の第3壁に刻み込まれた祈り。その下に、ヘレナ・ヴァンダ・ブワジュシャクヴナの署名があり、18歳、1944年9月25日より投獄される、と書かれている]
(歌詞対訳:沼野充義)『きまぐれな日々』より転載

全体の半分を占める第1楽章は、テクストの意味がわからなくても、押し寄せるような悲しみの調べが、作品の意味を伝える。

第2楽章は、虐殺を待つ絶望のゲシュタポ収容所で聖母マリアに祈る少女の儚い希望が綴られ、暗い音響にわずかな光が差すが、おそらく生きて出ることは叶わなかったであろう少女の心情が哀切である。

第3楽章は非常に沈思的な嘆きの調べである。以上全三楽章がレント(きわめて遅いテンポ)で演奏される。

平和な国に住む俺たちの役目は・・・???

PS
映画「靖国 YASUKUNI」エンディングで流れていたような・・・

1002071.jpg

合掌

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■天使の歌声

「昨日」の悲しみを乗り越えて・・・

「今」生きているキラキラした「美しい世界」を感じよう!

生活観光は続く・・・:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■MANA NEWS2

これ、超最高、でした!
オススメですよ:)

DVD&ブックきみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン

1002111.jpg

植松さん、1月後半来福していたようですが、残念ながら知りませんでした。
BLOG カムイスペースワークスブログ

大真面目で遊んでます〜いや〜HAPPY:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■飢餓と飽食

3日間に渡って紹介した飢餓と飽食〜いかがですか?

現在の地球上で一番死亡率のデカイ原因は飢餓・・・こんなことが21世紀になっても無くならず,さらに酷くなっているのは大問題です。
また、食を楽しんでいる立場の人が飽食の結果病気が増えてしまっていることも・・・アンバランスのバランス。

牛や豚や鶏が悪いのでなく、また食べてはいけないのではなく、「安全」と「効率」があまりにも非道いのが問題です。食=イノチに関わる俺たちが解決しなくてはならない最重要課題。

1002151.jpg

「安全」を解決するには育て方、「効率」を解決するには食べ方を工夫すれば問題解決につながります。多くの方がお肉も楽しみつつ、健康を維持しつつ、環境を守りつつ、この地球で生を楽しむことが可能です。

この惑星の今には本来、食糧危機はないです。
食の作られ方や分配に問題があるだけです。
俺ら一人一人の選択が未来を創ります。

楽しみながら進んで行こう!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■MANA NEWS3

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■MANA NEWS4

銅メダルおめでとう!ナイスガイですね:)

引退しちゃったけどこの二人も好きです。

己と世界を相手に挑戦し続ける姿はカッコいい、美しいですね。
このエナジーもマナ・・・というかフォースのほうがこの場合、はまるかな。
「母性」ではなく「少年スピリット」ですかね?〜けいこさん:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■アニマルライツ⇒リスペクトイノチです

先日アップした映像が削除されてました。
たしかに酷いけど、これは映画ではなく事実・・・牛の涙・・・見ましたか?
動物の権利(ヒトも動物です)はイノチの尊厳に繋がります。

マスコミも政府も企業も一見まともなようで,実は恐怖や不安をばらまいている現代。
さらにバットなバイブを伝えたりアップしたりするのは自分の美意識では嫌なことなのですが、イノチの大切さを伝えるためには目を背けちゃいけない事実もあると思い始めました。
前の飢餓といい、家畜といい、目を背けたくなるものアップしてますが避けて通れない問題だと思っています。

同じ天から与えられた同価値のイノチを奴隷にしたり、アウシュビッツのようにまさしく虫けらのように虐殺することは21世紀、いかがなものかと・・・どうしたらいいんでしょうかね?
考えることも必要だけど、その後、具体的なアクションまで落とし込めたらいいですね。

お互い「精進」して行きましょう:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■熱烈歓迎Amma来日決定!

来日日程決まったようです。

1003011.gif

本年も神戸+東京。
ぜひ、予定表に書き込んでおいて!

俺らは何らかの形で例年のごとくお手伝いしたいと思います。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■UFO雲

ここのところ映像つづいていたので・・・こんなんで、一服:)

1003231.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■15年前の初春

今から15年前1995年。
年明け早々17日、神戸震災〜神の戸開き。
3月20日、地下鉄サリン事件〜日本中でオームの響き。

ちょうどその頃、自分は思うとこあり頭を丸めて四国お遍路徒歩巡礼の真最中。
スタートは3月3日ひな祭り、終わった日は4月8日のはな祭り。
誰とも喋らず、ひたすら歩き続けた空海さんとの二人旅。
玄米+みそ汁+漬けもの背負って日々自炊、TVも新聞も外からの情報も全てをシャットアウトした浮世離れした道中。

あれはちょうど旅の中盤20日を数日過ぎたある日、歩き疲れた足を銭湯でほぐし、体を洗っていた時にトラックの運ちゃんと思われる人がおそるおそる声をかけてきた〜「あんた、オウムじゃないよね?」と…
こちらはハテナ?はてな???

あれから15年。
オウム真理教はじめ宗教団体には一切興味を抱かない自分ですが、なんでかここのところオウム真理教とは何だったのかと思い、ドキュメンタリーなDVDと本でTRIPしていました。

●DVD
森達也監督作品
1005242.jpg1005243.jpg

A & A2

オーム真理教の部屋はとっても散らかっており、聖なる場所とは思えなかった。
またそこに集う人々の目は生き生きというよりは〜なんともです。
そこで行われていたことは…一心不乱の苦行ですね、ずいぶん、と、苦行。

手塚治虫のブッタを思い出しました。
まだ悟る前の苦行時代。
なんともハードな苦行をして悟ろうと必死の面々…その中に彼もいたのですが、一杯のスープで苦行の空しさを感じ、離脱。
当時の仲間からは非難囂々。
でも彼はその後、菩提樹で悟り、ブッタと呼ばれる存在となる…

1005241.JPG

20世紀の終わりにオームがやっていたことは相変わらずの苦行でした。
でも、彼らを攻めるマスコミも一般大衆もその目はなんだか…まともというよりは怖かった。
どっちもなんかおかしい???

●本
森達也
「A」—マスコミが報道しなかったオウムの素顔

村上春樹
アンダ-グラウンド & 約束された場所で—アンダ-グラウンド2

1005244.jpg1005245.jpg

21世紀に入ってからは9・11に見舞われたアメリカ。
その後世界中で行われているテロ対テロの泥沼の戦い。
グローバルな経済による搾取。

日本も世界も嫌な経験を生かし、良き未来をつくりたいものです。
災い転じて福となる。
ピンチはチャンス。
わたしが変わればせかいが変わる。

オーム シャンティ シャンティ シャンティ
願わずにはいられない昨今。
たいしたこと出来ないけどマナバーガーズ等のリアルな活動通してヘルシー&ハッピーを共有し続けたいと思います。
世界が平和になりますように!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■壱岐と対馬と伊豆と出雲の関係

偏頭痛続いてます〜参るなぁ…

ご存知のように俺たちはいきなり縁故も地縁のない九州アイランド、福岡に来てしまい、ワークを始めました。
それなりの理由はあるのだが、基本的にはノリ一発!ではありましたが、いろいろと縁というかマナ感じることもあり。

最近下記のような面白い話を見つけた。

まだ日本が日本になる前から九州はとても興味深いところ。
日本の場合はGO EASTとここから国づくりが始まったとも言える。

その牽引力になったのは天皇。
また当時はシャーマンのマナに頼っていた時代。

ここ福岡と朝鮮半島の間には壱岐と対馬という島がある。

1006021.jpg

壱岐は八咫の鏡のような格好の島
対馬は草薙の剣のような格好の島
3種の神器に似ているのが何とも意味深ですなぁ〜:)

対馬には木坂山という山があるそうだが、ここはその昔、伊豆山と呼ばれていたそう。
聖域の岩を「伊豆=いつ」といい、「いつ」とは「いみ清めた」とか「神聖な」という語意がある。

1006022.jpg

その霊験あらたかな伊豆山が富士山もある静岡の伊豆に飛んだ〜飛んだのはもちろんシャーマン一派。
住み慣れた対馬を離れ、静岡県の半島に流れ、故郷を偲んで伊豆とつけたのではないかというお話。

伊豆半島の付け根にあるのが我が故郷、熱海。
熱海は海人の安曇が移り住んだ場所で、最初はアズミと呼ばれていたとか。
熱海にはその名も伊豆山というエリアがあり、そこには古い神社もあります。

対馬と違って、広い土地と温暖な気候に恵まれている伊豆には噂を聞いた多くのシャーマンが集まってきた。
その後、伊豆は長い間、流刑の地となった。
役小角や日蓮も流刑先は伊豆で、そこを流刑先に定めたのは一帯のシャーマンに彼らの強烈な呪詛や妖術を封じさせたとの解釈。

出雲のイヅは伊豆と同じ響きをもつ…昨年、俺は出雲に詣でた。

1006023.jpg

いや〜対馬と壱岐、行きたくなりました:)
まだ言葉に出来ないけど、興味深い「生活観光」になりそうです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖母アマチ来日!ボランティア募集!

5月末来日する予定だった聖母アマチが今月末にいよいよ来日!
東京と神戸でイベントが行われます。
超楽しみ!!!

LOVE&SERVE:)〜例年のごとく、俺たちは二手に分かれ、訪れる多くの来場者の方たちや世界中からこのために来てくれるボランティアの皆様の賄いごはん作りのお手伝いを差し上げます。
ちなみに俺と亜希さんは東京、まなちゃんが神戸に行きます。

世界中のスピリチュアルな集い、意識の高い会社の社員食堂や勉強のみならず人間性を育てる学校はほとんどベジチョイスが可能〜常識となってきました。

よって、今回のイベントももちろんベジ料理ですが、沢山の量を作り続け、皆に配膳します。
量が多いので、野菜を切るだけでも大変です。
もし心ある方でボランティアしてもいいよという方はメールください。
東京+神戸、一日中でも2〜3時間でもかまいません。
詳細は追って担当者より連絡差し上げます。
よろしくお願いします!


1007013.jpg
イベント詳細はこちらまで。


下記は米CBSテレビが制作した番組。
世界の12人のスピリチュアル・リーダーの一人として、ローマ法王、ダライ・ラマらとともにアンマが取材されています。

「母性」がテーマの21世紀。

アマチのことを俺は大好きで大変尊敬し、慕っています。
裏表なく、イデオロギーや宗教でもなく、普遍的な母性を世界中で行動で示している一人だと確信しているからです。

カリユガの時代。
愛すべき有り難い存在です。

俺はそう思っていますが、皆さまはどう思うか?
ぜひこの機会に、自分の眼で見、触れて、感じてみてください。
百聞は一見にしかずです。

当日、俺たちは別の場所にあるキッチンと会場を行ったり来たりですが一緒にシャンティな時空間を楽しんじゃいましょう!

♪〜おーむしゃんてぃしゃんてぃしゃんてぃ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■安曇と志賀島

前の続きです。

な〜るほど、熱海と福岡はこういう繋がりもあったんだぁ〜。
というわけで、下記各種WEBからのリエディットです。

古代日本を代表する海神族として知られる有力氏族で、発祥地は筑前国糟屋郡阿曇郷(現在の福岡市東部)とされる。古くから中国や朝鮮半島とも交易などを通じて関連があったとされ、後に最初の本拠地である北九州の志賀島一帯から離れて全国に移住した。この移住の原因として、磐井の乱や白村江の戦いでの安曇比羅夫の戦死が関係しているとの説がある。
安曇族が移住した地とされる場所は、阿曇・安曇・厚見・厚海・渥美・阿積・泉・熱海・飽海などの地名として残されており、安曇が語源とされる地名は九州から瀬戸内海を経由し近畿に達し、更に三河国の渥美郡(渥美半島、古名は飽海郡)や飽海川(あくみがわ、豊川の古名)、伊豆半島の熱海、最北端となる飽海郡(あくみぐん)は出羽国北部(山形県)に達する。この他に「志賀」や「滋賀」を志賀島由来の地名として、安曇族との関連を指摘する説がある。

さらに詳しくはこちらへ
●安曇族

1006081.jpg

博多湾の入口にある志賀の島は、海人の安曇族の根拠地として、また、AD57年に後漢の光武帝から授かった「漢委(倭)奴國王」(カンノワノナノコクオウ)と彫られた金印が出土した地として知られている。
中国大陸を制覇した後漢から、奴国王が金印を授かったことは破格の厚遇である。
なぜ光武帝は倭国の中の一部族に過ぎない奴国に金印を与えたのか、また、なぜ奴国王は遠く洛陽まで使者を出したのか。両者の間には、金印授受に値する結びつきがあったはずだし、また、突然の訪問で金印を授かることは考えられないから、それ以前に奴国は中国大陸と交流があったはずである。
その交流にしても、奴国王の使者が洛陽まで出かけるにしても、海を渡らなければならない。そこには航海術に長けた海人の安曇族が深くかかわっていたはずである。
古代において、安曇族がいかなる活動をしていたのか、その謎を解く鍵はこの金印に秘められているだろう。 

1007083.jpg

さらに詳しくはこちらへ
●海から見た日本列島〜海人の安曇族の活動を追いかける

PS
先日宮崎君から伺った話
時は流れ〜倭→和(調和 平和)→大和(さらにおっきな調和 平和)
「ヤマト」…本来は右寄りの言葉ではないと思う。

祈願の言霊
日の本ニッポンが目指す、全人類が目指す指針。
世界の平和、人類の調和、おっきな和〜そう解釈するといい言葉ではないでしょうか?

というわけで現在これ、読んでます。
●聖徳太子『十七条憲法』を読む—日本の理想

聖徳太子は神仏儒習合=和の基礎を作った1人。
菩薩とも言える存在がトップリーダーでもあった。

1007081.jpg1007082.jpg

先入観が朽ち、いろんなこと再発見しています〜歳を重ねる良さのひとつです。
生活観光は時空を超えても楽しめますね:)

右でもなく、左でもなく、まっすぐ。
どちらかではなく、どちらも。
覇道でもなく、王道でもなく、和道を求めて〜まだ実現していない世界を夢見て。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■本日最終日@神戸

1007301.jpg

日月火〜水朝方まで新宿で行われていたアマチのダルシャン=イベント。
例年のごとく、キッチンのお手伝い。
年に一回、この時にしか会わないボランティアスタッフの面々、海外からの随行者、皆様、年を重ねつつも:)元気で何より!

お江戸では青柳拓次くんがアマチをイメージしつつ作ってくれた楽曲を奉納。
青柳君、夢が一つ叶いました〜どうもありがとうございます。
いつか、アマチを気に入ってくれた大好きな日本のミュージシャンたちと一枚アマチに捧げるCDを作りたい。
それを世界のアマチの子供たちに届けたい。

こちらはそんな青柳君=KAMA AINAの一曲

さてアマチ、本日神戸最終日です。
関西方面の皆様、お時間ある方はぜひ!

LOVE+SERVE:)
アマチ、いつもありがとうございます!

オームシャンティシャンティシャンティ:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■鳥は両方の翼がないと飛べない…

先日、尊敬する鹿児島の女性からこの映画を観ることを勧められた。
監督にもちらっとその時にお目にかかれました。
沖縄出身の監督でした。

「俺は、君のためにこそ死ににいく」
監督 新城卓
製作総指揮 石原慎太郎
製作 岡田裕介
脚本 石原慎太郎
出演者 岸惠子 徳重聡 窪塚洋介 筒井道隆
音楽 佐藤直紀
公開 2007年5月12日
上映時間 140分

昔の俺だったら多分食わず嫌いで観ることはないと思うタイトル&主題。
御陰さまでいろんな経験をして、相対的なこの次元で生きていくには「左」でもなく「右」でもなく「まっすぐ」をキープ+目座しながら、ある種のしなやかさを持って進むことが平和のアクションだと思えるようになりました。

映画は映画ですけど、きっかけを与えてくれたこの映画を観たあとに下記観たら…泣けて、泣けて…特別攻撃隊〜個人的に思うこと、シェアーしたいこと、一杯あるけど、いいとかわるいとか、議論する気はありません、出来ません…

皆様はどう思い、感じますか?

…美化するわけではないけど、尊いイノチとピュアーな信念には手を合わせ、心底祈れました。
特攻隊で亡くなった若い命、おおよそ6000名。

21世紀は平和の世紀になりますように。
母国のため、私たちのためにありがとうございます。
合掌。

PS
この映画が公開された時に映画を観ずに批判した井筒監督にもの申した窪塚洋介くんの台詞。

「映画を観てから評論して欲しい」
「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホ(井筒)だと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ。右だ左だというけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々生きています」

や〜まん、窪塚くん、サイコ!!!

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■クリスマスの前に…メッセージ2つ

クリスマスがもうすぐ。
そんな時に届いたメッセージを2つ紹介します。

ひとつはベジタリアン協会の仲間、お目にかかったことはないけど(と思いますが)、幻藤院=岩下隆さんからのメッセージ。

転載

〜ロックファンの方ならほとんどの方がご存じだと思いますが、ロックミュージックの歴史において代表的な肉食に対するプロテストソングにザ・スミスの“ミート・イズ・マーダー”があります。
作詞はリーダーのモリッシー、作曲はジョニー・マー。
アルバムとして1985年2月に発表され、全英チャート1位になっている。なかなかの名曲だと思いますのでまだお聞きになっていない方はぜひ聞いてみてください。
参考までに原詞と解説にのっている対訳を記しておきます〜

とのこと。

●ミート・イズ・マーダー

若い雌牛の哀れな呻き声 人間の泣き声と同じだ
金切り声をあげる包丁が迫りくる

この美しい生き物は死ななければならない
この美しい生き物は死ななければならない

理由なき死 理由のない死は殺戮だ
そして今あなたが気まぐれに料理しているその肉は
美味しくもなければ 味わい深くもなく
全然素晴らしくもない

これは理由なき死なんだ そして理由のない死は殺戮だ

あなたはニコニコしながら子牛肉をそぎ落とす
その行為は殺戮だ

あなたはおめでたい気分で七面鳥を切り分ける
その行為は殺戮だ

どうやってこの動物たちが死んでいくか知っているのか
キッチンにただよう料理の匂いが暖かい家庭の匂いだなんて
そんなもの心暖まりもしなければ 楽しくもなければなんでもない
それは殺戮がうんだ煮えくり返る血と邪悪な悪臭

そんなのは自然でもなければ 正常でもない

何気なく料理しているその肉 今口にしているその肉
あなたは殺戮の味を楽しんでいるんだ

だめだ だめだ それは殺戮だ
やめるんだ やめるんだ それは殺戮だ

一体誰が殺されていく動物たちの声を聞くというんだ? 
 

●MEAT IS MURDER

Heifer whines could be human cries closer comes the screaming knife
this beautiful creature must die
this beautiful creature must die
a death for no reason 
and death for no reason is MURDER
and the flesh you so fancifully fry is not succulent, tasty or nice
it’s death for no reason and death for no reason is MURDER
and the calf that you carve with a smile is MURDER
and the turkey you festively slice is MURDER
do you know how animals die?
kitchen aromas aren’t very homely it’s not “comforting” ,”cheery” or kind
it’s sizzling blood and the unholy stench of MURDER
it’s not “natural” ,”normal” or kind the flesh you so fancifully fry
the meat in your mouth as you savour the flavor of MURDER
NO, NO, NO, IT’S MURDER
NO, NO, NO, IT’S MURDER
who hears when animals cry?

自分は動物愛護から草食男子:)になったわけではないけど、でもベジタリアンになってから動物愛護の意識が確実に高まりました。
だって、血の通った、感情もあるイノチが工業製品みたいにこんなに酷い待遇なのは辛い、哀しい、申し訳ない。

彼らの苦痛や怒りや恐怖を食べなくなってから少しは人間がまとも=極端ではなくなって来たような…
〜どうですかね?昔の俺を知っている方たち?
「えっ!それで???」って声が…スミマセン、もちろんまだまだですが〜日々是精進精進:)お許しください。

もうひとつはスピリットの探求者!
なんかクリスチャン版天風先生のようなアーサー牧師。

1012061.jpg

昨日のブログ「成金」〜こちらに飛んでください。
真正面ど真ん中の真の坊さんの言葉。

もうすぐメリークリスマス&ハッピーニューイヤー。
1年、経つの早いなぁ〜自分含め意味なく社会は忙しく、さらに地軸ズレたから余計かな?

ちょい早いけど…
今年もありがとうございました。
来年も皆様にとって良い年になりますように!

PS
俺はここ15年ほど、両日ともあえて人に会わず意識的に静かに過ごしてます。
あーめんしゃんてぃしゃんてぃしゃんてぃ謹賀新年…てなわけです。
たまにゃ〜こんな日だからこそ:)です。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■全人教育+12の教育信条

日曜日はつぶやいたように母校玉川学園の福岡+佐賀+長崎出身&在住者の集いがあった。
同級生は1人も参加せず、どちらかというと先輩たちが主で24名。
伊豆からこちらに移動して来た自分にとってはすべて初めましての方たちでしたがユニークな方たちばかりでとても面白かった。
もちろん共通の知人の話でさらに盛り上がりました〜:)
〆は皆で校歌合掌。こんな歌です。

ここ九州は玉川のオヤジ=創立者の國芳先生の故郷。
あらためて母校のミッションと信条を読みなおした〜感動しました。
これが実現したら世界はまっこと平和になっていることでしょう。

もちろんすぐに実現出来るようなものではないですが、魂を育む教育と一歩一歩の実践こそ、一番大事なことだと思います。


以下に転載しますね。

●ミッション
人間は教育を通して知識を得(昨日まで知らなかったことを知るようになり)、そして技術を身につける(出来なかったことをやり遂げることが出来るようになる)のです。
また、教育活動を通じて、人生について深く考えるようになります。
創立者 小原國芳は、人間を

「生まれながらにして、唯一無二の個性を持ちつつも、万人共通の世界をも有する存在である」

と定義しました。
玉川教育の使命は、1つにこの人間像を実現させることです。
そして2つに、日本社会さらには世界へ貢献する気概を持った人材を養成することです。
そのためには知識と技術を高め、健康な身体を育み、そして正しい心を備えなければなりません。
どの時代にあっても不満はあります。
しかし、そうしたことを改善していく困難な仕事を誰かが担わなければならないのであれば、

「人生の最も苦しい、いやな、辛い、損な場面を、真先に微笑をもって担当する」

気概のある人こそが21世紀を先導していくに相応しい人です。
この先には未知の苦難が横たわっていますが、失敗を恐れずに難関に挑戦していく「人生の開拓者」を育てていくことを本学は使命としています。
そのために、本学は創立以来12の教育信条を掲げています。

●12の教育信条
1. 全人教育
教育の理想は、人間文化のすべてをその人格の中に調和的に形成することにある。その展開にあたっては、「真・善・美・聖・健・富」という6つの価値の創造を目指した教育を追求している。

2. 個性尊重
教育とは、一人ひとりの唯一無二の個性を充分に発揮させ、自己発見、自己実現に至らせるものでなければならない。個性尊重の教育とは、一人ひとりの人間をより魅力的な存在へと高めていくことである。

3. 自学自律
教えられるより自ら学びとること。教育は単なる学問知識の伝授ではなく、自ら真理を求めようとする意欲を燃やし、探求する方法を培い、掴み取る手法を身に付けるものである。

4. 能率高き教育
一人ひとりにとって無理無駄がなく効率高い適切な教育のため、学習環境の整備、教材の厳選、教授法の工夫改善、コンピュータとネットワークの活用など、学習意欲を高め、能率を増進させる努力を行う。

5. 学的根拠に立てる教育
教育の根底には、確固とした永劫不変な教育理念がある。その実践のためには、論証が繰り返され、科学的実証が蓄積され、確固たる信念の下に教育活動が行われなければならない。

6. 自然の尊重
雄大な自然は、それ自体が偉大な教育をしてくれる。また、この貴重な自然環境を私たちが守ることを教えることも、また大切な教育である。

7. 師弟間の温情
師弟の間柄は、温かい信頼に満ちたものでなければならない。温情とは甘やかしを意味するものではない。同じ求道者として厳しさの中にも温かい人間関係を大切にしていくことである。

8. 労作教育
自ら考え、自ら体験し、自ら試み、創り、行うことによってこそ、真の知育、徳育も成就する。目指すところは、労作によって知行合一の強固なる意志と実践力を持った人間形成である。

9. 反対の合一
国民と国際人、個人と社会人、理想と現実、自由とルール。これらの反対矛盾対立する二面を一つに調和していく試みに挑みたいものである。

10. 第二里行者と人生の開拓者
マタイ伝に「人もし汝に一里の苦役を強いなば彼と共に二里行け」ということばがある。目指すべきところは、地の塩、世の光となる、独立独行の開拓者的実践力を持つ人材の養成である。

11. 24時間の教育
教師と学生がともに働き、ともに食し、ともに歌い、ともに学ぶという師弟同行の教育。教育は限定された時間内だけではない。any timeの教育を目標に、生活教育、人間教育を大切にしていきたい。

12. 国際教育
今、「地球はわれらの故郷なり」という広い視野と気概を持った国際人が求められている。語学の習得に満足することなく、豊かな国際感覚を養うため、地球のあらゆる場所で行えるany placeの教育を目指している。

ブラボ〜!!!
玉川というよりすべての教育のミッション+信条だと思います。

1012071.jpg

歳を取れば取るほど全人教育の目指す宇宙=コスモスの素晴らしさにぶっ飛び憧れます。
やべぇ〜カッコイイ!ホント素晴らしいと思います!
死ぬまで自分もその宇宙=コスモス目指して学びたい=遊びたい…の方がしっくり来ます:)、と思います。

マナバーガーズやタオラボブックスをなんでやっているのか?
10代の頃の学園生活が自分に多大な影響を与えたことがひとつのきっかけであることは間違いありません。
魂(こん)と根(こん)、レゲーで言うROOTSとはまさしくこういうことではないかと思った次第です。
「毎日が生活観光」とはこの歩みとも言えますね。

PS
そういえば先ほどアーサー牧師と電話で話しました。
ちょうど月曜日は玉川の礼拝堂で子供たちに向け、話をしたそうです。
いや〜日曜日から月曜日にかけ、同窓会参加+昨日のブログアップ+アーサーさん玉川学園での講話〜そんな、タイミングだったようです〜縁は円なり:)

来年秋にはアーサーさんとイスラエル行けたらと思います。
念願のイスラエル!それも牧師さんと!
興味のある方一緒に行きませんか?


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ふろむてぃもてぃ

101225.JPG

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■フロム アーサー・ホーランド牧師

メリークリスマス!
ここ福岡は寒いですが、そちらはどうですか?

さて、アーサー牧師のブログに本日下記アップされていました。
最近自分もそのことを考えていて、また皆とシェアーしたい内容なので転載させていただきます。
アーサー牧師に感謝です。


“イマジン”
人を救うのは 宗教上の信条ではないが
信条を正当化するのは 人である       イギリスのある詩人

宗教戦争と言われる時代に生きるものとして、俺なりに宗教の意義を問うてみたい。
故ジョン・レノンのヒット曲「イマジン」の中に、イマジン(思い描いてみなよ)宗教のない世界を……と言う歌詞がある。決して神のない世界を、とは歌っていない。俺は、普遍的な存在を信じている。

ある人は、それを「サムシング・グレート」と名づけ、ネイティブアメリカンは「グレート・スピリット」と言う。
また、浄土宗は「他力」と言い、薬中たちは「ハイヤーパワー」と名のる。芸術家は「あるもの」と表現し、また、ゴスペルでは「アメージング・グレイス」驚くばかりの恵み、と歌う。また、一般的に宗教界では、神、神々、仏と言う。

『星の王子様』で知られている、アントワーヌ・サンテグジュペリは「ものは心で見るんだよ。大切なものは、目でみえないんだ!」と著書の中で述べている。
私たちが見ている、目に見えるものは、見えないところから来ているとも言える。

芸術家が、見えない「あるもの」を、見えるかたちに表現していくとは、有限なものが無限を表現するようなもので、それは、理想主義的非現実性なことと言えるのかもしれない。
ピカソは「クリエーション(創造)とは、不可能に挑戦し、それを乗り越えて、新しい現実をつくり出すことだ」とものべている。

人間はみな、この朽ち果ててゆく身体の中に、朽ち果てることのない、宝なる魂を宿らせているようだ。果てしない宇宙の中の地球の上に、俺らは生きているが、その俺らの体の中にも、宇宙を宿した魂があるがゆえに、矛盾を抱えた人間は、見えるものが、見えないところから来ていると感じるのであろう。

見えないサムシング・グレートが、男と女が繋がるように、また、幹と枝が一つとなって木々であるように、俺らの魂とつながって、親しいリレーション(関係)を持つことを願っているようにも思える。

でも宗教となると英語では、「RELATION」ではなく「RELIGION」となる。ラテン語ではリリガレと言い、結び直すという意味を持つ。
宗教(リリジョン)は、神と人を結び直すためにあるということだ。では、結び直す絆は何かと問うと、多くの場合「恐れ」が動機づけになる。そして、そのような神、神々に受け入れられる手段はというと人間の努力、いわゆる「行い」である。

リレーション(関係)の場合、グレートスピリット(大いなる存在)の我への慈悲、我らをいつくしみあわれむ、向こうからの愛が絆になる。そのあわれみ恵み深い存在が、俺にとっては神なのだ。神はこの天地万物すべてを魅力的に造り、人間を魅力あるものとして創造してくれたと信じている。

宗教戦争が叫ばれる時代に我々が理解すべきことは、宗教と神は一緒ではない、ということだ。宗教戦争を起こしているのは、神ではなく、宗教をつくった人間たちである、ということを忘れてはならない。
宗教をつくった人間が、宗教上の信条を守ることに必死になってしまい、排他的になり、原理主義的になってしまっている。すべての宗教者が、己の信じているものが素晴らしいものだと、人々に知ってほしいならば、無論、戦争は手段ではないと思う。

冒頭の言葉の中に「宗教上の信条を正当化するのは人である」とあるように、様々な宗教観、文化をもつ人種が生活しているこの地球上で、神を口で語り、その信条を言葉で訴えてゆくことに、説得力はなくなっている。信じているものが魅力ある素晴らしいものか、魅力の無い、ださい臭いものかはその宗教上の信条を、生き方の中であらわし、見せてゆくしかないのである。

大自然が人に感動を与えるように、魅力的な人間が、人々に感動を与えるのである。感動する人間こそ、普遍的存在に触れ、戯れるのである。信条に人は感動しないが、感動した人は、信条の本質を理屈なしにあらわすのだ。
うるわしい香りのように、あのあたたかい日差しのように、大自然が我らを包容するように、我らも人々を包容してゆくようになるのだ

PS
アーサー牧師の著作は基本的に口語体で書かれている。
だからこそ読みやすい。
個人的にブログにたまにアップされるこのような師の文語体のエッセイ=講話も大好きです。
なんだか明治や大正の作家が持つバイブスを感じる。
いつかそれらをまとめさせてもらいたいと思います。

1012251.jpg

PS2
昨日アップした「ジーザスクライストスーパースター」と本日の「ゴッドスペル」。
どちらもジーザスを題材にしたロックミュージカル。
今から35年前、高校一年生のこの時期、玉川の文化祭=高等部展で英語劇部と演劇部がやった演目。
英語劇では石川セリさんの妹のロミさんがマリアを演じ、演劇部は確か宮本亜門さんがジーザスを演じたという記憶。細かいことは憶えてなく、また記憶違いかもしれないけど。
とてもインパクトが両方ともあった。当時の両部、ませてたなぁ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■銀河新年

1101021.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■円盤雲

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Think Cosmically

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Act Joyfully

1101041.jpeg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AmmaJapanTV

エンブレイシング・ザ・ワールド

WEB embracing the world

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Wonderful Beautiful Peaceful Planet

BGMは自分の好きなのに変えてください。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■満月に願いを

18日、日中は断食。
マナにて良き出会い、幾つも、感謝。
夜はメンズマクロ。
皮膚は半導体、アマウツシ、岩戸開き。

1102191.jpg

綺麗な満月。
祈りにはもってこい。

飢餓が無くなりますように

ローカーサマスタースキノーババントゥー
ローカーサマスタースキノーババントゥー
ローカーサマスタースキノーババントゥー

オーム シャンティ シャンティ シャンティー


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■アーサーホーランド牧師日曜礼拝

母校玉川学園でも礼拝を行う大好きな俺の兄貴の一人。
キリスト教の枠に収まらず普遍的なスピリットのメッセージをいつも伝えてくれるアーサー牧師の先日13日の礼拝を送ります。

昆布や味噌、梅干し口に入れ、自分のことは自分で、その結果、皆で!!!
皆、顔晴って生きよう!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■SAIBABA

もうかれこれ7〜8年インドご無沙汰です。
こんな時だからこそ、アンマとともに大好きなこの方の写真を!

オームサイラム、落ち着いたら会いに行きます。
その時までお元気で!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■BABAJI

今から15年ほど前に訪ねたババジの寺院。ガンジスの源流のひとつ北インドの山のなかにあった。ちょうどその時、そこでは世界中の食べものを浄化する儀式が行われていた…ホーマーに参加、ぐらんぐらんになったことを憶えている。ラテン系のヨーロピアンが多かった。そんな彼らと一緒に歌ったからか、このバジャンはなんだか陽気な勇気が沸き上がる。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■AMMA

LOVE & SERVE:)やり続けさせてください〜大好きな聖母アンマ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ふたたびBabaji

「インド人というよりはインディアンみたいだ!彼は誰だ???」

1103281.jpg

あるご縁でたった一枚のこの写真を観たことにより俺はインドとネパールの国境付近のヘラカンを訪ねた。聖者との出会いのきっかけは言葉でいいあらわせない、魂の次元でのコネクト。その時、即座にババジのいた所にカラダを持っていきたいと思った次第。肉体はこの3次元では非常にリアルだからだ。着いてから気づいたのはその時が世界中の食べものを浄化させる儀式が行われる時だったこと。「人を良くする食」をワークにしている自分にとっては願ってもないタイミング。

その旅はまずはネパールでトレッキング。例年より雨期が延びており、前半はヒルに怖いくらいやられました。でも悪い血を採ってくれたともいえる:)おっきな自然に身を包まれ、浮き世のアカをおもいっきり、まずは流した。その後、バスと汽車を乗り継ぎ、南インドまで一気に下った。お日様のようだった3188に会い、古代から伝わる運命の葉っぱを探りに。結果は…今に至る生活観光の未完のマップを貰ったような感じ:)もう一人の気になる存在、月光アンマは次回にというわけで、さらにガンジーさんの足跡をたどりながら、ふたたび北へ、ヘラカンへ、ババジのもとへ。そして最後はゆっくり、カトマンドゥで一服。


全ての人類を愛し、仕えなさい。
人々を助けなさい。
明るくありなさい。
思いやり深くありなさい。
押さえきれない歓びの発電機でありなさい。
全ての人々の顔に、神と善良さを見つけなさい。
過去を持たない聖者は無く、未来を持たない罪人はない。
全ての人を讃えなさい。
もし誰かを賛美できない時は、その人をあなたの人生から自由にしてあげなさい。
オリジナルでありなさい。
創意に満ちていなさい。
勇敢でありなさい。
何度も何度も勇気を奮い起こしなさい。
傲慢を止めなさい。
強くありなさい。
前向きでありなさい。
他人に頼るのを止めなさい。
自分の頭で考えなさい。
自分自身でありなさい。
全ての完全さと聖なる徳は、あなたの中に秘められている・・・
世界にそれを示しなさい。
叡智もすでにあなたの中にある・・・それを輝かせなさい。
神の恵みがあなたに自由を与えんことを。
あなたの生を薔薇の花のごとくあらせなさい・・・
沈黙の中で、薔薇はその芳香を言葉とする。

ー ババジ ー


ババジはインドの多くの導師のマスターグルといわれ、地球や人類にとって特に重要な時期に何度も転生してきた。

1970年には、ヒマラヤの洞窟の中から美しい青年の姿で現れ、北インドのヘラカン村に暮らし、これから始まる地球規模での大変革の時代を担うよう教え導いた。

そして1984年に残念ながらキリストのように我が身に一身に痛みを受けて、14年間存在しただけで肉体での活動を停止。

肉体を持ったババジに会いたかった…

いや〜久しぶりにババジのバジャンを聴いている日々。

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■デニス・バンクス、日本への祈り 

世界で一番小さな道楽出版社TAO LAB BOOKSから復刊させた日々是布哇の訳者 北山さんのブログから転送。

******

デニス・バンクス、日本への祈り (石川史江訳)

~福島原子力発電所の危機的状況の中で~

アメリカ合衆国は現在の気違いじみた原子力産業の即時操業停止を、深刻に考えなければならない。原子力が我々の手に負えないものである事を認識 すべきだ。

アメリカ合衆国は、現在カリフォルニア、ニューヨーク、ペンシルベニア、アメリカ南西部ロス・アラモスなどにある原子力発電所及び関連施設を、 即刻調査し閉鎖する必要がある。

1978年のロンゲストウォーク以来、我々は様々な所を訪れて、原子力の悪をアメリカ世論に訴え続けて来た。デザート・タートル・ロック、グラン ド・キャニオンなど。
グランド・キャニオンでは現在、ウラニウム採掘による地下水への放射能流出が問題になっている。
40年前我々は、アメリカ最大のウラニウム採掘場、ニューメキシコ州グランツにあるジャック・パイル鉱山で、採掘に反対して大きな抗議行動を行なった。

そして45年、50年経た現在、警告して来た事が起こってしまった。日本の福島原子力発電所の危機的状況だ。我々は危険を予測する科学者のつもり はないが、ともかくも現在それが起こっている。

アメリカはじめ世界中の国の政府、首脳が、母なる地球を管理するのは不可能な事だと認識するのは、一体いつになるのか。母なる地球からウラニウムのような鉱物を採掘して、我々の理解を超える産業を発展させようなど、無理な事なのだ。

未来はある。しかしもちろん、今までとは全く違った新しい視点で、我々の暮らしを創り出さなければならない。どのように母なる地球を培い、どう 培われていくか。それが始まったとしても、真の実現のためにはかなりの時間がかかるだろう。現在のアメリカ社会は、「不動産」と「お金」でがんじがらめになっているからだ。

我々の地球を母なる地球として認識しよう。母なる地球は、我々に食べ物を与えてくれる。新しい次世代にとって、食べ物の自給自足は、とても大切 な課題となる。巨大な企業に食料供給の管理を任せるのは、とても危険だ。
巨大な食料産業は、種の管理を進めている。

我々が現在反対している問題に、遺伝子組み換えのワイルド・ライスがある。ミネソタ大学では、ワイルド・ライスのDNAを取り出そうと試みてい る。本物のトウモロコシのためにも闘っている。工場で技術者によって作られたトウモロコシは、食料とはなるが種にはならない。植物を育てるために は、毎年別に種を買わなければならない。自然に生息するワイルド・ライスとは少し異なる。

未来を担う技術者も、そして新しい時代を生きるインディアンも、何が人類にとって正当な事か、何が七世代後の子供達にとって大切な事かを考えな ければならない。

今日、明日の事だけでなく、我々は常に150年先を見越して、今を決定しなければならない。多くの人がその様になれば、それ自体が希望となり、 素晴らしい未来が開けるだろう。

1104061.jpg

******

北山さん、快適生活研究所、復活させましょう!
このあと、必要な道具のひとつを一緒につくたいのもです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ホピからのメッセージをあらためて

もう一発これを。

******

ホピは日本と母なる地球のバランスを回復するための祈りへの参加を求める
2011年3月17日

ホピは今、バランスを失ったこの世界で危機に直面した日本の人々のために、そして世界の人々のために祈っている。

現在は、誰もが母なる地球の大きな変化の時のなかにおり、今起きていることはすでにわれわれのエルダーによって以前から予言されていた。予言も、儀式も、地球のわれわれの聖なる大地が泣いていることを伝えている。そして子供たちは、彼らの未来のためにホピがいのちのバランスを回復してくれることを求めはじめている。

われわれのエルダーたちは、この幾多の変化のなかをいかに通り抜けるかについて、導きを与えてくれていた。人類は今すべてのいのちが従うことになる細い道を選びつつあり、われわれはいずれこの日が来ることを知っていた。

ホピとして、われわれは、あなたがこの仲間に加わり、母なる地球とすべてのいのちのバランスをとるための祈りの輪に加わることを求める。たくさんの祈りをとおして多くの良きハートと共に祈ることで、われわれのエルダーたちが言っていたように、この間に起きた出来事の衝撃を軽減することが出来ると信じている。

ダライ・ラマや世界の人々と共に、日本と地球とすべてのいのちのために癒しを送るための祈りに、われわれはホピとして加わる。この変化の時にあって、世界のすべての人々に、よりバランスのとれた生き方に戻ることを求める。

ホピは言う。われわれがこの変化の時を通り抜けていけるための道はあると。それは、地球を敬い、そのすべてのいのちを敬い、母なる地球の上を優しく歩くことだと。われわれのハートを未来に繋がるこの細い道の心とひとつにもう一度つなぎ直すことだと。

子供たちの未来の世代のすべてのいのちのために、庭で作物を育て、それに水を与えることで、われらの聖なるいのちを敬い、あなたのハートを母なる地球を讃えるホピに繋ぎ合わせてください。

カワク・ワ ロロマニ
(ありがとう。未来に良きことが起こりますように)

リーウェイン・ロマイェステワ
キクモングイ シュンゴパヴィ村チーフ

LeeWayne Lomayestewa
Kikmongwi, Chief of Shungopavi Village
traditionalhopi@gmail.com

******

1104062.jpg

原子のチカラで原始に目覚める。
いま、ここ、あらため、はじまる。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■美しい太いなる母

ちょうど一週間前に糸島で偶然遭遇したここのところ仲良くしてもらっているチェロスト(テロリスト:)じゃないですよ!音楽=チェロ)小倉さん一家。奥さんや赤ちゃんには会ったことがありましたが、お母様は初めてお目にかかりました。

お茶しながら雑談。
自分の今までの凸凹人生でお世話になった先輩たちとお母様は旧知の間柄の方多く、「縁は円なり」をあらためて感じた次第です。

数日後に小倉家から送られて来た本〜「舟を岸につなげなさい」…なんと懐かしく、また、なんとタイムリーな。
鎌倉にお住まいだった太母さんのまぼろしの著作。
太母さん〜80年代、20代の頃、影響を受けたイカしたおばあちゃんだった方。
記憶の深海からふたたび蘇りました〜日の出:)

1104201.jpg
菊池霊鷲=太母(たも)

「山河草木、禽獣虫魚 大地大海空気大空、日月星辰等、当然人間も含んで一切万物は、もともと総合的一連の大生命体であります。これは三千年も前から解っていました。それなのに一般には今日まで、これを明確に意識されることなく来ました。

総合的な一連体であるから一切万物は、一物も洩れなく他から他へと密接な相関関係にあって、どれが尊く、どれが卑しく、どれが必要、不必要というべきものではありません、なのに人類はいつの間にやら、人類は独り尊く万物から超脱しているか、あるいは万物と対立しているかの如く錯覚しています。それで自然征服など突拍子もないことを平気で言ったりしています。

この錯覚こそ人類罪悪のそもそもの根元、つまり、むさぼり、怒り、ぐち、を生む母胎の根本無明であります。

この錯覚の上にでーんと乗っているのが、国を問わず、人種を問わず、人類全体であります」

「蟻達は自分等が笹舟に乗っていることさえ知らないようです。知らないから、協力し合うべきお互いが憎み合い、おとし入れ合い、欲張り合って術策と闘争に夢中です。
舟が滝に達して転落すれば、敵も味方も全滅なのに」

「一連の生命体であるところの万物間には、おのずからなる相関関係と、その関係を調整するための、自らなる大秩序があるわけであります。永遠不変の大秩序が。
この永遠不変の大秩序のことを、岸といったのです。この大秩序を的確に識別し、これに順って生活することをもって、舟を岸につなぐというのです」

上記はこの著作に組み込まれている55年ほど前の早稲田大学での講演会の一部。
最終ページには日本の原発をアメリカの意向で推進したと言われている読売新聞+日本TVの当時の親玉 正力さんへの痛烈なメッセージ。

復刊されたこの書籍の発売日は二〇一〇年一〇月一〇日〜〇を取ったら三一一=3月11日。
偶然というか大いなる存在のリーラー。
なんとも、意味深。

下記は太母さんの詩に熊谷もんさんが曲をつけたもの〜昔、よく聞きました。
その曲を宮崎の歌姫、HOUちゃんが詠ったもの。

「自然なる万物(ものみな)は
  そのままでそれぞれに
  美しき宝なり 我もまた
  傷めるも病む者も
  それなりに宝をば
  秘めるなりあな尊 すべてみな

  美しい 美しい
  美しい 美しい
  美しい 美しい
      美しい」

このピンチが新しい時代の幕開けとなりますように!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■LOVE ALL SERVE ALL

大好きな方が肉体を離れた。

1104253.jpg
最後にあったのはもう6〜7年前。

1104252.jpg
肉体を持っていたババにもう一度会いたかったなぁ〜。

1104251.jpg
Sathya Sai Baba, सत्य साईं बाबा, 1926年11月23 日 - 2011年4月24日
合掌

人類の意識の進化=パラダイムシフトを引き続き支援してください。
お疲れ様でした〜プレマ サイババとの再会を楽しみにしています!

オームサイラム〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■7月来日〜LOVE&SERVE:)

24日、大好きな3188は肉体を脱ぎ、さらなる高みに上がりました。
たぶん、おバカで懲りない俺たち人類のために、大きな仕事をするために。

俺にとってのスピリットのお父さんとも言える3188のキャッチフレーズ:)は『LOVE ALL SERVE ALL』
そしてお母さんとも言えるAMMAのキャッチフレーズ:)は『LOVE&SERVE』
どちらも同じことを俺に、皆に伝えてくれています。

1104261.jpg

さて、例年5月の後半にお江戸と神戸に来てくれるAMMAは昨年に引き続き本年も7月の後半の来日となった模様です。
あらためて詳細わかったらお知らせしますね!

こんな時代だからこそ、なおさら〜LOVE&SERVE!

時代は変わる
…ってか、時代は変わんなくっちゃね:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■正しい力と太い母

日本の巧妙に仕組まれた洗脳とも言える原発推進は誰らがいつ始めたのか?

先日、太母さんのことをお伝えしましたが、その後を。
太母さんは20世紀半ばから積極的に人類の精神の荒廃と地球環境の悪化について警告を発してきました。

先日復刊された「舟を岸につなぎなさい」、あらためて深〜い内容でした。
11311が起こってしまったからなおさらです。

1105101.jpg
*この書籍はマナバーガーズでも扱いはじめました。
*表紙の写真はインド最南端、カニャークマリ(コモリン岬)とのこと。個人的には嬉しい表紙。

その延長でこの本を読んでみました。

1104291.png

終戦のだめ押しは原発投下、無差別虐殺ともいえる蛮行。
さらにビキニ諸島での水爆実験に寄る被爆〜1954年の第五福竜丸事件以降、日本では「反米」「反原子力」気運が高まっていく。

そんな中、衆院議員に当選した正力松太郎・読売新聞社主とCIAは、原子力に好意的な親米世論を形成するための「工作」を開始する。

原潜、読売新聞、日本テレビ、保守合同、そしてディズニー。正力とCIAの協力関係から始まった巨大メディア、政界、産業界を巡る連鎖とは----。
機密文書が明らかにした衝撃の事実。

●原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史

日本は太陽の象徴でもある日の丸を掲げた“日出づる国”です。

1950年代半ば、反原発の世論が吹き荒れた時同じく、このころから正力さんをひとつの核に、アメリカの国策と大企業の思惑と共鳴しながら日本では政財官マスコミや代理店を総動員して原子力への道へと国民の意識を染め上げるための工作がおこなわれました。

この工作はまんまと成功〜国民の多くに原発に対して肯定的な刷り込みが完了。
まさしくこのパターンは「食」の刷り込み方とも同じバイブス。
いやはや〜ですね。

そして今回の人災。

1979年アメリカのスリーマイル、1986年ソビエトのチェルノブイリという当時の2大帝国を襲った原子力発電事故があったにもかかわらず、他の先進国は慎重になった核の利用をどういうわけか我が「日いづる国」は90年代〜21世紀になってからも強力に押し進めてきたあげくの結果。

「被爆」から「推進」へ、「被害者」から「加害者」へ。
結果、母国は核に大変ゆかりのある国ともいえます。
他の国と違って地震大国なのにも関わらず…です。

「舟を岸につなぎなさい」の巻末、50年代半ば太母さんが正力さんにしたためた手紙が転載されています。
人類が八正道を生きれるようになるために正力さんに、まさしく、あなたの「正しい力」を使ってくださいと…結果、逆の方向にその力は使われてしまいましたが…

先日アップした孫さんの反省を踏まえたコメントの通り、自分を含め多くの国民はその危険性に関しては認識せずに今まで生きてきました。
こんなにヤバイものとは露知らず。
知らないことはしょうがありませんが、知ってしまった以上、この方向で進むことそのものが問題ではないでしょうか?

皆とさらに幸せになるための「災い転じて福となる」リッセット!の良い機会を逃したくないものです。

PS
原子力推進の機動力が「正しい力〜正力」とか復刊した日が「二〇一〇年一〇月一〇日〜3月11日」とか、神様のリーラ感じる:)と感動。
まさしく生活観光の醍醐味=光、拝めたようで有り難くなっちゃいます。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ブッタボーイ

今週末、手塚治虫のブッタが公開されます。
3部作の第1作目。

ブッタは現在のネーパル ルンビニで生を受けた。
15年ほど前にネパールにトレッキングに行き、その後、インドにバスで向かった途中にあったエリアだ。
この時は南インドを目指していたためにゆっくり出来なかったが、イエスが活動していたイスラエルとともに、近い将来、あらためてじっくりと廻りたいところでもある。

そのネパールに数年前に現れたというブッタボーイ。

『クンチュスーマ(kunchu suma)の祈り
平和のメッセージ

全ての衆生と人類の霊的繁榮のために
全ての宗教の探求者 聖人 宗教と 全ての組織の皆様に、
三位一体の神(三大神?)によって 世界の人類と生物を救い
高めるように命じられた後、
私は感情の海から はかない世界を救い
世俗の罪から世界を解放するという 約束を守りました。

私は 人類と全ての生き物の 解脱をひたすら内観しています。
感覚ある全ての衆生は 世俗の悲しみ痛みから
解放されたいのです。
けれども出生しても 彼らは霊性を追求し解放できる人類として 
身についていません。
彼らもまた神に祈っています。
彼らはこの世にいて満足です。

人類は全世界と生きているすべての神の創造物を
滅ぼす伝統を作っています。
宗教の名において 
殺害 暴力 怒り 嫉妬と分裂が 促進されています。
唯一の源が存在します。
霊には一つの形があり 全ての人間の霊は同じです。
伝統と習慣が異なるだけです。
常に 慈悲 同情 非暴力 平和の道を 受け入れてください。
これは私が、私たちの社会に
そして世界の全ての人々に伝えたいメッセージです。

本当の宗教 本当の人間の宗教は 常に真理を求めます。
真理への探索は 人間の唯一有益な方法です。
何千もの道が存在するにもかかわらず
混沌 貧欲 執着 怒りと嫉妬は
私たちの社会と人類を拘束しています。
このように 世界は 破壊に向かって進んでいます。
ですから、世界の市民が 当然考えなければならない
時が来ました。

人類は究極の宗教的義務と
その社会を、決して忘れてはいけません。
殺生 暴力 貧欲 嫉妬 執着と 
凶悪な性格を自制してください。
慈悲と思いやりの涙を流してください。
世界に救済の方法を示してください。

私たちが死んだ後
人の命を取り戻すのは とても難しいです。
死んだ後に 生まれ変わることなどないと 誰もが思っています。
いいえ 私たちは高潔な行いのために人として生命を与えられるのです。
そして行いの功徳によって 収穫を得るのです。

全世界は三つの姿に支配されています。
第一は 貧欲です。
第二は 怒りです。
第三は この世界を支配している執着と嫉妬です。
全ての宗教的伝統が変わりますように。
全ての宗教的人々は まず真理を見つける必要があり
心で慈悲 同情 非暴力と平和を培うことによって
救済の方法で世界を美しくする必要があります。

私は内観と瞑想をし続けます。
智慧の道に集中することで生きている 衆生の救済のために
無上正等覚の究極な形を見つけるまでは
(百瀬注 無上正等覚:むじょうしょうとうがく。仏教用語。この上ない優れた仏の悟り)
開悟の究極な形に敬意を払い
平和が皆と共にありますように。』

『今日の私たちの世界の平和についての伝言

殺人 暴力 貪り 怒り 誘惑は
人間の世界を危険な場所にしてきました。
恐ろしい嵐が人間の世界を襲いました。
そしてこれは世界を破壊へと向かわせています。
この世界を救う方法は ただ一つ 
ダーマ(ダルマ、法)の道に従うことです。

人は修行の正しい道を歩かなければ
この危険な世の中は必ず破滅するでしょう。

したがって霊性の道に従い
このメッセージを仲間に広めてください。
私の瞑想の布教の道に
決して障害 怒り 不信をもってはいけません。
私はただ道を案内するだけで 
あなたが自分自身で探すのです。

どうあるべきか
何をすべきか
来るべき日に 明らかになるでしょう。
人間の救済
生きもの全ての救済と世界の平和は
自分の目的であり 自分の道なのです。
ナモ ブッダ サンガヤ
ナモ サンガヤ

私は瞑想しています。
怒りや誘惑に無関心で
感情の海と化した
混乱したこの世界を解放するために
そして一瞬でも
道を踏み外さないためにです。

私は永遠に自分の人生と
家族に対しての執着を捨てています。
私は全ての生命を守るために働いています。
しかし このはかない世界において
私の人生の修行は単なる娯楽です。
多くの仏陀の修行と献身は
世界を向上と幸運に向かわせます。

これは根本です。
しかし修行と献身を理解することは
大変難しいのです。
この単純な知識を理解するのは
簡単なことなのですが
人間はそれを理解しません。

けれどいつか私達は
この不確かな世界を
死神と共に去らねばなりません。
私達は長年の親友や家族を、
無に溶け込むために
置き去りにしなければなりません。
私たちは蓄えた富と所有物を置き去りにしなければなりません。

私たちの幸せの使い道は
始めから私を愛してくれていた人
母親 父親 兄弟 親戚の
不幸に対してです。
したがって 全ての感覚ある衆生を救うために 
仏陀の心でいなければなりません。

深く瞑想し 自分の地下洞穴から抜け出し
神の道に従いましょう。
正しい道 そして知識を実現するためです。
ですから自分の修行を怠らないでください。
修行は身体 魂 そしてこの現実から
私を引き離します。

この状態には72人の女神カリス(Kalis)がいます。
違う神も居合わせているでしょう。
雷鳴や他の沢山の音があるでしょう。
この時 天の神と女神は礼拝をしているのです。
そして私がメッセージを送るまで
ここへ来ないでください

そして人々に伝えてください。
世界中の至る所に
霊的なメッセージを広めてください。
皆に世界平和のメッセージを広めて
正しい道を探すのです。

そうすれば智慧は
あなたのものになる。』

『私が今日ここにいるのは、世界に対してメッセージを伝えるためです。
その平和のメッセージとは…

人類の世界は、憎しみ、殺戮、怒り、強欲、邪念に満ちています。
この行いが、世界を救いようもない状態にしてきました。
終末、破滅は、近づいています。

ただ唯一、皆を救う道があります。
それはダルマ(霊的な実践)を通じてもたらされます。
人がダルマの道を歩まない時、
世界の破滅は疑いのないものです。

私が瞑想を行う目的は、この世界を平和なものにするためであり、
ダルマの道を歩む人々を助けるためです。
私の目的は、彼らが
憎しみ、殺戮、怒り、強欲、邪念に打ち勝つのを助けることです。

生贄を捧げることは、ダルマではありません。
これは殺害であり、事態を一層悪くするだけです。
真の愛と哀れみこそがダルマなのです。

私があなたがたを呼んだのは、この言葉を、
このメッセージをすべての人々に伝えてもらいたいからです。』

以上、YouTubeとともにネットで見つけた「探求三昧 by N.Momose」さんのブログから訳を転載させていただきました。ありがとうございました!

この映像はここ2〜3年前のものと思われます。
当時18歳前後とのこと。
今頃は20歳過ぎ。

述べていることはごもっともな内容。
この目でぜひ会ってみたいものです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■アマチ7月来日!!!

例年今頃5月に来日しているアマチですが、昨年に続き本年も7月の来日です。
アンマと皆に会える〜うい〜っす、楽しみです!

1105303.jpg

東京と今回は神戸ではなく大阪だそうです。

東日本プログラム7月22−24日
西日本プログラム(大阪)7月26日−27日。

●<東日本プログラム> 7/22(金) 23(土) 24(日)
1105301.jpg

東京会場:ガーデンシティ品川 ボールルーム
東京都港区高輪3-13-3 SHINAGAWA GOOS1F
http://g-city.net/access.shtml

22日(金)
[午前の部] 開演 11:00(開場 10:00)
*22日は抱擁を受けるための整理券は夕方17時までで配布終了しますので、お早めに来場ください。[午後の部] はありません。

23日(土)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)

24日(日)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)
*特別プログラム・世界平和の祈り(18:30〜20:00)が冒頭に行われます。

【交 通】JR 品川駅中央改札口(高輪口) 徒歩3分。京急線品川駅高輪口 徒歩3分。

●<西日本プログラム> 7/26(火) 27(水)
1105302.jpg

大阪会場:梅田スカイビル ステラホール
大阪府大阪市北区大淀中1-1?梅田スカイビル タワーウエスト3F
http://www.skybldg.co.jp/access/train.html

26日(火)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)

27日(水)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)

*特別プログラム・世界平和の祈り(18:30〜20:00)が冒頭に行われます。

何度もアップしていますがフランス人監督Jan Kounenさんが製作したドキュメントアンマ。
カンヌでも上映されましたが残念ながら日本では未公開です。

●<ボランティアミーティングのスケジュール>
これらのイベントは皆のボランティアでなりたっています。人手が必要です。
ぜひ、参加してください〜でも、過度の無理はよくないのでその辺はいい塩梅で!

<大阪ボランティアミーティング>
6月5日日曜日 午後13:30−16:30 
場所 市民活動プラザおおさか東館(もと飛鳥人権文化センター) 201号
大阪市東淀川区東中島3-14-32
・阪急京都線 崇禅寺(そうぜんじ)駅 徒歩1分(駅前)。阪急梅田駅より8分

〈東京ボランティアミーティング〉
日程場所未定

<大阪ボランティア説明会>
7月2日土曜日 午後18時−20時30分
場所 市民活動プラザおおさか西館(もと南方人権文化センター) 4階講堂
大阪市東淀川区東中島2-20-18
・阪急京都線 崇禅寺(そうぜんじ)駅 徒歩5分。
・新大阪駅東口 徒歩10分

<東京ボランティア説明会>
7月3日日曜日
時間・場所未定    

●イベントおよびボランティアのお問い合わせは下記まで
国際チャリティ協会アムリタハート
info@amritaheart.org

こちらも前にアップしてますがなんともシャンティになるこの曲を!

自分たちも調整して参加検討し始めています。
その折には、キッチンのお手伝いです。
キッチンワーク縁の下の力持ち、地味だけど大切な仕事、よろしかったらアンマズキッチンお手伝いご検討下さい。
お手伝い可能な方は、まずは〜メールでもください。

ありがとうございます:)
7月に会場でお目にかかりましょう!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■日本では原発、地球は異常気象、宇宙では…

変化〜人類の進化+深化+真化+新化+心化…最終的には神化をうながされているような出来事だらけ。
一見、ヤバイコトだらけのようだが、「怒り」を「祈り」に変えて、「不安」を「安心」へ〜楽しんで顔晴ってパラダイムシフト。

まさしくそれはリアルな自分革命から始まります、っていうか、自分革命からしか始まらないだろうなぁ…それが進化じゃないですかね。

twitterより転載〜nobu2006Middles
611イマジン原発のない未来パレード迫る。14:46分黙とうして鎌倉市役所出発!西口から地下道を通って東口、若宮大路左折、八幡宮折り返して由比ヶ浜にて終了予定。どうしてこうなったか?どうしたらもうこうならないか?決意を胸にみんな一緒に歩こう!これは自分革命だよ!

「決意を胸にみんな一緒に歩こう!これは自分革命だよ!」〜先日のUAに引き続き鳥肌が立っちゃうフレーズ。大好きな表現〜いいね!

NASA(米航空宇宙局)関連機関の「ゴッダード宇宙飛行センター」の発表によると、6月7日、太陽の表面で巨大な磁気エネルギーの爆発「太陽フレア」が発生したという。その時のようすが観測衛星で撮影されているのだが、途方もなく巨大な爆発は非常に衝撃的である。

今回の爆発は、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」によって確認された。爆発に伴い、突発的にプラズマの塊が放出される「コロナ質量放出」という現象が発生している。

2~3日後、この爆発によって電離したプラズマが地球上に到達する可能性もあるという。地球の電離層が乱れて、衛星放送が映りにくくなったり、GPS(全地球測位システム)に誤差が生じるなどの影響が考えられる。

今回のフレアは、2006年12月に発生したものと同レベルと見られており、宇宙天気予報センターは今後の動きに注目している。ちなみにこの2月にも、巨大フレアが発生しており、太陽の活動は、活発な時期を迎えているようである。

〜それにしてもお日様、スゲぇ〜どのくらいのエネルギーなんだろう???
宇宙や地球や自然があってこその人類。
驕ることなく、その中で大いに遊ばせていただきましょう。
ホモサピエンス=知恵のある人の名に恥ずかしくない存在になりたいなぁ〜

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■最近感動したフレーズ

何とも優しいお誘い「決意を胸にみんな一緒に歩こう!これは自分革命だよ!」とともに、本日、感動したフレーズを、この際、もう一発。
これは玉川学園のやんちゃな先輩のFACE BOOKから。
さみぞさん、勝手に転載しちゃってすみません〜問題あったら言ってください。

●宗教・信仰
神道
神様には、お願いでなく、感謝の気持ちを持つことですよ。

●政治観
儲けた奴は、そうでない人々に黙って金を出せ
身体が悪かったり、仕事が無かったりしてる人だっているんだから、大儲けした会社・人が分配してこそ、国は上手く行くってもんだと思います。

これに感動してメールしたら返って来た返事がこれ!

「懐かしいな~六本木のclub(踊る)で会ったことあるよね。
お褒め頂き、ありがとう!
男として仕事も煩悩も突っ走って来ると、
『悲しみや苦しみを知って、思いやりの心が生まれる』
ってか、日夜煩悩との戦いです(汗)」

これまた、イカスぜ〜先輩:)
玉川っ子、万歳!
全人教育、サイコ!!!

1106091.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■No Nukes Live Simply

簡素にシンプルに…

1108061.jpg

カヌーを漕いで巡礼している現代のオーシャンレジェンドの一人、デューク金子さん。
先日、来マナ。
福岡+福津で楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

コンクリートで閉ざされてしまった現代の日本の海。
さらに311以降、無知な自分たちのライフスタイルの結果、放射能によって汚染させてしまったマザーオーシャン。
大昔、日本にいた海洋民族がそうしていたように漕いで渡ることにより、自然と同化し、希望を目指す。さらに許しを請い、祈りを捧げながら九州+四国の原発のある海域を航海しています。

デュークさんからのメッセージを転載しますね。

『未来の地球は、未来の人たちが創るのではなく、今生きている私たちが創るんだということを忘れないでほしい。

日本で大震災、大津波、原子力の事故が起こり、今、日本から世界が変わろうとしている。僕たちは意識を変え、世界を変えていかなくてはいけない。今回の震災で犠牲になった人々の為、そして今も苦しんでいる人々を無駄にしないためにも。全世界のために、地球の自然の為にも。

シンプルに生きる。そしたら原発もいらないんだ

今回の「海からの巡礼の旅」で僕がメッセージとして伝えたいこと
…それは【Live Simply】ということ。
直訳すれば「簡素に生きる…」と言う意味だけど、 それは、衣食住のすべてにおいて人間が生きていくうえで必要なものさえあれば十分…と考え、過剰に物欲を追求しないで、天地海自然を心から愛して生きること…それが【Live Simply】ということ…

2011年、OceanLegendは予定を変更して、巡礼の旅へ出ます。原発事故の不安は、完全に人災です。 私達人間の力で考えで阻止することができるのです。分かっているなら、どうしてそれをしないのでしょうか?あなたは自分の家の隣に原発ができても、不安を感じませんか?いのちよりも大切なものは何ですか?

今、僕らのまわりには殺伐とした人間関係、「夢」のないストレス社会、そしてそこから抜ける事のできない現代人をとりまく環境がある。

人間にとって本当の幸せって? 本当の自由ってなんだろう? 便利になる事? お金や物を沢山もっているという事? 海を漕いで自然と一体になり、その答えを探してみよう。愛する子供達の為、夢の持てる未来の為に、僕らは太平洋を島から島へ人力で漕ぐ・・・

古代の日本人は、自分たちの感覚、直感だけをたよりに海を渡った。そこには海図もコンパスもなにもない。 でも彼らはできた。 なぜって、そこには信じる力があったから。
絶対にできると信じていたから・・・僕らは太平洋を漕いで渡る。

「夢」は人間にすごい力を与えてくれる。 それは、想像できないエネルギーとなって僕達を見守っていてくれる・・・そんな「夢」を誰もが昔は見ることができた。 しかし、いつしか経済発展中心の社会や情報に翻弄され、知らないうちに僕達はそれを忘れてしまった。

そして「夢」を持つ事ができない世の中になってしまった。それがどんなに寂しくて悲しい事かという事さえも気がついていない。それに気がついたり、考えたりする時間の余裕も、暇も、機会も、環境もなくなり、ただ世間や社会の常識という魔力にコントロールされて生きている現代人がいる。 それがどんなに悲しい事なのか、わかってほしい。 愛する子供達に、こんな世の中を残したいと誰が思うだろうか・・・

“人力で海を渡る” それは何でも無いことかもしれない。 しかし、遥か昔、自分を信じ、夢をもっていた日本人がいたこと。 そのスピリットや誇りを取り戻し、今僕らは海を渡る。「夢」を持つ事を思い出してほしい・・・。そして、これから「夢」を持ち、それを素直に心から願う事のでき、信じる事ができる世の中を子供達の未来に残す事ができたら。心からそう願う。それが僕らの夢だ。だから僕達は漕ぐ・・・漕ぎ続ける・・・ 遥か地平線の彼方をめざし・・・僕らの社会に「夢」を取り戻すために・・そして、日本海洋民族のスピリットを取り戻すために・・・』

「信」「夢」、すべてに共鳴。
デュークさんの旅を支援したい方はこちらを!

●オーシャンレジェンドブログ
●オーシャンレジェンドツイッター

1108062.jpg

デュークさん、国籍民族不明の水球人。
道中祈願安全。
再会楽しみにしています:)

さらに突然の海からの来客に福津マウイのロコウォーターマンのすがさん+ひでくん、暖かいもてなしにBIG MAHALO:)
九州の男はまさしく、簡素でシンプル=熱くてピュアー=気のよいオバカ:)で最高です。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■FUKUSHIMA UFO

メキシコから

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■想像してごらん〜

先日のUA+青柳くん&皆さまのイマジンもヤバかった〜超良かったけど。
そこから共鳴して、これもいかがですか?

Arabic: احلم سلام
Chinese: 想像和平
English: IMAGINE PEACE
Filipino: ILARAWAN ANG MUNDONG MAPAYAPA
Finnish: KUVITTELE RAUHA
French: IMAGINEZ LA PAIX
Georgian: წარძოიდგინეთ ძშკიდობა
German: STELL DIR VOR ES IST FRIEDEN
Hebrew: חלום שלום
Hindi: शान्ति की कल्पना करें
Hungarian: KÉPZELD EL A BÉKÉT
Icelandic: HUGSA SÉR FRIÐ
Inuktitut: ᓴᐃᒪᖃᑎᒌᑦᑕ
Italian: IMMAGINA LA PACE
Japanese: 平和な世界を想像してごらん
Korean: 평화를 꿈꾸자
Persian: به صلح بیندیش
Portuguese: IMAGINA A PAZ
Russian: ПРЕДСТАВЬТЕ СЕБЕ МИР
Spanish: IMAGINA LA PAZ
Swahili: TUFIKIRIENI AMANI
Tamil: சமாதானத்தை நினையுங்கள்
Tibetan: ཞི་བ་སྒོམས་
Turkish: BARIŞI DÜŞLE

フロム http://imaginepeacetower.com/から…もうすぐジョンの命日ですね。12月8日。

1111282.jpg

さて、これ再びアップ。
日本人にはこのキヨシローバージョン、さらにヤバイっす!

311、キヨシロー、どう思ったことだろう?…
NO NUKES & NO WAR、実現したいものですね!

PS
それにしても昨日の夕焼けの色、素晴らしかった。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■甘露の詩

My sweet lord   
私の 優しい主(しゅ)よ
Hm, my lord   
私の主
Hm, my lord   
私の主よ

I really want to see you   
私は本当に あなたに会いたい
Really want to be with you   
本当に あなたと共に居たい
Really want to see you, lord   
本当に あなたに会いたい、主よ
But it takes so long, my lord   
でもそれには とても長い時間がかかります、我が主よ

My sweet lord   
私の 優しい主よ
Hm, my lord  
私の主
Hm, my lord  
私の主よ

I really want to know you   
私は本当に あなたを知りたい
Really want to go with you   
本当に あなたと共に行きたい
Really want to show you, lord   
本当に あなた(の姿)を拝みたい、主よ   
That it won't take long, my lord   
それは そんなに長くはかからないでしょう、我が主よ
(hallelujah)   
ハレルヤ(神を讃えよ)

My sweet lord    
私の 優しい主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)
Hm, my lord    
我が主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(hallelujah) 
(ハレルヤ)

I really want to see you   
私は本当に あなたに会いたい
Really want to see you   
本当に あなたに会いたい
Really want to see you, lord   
本当に あなたに会いたい、主よ
Really want to see you, lord   
本当に あなたに会いたい、主よ
But it takes so long, my lord    
でもそれには とても長い時間がかかります、我が主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)

My sweet lord   
私の 優しい主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)
Hm, my lord   
私の主よ
(hallelujah)   
(ハレルヤ)
My, my, my lord   
私の、私の、私の主よ
(hallelujah)   
(ハレルヤ)

I really want to know you   
私は本当に あなたを知りたい
(hallelujah)(ハレルヤ)
Really want to go with you   
本当に あなたと共に行きたい
(hallelujah)(ハレルヤ)
Really want to show you, lord   
本当に あなた(の姿)を拝みたい、主よ
(aaah)
That it won't take long, my lord    
それは そんなに長くはかからないでしょう、我が主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)

Hmm
(hallelujah)(ハレルヤ)
My sweet lord   
私の 優しい主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)
My, my, lord   
私の、私の、主よ
(hallelujah)   (ハレルヤ)

Hm, my lord    
私の主よ
(hare krishna)   
(ハーレ、クリシュナ)
My, my, my lord   
私の、私の、私の主よ
(hare krishna)(ハーレ、クリシュナ)
Oh hm, my sweet lord 
私の 優しい主よ
(krishna, krishna)(クリシュナ、クリシュナ)
Oh-uuh-uh
(hare hare)(ハーレ、ハーレ)

Now, I really want to see you    
今、私は本当に あなたに会いたい
(hare rama)(ハーレ ラーマ)
Really want to be with you   
本当に あなたと共に居たい
(hare rama)(ハーレ ラーマ)
Really want to see you, lord   
本当に あなたに会いたい、主よ
(aaah)
But it takes so long, my lord   
でもそれには とても長い時間がかかります、我が主よ
(hallelujah)(ハレルヤ)

Hm, my lord    
私の主よ
(hallelujah)   
(ハレルヤ)
My, my, my lord    
私の、私の、主よ
(hare krishna)(ハーレ、クリシュナ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(hare krishna)(ハーレ、クリシュナ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(krishna krishna)(クリシュナ、クリシュナ)
My lord    
私の主よ
(hare hare)(ハーレ、ハーレ)
Hm, hm
(Gurur Brahma)(グール・ブラフマー)
Hm, hm
(Gurur Vishnu)(グール・ヴィシュヌ)
Hm, hm
(Gurur Devo)(グール・デーヴォー)
Hm, hm
(Maheshwara)(マヘーシュワラハ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(Gurur Sakshaat)(グール・サークシャート)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(Param Brahma)(パラム・ブラフマ)
My, my, my lord   
私の、私の、私の主よ
(Tasmai Shree)(タスメー・シュリー)
My, my, my, my lord    
私の、私の、私の主よ
(Guruve Namah)(グラヴェー・ナマハ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(Hare Rama)(ハーレ ラーマ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(hare krishna)   
(ハーレ、クリシュナ)
My sweet lord    
私の 優しい主よ
(krishna krishna)(クリシュナ、クリシュナ)
My lord    
私の主よ
(hare hare)...(ハーレ、ハーレ)

なんだか祈りの気分が続いています。
先日ジョージ、アップしましたが、あらためてこの曲を新バージョンで。

ジョージはマウイ島ハナに別荘を持っていた時期があります。

勘違いかもしれないけど、この歌はジョージがハナに向かう、何とも素晴らしい美しい小道を走っている時にインスピレーション得たと何かで読んだ記憶が…

歌詞はインドティストですが、サウンドはハワイっぽくもある〜自分にとってインドもハワイも特別な場所ですから、嬉しい合体!?なんですが:)

このLordに捧げる詩もピュアで最高ですが、ハナに向かうRoadもソ〜スィートですよ。
機会があったら恋人とぜひ一緒に〜オススメ!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord1

お母さん:)

समर्पण Mata Amritanandamayi Devi's 57th Bday

Amma's 58th Birthday

おーむなましばや
しゃんてぃしゃんてぃしゃんてぃ

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord2

お父さん:)

おーむさいらむ
しゃんてぃしゃんてぃしゃんてぃ

*じつはアップしたかった映像あったのですが、転載出来ずでした…ので、こちらからどうぞ!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord3

お父さん:)

マハトマ〜偉大な魂!!!
LOVE&SERVE

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord4

お母さん:)

マザー〜愛の化身!!!
LOVE&SERVE

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord5

生んでくれた父と母も、ご先祖様も。

1112051.jpg

凄いなぁ〜いのちの連なり。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord6

母国!

マザーアース!

グローバリズムとローカリズム
どっちではなく、どちらも。

Think global,
Act local

Think local,
Act global

自分のモットーは
Think Cosmically,
Act Joyfully:)

1112063.jpg

1112062.jpg

ALOHA AINA
我が故郷

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■My Sweet Lord7

音楽もMy Sweet Lordです。
大好きなミュージシャンや楽曲は山ほどあります。
その中からこれを!

ONE LOVE ONE HEART!
音楽は宇宙と自分を繋げてくれる。

PS
本日は妹の誕生日。
おめでとうございます:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■WAR IS OVER!

If You Want It

1941(昭和16)年12月8日午前3時19分(現地時間7日午前7時49分)、日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6箇月に及ぶ大東亜戦争対米英戦(太平洋戦争)が勃発した。
「12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ」という意味の暗号電報「ニイタカヤマノボレ1208」が船橋海軍無線電信所から送信され、戦艦アリゾナ等戦艦11隻を撃沈、400機近くの航空機を破壊して、攻撃の成功を告げる「トラトラトラ」という暗号文が打電された。

アメリカ軍は「リメンバー・パールハーバー」を戦争遂行の合言葉とした。

元々は、ワシントンで交渉していた野村・来栖両大使がアメリカ側に最後通牒を手渡してから攻撃を開始することになっていたが、最後通牒の文書の作成に時間がかかったため、事実上奇襲攻撃となってしまった…といわれているがアメリカはその日の攻撃を実は事前に知っていたという。
911もそうだが、国内が危うい時(経済的にも政治的にも)にアメリカという国は必ず国外に敵を作り、国内をまとめるという荒技をやる国ではないのか?…歴史を振り返るとそう感じる。

どちらにしろ多くの地球人が亡くなりました。
合掌。

…WAR IS OVER!If You Want It

11120813.jpg1112080.jpg
1112082.jpg1112083.jpg
1112085.jpg1112084.jpg
1112086.jpg1112087.jpg

1112089.jpg
11120810.jpg

…PEACE IS HERE.If You Want It
11120811.jpg

イマジン〜想像してごらん
世界が人類が平和であることを
全てのイノチが幸せであることを

そして…本日(日本時間では明日ですが)は、彼の命日。
11120812.jpg

Rest in Peace

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■メリークリスマス+千手観音

450px-Religious_syms.svg.png

from SunJay:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖なる人1

「人間は皆一つだ。我々の宗教は人間性だ。」
ーシルディ・サイ・ババ(Shirdi Sai Baba)ー

1112293.jpg

生年不詳 - 1918年10月15日
別名、「シルディのサイ・ババ」と云われたインドの聖なる人。
身長は189cmもあったそうだ〜魂はもちろん、体も大きい:)

1112294.jpg
ババ、いつの頃か〜ちまたに出回っている写真の中でも古〜い写真

以下転載

シルディ・サイ・ババは乞食として一生を過ごし、シルディという町の外れにある小さな村の人々から施しを受けて生活しました。
その素朴な外見からは、シルディ・ババの本当の霊的資質を見抜く事は出来ませんでした。

シルディ・ババが人生の殆どを過ごした荒廃した寺院(モスク)には雨風や猛暑を遮るものもなく、悩みや問題を解決してもらうために押し寄せる人々から身を隠すことも出来ませんでした。
望めば王様の様な生活ができたのに、シルディ・ババは乞食として生きることを選択しました。

毎日訪れる信奉者から何百万ルピーを受け取っても、シルディ・ババはそれを全て人々に施し、1日の終わりにはまた一文無しになっていました。

シルディ・ババはシヴァの化身でした。そして自然を超越する至高の力を備えた稀有なヨーギでした。
シルディ・ババのヨーギとしての偉業に限りはありません。水を油に変え、同時に複数の場所に出現し、数え切れない程の信者を命の危険から救いました。

そして最後には自己犠牲の究極の行為として、愛する弟子の命を救う為に自らの命を捧げました。
シルディ・ババはその生涯を通して数多くの奇跡を人々に見せました。
この現象は今日でも続いています。

シルディ・ババへの信仰心は世界中のあらゆる宗教の人達の間で急速に広がっています。
その生涯は、全ての宗教が一つであること、我々が根本的には一つであるということを体現したものでした。

シルディ・ババはモスクを住居としていましたが、そこではヒンドゥーの儀式や祈りが捧げられていました。人々はシルディ・ババがイスラムなのか、それともヒンドゥなのか悩みました。

その人達に対してシルディ・ババは「人間は皆一つだ。我々の宗教は人間性だ。」と言いました。
シルディ・ババは自分のことをイスラムでもヒンドゥでもない、と言いました。
シルディ・ババは全てだったのです。

どんな人が助けを求めても、シルディ・ババは庇護を与えました。
シルディ・ババに真に従う者に恐怖が訪れることはありえません。恐怖と無縁でいられます。
何が起きても彼らはとても幸福でした。
そんな風に完全に神にサレンダー(全託)することができた人はいつも幸せ:)だったのです。

シルディ・サイ・ババは肉体を去る前、この世の人々に約束しました。

「信心を持って私に助けを求めるなら、私は必ずそれに応えよう」
「私に頼る者を、私は決して見捨てない」と。

1112291.jpg

1112290.jpg

19世紀に産まれたであろうシルディ・ババは20世紀サティア・サイババとして転生しました。
21世紀、そのサティア・サイババはプレマ・サイババとしてもう一度転生すると言われています。

超〜楽しみ:)

PS
さて、輪廻を信じる自分ですが、上記、シルディー・ババと一緒に写っている人たちは今頃、どこの国にどんな姿で転生しているのだろうか?

イノチの不思議、宇宙の不思議、この世の不思議。

その方はあなたかも知れないし、あなたの兄弟、先輩、友だちかも知れない。
見渡してみてご覧!

From SunJay:)

おまけだよ〜


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■命日

今日1月4日はお父さんの命日です。

白澤忠成 享年42歳
山田屋水産創業社長
愛称 たぁ〜ちゃん

こんな親父さんでした。
昨年末、仏壇の掃除していたら出てきた写真。

1201041.jpg

福島出身。
小学校の頃から小田原の魚屋に丁稚に出され、苦労した人。
何度かブログにアップしましたが、映画が大好きで物心つく前から自分を銀幕に連れていってくれた方。
任侠映画や勝新のものが多かったですが〜一度、学校休まされ(嬉しかったなぁ)、小学生3年ぐらいの自分を、なんでか「十戒」に連れて行きました。

あと読書=伝記ものや歴史ものが好きで、自分にもよく本を買ってくれました。
さらに、レコードも。
自分の意思でおねだりした最初の大人!?のレコードはいしだあゆみさんのブルーライトヨコハマです。

強面な感じですが、女性にモテ、男に慕われ、気っ風良く、愛嬌のある方だったとか。
いつも家にいなかったので、触れ合い少なく、よく知らないんです、実は。
でももちろん母親同様、自分を産み、育ててくれた大恩人〜大好きなのは当たり前だのクラッカー(古いっすね)です:)

自分は51歳。
父より御陰様で歳を重ねました。
願わくば二人の恩人に恥ずかしくないような生き方を今後も紡いでいきたいと思います。

あらためてお父さん、ありがとうございます。
白澤家+福井家+石橋家+福島家+江村家をお守り下さい。
もちろん世界人類が平和であるよう応援してください。

シバマ〜タオヤジ組(これはあの世での親父さんのチーム名です〜まぁ〜軽く流してください:)宇宙や生命は摩訶不思議なものなんです。)の皆さまにも宜しくです。
息子TRA秀樹SunJayより

合掌

PS
こんなの見つけました。
初めて聴いたけど、アップしてみました。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖なる人2

何度めかの映画「マザーテレサ」鑑賞。
ただ、ただ愛を持って行動しているのに、多くの誤解や試練が。
いや〜頭が下がります。

個人的にはお寺や神社も、インドもアラビックもネイティブも、さらにUFOやムーも大好きですが、教会…やられちゃいます。
きっと、過去性で関係が深いのでしょう。
玉川の高校時代、望んだわけではないけど結果、3年間、礼拝委員(玉川クリスチャンの学校ではないですが)だったし〜なぜか…

今回、何回かアップしていますがあらためてこの方のこの祈りをピックアップ。

アシジ聖フランシスコ〜平和の祈り

10代の頃から何回も繰り返して観ているこの映画、サントラも好きです。

●アッシジのフランチェスコ
本名 ジョヴァンニ・ディ・ベルナルドーネ Giovanni di Bernardone
(1182年 7月5日 - 1226年10月3日)

フランシスコ会の創設者として知られるカトリック修道士。悔悛と神の国を説き、中世イタリアにおける最も著名な聖人のひとりであり、カトリック教会と聖公会で崇敬される。シエナのカタリナと共にイタリアの守護聖人。

フランチェスコ略伝

PS
今月再びお江戸へ。
久方にアーサー牧師にも会う予定。

数年前、牧師は洗礼をここ美しいサンセットが沈む福津の海で突然授けてくれました。
いただいたホーリーネームは「ティモティ」
まさか、今、この海の前で生活するなんて〜

今年はお伝えしたように富士山を仰げるところ=ふじのくに に拠点移しますが:)
NPOの件話したら

「オマエの天命果たすにはNPOが向いてるよ
オマエは志同じくする奴らとだけやりゃいいんだよ」

NPOに至るまでの昨年は、ホント、嫌気吐き気毒気がさすようなマネーだけ人まねー上っ面ぁ〜だけの泥棒ビジー心ネスマンたち。
仲間だと思っていたけど、実は「今だけ自分だけ金だけ」の人々との嫌な経験が〜まぁ…相変わらずの識別のない自分が悪いのですが…トホホで反省。
楽しい話じゃないけど、失敗談としてそれは追ってお伝えさせてもらうかも〜ですが。
困難は成長の糧〜聞きたいですか?カリユガ話???

スピリチュアルブラダ&シスタ、ありがとうございます〜ど真ん中のグッドゴッドアドバイス。
バットでドックな奴たちとはおさらば〜ばさら、ばっさり、SAYONARA:)

アーサーさん、再会、楽しみです!

2012年
ニッポン ハレルヤ〜晴れる世 世界。

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■平和の戦士 アーサー牧師

1201121.jpg

昨晩、久しぶりにアーサー牧師と会った。
ここのところのPOの問題と今後のNPOの件で相談。

「ティモティ(牧師からいただいたホーリーネーム)、お前、戦争は今の日本でも行われてるんだぜ。欲しかねぇ奴らが、たとえばビジネスを通して、その欲を満たすために平気で人を騙したり、蹴落としたり。世間を惑わしたり、欺いたり。そんな奴が成功者としてちやほやされるのさ。欲のために戦っている奴らが悲しいかな、多いよな。

多くの日本人は大和心〜大きな調和を目指す意識や尊ぶ心〜信仰心が無くなってしまったけど、それに代わってあるのがマネー教(狂)なのさ。それに気付いてないのさ。一見、豊かで平和だけど、毎日、毎日、戦場で生きてるのさ。

お前、そんな奴らに平和を説いたってわかりゃしないよ、変わりゃしないよ。奴らの戦争は終わりがないんだ。欲っていうのはそういうもんだろ?そいつらにとってはお前みたいのはカモなんだよ。もちろん奴らが悪いんだけど、お前にも問題があるんだよ。ガードが甘いんだよ、お前はピュアー(それはバカともいえるんだぜ、俺もバカだけどな 笑)だけど、奴らは日々、戦っているのさ、欲の戦場で。

世の中、平和を説く奴も多いけど、そんなんで問題が解決するか?欲の戦争が行われている現実では、俺たちも戦争に参加しなきゃならないんだ。目には目をじゃないんだよ。ただし、奴らと違うのは欲ではなく、愛で参加するのさ。それにはお前、勇気がいるぜ。まず、戦争に参加するという決心が。平和を唱える奴はいるけど、平和のために戦える奴はそんなにいないのさ。本当の平和っていうのは戦った奴しかわからないのさ。その価値が。

奴らは欲を自由という言葉に代えて汚いものを一見素晴らしい価値のように表現するけど、俺たちは愛を義務という言葉にかえて、その中でおもいっきり戦うのさ。奴らにはルールがないけど、俺たちは義に仕えるのさ、これは「ねばならない」ではなく、務めさ。愛を探求している奴、本当の平和を実現させたい奴の務めさ。

お前、強くなれよ。やれるよ。」

といいながらバックから一冊の本を取り出して読み聞かせてくれた。
本のタイトルは「武士道」。

この読み聞かせも有り難かった。
アーサー牧師はキリスト教ではなく、普遍的な愛を説く、数少ない牧師さんだ。
だから、惹かれるのであるが〜:)

「お前は弟だから」

とも言ってくれた。

「ジーザスは凄い男だよな。」

パッションをあらためて観たあとの自分はまさしく、大きくうなづいたのでした。

ハレルヤ!!!
晴れるよ、世の中。
顔晴って進みます〜アーサー牧師、有り難うございました:)

PS
昨日は12日。
現代の12使徒の1人、アーサー牧師に会った日:)

1201122.jpg

*写真は福岡マナバーガーズでのショット。
それにしても美しく力強い物語のある彫物。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■仁とは?

先日、SAI大恩人の僧侶に紹介されて平岩版「南総里見八犬伝」を読んだ。
里見八犬伝は読んだことがないにしても多くの日本人はその存在を知っている。
曲亭 馬琴による大長編、江戸時代後期のSF冒険活劇だ。

…舞台は、室町時代の中ごろ、現在の千葉県の南端、安房国。領主・里見義実の娘、伏姫は、かつて義実によって処刑された悪女・玉梓(たまづさ)の呪いによって、飼い犬の八房と夫婦になり山の中で暮らすことになった。

ある日、伏姫は仙童に「八房の子をはらんでいる」と告げられ、身に覚えがないと思い詰めて自害。そのとき、伏姫が持っていた数珠のうち「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の文字が浮き出た8つの大玉が空高く飛び上がり、散り散りになり遠く飛び去っていった。

やがて関東各地に犬で始まる名を持ち、八房のように身体に牡丹のアザがあり、8つの文字の玉を抱く若者が生まれる。彼らが八犬士である。別々の場所に生まれながらも伏姫につながった宿縁に導かれ、玉梓に呪いをかけられた里見家を救うべく数々の困難に立ち向かっていく…

1201161.gif
*この文字は左右対称になっています〜意味とともにバランスも:)

8つの大玉の元になったのは儒教における最重要な五常の徳=「仁・義・礼・智・信」である。
なかでも一番最初に来る「仁」が他のものの基本=儒教理念のいちばん中心となるそうです。

「仁」とは「他人に対する親愛の情、優しさ」「相手をおもんばかる気持ち」のことで、人間として非常に大事なことである。「広く大きな愛」ないし「大きな人間愛」とも言えるでしょう。

「仁」とは人間にとってもっとも普遍的で包括的、根源的な愛を意味するものとして考えられてきた。五徳以外で8玉に使われている「孝」「悌」「忠」なども仁のひとつのあらわれとも言えます。

「仁」とは仏教では「慈悲」のこと、キリスト教では「愛」そのものと言ってよいだろう。
先日アーサー牧師が話してくれた「愛」とは「仁」とも言えるのだ。

あの「武士道」の新渡戸稲造先生はこの「仁」について、

「愛、寛容、他者への同情、憐憫の情はいつも至高の徳、すなわち人間の魂がもつあらゆる性質の中
 の最高のものと認められてきた」

「それは二つの意味で王者らしい徳と考えられてきた。一つは、この徳こそもっとも高貴な精神で徳の
 中の王者との意味と、また王者にこそ、もっともふさわしい徳であるからだ」

そして新渡戸先生は「仁」は「情」だと話している。

また孔子の教えを継承した孟子もこう言う。

「仁は人の心なり。義は人の道なり」

要するに「仁」とは「人が人としてもたなければならない正しい心」と言うことで、
「義」とはそれを踏まえ「人が人として歩まなければならない正しい道」と言うこと、でしょうか。

「仁義」とは893さんの専門用語ではなく、大きな調和を目指す生き方〜大和心のルーツ=指針なのでした。
「仁義なき戦い」ではなく「仁義ある戦い」=人生を送りたいものですね!

それは「人と戦う」のではなく「己と戦う」とも言えます。
「小我の愛=エゴ」ではなく「大我の愛=仁」に気付くとも言えますね。
自分の含め:)一歩一歩:)ですが〜

こんな映画もそう言えばありました。
自分たちの世代は懐かしいでしょう。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■新年、2012年1月1日(日) 00:10am ― アムリタプリ

2012年も1ヶ月が過ぎました。
皆さまいかがお過ごしですか?
年が明けたちょうどひと月前のこのメッセージをお伝えします。
インドの聖母アマチからのものです。

『この新しい年が、新たな個人と新たな社会の誕生につながりますように』

私たち皆の人生、そして生きとし生けるものすべての生が、善良さにあふれますようにーこれが新年初めのアンマの祈りです。私たち自身にも世の中にもプラスの変化をもたらす神聖な力が、アンマの子どもたちに目覚めをもたらしますように。アンマの祈りは、この新しい年が、新たな個人と新たな社会の誕生につながりますように、という祈りです。

〜中略〜

自然災害、社会的軋轢、経済危機は、世界中で数えきれないほど多くの人々の眠りを妨げてきました。恐れや不安は日々一層強烈に人の心をむしばんでいます。それは、人の無分別な行いのせいです。自然が調和を失ったのです。空気、水、土は、毒で一杯になってきています。自然はかつて、願いを叶える聖なる雌牛カーマデーヌのようでしたが、今は干からびてきています。石油供給は急速に減少しています。食糧供給も先細っています。安心して飲める水、澄んだ空気は希少になりつつあります。私たちはどこで間違ったのでしょう。私たちが犯した本当の過ちは、必要と贅沢の区別がつけられない無能さにあります。

もし今の世代が、このようなダルマへの気づきを取り戻すことができるなら、貧困と飢えは、まるで夢から覚めるように、消えていくでしょう。

*ダルマ=真理・法・秩序・天則
〜中略〜

多くの子どもたちがこの世は2012年に終わるのではないか、とアンマに言います。アンマはそうなるとは感じていません。世界のいくつかの場所で何らか起きることはあるでしょう。大地を見ると、水を見ると、大自然を見ると、人を見ると、すべてが動揺している状態にあることがわかります。この動揺は世界中のいろいろなところで一つの形、また別の形をとって、雷のように響き渡ります。

どうあれ死は人生の避けられない一部です。死はいつでもどこでも訪れ得ます。けれども、私たちがピリオドを打った後に新しい文を書き始めるように、一つの人生の終わりは新しい人生の始まりです。恐れをもって生きるべきではありません。そうではなくて、受け入れる態度を培う必要があります。私たちの態度は「何が起きようが強くあろう、勇気を持って幸せでいよう」という姿勢であるべきです。恐れながら生きるのは爆弾の上に横たわっているようなもので、決して安心して眠ることができません。

でももう一度言いますが、アンマにとって、ひどく深刻なことが起きるようには見えません。悲劇は世界の至るところでいつも起きています。今日だって、移動中に事故を見たりしませんか。飛行機事故があったと聞いたりしませんか。洪水や地震や台風や津波は定期的に起きます。どこにいようと幸せでいて、真の究極の自己への信頼を培っていきましょう。善い行いを実践しましょう。

虫たちは生まれ、子を産み、死んで行きます。動物たちも同じです。人間もまたそのように生きているなら、私たちと他の生き物の違いは何でしょう。私たちは世の中にどんなメッセージを残しますか。マハートマは無私の行為を通して、永遠に生きます。私たちがマハートマほど貢献できないとしても、少なくとも私たちが役に立てることをわずかなりともやってみましょう。

ただ一本の木が砂漠で成長していたとしても、少なくとも一本分の木陰を作り出すことができます。ただ一輪の花が咲いているだけであっても、少なくとも一輪分の美しさがあります。私たちは零ワットの電球一つの下で読書することはできませんが、そんな電球であってもたくさん集まって光れば、ちゃんと見ることができるようになるでしょう。同じように私たちが力を合わせれば、大きなことが達成できます。

世の中は一人の人間では清掃できない湖のようなものです。もし、一人ひとりが自分の役割を果たすなら、私たち皆で湖の清掃ができます。怠惰にならず、できることをしましょう。そうすれば必ず、私たちに必要なことを成し遂げることができるでしょう。

他のどんな決意と同じく、幸せでいることも決意です。「何が起きようが私は幸せでいる。強くある。決して一人ではない。パラマートマンが常に私と共にある」という固い決意なのです。アンマの子どもたちが必要な精神の強さを持てますように。熱意と自信を持てますように。神聖な恩寵が子どもたち皆にありますように。」

シュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ

新年メッセージ2012より抜粋

このバジャンも大好きです。
Mata Rani Ki Jai!!!

「イェ〜イ女神万歳!!!」って感じの訳ですかね:)
世界中でアンマと皆が唄って盛り上がる曲です。

ダルマを具現化している希有な存在アンマ。
世界が悲しみと苦しみで覆われているこの混沌とした時代に、世界中を廻って慰めと勇気を与えてくれてありがとうございます!!!

カッコいいぜ!!!イカスぜ!!!
Jai Ma AMMA!!!

本年は今の所5月末に来日予定。
東京&大阪とのことですが、詳しくはこちらのWEBで
ぜひ!一緒に甘露に浸りましょう〜:)

PS
宗教のお誘いではなく、ダルマ復活でっせ!!!
勘違いしないようにね〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■補足 THRIVE〜武士道=霊性 

THRIVE、いかがでしたか?
面白ためになりました。分析+繋げること、流石だなぁ。
でもどこかもの足りなさも。

たぶんそれは自分にとっては西洋的な、一神教的な、二元論的な、NEW AGE的な…そんな視点が強いからだと思いました。
エネルギーやシステムの問題が解決しても、それを牛耳っている人たちが革命で倒れたとしても…それは外側が変わるだけ、で…また同じようなことが…外側=社会の仕組みやルールはOKでも内側=個々人の生き様とかモラルというか…
その両方の翼が21世紀にはほしいですよね。

そんなおり、ちょうど読んでいた文庫にそんな感想を補完するようなことが書かれていたので紹介しますね。ちょっと長いですがお付き合い下さい。

『真の文明は知・徳両全にあり』

真の文明には、形而上二様の道がある。しかもその内実は不二の一道なり。
すなわち、不二とはその二つを道義的霊性の文明、他の一つは科学的思想=物質的の文明である。幾多の衆生相集まってこの社会に生存する以上は、欠くことのできないことである。

われら衆生はみな生存を欲するという欲がある。ゆえにこの動物衆生には動物欲がある。しかしながら人間も動物だとて獣欲を思うままにし、自他を顧みず、自由の行路にのみ進んでいけば、これを獣欲と名づけて、高等なる霊性をもつ人類の業作ということはできぬ。
これはたとえれば、動物は必ず飲食を欲する欲がある。それゆえに普通の動物は他を圧倒して自分の肉を肥やしている。それは獣欲である。

ゆえに人間はこのような場合には十分にわが身を働かせて、天地の気に違わず、余裕を作って身体の健康に適した衣食をするという人欲をしなければならぬ。
これがすなわち動物中高等な人間欲である。人類以外の動物でもすこし高等の動物に至っては、各自伴侶のためには、苦楽を思いやるという幾分の思想がある。

しかしながら人間のような霊性の観念にもとづく道義という秩序のあるものはないのである。
しかしながら人間には、道義にもとづく高等な人類的真実の欲を備えている。これがすなわち、尋動動物と万物の霊長である人間と異なるところである。

ところが今日世界東西、真の人欲は欠けて、獣欲すなわち普通動物方向にのみ傾かんとしている。そのわけは西洋諸国に完全無欠でない片脚文明すなわち科学的偏重の大気圧が生じ、その余波として東洋に及ぼし、わが日本までやってきた。

ゆえに拙者は霊性の道義および科学の発達の二者合して真の文明というべきことを示し、あわせて将来日本武士道の進路を指導しよう。

しかしいずれもごく短簡だから、霊性の内実真理に至っては、別に物理説く席にゆずる。

まず、新文明の人類欲とは、不明不暗の大道を修め、知識を磨いて徳操を高め、身体の健康を務め、真美の境に進み、真如の月、実相の花に楽しむべき安心立命の境を欲するにあり、と言うておこう。語弊のところはご免こうむる。

山岡鉄舟の武士道〜勝部 真長 編 100P〜101P よりー

*山岡鉄舟
慶応4年、駿府の官軍本営に乗り込んで、徳川慶喜の恭順の意を伝え、江戸城無血開城への道を開いた志誠の人。その命がけの忠義の姿に西郷隆盛は「稀有の勇士」と讃えたという。
幕末から明治という激動の時代を駆け抜けた鉄舟の武士道とは何か。
禅によって剣の道を極め、剣によって禅を深める〜晩年の鉄舟が、剣禅一致の境地に至って吐露した独特の武士道論に、盟友勝海舟の軽妙洒脱な評論を加えた本書は、歴史的名著であると同時に、日本人の生き方の原点を示唆している。

1202171.jpg

この書物は明治20年に子弟の求めに応じ、たぶん4回に渡って武士道に関する講義をし、それを書き留めたものが元。さらに明治31年に勝海舟にこれを示し評論をいただき、15年を経て、明治35年に鉄舟も海舟も亡くなったのちはじめて発行されたもの。

いや〜超面白かったです。
勝海舟さんの部分もいいですよ。
後半の角川文庫版勝部さんの解説まだ読んでいませんが、これまた楽しみです。

上記転載した内容は平成の今、21世紀の今、さらにひどくなっており、動物以下(彼らは必要以上貪らない)ともいえる人類の欲望のなすがままの阿修羅道→餓鬼道→地獄道。
まさしくインドでいわれているカリユガの極みともいえる現代。

だからこそ覇道でもなく王道でもなく、和道、環道。
霊性の深化。
武士道〜修身。
西洋でいったらノブレスオブリージュ。
このあたりは東洋でもない、西洋でもない、不思議な国日本のお家芸だった〜それは江戸時代の平和を振り返れば…あらためてリミックス復活必要では。


続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖なる人3

久しぶりに読み返しています。

1202191.jpg

●人間の永遠の探求―パラマハンサ・ヨガナンダ講話集

あらためて素晴らしい言霊の数々。
普遍的な真理。

たとえば…1937年(昭和12年)1月28日の講話から P22〜P24


 “今、スペインの内戦で殺されている何千人もの人々の想念と感情の波動は大気に変化を与え、それが今世界中を襲っている洪水やその他の災害の原因をつくっているのです。戦争から吐き出される邪悪な波動は大自然の調和と均衡を乱して自然の大災害を引き起こす原因となります。
人間は神から自由意志を与えられましたが、それを誤用しています。それがあらゆる苦悩の原因です。
〜中略〜
 スペインで戦っている人たちは、政府側も反政府側も、自分では正しいことをしていると思っています。間違いを避けるには、正しい分別を与えてくれる英知を養うしかありません。そして、その判断によって行動することです。間違った者どうしがいくら戦っても、正義はもたらせません。人間の真の敵は無知です。この地上から取り除かなければならないものは、この霊的無知です。
 今日、この世界には、至福の黄金時代を作り上げるのに必要な物はすべてあります。しかし、人間の利己主義がそれを妨げているのです。莫大な無用の苦しみが、人間の偏狭な利己心によってつくり出されています。食物や着物を必要としている人たちのために使われるべき金が、破壊のために使われています。世界の諸問題の根源は、この無知から生まれた利己心です。
〜中略〜
 すべての宗教とすべての国の統合はどうしても必要なことです。しかし、そのような統合は、各人が瞑想によって神との直接の交わり経験するとき初めて可能になるでしょう。解決策は神との霊交です。神を経験した人にとって、もう他人というものはなくなります。このような認識を、一部の人だけでなくすべての人々がもつようになるまでは、地上に真の自由は来ないでしょう。
〜中略〜
 自分の意識を霊的に高めることが世の中にどれほど大きな貢献をもたらすか、その力を侮ってはなりません。あなたはそれによって大きな役割を果たすことができるのです。”


なんとも崇高な意識!
霊的無知…確かに今の人類にとって霊性とは?、が、テーマだと思います。ここまで物質的に豊かになったのに不幸が、病気が、格差が多過ぎますよね。

この講話のあとに第2次世界大戦が勃発、日本には原発が落とされ、もちろん、多くの世界中の方が亡くなりました。その後も世界のどこかでず〜っと戦争は続いています。

911や311…戦争と反戦、原発と反原発。
善と悪といった二元論的な発想…天災?人災?
一人一人が考えねばならない深い問題ですね。

さて、こちらはもう真理を求める探求者にとっては定番中の定番。
昨年亡くなったアップルのジョブスも長年の愛読書の一つとしてあげていました。

1202192.jpg

●あるヨギの自叙伝

●Paramahansa Yogananda (1893-1952)
パラマナンサ ヨガナンダは1893年インド ベンガル地方生まれのヨガの聖人で、東洋の叡智であるヨガを西洋に初めて伝えた偉大な伝道師として広く世界に知られています。
詳しくはこちらへ

彼の師匠がユクテスワ、その師匠がマハサヤ、そのまた師匠がババジ。

そのババジが転生したといわれているヘラカンババジの軌跡をたどったのが15年ほど前。
この旅もさまざまな体験が…やっぱ、スピリチュアルトリップは面白い。

さてビートルズの名盤“サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド ”のこの有名なジャケットにも載っている彼ら四聖人。

1202194.jpg
左からババジ、マハサヤ、ユクテスワ、ヨガナンダの四聖人

どこにいるか、探してみて〜:)

1202193.jpg

これやばいっすね!
SPACY〜宇宙の響き

宗教ではなく真理を求めること、外ではなく内なる平安を求めること、この激動の時代には一番必要では?自分もそんな探求者の1人として残りの人生を旅したいものです。

JJai Guru! Jai Ma........always.
from Sunjay:)

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■311〜古事記〜式年遷宮

311からもうすぐ一年。
2011年に起こったこの天災+人災は大きなインパクトを日本および世界に与えた。

そんな年を経て本年2012年は古事記が編纂され1300年を迎える。
古事記〜天地開闢から日本列島の形成と国土の整備が語られ、天孫降臨を経てイワレヒコ(神武天皇)の誕生までを記す。いわゆる日本の成り立ちの歴史である。

1203012.jpg

幼稚園や小学校低学年の時にはそこに描かれている物語を劇にして演じたものです。
また、絵本や童話で日常的に読んだり。
だから何となくは知っているけど、今の子供たちは知っているのだろうか?
神話でもありますが、日本の国の生い立ち。

ここのところ勉強会に参加させていただいている旧皇族竹田先生は「二十世紀を代表する歴史家のアーノルド・トインビーは十二、三歳までに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅びている」と述べています。

先の戦争の後、物質的には進歩した日本ですが、反面、大切な大和の心=精神性は退化してしまったのでは???その象徴の一つが古事記を知らない子供たち。

ホテルに行くと必ずデスクの引き出しの中には聖書がありますよね?
そんなんで竹田先生率いる一般財団法人竹田研究財団では『古事記』編纂1300年記念事業の本年、全国のホテルに無償で古事記を配布する事業を進めています。
平成23年12月には、1万冊を印刷し配布しました。
古事記1300年に当たる平成24年には、より多くの古事記をホテルの部屋に配備してきたいと考えています。
お気持ちのある方は、ぜひこのプロジェクトを支援してくださいとのこと。
詳細はこちらへ

さらに来年2013年は伊勢神宮の20年ごとに行われている神宮式年遷宮の年

1203011.jpg

2011年の大災害の翌年+翌々年がそのような節目というのは偶然?
いやいや、歴史を再認識し、新たに正殿を建て直し。
災い転じて福となる前兆でしたら有り難いですよね!!!:)

そんな時、そのためにも、「目覚めよ、ニッポン人!」ではないでしょうか?
西洋でもない、東洋でもない、調和の世界はふじのくに平成の日本から…

1203013.jpg

世界が平和でありますように:)

PS
先日鑑賞したピラミッド5000年の嘘
面白くもありましたが、個人的にはもの足りなかったですね…

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■元気かな???妹:)

本日3月2日は妹の理絵の命日
海が見えるお墓にお線香とお経をあげに行ってきました。

江村理絵(旧姓 白澤理絵)享年31歳
昭和41年4月2日生まれ
愛称 理絵ちゃん

1203022.jpg

彼女が別の次元に旅立ったのは1998年…もう14年も経つのか…
だよね〜1人娘の芽吹ちゃんが高校2年生に…いや〜大きくなりました。

彼女は妹に似て運動神経が発達しており、現在、槍投げの選手。
東海エリアでも優秀な選手の1人だそうです。

さっき、芽吹ちゃんとは電話で話しました。
彼女にはこの機会に自分が20年近く唱えている大好きな「延命十句観音経」をお伝えしました。

1203021.jpg

早速、唱えるとのこと。
素直で可愛い姪っ子です:)

自分は魂の存在を信じているので、この次元では死んだという言い方になりますが、魂は存在=生きていると思っています。
目に見えない別次元から自分や芽吹ちゃんはじめ、親しい家族や友人のために、また、世界平和のために奮闘していると感じます。

理絵、いつになるかわからないけど(実は印度のアガスティアの葉で自分が亡くなる時を教えてもらっています〜当たるかな?〜とっても楽しみ 微笑)、あの世で再会するの楽しみにしてますよ!
俺たちの親父にも宜しくね!!!

1203023.jpg

あの時も、今も自分を支援してくれてありがとうございます。
多謝〜元気で!合掌

PS
でも自分がこの次元に存在している間でも、交歓したいな〜:)
そして、あの世にはお金や物質は持っていけないけど、思いと精神は死んでも無くならないことをもっとリアルに自分も感じ、また、この第三惑星三次元で皆に伝えたいと思いますが…
神様、理絵、よろしくお願い致します!

てなわけで、この曲を妹に捧げます。

トッドではなく、アイズレーブラザーズ版を、ね!、妹よ:)

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Walk Across Japan1 OKINAWAから

沖縄来てから5日め、11日は明日から始まる「Walk Across Japan」移動日。
アーサーさんと合流予定が…まぁ〜TRIPにはドヒャ〜:)もつきもの…ましては祈りと内省のスイッチが入る時にはさらに、自分が思ったようにはいかないもの。

合流、タイミング合わずでしたが、重い荷物を持ち、なんとか落ち着き、ゆっくりティダノワのユースト中継と各社311の特別番組を観る。

311の番組、被災した方たちのさまざまな物語が。
そのなかでも涙や感動、勇気や善を、日本人まんざら捨てたものではない、人間やっぱいいなぁと思わされる方たちや出来事も多く登場。
頭が垂れました。

もちろん大変な惨事、人間の醜い部分も浮き上がり、当時も今も大変な環境や胸中に置かれている方たちも多くいらっしゃると思います。
そんな方たちのためにも、もちろん自分のためにもこのウォークに参加した次第です。
またアーサーさんが出発にさいして書かれていたこんな思いと自分もまるっきし一緒なので。

1203152.jpg

あと、還暦を迎えた身ながら(すんません、アーサーさん)、こんなクレージなアクションを起こす牧師の決心に対して、微力ながらも具体的に支援したい、近くでリアルに感じたいという思いも。

翌朝、なんとかアーサーさんと合流できました。
今回のアーサーさんの沖縄を唯一手伝うつもりでお江戸から十字架をバンに積み、フェリーで上陸した伊達さんを紹介される。

彼はアーサーさんがその昔、創立に関わったバイカー集団「Lord Angels」の一員。

どうですか?このネーミング!
「Health Angels」と「Rord」を踏まえた、このセンス。

アーサーさんのこのようなセンスに脱帽。
このセンス+行動力と肉体:)で語られる「宗教」ではなく「真理」に惹かれる理由です。
自分も「宗教ではなく真理の探求者:)」の1人としてカッコだけじゃぁ〜なんですが、カッコもよく!歩みたいものです。

余談ですが、昨年、公私に渡って付合い始めた方が「TRAさんが変な宗教にハマってしまった」と福岡のお世話になった方に語っていたことをその当人より徒歩横断中に昨日聞き、寂しい思いをしました。
俺、宗教にハマったこともなければ、どちらかというと宗教はキライ…真理は求めるけど、21世紀は宗教無くなることを切望しているのに…そのあたりを理解してくれていると思ったんだけど…残念…だけど仕様がないよね。皆、自分の視点と都合で生きているから。

伊達さんとの出会いで、今後の大まかな計画を知る。
まずは彼と同じ宿を取りました。
今回は那覇を拠点に沖縄中を廻る段取りとなりました。

オモロイもので「帰る場所」決まると、不安はほとんど無くなります。
物理的にもそうなのだから霊的な「帰る場所」確信したら、人生の多くの問題を乗り越える指針が出来ると思います。
それを腹にズッコリとブレないようにこのウォークでさらに確信していきたいと思っています。

さて、3人組でスタート地点に向かう〜平和祈念公園。
そこにはさまざまな方が待っていました。
それからの模様はツイッターにて随時アップしています。
よろしかったら、追っかけてみてください。

あれから3日間。
毎日、計画とともにイレギューラな出来事や方が。
決まったフレーズに、さらにアドリブが絡み。
そして、一期一会の、その時だけのミュージックが奏でられる。
サイコ〜!!臨機応変、醍醐味。

その中でアーサーさん+俺と伊達さんにプラスワン、東京農大生のラディッシュ:)河合くん、4名が現在のレギュラー。
また、北海道の映像カメラマンの宮崎さんがさらに今後加わる予定です。

Walk Across Okinawa、凸凹と進んでいくと思います。
超楽しみです:)

十字架を仰ぎ観ながら、担ぎ重さを感じながら、「Road」をひたすら歩きながら「Lord」に触れたいと思います。
大いなる普遍の存在をこの目で今世、観れますように〜

「光を観る毎日」
生活観光は続く…

1203151.jpg

人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし。
急ぐべからず。
不自由を常と思えば、不足なく心に望み、
おこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。
勝つ事ばかりを知って、負くる事を知らざれば、
害その身に至る。
己を責めて、人を責むるな。
及ばざるは、過ぎたるより優れり。

〜徳川家康〜

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Walk Across Japan2 安足日:)

ウォーク、4日目。
昨晩、ツイッターでお伝えしたように本日は「安息日」→「安足日」。

ただ単に30キロ歩くだけでも大変なのに、さらにデカい丸太の十字架担いでの道のり。
平な道ばかりではなく、昇りも下りも。
自分も一昨日、昨日と担いで歩いたので体でわかります。
人生と一緒だなぁ〜大変と言えば大変。

今回の沖縄は北海道まで続くアーサー牧師の実践準備運動でもあります。
牧師の足は距離と重み、さらに履きはじめの固い靴も関係し、腫上がってきていました。

皆で昨晩、急遽、相談。
結果、本日を「安足日」とした次第。

またハードな裏方ワークをしている伊達さんにもゆっくりたまにゃ〜という思いも。
もちろん自分も足きてましたし、それなりに時間的には追われていたので有り難い、計らい。
日中は洗濯したり、デスクワークやブログアップも出来ました。

今晩も夜は集会です。
皆で18時から出勤:)です。

ここ連日続いた集会も3回目。
これがまた面白い〜場所によって奏でる講話が変わります。

でも普遍的な真理を伝える事は一緒。
楽しませていただいています、

1203153.jpg

PS
10年間伸ばしていたハワイアンのような天然パーマの髪を昨年末にバッサリ切りました。
なんとか昨年、引き続き今までの形でやり続けられないかと、こんがらがっていたさまざまな事柄を解く努力を自力+他力で模索実践しましたが、力及ばす…

他力は自分ではどうにもならないので、こんがらがっている事や人間関係をバッサリ、と…そんな思いを象徴するために自ら自由になる髪を切りました。

「こんがらがっているヒトコトモノ→髪を切って真善美健富目指し→神に委ねる」〜毎度の思い込みも踏まえ:)引き続きぶれない自力を応援していただけるように恩寵を願い、結果、新しい人間関係で他力も組み直したいと思っています。
目的は同じでも、POからNPOにステージも移すこともその一環。

自力+他力+恩寵の三位一体=トリニティが事を成すバランスの礎。

金曜日ではなく木曜日ですので〜「サンクスゴッド イッツサーァスデイ:)」
多謝〜ありがとうございます!


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■walk Across Japan3 おきなわクリスチャンセンター

T.G.I〜皆さま、いかがお過ごしですか?
本日の沖縄は晴れ〜ハレルヤ、やっぱ、天気が良いと気持ちもいいです:)

昨晩の教会=おきなわクリスチャンチャーチ。
ツイッターにリアルに上げましたが、気に入りました。

1203161.JPG

教会というよりはラウンジ。
集会場というよりはカフェ。
シンプル!
ライティングも綺麗。

1203162.JPG

色数も少なく、植物や何気ないけどセンスの良い小物が主張もなく収まっている。
こういう教会でもいいんだ?と気付かせてくれました。

自分はアーサーさんより洗礼を受けましたが、教会に義務感で行くつもりは一切無い。
また教会だけにジーザス=真理の具現者がいるとは思っていない。

お寺にも神社にもモスクにも行って、特定の宗教ではなく普遍的な真理を語ってくれる伝道者や探求者がいたら訊ねる、語る、楽しむ、祈る。
なぜなら自分は宗教を求めているのではなく真理を求めているからです。

権力が欲しいのではなく、感動が欲しいのです。

アーサーさんは教会をもたない牧師です。
アーサーさんは言う。

「俺の教会はこの大自然だ!」

「宗教をやっている奴は気持ち悪い奴が多い。」

「俺はジーザスが大好きで、キリスト教はキライだ!」

「リリジョンではなく神とのリレーションシップをしたいんだ。」

「俺は宗教家ではなく、探求者だ!」

まったくそうだ、その通り!と共鳴する。
自分が手段として関わってきたヘルシフードやベジフード、リビングフードの世界も一緒。
交わりたい奴はそうはいない…残念だけど…
だからアーサーさんから洗礼を受けたんだよ。

キリスト教になりたいんではなく、魂の探求者アーサーさんとスピリチュアルの杯を交わし、アーサーさん通して男の中の男ジーザスと感謝の契りを結びたくなったんだ。

アーサーさんは言う。

「俺たちは罪人だから罪を犯すんだ。罪を犯すから罪人ではないんだよ。」

「ピンチはチャンス。ピンチはおまえをもっとカッコ良くするための揺さぶりだ。」

「おまえらはもうすでに愛されているんだよ。それに気付いていないだけなんだ。」

さて、この素敵な教会で来週再びアーサーさんの講話が行われます。
クリスチャンでなくとも真理を求めている多くの方の参加を願います。
ともに楽しみ+学び合えたら:)

●アーサー ホーランド ゴスペルトーク

日時:3月22日 19:30〜
場所:おきなわクリスチャンチャーチ
   宣野湾市大山4-2-5 1F

1203163.jpg

PS
このチャーチの牧師さんは若き依田 献(ささぐ)さん、潤子さん夫妻。
献さん〜本名、何とも素晴らしいお名。さらに大工さん!キリストと一緒。
潤子さんは自分と同じ、玉川っ子でもありました。

ぜひ、教会Tシャツ、作ってください。
俺、着たいです:)


続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■walk Across Japan4 ベタニヤチャーチ 与儀公園

昨日は巡礼なしで、那覇にある与儀公園でアーサーさん講演+ボランティアお手伝い。
主催はベタニヤチャーチNPO法人プロミス・キーパーズ

沖縄那覇に滞在していてもほとんど歩いているか、宿でデスクワークの日々でした。
公園までは国際通りを横切って久しぶりに大好きな第一牧志公設市場を通り、さらにローカルな商店街を通って向かいました。

いや〜たまりませんね、道中。
時が止まっている。
昔と変わらない景色。
変わらない色。
変わらない音。
変わらない香。
変わらない人。

でもところどころセンスが良いお洒落な店や深〜くカルチャーを掘り下げた店が出来ていて。
そういうNEW WAVEもあったほうが個人的には嬉しい。
これも生活観光の楽しみのひとつ。

さて、ツイッターにも随時アップしていきましたが、補足を。また感じたことを。

公園に着いたらそこにはホームレスやお年寄りの方たちがたくさん集っていました。
この教会+NPOはここ5〜6年、毎土曜日に青空集会と食事のセバを行っているとのこと。

牧師さんの山内さんはアーサーさんとは20年来のお付き合い。
アーサーさん曰く、出会った頃は企業◯○みたいな存在だったそう。
その方が、今では行動する牧師先生。

一昨晩、観ていなかった映画「親分はイエス様」をネットで発見〜フリーで鑑賞出来ました。

この映画は20年ほど前、アーサーさんがきっかけを与え、改心+牧師の道を歩むことになった多くの893さんとのリアルな交流の物語が下敷きになって出来た映画。
映画そのものはほとんどが創作で、アーサーさんと思われる方は登場しません。
個人的にはそこがもの足りなかったけど、「親分はイエス様」というタイトルは素晴らしい〜アーサーさんの伝えたいメッセージの幾ばくかは伝わったことでしょう。

こちらはそんな改心した893さんとアーサーさんのリアルな映像です。
15年ほど前のもの。
アーサーさん、今とスタイル違いますが、相変わらず、熱いです〜:)!

その翌日の青空集会。
いきなり、このTシャツを来ている方たちが:)

1203186.jpg

オキナワらしく、賛美歌だけでなく、まずは三線と島唄で皆で歌う、踊る、歌う、踊る。
その間、おばあちゃんやおじいちゃんにいろいろ声をかけられる。
自分の大好きなアイランドのカルチャーがそこに。
髪を切ったせいか、ここでもだけど沖縄来てからボクサーの内藤さんに間違えられる〜似てるのかな?本人は判んないんだけど???

元シャブ中や犯罪者、貧困や差別で迫害されている方たち、精神的や肉体的な弱者の方たちがスタッフとして働いているこの時空間。
またそこに集う同じような人々。
先日の教会とは違った意味でハートに響き、また、頭が垂れました。
イエスが生きていた時代、イエスの廻りにはきっと同じような光景が…
気取っている自分を反省し、自分の境遇に感謝しました。

POであろうとNPOであろうと今後の自分が行いたいことのリアルなヒントをまたしてもいただきました。

1203185.jpg

アーサーさんの話も素晴らしかった。
集っている方たちのキャラ、野外ということもあり、短時間に大きな力強い声で、毎度ではありますが、いつになくユーモアや優しさのスパイスを多く振りかけ、皆に励ましと慈しみのあるメッセージを。

その後、食事を配りました。
食を通しての交歓。
このセバは自分の得意とするセバ:)
レギュラーメンバーの方たちに混じり、お手伝いさせていただきました。

1203188.jpg

講話のあと、大きな声で「ハレルヤ」「アーメン」と一緒に唱えていた自分がそこに。
皆さま一人一人が平安でありますように。
世界が平和でありますように。


 

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■ポールマッカートニーからメッセージ

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■アンマ来日情報

ここ2年間、7月に来日していた聖母アンマ。
本年は5月末の来日が決定しました。
激動の時代〜だからこそ、こんな集いに参加するのも良いかと!
すべて無料です。

●西日本 5/24(木) 25(金)
大阪会場:
梅田スカイビル ステラホール
大阪府大阪市北区大淀中1-1
梅田スカイビル タワーウエスト3F

●東京 5/27(日) 28(月) 29(火)
東京会場:
SHINAGAWA GOOS 1F
ガーデンシティ品川 ボールルーム
東京都港区高輪3-13-3
SHINAGAWA GOOS 1F

詳細はこちら
なおボランティアも募集中です。ボランティアミーティングはこちら
*よろしかったら情報拡散願います:)

1204121.jpg

楽しみですね!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Jai Ma

来日情報はこちら

from SunJay:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Jai Ma Jai Ma From BRISBANE

オーストラリア ブリスベンからです。
お初のオーストラリア。
シンガポール経由の旅の目的地はここ、ゴールドコースト。
来月、来日するインドの聖母アマチのオーストラリアでのリトリートに参加するのが今回のTRIPの目的です。

時差は1時間、こちらの方が早いです。
シンガポールもそうですが、南に向かう緯度の旅は時差がなく楽ですね。
亜熱帯のここの今の季節は夏でしょうか?…沖縄に続きありがたい気候。

リトリートは明日からサーファーズパラダイスで行われます。
飛行機の関係で昨日着いたのですが、偶然、本日はここブリスベンでダルシャンが…だったらと思い、昨日の午後からは会場設営のセバ=ボランティアに。

ほぼ2日間機上+空港にいました。
じっくりゆっくりの睡眠が全然取れず、超眠くなり〜夜には宿に戻り、爆睡。

呟きをいくつかアップし、その後ダルシャン会場に向かいます。
会場ではキッチンセバ等をしながら、甘露に浸りたいと思います。

皆さん、よい週末を!!!

アマチ来日情報はこちら

from SunJay:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■SAI BABA〜LOVE ALL SERVE ALL

OM SAI RAM

1204241.jpg

本日は大好きなババが肉体を離れてからちょうど一年。
ババの魂〜もちろん皆の魂も、不滅なのを信じていますが、この第三惑星三次元相対世界でババに会えないのは寂しい…ですね……

OM JAI SAIBABA
合掌

FRoM SuNJAY

PS
でもこうやって映像や写真でいつでもどこでもリアルに観ることが出来るのは素晴らしいですね!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■DEVI BHAVA〜LOVE&SERVE

OM AMRITESHWARIYAE NAMAHA

1204242.jpg

先ほどSAI BABA をアップしましたが、SAI BABAの命日でもある今宵はAmmaのDEVI BHAVA@Surfers Paradiseです。

アンマのいつもとちょい違うダルシャン。
現地時間の19時から〜もうすぐですね。

Jay Ma Jay Jay Ma!
FRoM SuNJAY

PS
大好きな2人を、自分にとってのスピリチュアルなお父さんとお母さん、再び:)

JAI SAI JAI MA
FOREVER:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■新嘉坡 祈り 続き

伊豆熱海に戻ってきてからネット環境が繋がらなくなっていて…。
あらたにこれ手に入れて復活です。

さて、新嘉坡。
前日の山下将軍からの流れでありますが、最終日にはここへ。

戦争記念公園。
そこに建っている「日本占領時期死難人民記念碑」68メートル。
有名なラッスルズホテルの目の前です。
前にも来ていますがあらためての気持ちで。

1205052.jpg

これは1967年に建てられた慰霊碑で、数万人(数は諸説あり)が殺されたといわれる日本軍占領時の華人の虐殺での犠牲者を弔い、二度と惨事を繰り返さないという想いの碑。
日本政府とシンガポール政府の協力で建てられたもので、4本ある柱は中国人、マレー人、インド人、ヨーロッパ人を表しているそうです。

その中に日本人の自分が入り、毎度の祈りを。
見上げるとこんな景色。
1205051.jpg

戦争〜先の戦争について、日本人は過度に自虐的であったり、妙に褒め称えたり…どちらもいかがなものか?

戦争に善悪はない。
戦争に加害者も被害者もない。
戦争にあるのは悲しみと憎しみだけ。

戦争〜嫌ですよね…
再び…

亡くなった方たちの魂が安らかで、生きている皆がハッピーで過ごせますように。
世界が平和でありますように!

合掌。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Jai Ma Jai Ma Jai Ma

もうすぐですね!!!

来日情報はこちら

from SunJay

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖なる人4

1205211.jpg

先日、ゴジ監督3作目候補で推薦しましたが、実在の人物について書かれたものです。

●目覚め

ほかにもその方についていろんな方が書いています。
興味深かったので読んでみました。

●宇宙心

●神心

●心世紀

他にもまだいくつかあるけど〜それらは未読です。

沖縄のS師、自分より一回り上の子年の方。
8月15日生まれだそうです。

お目にかかったことがないですが、なんともスゲェ〜話ですよ。
いくらなんでもそれは〜???っと思うところもあるけど…
いるんだなぁ〜こういう方が。
あるだろうなぁ〜こういう事が。

10数年前まで人々の目覚めを促すために無料で講演会もしていたそうです。のべ一万人の聴衆に直接価値観の転換を訴えそうですが、一連の講演活動に終止符を打ちました。
なぜなら、彼の講演を聴いて感動し、涙する聴衆は多数いたものの、地球や人々のために立ち上がって行動に移す人はごく少数だったからだそうです…俺たち、トホホ…ですね…

*名前も写真も公表していないS師〜光を卸す方のイメージで写真+映像選びました。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■いよいよ〜:)

本日から…大阪から。

120524.jpg

詳細はこちら

どうしますか?どうしますか?どうしますか?
来る???

俺は行きます〜もちろん!!!
すべて無料。

何度もアップしてますが、アンマのバッジャンのなかでもお気に入りの一曲を〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■6/28アーサー・ホーランド@伊東

1205241.jpg

*****2012 Walk Across JAPAN *****
不良牧師アーサー・ホランド ゴスペルトーク@伊東

●日時:2012年6月28日(木)17:30開場 19:00スタート

●料金:前売1000円 当日1500円(1ドリンクor1オーダー別)

●場所&申し込み:Organic Cafe “CHANT” 
静岡県伊東市南町1-1-6
Tel:0557-37-3520 E-mail:uopaaa@gmail.com
*電話かメールにてお名前+連絡先+参加人数をお知らせ下さい。
Map

●主催:れもんの木+NPOふじのくにNIPPON準備室

*アーサー牧師に関しては下記をご参照下さい。
WEB:http://arthur-hollands.com/
BLOG:http://blog.arthur-hollands.com/

*お願い〜よろしかったらこの情報の拡散願います。

PS
6/30 鎌倉編は追ってアップしますが、その近辺の方、お楽しみに〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖母マリアとジーザス@大阪

1205252.jpg

昨晩から急遽、大阪に来てます。
目的は二つ〜アーサーさんとアンマです。

3月にアーサーさんと沖縄縦断。
4月にアンマ訊ね、オーストラリア、そしてシンガポール。

お二人ともモノホンの霊的生活を行動で、背中で教えてくれている大好きな、また尊敬している方たち。
それはステージが変わる節目の自分にとって有り難いスピリチュアルなトリップでした。
さらに個人的に昔から行っていた慰霊(霊を慰めること)さらに浄霊(霊を浄めること)の旅でもあったことはチラッとお伝えしましたよね:)

そして5月、24日+25日。
偶然にもその2人が昨日から本日にかけて大阪に。
スゲェ〜タイミング!

残念ながら大切なワークがあったので今回は大阪行けないかと思ったのですが、自力+他力+恩寵で結果、昨日都合がつき、昨晩、大阪へ。

着いてすぐ、アンマのもとへ。
いや〜スイートでした:)

ただし、本日の昼間にアーサーさんのところに突然現れ、驚かせようと思っていたので、意識してつぶやきませんでした〜アーサーさんに行動が伝わる可能性があったので:)

本日、日中は沖縄以来久しぶりにアーサーさんと歩きました。
男の中の男、ジーザスとともに〜:)

驚いたことに、アーサーさんはアンマと同じ誕生日でした〜9月27日。
ただし、アーサーさんが2年お兄さん。

その偶然は自分にとっては偶然ではなく、なんとなく表題のイメージ。
今回の大阪は3月+4月+5月の三部作完結編&TAO=太極マークのようで嬉しい。

ジーザスを生み育てた母の象徴でもある聖母マリア〜さて、これから聖母アンマのもとへ。
歩き疲れたカラダをお風呂でほぐし終え、これから会場に向かいます。

本日はディープスピリチュアル2ラウンド:)濃いい日ですね。

世界人類が平和でありますように…フロム浪花より

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■6/30アーサー・ホーランド@鎌倉

伊東編に引き続き鎌倉編を。

1205251.jpg

*****2012 Walk Across JAPAN *****
不良牧師アーサー・ホランド ゴスペルトーク@鎌倉

●日時:2012年6月30日(土)13:30開場 14:00スタート

●料金:前1000円 当日1500円

●場所:鎌倉山“K-HOUSE” 鎌倉市鎌倉山4-8-33
Map

●申し込み:ブルー・プラネット・エクスポーラー
Tel:0467-84-9871 E-mail:nambu@blueplanet-e.co.jp
*電話かメールにてお名前+連絡先+参加人数をお知らせ下さい。

●主催:ブルー・プラネット・エクスポーラー+NPOふじのくにNIPPON準備室

*アーサー牧師に関してはご下記を参照下さい。
WEB:http://arthur-hollands.com/
BLOG:http://blog.arthur-hollands.com/

*お願い〜よろしかったらこの情報の拡散願います。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■昨日から〜お江戸3日間

国境や国籍や宗教を超え…普遍の真理を伝えてくれる、だから好きなんですよ、俺は。
“今だけ、金だけ、自分だけ”ではなく“世のため人のため生命のために”
もちろん他にも素晴らしい方はいらっしゃいますが、でもその内の一人だと確信してます。

LOVE&SERVE 聖真善美を具現化している〜こんな方が昨日からお江戸に〜

来日情報詳細はこちらへ
昨日は10数年来誘っていた身内が登場!〜ナオネェ、あらためてまたアンマのもとへ一緒に行こう。
ゆうさんもはるさんも、ね!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■沈めわが心よ

沈め 沈め 沈め
美しき海に わが心よ
深き底に ゆきて探せば
聖愛の宝玉 汝が手に入らん

1206111.jpg

探せ 探せ 探せ
神の故郷を 汝が胸に
灯せ 灯せ 灯せ
智慧の灯を 常に明るく


続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■聖なる人5〜地球の未来と人類の進化

久しぶりに五井先生の本を読んでいます。
判り易いなぁ〜とつくづく思います。

昔、白光を訪ねました〜なぜってUFOが飛んでる部屋があると聞いたからです:)
特別な方以外、立ち入り禁止でしたが…確か、そんな記憶。
面白くないですか?〜そそる話でしたよ。
俺は大好きです、この手のこと、確かめたくなっちゃう〜:)

団体苦手なので…
白光に自分は所属しているわけではないですが、いい名前だなぁ〜とつくづく思います。

五井先生の講話〜たぶん70年代なのかな?
あえて順番を変え、アップします。
5つありますが、お暇なときにでも〜:)

〜祈り〜
世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます

1206181.jpg

上記真ん中に写っている不思議な霊光写真と先生の柏手の科学的実験、面白いっすよ〜こちらへ

21世紀は宗教と科学の合体、なんていう言葉になるんだろう〜楽しみですね!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■お礼

昨晩のアーサー・ホーランド@伊東、多くの方が集っていただき有り難うございました!
一緒に主催をしてくれたれもんの木川合くん+チャントゆうきくん&彼女もお疲れ様でした!!
アーサーさん+バングラさん、昨日も35キロ歩いたにもかかわらず、ご苦労様です、そして、有り難うございました!!!

自分は昨日、富士山を仰ぎながら、ともに歩ませてもらいました。

さらに熱海市内に入ってから、梅園から来宮さん、そこから自分が生まれ育った咲見町〜実家の前も通り平和通りへ、さらに熱海駅から伊豆山に抜けるエリアを十字架背負わせて歩ませてもらえたこと、生粋の熱海っ子として、このご縁に感謝致します:)

地元の方は自分だと気付かず、安堵!?とともに寂しい気持ちも〜:)
アーサーさんにもその心意気と行動について「お前もやるよな〜:)フツー、恥ずかしい、みっともないとか言っちゃってばっくれるのにな…沖縄からここまでお前のために俺がこの十字架担いできたようなもんだよなぁ〜」とのコトバを…まさしく、ありがとうございます〜ご馳走様でした:)

本日は湯河原から湘南に向けて。
明日の夕方から鎌倉稲村ガ崎でホームパーティ形式で「最初の晩餐」を。
言霊と音霊とマナフードの三位一体の試み=雛形実験。
御陰様でこちらは満員御礼です。

鎌倉に集う皆さま、よろしくお願いします。
気をつけてお越し下さい。
楽しみにしています!

1206291.jpeg

PS
それにしてもアーサーさんの足、1500キロ近くの歩み、流石に超合金:)のように黒光りしてました。
ますます、元気ですね〜還暦のアーサー牧師、ヤバイっす!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■HAPPY BIRTHDAY!!!

本日は尊敬するアーサーホーランド牧師とインドの聖母アマチの誕生日です。
奇しくも同じ日に生まれたお二人にあらためて、

“いつもありがとうございます!
お誕生日おめでとうございます!”


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■朔旦冬至@鎌倉東慶寺

12月22日、月曜日。19年に一度の『朔旦冬至』。
古来から太陽と月の足並みが揃うこの日は暦元とされ、実際に数多くの元号が朔旦冬至で変えられてきたそうだ。

この日、鈴木大拙を輩出した禅の聖地であり、幕府公認の縁切り寺法を持った鎌倉『東慶寺』に行ったんだ。
暦、宇宙、禅をテーマに行われた“ぐるぐる冬至まつり”を楽しむために。

この集いは培養発酵宙造研究所のじゅんぺい君に教えてもらった。彼の創るパンは“天然食サイケ”で“生きてるART”ともいえるもの。

こんな感じ…

RIMG3119-thumb-480x360.jpg

食べたら無くなっちゃうというのがまたイカス。

“ぐるぐる冬至まつり”のチラシ

B4euwIhCIAE6nzf.jpg


内容はこんな感じ。

B4euwIXCAAA7SPi.jpg

大きくは3本だて。
どれも刺激受けましたよ、素晴らしい:)ARIGATO

賛成⇄反対、善⇄悪ではなく、“Think Cosmically Act Joyfully" を心がけたい。
引き続き、聖と俗を楽しみたい。

PS
東慶寺の住職井上陽司さんと佐治晴夫先生が母校玉川学園に縁のある方だというのも嬉しいコスモスワールドだった。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra