ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
serch
recent Comments
Diary Archive
■初温泉

名湯数多くあれど、やはり産湯を浸かった故郷の温泉、ましては源泉は別格です。
昨晩に引き続き、起きてからすぐ、真っ昼間、ひと風呂浴びにきました。
元旦から営業、あ〜こりゃこりゃ、天晴れな湯だなぁ〜:)
カラダも心も温まり、有り難いっすよ〜:)

080101-145115.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■子年

2008年は子年。十二支の壱番目。
「繁栄」「誕生」「物事の展開」の年とされています。

僕は年男。
生まれた1960年は日米新安保条約成立、カラーテレビ放送開始、ソニーが世界初のトランジスタテレビ発売、森永製菓国内初のインスタントコーヒー、丸井が国内初のクレジットカード発行、映画館数史上最高、池田首相の所得倍増計画始動、だっこちゃん空前のヒットといった出来事がありました。

モスバーガーやユニクロ1号店が出来たのも子年。
アップルからマッキントッシュが発表になったのもマイクロソフトのウィンドウズ95が本格的に広がったのも子年。

今年も今後のライフスタイルを大きく変えるような芽が出ますように!
皆さまの平安と世界の平和をお祈りいたします:)
ゆったりほっこりまったりと・・・極楽のスタートとなりますように!

%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E7%94%B7.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■My ROOTS Happy Birtday!!!

今日はお袋の誕生日:)
このブログを絶対見ないだろうけど・・・お誕生日おめでとうございます!

white23.jpg

で御免なさい・・・
この歌をあなたに捧げます。

あと20年は元気でこの惑星で楽しんでくださいね〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■本日 西麻布安楽死:)

11月から本格的に準備、11月15日から始まったTGDも本日無事終了しました。
お客様+応援支援していただいた皆さま+相棒のAkiさん、ありがとうございました。

来週アンコール+撤去、もうひとがんばりです。
その前に明日、朝、福岡に飛びます。

080131.jpg

PS
お陰様で5日アンコールは満席。
6日はまだ若干余裕あります。
膳は急げ!ご連絡は早めに:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ありがたい!生活観光:)

いつの頃からか口癖になったコトバ。
昨晩、やんちゃな若い友人達と話していて思い出した。

20数年前のタバコを吸いたいと思わなくなったきっかけ・・・
10数年前の動物性を食べたいと思わなくなったきっかけ・・・

「ねばならない」とか「無理」してそうなったわけではない。
それは「ありえない」=「有り難い」体験がきっかけでした。

それから不思議と「ありがたい」ことに明日どうなるかわからないフリーな生活なのにも関わらず、クウネルトコロのクオリティはますます豊かになっています。

人や環境やタイミング・・・それらが実在する大いなる宇宙・・・一人で生きているわけではないことを感じ、誠にありがたいことです!!!

「生活観光」とは毎日何らかのカタチで「有り難い」を感じることとも言えます。

080214.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■『マカナ Vol3』来月発行

昨日はお江戸からフリーペーパー「makana for Beach Girls 」ご一行様が熱海に。
3月上旬に発行される3号めのお手伝いを差し上げた。
「継続は力なり」偉いなぁ、また手伝えることやらせてもらいますよ〜:)

atami.jpg

その後、皆でお風呂へ。
お風呂上がり、夕方の空+海、超綺麗だった・・・水平線の向こうにある大島の町並みまでくっきり・・・写真で紹介できず、すんません。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■よかろうもん福岡向け面舵一杯!

080421.jpg

今晩19:10、お江戸は有明からオーシャン東九フェリー に乗って福岡に向けて旅立ちます。

翌午前中には徳島、その後さらに北九州に向け船出。到着は23日早朝。そこから車走らせ福岡・唐人町の「きっかい有機はうす:)」 へ。まずは大掃除といった予定です。

西に向けフェリーで下るのは13年ぶり、その時は約40日にわたるビジョンクエスト「四国お遍路の旅」(それは1995/03/03 から1995/04/08 まで)でした。
何かを求めて故郷をあとにするスピリチュアルジャーニー・・・ハワイヒロから熱海へ、その後キューバに行き、そのあとは北海道+東北へ、そしてお江戸といった昨年から今年にかけての生活観光は結果、福岡へと繋がりました。
今回のテーマは「マナバーガーズ」。
大波。ビビリつつもこの際、楽しまにゃ〜やらにゃ〜相棒たちと・・・:)このご時世には珍しいけどこういうときは船旅、なんだかピッタリだなぁ・・・我ながら趣味人、良いチョイス:)。

moon.jpg昨日は満月。

今晩もほぼ満月。

まずはここ数日の大変だった日々を忘れ、「ジンライムのようなお月様」 の光を浴びながら海上から見る大好きな祖国ニッポン、楽しみです:)

しばらくは福岡です、機会があったら是非遊びに来て下さいませ。

ハードワークは・・・有り難くも続く・・・:)

GOD BLESS US!
お月様お星様お日様神様仏様守護霊様ご先祖様・・・
さらに「友よ!」宇宙人様
・・・この航海=ミッションをお守り下さい。

顔晴れますように〜:)
行ってきまぁ〜〜〜す。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ福

一昨日空港で発熱。
昨日お風呂でぎっくり腰。
本日上記ダブルで思ったようにワーク出来ませんでした。

カラダは痛苦しいけど、魂の音楽は鳴り響いています〜アンマの余韻にひたっています:)
何ともカラダはボロボロですが、調整して明日からまた顔晴っていこうとおもいます。
マントラ唱えまくりでアンマ祈願復活!というわけでこんな写真をアップしますね:)

photo_470.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■日本山妙法寺久山仏舎利塔

お気に入りの久山植物屋さんとコストコに所用で行ったついでに気になっていた仏舎利塔に日暮れ時、友だちと寄った。
俺の故郷熱海にもある日本山妙法寺の寺院です。

「南妙法蓮華経」と太鼓を叩きながら世界平和を祈り、ひたすら歩き続ける印度風の袈裟を着た僧侶たちを見たことがあると思います。日本のみならずインドやネパール、アメリカやヨーロッパにも仏舎利塔は建っています。
開祖でもある熊本出身の日達上人 は熱海を気に入りそこにある寺院で亡くなられた。
ガンジーさんとも交流があり、熱海にはガンジーさんが叩いた太鼓が置かれている。

夕焼けが綺麗だった。
小高い丘にある塔は低い山々が渦のように連なっている中心にあり、日本風というよりはどこかエキゾチックでスペーシーなそのカタチはまるで空飛ぶ円盤のようで・・・全国にある仏舎利塔は大好きな寺院のひとつです。

ここのところ忙しく、まさしく心を亡くす出来事でストレスだったが、とても静かな時をいただきました。

写真は撮っていなくて探したものをアップしますね・・・
40hisayama.jpg
それにしても仏舎利塔は誰がデザインしてるんだろう?
コンセプトは一緒だがカタチはどこも違う。興味津々です。

PS
今朝方、従兄弟が亡くなったことを聞きました。
タイジロウ、最近会ってなかったけど・・・人は必ずこの次元から消えるけど・・・残念です。
お母さん(僕の叔母)が一番悲しいだろうけど残された俺らはこの命を精一杯生きましょう!
合掌!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■福ライフはヘルシー&エコ

福岡に来て、とても変わったこと、それはほとんど車に乗らなくなったこと。
日常の移動は断然、自転車!

0808171.jpg

したかったライフスタイル:)日常茶飯事のこれもヘルシー&エコ、エンジョイしています。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ワーク+気分転換兼ねて

新宮港・相島・穴観音〜福津・マウイ・ランドシップ

今週末のパーティ
でお世話になるフラレディのルミさんと打ち合わせとともにあいのしまというハート型の小さな島へ。海に面した崖っぷちにある洞窟にいらっしゃる観音様にご挨拶に行きました。
不動明王もいらっしゃって世界平和=慈悲と商売繁盛=強さを祈願しました。

080824-091016.jpg

その後、ルミさんに紹介してもらったカメラマン+ヨギのアツシ君宅に・・・なんと驚きのビーチフロント。
最高の場所です。ヒロ思い出し、ひとっ風呂感覚で目の前の海へ・・・どぼ〜ん。バリ気持ちよか〜:)

080824-172252.jpg

ここから歩いて直ぐそばの哲ちゃんのランドシップにも30日のチラシ配りがてら寄りました。サンセット、最高でした。翌日の31日、午後、何ともまったりしそうなライブがここで行われます。

福岡挟んで西の糸島、東の福津方面。
どちらも気に入っています:)よかとこたい!

良い時をルミちゃん+アツシ君、哲ちゃん&ランドシップの皆様、マハロ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■縁は円なり:)

相変わらずいろんな出会いが・・・偶然?必然?孫悟空のようにお釈迦様の手の上???
たまんないなぁ〜生活観光。

日常の小さな奇跡。
キラキラ輝いている。
キラキラ キラキラ キラキラ

arigato a lot:)
ほんとに・・・あ・り・が・と・・・ほんとに・・・

081029.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ぽっかり:)

浮いてます。

081030.jpg

さてさて、今日は休みにもかかわらずTAO Lab+助っ人A君踏まえ、皆でミーティング。
ここ一ヶ月半、毎日顔を合わせていたけどそれぞれいろいろ追われてて、あらためて主要スタッフとの打ち合わせはお初!
いやはや新たな創造〜初めての場所+0からの組み立て(というか、痛いショックな思いしたからマイナスからか・・・よくここまで来たと思います。)はしんどいけど、好きなこと&やりたいこと&ちょこっと世の中に恩返し出来ることをカタチにしている俺らは幸せ者です。

いや〜それにしても心強い有り難い女性たちです。
マナ=母性は素晴らしい!
いろんな人とワークしたけど、モノホンのLOVE+SERVEを彼女たちに感じます〜めったにいないよな。。。ちゅ〜か、初めて。

凸凹実践先行型野郎の自分ですが「男」として大感謝BIG MAHALO!とともにマジで幸せにしなくちゃ。
で、皆で気づいたこと踏まえ、第2ステージ、始まり始まりです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■どっちもどっち?

あらためて新聞やTVを見ない生活を始めて半年経つ。
取り立てて困ることはない。
かえって、バッドなバイブ浴びなくていいかも・・・「知らぬが仏」とはよく言ったものだ:)
でもMac開いたり、どこか行ったりするとそれなりにNEWSは目に飛び込んでくる。

今月初頭に目に入った小室氏の詐欺事件。
元々彼の音楽は興味はないが、時代のうねりとしては興味がありました。
おごれる者は・・・を感じました。
でも、あんなに売れるとその落とし穴にははまりやすいよね。

こんなの教えてもらいました。
詐欺には「欺す人」と「欺される人」がいる。
「加害者」と「被害者」・・・といえば彼を詐欺で訴えたこの人は・・・「欺された人?」「被害者?」


小室哲哉問題。

いや、はや、なんとも臭いな〜この人。
インドでは今の時代を「カリユガ(最悪の時代)」と呼んでいます。
ある意味〜同じ穴の狢。世の中は妖怪大戦争〜魑魅魍魎ですねぇ。

でも怖がらないでください。
反面、この最悪の時代に生まれることはとてもラッキーとも言われています。
なぜなら新しい時代をクリエイトする機会を、その結果、新たな時代とも言える「夜明け」を経験できるから・・・「夜明け」前が一番暗いとはよく言ったもんだ。

未来を作るのは今の俺ら。
個々の意識の進化とそれ踏まえた実践しかないですね〜それはきっと、一歩一歩、小さなことから・・・個人の生活から。

「欺す人」と「欺される人」が喧々囂々してるのがカリユガ。
きっと「欺さない人」ばっかりになるのが「夜明け」の象徴だと思います:)
切望!まずは己から。

LOVE&SERVE!

081127.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■リスペクト!吉原:)

俺の相棒、亜希さんは「料理人」というよりは「クッキングアーティスト」と呼ぶのがふさわしい。出会ってから20数年、コンビを組んでから約15年。夫婦だった時期もあるが、その時はまさしく家庭の中ですべての時間を使っての日常茶飯事、毎日が研究室、もちろん愉しみながらの極道生活:)

ワガママでお馬鹿な俺の、でも20数年前に芽生え、10数年前に確信した未来の常識とも言える(はず〜笑)ピュアーな(はず〜笑)ビジョンを「ゴハン」を通して「デザイン」してくれてます。

結果、もちろん今でも進化していますが、一生分以上の「ネタ」がすでにあります。マクロビとかベジとか、オーガニックとかナチュラルといったある種の「頭満足傲慢スタイル」「ミニ教祖志向」遊びなんかはとうの昔に超えちゃって、食本来の大切な「マナ」をいつも意識してカタチにしています。

それをフツーにやっている彼女、リスペクト吉原亜希!

いままでいろんな方たちに、またマスコミ関係の方たちに彼女の子供とも言える「ゴハンのデザイン」や「レシピ」をお伝えしてきましたが、たまにがっかりしてしまうのはリスペクトなく利用&盗用されることです。面白いもので不思議と盗まれた「我が子」はどこにいてもわかるものです:)

現代の音楽が素晴らしいと思えるひとつはMIXがジャンルとして確立されているいること、それは盗用ではなくオリジナルに対するリスペクトの結果だから・・・
「マナゴハン」が世の中に溢れることを願っていますが、自分なりにRe-Mixするなり、やはりオリジナルに感謝を込めて、一言彼女に連絡したり、紙面にその気持ちを表してもいいんじゃないの???と彼女のセンスを大リスペクトしている俺は思います。

だからそんな人たちにかわって、リスペクト吉原亜希!

彼女はインドの聖者から自分の意志ではなくホーリーネームをいただいた世界でも数の少ない一人。
「アンナプルナ」というその名は「食糧の女神」「神様のゴハンを皆にサーブする人」といった意味です。いや〜解ってらっしょるという驚き以前にそれが彼女の「天命」なのでしょう。引き続き、すべての人に「美味しい=ヘルシー=満足」な「ゴハン」をマナバーガーズやケータリング、料理教室などでお伝え下さい。

あらためてまはろあろっと、また今後ともよろしくということで、リスペクト吉原亜希!

ハードワーク続いています、カラダも気をつけてください。

081129.jpg
写真はヒマラヤ アンナプルナです。

お互い後半の人生、LOVE+SERVEなカルマ・ヨガして、二つ屋根の下で幸せになろう!(爆笑)顔晴っていきますので恩寵いただけますように〜とついでに宇宙にちゃっかりおねだりもしたりして:)

まずは久しぶりのリアルなお店、マナバーガーズで皆様お待ちしております。

| Comments (4) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■「お元気」観光

29日の生活観光の象徴は「お元気」というフレーズ。

午後マナバーガーズに毎度のことに超クールな自転車でノリ君が食事に・・・いつもありがとうございます:)

その時に聞いた話にとても興味が沸きました。
店から遠くない国体通り沿いにあるぐっさん率いる「お元気カイロプラティック」のこと。
そして多分その名前のルーツであろうアメリカに実在するパッチ・アダムス率いる「ゲズントハイト・クリニック=お元気で病院」のこと。

体験型の俺は早速不思議で理にかなったと思えたカイロの予約。ちょうどマナが一段落している19時に時間をいただきました。

待ち時間にペラペラめくったパッチの自伝に感動。医療に関しては最悪のアメリカにこんなにハートのある病院&お医者さんが・・・遅ればせながらパッチを題材にした10年ほど前の映画のことも知ったので早速帰りにレンタル。家帰ってきてから伝記もユーズドで発注。映画も鑑賞・・・感涙:)

実際のパッチ


また「お元気カイロ」は今まで思っていた+体験していたカイロプラティックはなんだったんだとおもえるような切り口。それはとても科学的+哲学的+宇宙的な技術。実際も理にかなっていて感動しました。

皆様、自分をいたわろう!
カルマヨガを遂行する上でのカラダと頭を繋ぐ神経の交通整理。それはきっと俺の本体=魂とのコネクトにもよき影響をもたらしてくれると思います。
言葉で上手く説明できないけど、この時期に有り難いメッセージ+具体的な調整の機会をいただき大感謝!

火曜日にまた行くことになりました。
オススメ!

PS
帰り際、早速、ノリ君に御礼の電話。
彼曰く、「ぐっさんはGOOD SUNなんだよ〜:)」
上手い!納得。
おもろい出会いが続いています。
福人、ありがとう〜:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■いろいろ福人観光

毎日新たな出会いがある。

忙しい合間を縫って有り難いことに観劇出来ました。劇団アフリカの皆様〜マナありがとうです!
ご馳走様でした!

ここには最近出会った1960年生まれのネズミ年同士のデカタンのオーナー西山さんと一緒に行きました。終了後、初めてゆっくり話込みました。思考センス+博学の方で楽しかった。
引き続き真面目+おもろ話、キャッチボールしましょう!

夜はALOHA NIGHT vol1。いや〜主催者側とはいえ、個人的にもとても和みました。
これまたご馳走様でした!

今日も生活観光、御陰様です:)

Moblog Photo

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra_mobile
■その時〜光州

光州。韓国の現代史、映画を通してですが垣間見ました。

その時、ちょうど俺が大学生だった頃・・・お隣の国では同世代の彼らが多くの血を流しました。白龍の「光州シティ」を思い出しました。この唄はたしか当時の外交政治情勢もあり発禁に・・・

「革命」「戦争」は多くのムダな血が結果、流れます。「進化」「平和」はそれとは違うスタイルで実現するはずです。「血」の変わりになるものは・・・なんなんでしょうかね〜?
それを生きていたガンジーやそれを模索しているダライラマにヒントがあることは確かですが・・・とんでもない茨の道でもあります。
フツーの人が出来ることは・・・なんなんでしょうかね〜?この場合、「数」が大きなエネルギーになるとは思えます。

もちろん「進化」や「平和」のために「血」を流すこともあるでしょう。その「血」はムダではありません。「なんのために」がまずは大事なのは間違いありません。
犠牲者の皆様、ありがとうございました+ごめんなさい〜合掌。

お隣の国、韓国。
お互い悲しい歴史もありましたが、隣人。俺ら日本のカルチャーには彼らの叡智も入っています。あらためて、韓国にも日本にも、人類すべてに幸あれ!

●「光州5・18」 キム・ジフン監督「真実に光を」

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■さぶっちゃってました

土曜日にお元気カイロに行きました。
新たな業態のクリエイトをしている今、やっぱ、カラダが資本。そのためにジムとともにここのところまめに通っています。〜御陰様で日に日に調子よかったんだけど・・・
山口院長=GOOD SUNにカラダ見てもらった瞬間「白澤さん、最近寝れてます?」

自分では気づいてなかったんだけど、ひどく右肩が上がりカラダが捻れてました。その状態に対する気づき無し。ただしここ1週間、顔がはれぼったく、なんか老けちゃったような感じはしてました。
先生の優しいリードでその捻れをあらためて感じられました、違和感。
さぶってました。

「さぶる」とはお元気カイロで知った背骨のゆがみによる神経の圧迫(サブラクセーション)のこと。それを日本語のようにお元気カイロは使っています。最近マナでも認知された用語です〜皆通ってるので・・・:)
サブラクセーションを取り除くこと(アジャストメント)に先生たちは命を注ぎ込みます。それにより「直す」というよりは本来生命が持っている「自然治癒力のスイッチを入れる」お役目だそうです。

振り返って、今回の「さぶり」の原因は・・・あ、そうだ!ここ1週間夜中に寝る前までパクパク刺激の多いものを食べ過ぎてました。「まんちー」はまってました。
それにより交感神経が活発になってしまい、寝てる間にも胃と肝臓が起きてるかのように活動。その結果、カラダ丸ごと熟睡してない状況でバランス崩し・・・顔の腫れはその現れでしょう。「いかんぞう!」とはよく言ったもので:)

山口先生のいつもながらの手際のよいアジャストメントにより、あっという間に汗がジワ〜っと出てきて・・・完了。

夜仕事終わってから帰宅。ここのところの毎度の欲望ちゃんがモクモクと頭を上げて「食べようぜ!」とお誘いがありましたが意志君の力で「やめとこ!」。

御陰様で日曜日の朝はスッキリお目覚め、ここのところの顔の腫れもなく、あらためて自分だと思っているけど、己を知らず・・・いろんな要素で「白澤秀樹」が出来ている不思議をあらためて感じました。「白澤秀樹」という乗り物を乗りこなしたいたいなぁ・・・:)

年末年始の暴飲暴食ほどほどに〜皆様、自分の安全運転お互い気をつけていきましょう!
お元気カイロ、あらためてオススメですよ〜:)

chizu.gif

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■太宰府 梅ヶ枝餅

年末から年始の昼間は家のお掃除三昧。夜は活動:)
昨晩(3日の夜)は西山さんと彼の友だちの家へ。
その友だち銀ちゃんと彼女のともちゃんと4人で個人的にはお初の太宰府天満宮へ。
深夜、お参りではなく名物の梅ヶ枝餅を買いにいきました。

090104.jpg

その後、皆でお笑い観賞。
お正月ぽかったなぁ〜:)
ありがとうございます、福友。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■タオ→桃里→TAORIUM

俺にはお江戸に娘が一人います。
桃里(タオリ)といいます。
1990年生まれ、彼女はこの春大学生です。

当時俺は熱海にある家業(山田屋=彩り食彩工房=懐石料理の脇役作り)をドロップアウトし、友だちと「コスモポリタンフード タオ」という自然食レストランとエスニック居酒屋がくっついたようなお店を千葉で企画・運営していました。その店は伝統+ナチュラルな食材(俺のカラー)を使って多国籍+エスニック(友だちのカラー=彼は伝説の恵比寿にんにくやキッチン出身です)な料理を出す店でした。
いろんな意味でちょっと早すぎたかなぁ〜と思います。

その年の9月に彼女は水中出産でこの地球にタッチダウンしました。
本来は道や陰陽を意味する「TAO」ですが、どちらかというと「たお」というなんともほがらかまろやかたおやかな響きが好きで生まれてくる子供に男だろうが女だろうが記念に?つけちゃおうと思っていました。
中国では「桃」を「たお」と発音します。桃は7月8月に実りますが、ちょいずれるけど可愛いからいただきました。
「里」はお袋のアドバイスで使いました〜なんだか「桃」一文字だと字画的に問題あるようなことだったので・・・で、「桃里」。

その後思うとこあり、レストランからは退き、翌年1991年夏に一人でとナチュラルフードとエコロジーグッズを柱に生活に密着した自分が好きなオススメのものを並べたお店を熱海で開きました。
舞台装置で使われているシャボン玉製造器でシャボン玉をバンバンお店から外に向かって出し、入り口にはミラーボールがぶら下がり、それをソーラーパネルで作った電気を使って回す+光をあてるという実験実践精神旺盛一生懸命で・・・でもなんともお馬鹿な・・・物販らしからぬSHOP:)。
その店の名前が「TAORIUM」。1996年までやってました。

昨日はお袋の誕生日で電話入れましたが、そのあと桃里からさっき電話がありました〜用件はお願いごとでした:)
トホホで父親らしいことしてあげれず申し訳ないと思っていますが、こうやって連絡をもらえることは有り難いし、嬉しいし、やっぱ可愛いい:)
OK了解ですよ〜一肌脱がしていただきます:)

たおちゃん、今年は卒業&入学おめでとうございます。
学歴や肩書きなんてどうでもいいですから、何はなくともお天道様に恥ずかしくない自分なりの自由で無害な夢を持ち、好きなことや好きな人や好きな場所を見つけてこの地球での今生の生活観光を楽しんでくれることを願っています:)

21世紀はあなたたちの世紀でもあります。
彼女が、彼女の回りが、地球が平安でありますように!

090129.jpg

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■しょーととりっぷ

今月からマナバーガーズ年中無休で交代休みとなりました。今日は俺の休息日。福岡来てからプライベートでどこかに出かけることはほとんどないといった日々送っていました。
今日は夕方から珍しくショートトリップに…

090206-170427.jpg

走ってます、どこに?夕焼けに向かってです。
途中からは初めてのエリア。
玄界灘に沈む夕日観ながら…

090206-173430.jpg

見えてきました。一時間ほどのドライブ。

090206-175241.jpg

実は高校=玉川学園の時の後輩の竹尾くんに30年ぶり近くに会うことになり、彼のホームタウンに向かっています。初めて行く、佐賀県!福岡県の隣。

090206-175839.jpg

ここは唐津市!待ち合わせ場所は唐津城のそば。
彼は後輩だけど早生まれの俺とは同じ子年。
ロングボードのプロでもあります。

これから会います。俺らは高校の塾=特殊な寄宿舎で一緒に2年間生活をともにしました。
やんちゃでセンスの良い奴でした〜バリ楽しみ:)

それにしても唐津。全然知らないんだけどオールドな雰囲気。昔々栄えていた場所。
途中の景色も万葉集感じさせる!?風景で気に入りました。韓国にも近い!

やっぱ、これから休みはいろいろ廻ろう、ディスカバー九州。
一緒に廻ってくれる男友達は数人出来ましたが、願わくば女の子も現れますように!:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■自然農法 

090208.jpg

土曜日の昼間はNPO未来主催の“冬のちいさな農まつり”に参加した。

今回の話し手である松国ほのぼの農園松尾 靖子さんのことは自然農法家の川口さんの著作「自然農への道」
で拝見していました。糸島は福岡市のそばなのでこっち来たら訪ねたいなぁと思っていましたが忘れてました:)

松尾さんが実践している自然農法の話はその部分をマクロビオテックという言葉に置き換えてもそのまま通じる話で、やはり、フィーチャープリミティブ=未来の常識を伝えてくれていました。おもろためになった!

また休憩時間に出た松尾さんのお野菜で作られたお味噌汁、バリ旨でした:)
未来さん、ごちそうさまでした!

お昼は未来の皆様とともに松尾さんもマナバーガーズを召し上がってくれたようで有り難いことです。畑に近いうちに遊びにいかせていただきます〜いろいろまた教えてください。
よろしくお願いします:)

昨日も書きましたが福岡来てから珍しくほとんど動いてなく、また、上記のような集いにもまったく参加してませんでした。これからは自分の息抜きやお勉強も兼ね、行動範囲広げていきたいと思っています。

| Comments (6) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ALOHA AINA〜祝 日本:)

歳を重ねると、旅を重ねると、お馬鹿を重ねると 笑・・・自分の生まれたところや生活しているところが理屈ではなくますます大好きになっていきます。
お袋+熱海+九州+日本+アジア+太平洋+地球。
ハワイで教わったアロハアイナ〜生活する場所を愛する気持ち。俺らを包んでくれている大きな存在。有り難いこの世:)

今日は建国記念日。
日本が、皆が、世界が、元気でありますように:)

090211.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■追記 玉川っ子

最近お店玉川の同窓生が現れる。皆、ホント、久しぶり。だけど、あっという間に時を超え、毎日会っていたかのようにフツーに交歓。

■Chimera Music
聞きました。気に入っています。
俺はショーンの歌声とメロディになんだかいつもやられちゃうんだけど・・・好きだなぁ。ユカの作るサウンドも大好き。アバンギャルドなものも彼女らしいけど、ボサノバとエレクトロ混じったようなPOPでSWEETな彼女の作品が特に好きです。彼女のような人を日系コスモポリタンというのかなぁ。
よーこさんも相変わらずで・・・実験精神流石です。


■PAPAJIと福間さん

彼はやっぱ同級生でした。
19才の時に音楽をやっていた彼はインドに行き、学校始まっても帰ってこなかった。しばらくして戻ってきたらなんだか様子が・・・今思えばシャンティな感じだったんだけどその頃はやばいもんにはまっちゃったのかなぁと・・・すんません、未熟でした。お見逸れしました:)

プロサーファーのやんちゃな竹尾くんといい、皆玉川っ子、同じ干支。

いや〜恩師國芳先生、教え子たち、こんなんですよ〜どうですか???國芳先生&全人教育、リスペクト。

玉川っ子SPRIT F0REVER!
0902017.jpg
写真は玉川学園正門、決定的に影響を受けた10代を過ごした母校。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■脱藩?脱パン!麻褌

ここのところいくつか試していることがあります。

一つは麻褌。
来福して一番最初に知り合った友だちの女の子から最近薦められて・・・
昔ある気合いの入ったおじいちゃんの書生みたいなことしていた時、気づいたら毎日そのじいちゃんの褌を洗濯して干したり・・・レッレって感じで、なんか褌が「権力」の象徴みたいで・・・それから個人的に褌トラウマ:)。
でも自分がしてみたらすこぶる快適!。素晴らしい智慧かも:)マジで〜バビロンシステムから脱パンならず脱藩はまず褌からでもいいかもですね。
彼女に感謝です。

写真は麻模様。力強く、綺麗。
090220.jpg

もう一つはサプリメント。このご時世、野菜もエナジーが落ちているので本末転倒にならなければまさしく補助でサプリメントもあっても良いと思われます。ただし、クオリティが大切。

結果、TAORIUMを復活させる予定でそのための商品セレクトの一環ともなっています。
俺たちのスタイルは自分たちが生活の中で試して良かったもの=定番しか皆さまとシェアーする気はありません。

TAORIUM、お楽しみに:)
また本日は北山耕平メディスントーク@福岡天神です。こちらも楽しみましょう〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■阿蘇

あらためて金曜日のトーク、皆さまありがとうございます:)
急遽ランド&ライフのれいこさんも来福。
福人の真剣な眼差しと熱いお心遣いにスッタッフ一同大感激です。
九州来て良かった!!!

昨日は北山さんと福岡で出会った若侍の2人、DJ Moochyマヌコーヒー西岡君と4人で阿蘇に向かった。いや〜初めての大分+熊本。俺にとって熊本は昔一緒に仕事させてもらった石川さゆりさんの故郷。楽しかったです!天気にも恵まれ有り難かったです。俺はお初。今回の場所セレクトはMoochyのアドバイスで押戸石というパワースポット・・・といわれている不思議なところでした。道中の北山さんと皆との会話も面白かったです。

0902223.jpg

0902222.jpg

0902221.jpg

阿蘇・・・ここはビッグアイランドですね〜外輪山から見下ろしたカルデラでかく、一説には富士山より高い山だったとか!
これを機会に九州スピリチュアルジャーニーが始まりました〜さらに続く・・・どこかまた皆さん、連れてってください:)

0902224.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■阿蘇と北山耕平さん

昨日は巻上さんのパフォーマンスに顔を出しました。先輩流石で音、楽しんでいました。

さて北山さんのブログに先日の阿蘇のことがアップされています。

雲一つ無い冬の晴天のなか、世界でも最大といわれているカルデラの中心でNOW HERE&NO WHEREを感じさせてくれました。
「今」そのものが「神話」でもありますね:)地球ジャーニー楽しもう!

0902231.jpg

あらためてリスペクト九州+リスペクト北山耕平+リスペクト皆さま。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■阿蘇再び

今週は公私ともに忙しかったです。そんな時でもやはり生活観光=先日訪れた阿蘇がとてもインパクトありで、ちょっとづつ興味の赴くままに調べたりしていました。

「阿蘇は富士山より高かった」と聞いたりもしましたが、専門家曰く答えは「ノー」とのこと。
先日外輪山からカルデラを望みましたが、外輪山をつくる岩石は、富士山のように単一の火山体をつくるものではないそうです。むしろ、カルデラ以前に噴出していた小規模の火山が集合して作られているそうです・・・そうですか・・・ちょい、残念ですねぇ〜:)

0902252.jpg

世界を代表するカルデラのサイズは東西18キロ・南北25キロ。ちょうど東京都23区と同じくらいとのこと。
でかかったなぁ〜確かに。ビッグアイランドキラウエアよりビッグ。
でもここにもペレがいることだろう。

0902253.jpg

余談ですが、30年近く振りに最近再会した篠塚君、マナで出会った同姓の白澤さん、また本日は沼津かハワイにいると思った前から知り合いの福神の神あっちゃんさんも偶然来マナ、ビックリ!皆、現在は熊本の人でした。
九州来てからかえって昔の知人(白澤さんはご先祖繋がり???)に出会う機会が多いのもなんとも不思議:)

地球ジャーニーは続く。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■脱バビロンシステム

毎日嬉しいこともあれば、イヤになっちゃうこともある。
昨日は大好きだった相手が、今日はとっても頭にきたりしてしまう。

この第三惑星三次元という世界は「相対的」だ。
だから悩んでしまう・・・上がったり下がったり・・・揺らぐ揺らぐ:)
でもその揺らぎがあるからこそ「絶対=真理」を求めることが出来るとも言える。
それはたまんなく面白い:)やめられない:)TRIPでもある。

先日珍しく政治についてアップしたけど、今の政治や経済は俺たち一人一人の意識と行動の集大成とも言える。
ハッキリしていることは政治や経済を変えたいなら、世の中を変えたいなら、それは自分自身を変えることから始まる・・・のが「リアル」だろう。

俺は住む場所も、仕事も、普段会う友だちもすべて一年前とは違う。
振り返るとここ20年間ず〜っとそんな感じ・・・それが正しいとか間違っているとか良い悪い、偉いとかじゃ〜ない。「夢」や「志」は御陰様でぶれず、変わってないんだけど・・・もちろん相変わらずの発展途上人。「内側」がより深まったから「外側」を変える必要が生じる・・・「外側」が変わったから「内側」がさらに深まる・・・大きな社会変化のパラダイムシフトを望むなら、自分のことを棚に上げ政治や経済に対して小言ばかりいうのではなく、すり込まれた恐怖を振り払い、まずは自分が何らかのカタチで変わっていく勇気を持つことが必要でしょう。

「わたし」が変わり、「せかい」が変わる・・・TAO LAB BOOKS版ギーターの帯に書いたキャッチです。

「内なる環境」と「外なる環境」は「わたし」で繋がっています。
「外側」は結果で、「内側」が原因とも言えます・・・歳を重ねても「内側」から変わることが出来る「柔軟さ」や「素直さ」を持っていたい。「ピュアーな好奇心」をキープしたい。

4月14日の「サムライセッション〜バーストラウマ」も己の内側に潜むネガティブな癖や恐怖に気づき、あなたも俺も進化するきっかけになったらと思い、ヒムカと企画しました。
「わたしが変わる冒険旅行」に旅立ちたい方はぜひお越しください。
詳細はこちらへ

待ったなしの危うい時代、善は急げ!らいくあろーりんぐすとーん、時代は変わる。

答えは?

まずは〜良い世=4月14日で会いましょう:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お江戸+お手伝い募集:)

月曜日朝から昨晩まで久方にお江戸へ〜約1年ぶり。
ブログ携帯からアップしようと思っていたのですが・・・電池切れたびたびで、写真も撮れず、あげれませんでした。

090403.jpg

新宿駅から直ぐ、甲州街道からちょい入ったいつもの定宿に・・・ちょうど一年前はこのそばで知人が売りに出していたビルで一人、半年ぐらい生活していました。売れたら出て行けよといわれてましたが:)ありがたい心遣いで助かりました。マナバーガーズの予行練習!?のつもりでネオ精進料理「東京安楽死」アキさんと西麻布でしていたからです。

あれから1年・・・前半どひゃ〜とトラブルがあっていろんな意味でダメージ受け大変だったけど、後半は有り難いことにリアルにマナバーガーズがカタチになり、それを現在ブラッシュアップさせています。振り返ると・・・感無量・・・あらためてお客様・福岡+福人たちとともにクルーの皆さまや家族、友人たちに感謝しています。

1年ぶりのお江戸は相変わらずで電車とか道とかではあまりの人の多さにクラクラでしたが、所用と共にこんなの行ったり、大好きなここに顔出したり・・・行く先々で偶然再会する方も多く、毎度のことながら、「縁は円なり」でした:)
たまにお江戸もおもろいですね〜***

次回は5月末、10数年続けているアンマのお手伝いで再びお江戸に参上するつもりです。
その時は海外からアンマと共に来日するベジタリアンの方達のゴハン作ります〜30名分ほど。
お江戸近辺の方、5月25日(月)+26日(火)キッチンワークボランティアで一肌脱いでいただける方いましたらぜひご連絡ください。

春ですねぇ〜:)桜、綺麗です、天晴れ!ニッポン:
引き続き人生というTRIP「生活観光」楽しみましょう:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■糸島サンセット+カレント+サンセットライブ

福岡から小一時間、糸島という和むエリアにあるカフェレストランのサンセット&カレント。両所はこのエリアの名物スポットです。

また彼らは例年9月頭に行われるイベント=サンセットライブを企画運営。昨今、全国で大いに盛り上がる夏フェスの中でもこのイベントはイベンター主催ではないユニークな存在。まさしく手作り草の根的なシンクグローバルアクトローカリーを実践しているイベントとして本年17回目を迎えるそうです。素晴らしい!
昨年初めて行きましたがビーチフロントにいきなり小さなビレッジが出現。ありそうでない不思議なランドスケープの中で音楽楽しかったですよ〜:)

0904062.jpg
写真は昨年のポスター。

本年はそんな体験と福岡で生活させてもらっている御礼兼ね、毎度のことながらイベントの裏方好きな俺たちに出来ることでなんかお手伝いしたく、ONPAのダイスケくんにスタッフの皆さまを紹介をしていただきました。林社長も偶然現れ、その後一緒に海辺のライブ会場へも行き、本年のプランも伺わせていただきました。何らかのカタチで準備+当日ともにお役に立ちたいと意を強くしました。

本年のサンセットライブは9月4日5日6日の金土日だそうです。楽しみですね〜:)

0904061.jpg
写真は開催される芥屋ビーチのサンセット、綺麗:)どう???

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■LOVE サムライセッション〜御礼+報告

一昨日のサムライセッション、木津さん北山さん&参加してくれた皆さま、ヒムカマナバーガーズ+お手伝いの皆さま、また急遽来福してくれた水人 中里さん有り難うございました。

どうでした?参加していただいた皆さま。
また初めてのコラボ、初めての試み、打ち合わせなく当日いきなりの本番スタートで至らなかった点はお許しください。

ずっこと個人的にも外側+内側感じることが多く、生きる上でのヒントや課題をいただきました。当日+昨日+本日、エネルギーの関係でしょうかフラフラ(嫌な意味ではなく)で、またその間、意味あるいろんなコトやヒトが現れ、大いなる宇宙の繋がりを感じまくっていました。

俺は会場で音や照明をいじっていたのですが、前回のメディスントークのオープニングはボブ・ディランの「ローリング・サンダー・レヴュー (Rolling Thunder Revue) のLIVE」、休憩時は「時代は変わる ("The Times They Are A-Changin'") 」から「風に吹かれて ("Blowin' In The Wind") 」へ、終わりは「天国への扉 ("Knockin' on Heaven's Door") 」というセレクト。

今回はビートルズのゆる〜いやわらかいカーバーでお客様を迎え、最後はジョン・レノンのアコスッテックバージョンの「LOVE」でした。

毎度事前に考えているわけではなく、その場の雰囲気で浮かんだ楽曲を流しているのですが、結果、その時のテーマとダブったりするのがおもろいですね:)

サムライセッションは続編やります〜たぶん初夏。
皆さま、引き続き宜しくお願いします:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■湯布院

090417.jpg

前日のサムライセッションの流れで、一昨日は湯布院に初めて行った。「熱海」育ちの俺には「湯布院」という名前がそそるなぁ・・・:)
訪ねた場所は「田舎の日曜日」というBio&Cafe。

ヒムカ服部さんとそこのオーナ夫妻の中山さんがお友達で紹介をしてくれた。
フランス料理のシェフでもある中山さんと奥様はマクロビオティックの久志先生のお弟子さんでもある。久志先生、お元気かなぁ・・・ボストン懐かしいです。

奥様が湯布院各所のパワースポットや神社に案内してくれました。
また川縁には菜の花が一面満開で、青空とのコントラストが綺麗でした。
その後美味しいベジゴハン+マクロスウィートもいただき、ひとっ風呂浴びて戻ってきました。

一緒に行ったメンツと訪ねた場所のせいか、この日もフラフラと気持ち良くなってしまいました。平日だけど、まさしく大満足の「田舎の日曜日」でした。

湯布院行ったら、「田舎の日曜日」立ち寄ってみたらいかがですか?

0904171.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■新月おっとりGuidanceこれから天草こうだい

昨日は夕方おっとりクラブ参加して、夜はGuidance
イビザンテの一平くんと共にちょこっとスナック提供してお手伝い。
DJ Moochyはじめキャラ立っているDJの音&VJや照明の色とともにお初のAirという空間も楽しめました。ONPAのタイスケ君も手伝ってくれてマハロな夜でした。

あとONPAも関わるライブもこのあと大好きな場所4月29日福津ランドシップ5月10日福岡マンマミーアで開催されます。
両方とも俺の故郷伊豆から天草が参加です。他にhou&yujimangが福津、こうだいくんがマンマミヤーとのこと。

どちらもオススメ、夏に向けて楽しんでいきましょう!
0904272.jpg
0904271.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■何にもせず〜:)

月+火と初めての2連休頂きましたがなにもせず・・・というのも贅沢ですが、もったいなくしちゃったかなぁと思う自分はやっぱ日本人か・・・:)

GWは仕事ですが、皆さんはエンジョイリフレッシュしてくださいまし:)
近郊の方はマナバーガーズでお待ちしています。

本日は緑の日〜和んでください。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ロックンロールショーは続く!

一昨日は先月坂本龍一さんのライブで来福したZAKが再び来福。今回は伝説+現役のフリクションと一緒に・・・

ZAKはキヨシローのサウンドも構築していました。昨日はキヨシローの一般葬儀がお江戸で開かれたそうで、ZAKもその為、いったんお江戸帰還。

今日は広島でフリクションのライブでふたたび西日本へ・・・とのこと。忙しいですね〜:)ちゃんとゴハン食べてね・・・ちなみに彼もベジライフです。

夜マナワークしていたら横浜のYUMIちゃんから写メールが・・・
090509_183903.jpg090509_185521.jpg
沢山の方が見送ったそうです・・・あらためて福岡から合掌。

PS
ZAKは来月も来福予定。クラムボンライブで・・・13日飯塚で行うそうです。
嬉しいことに本年はZAKに良く会うなぁ〜:)

PS2
昨日はブリッジスタイルのこうだい+かんちゃんも来マナ。今晩マンマミーヤで天草とジョイントライブ。彼らも来月20日再び来福。この日はマナバーガーズがマンマミーヤで一日だけのスペシャルゴハンを担当するかもです。

それぞれの人生、それぞれのロックンロールショーは続く・・・
HEALTH&HAPPY祈願!イェ〜イ:)LOVE+SERVE!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■INTO THE MIND

先日 TAO Lab WEBにアップしたヨガアーティストとも呼べる更科有哉+伊藤雄介クン達が来マナ。

090523.gif

ゆっくりお話は出来なかったけどマナ気に入ってくれたようで何より:)ありがとう〜しほちゃん
また早速彼らのブログにアップしてくれたようでこちらもマハロです。

明日は警固神社でワークショップです。

彼らの旅は続く・・・よかったらまた会いたいものです、道中祈願安全!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむお江戸

お元気ですか?

月曜日早朝から昨日早朝まで・・・アンマのイベントのお手伝い+参加、最高でした。毎度のことですが超バタバタでしたが、身の回りで有り難いプチ奇跡(奇跡に大きいも小さいもありませんが・・・笑)続出、お助けしてくれる方も必要に応じて現れてくれて。いや〜やめられません〜遣り甲斐あって!

アンマは元気でした。
またこの時だけ会う日本や世界中の方達も皆元気で何よりでした。

愛を実際に生きている人のそばは何とも気持ちがいい。
こればっかは伝えることは出来ません。
ハワイ好きなら解ってもらえるでしょうが、あの気持ちの良さと共通した、それのさらに深い感じと言いましょうか・・・

俺を含め世界中の皆が「LOVE+PEACE」を求め、探していると思いますが、それを実際に生きている方はそんなに存在しない・・・そんな数少ない一人がアンマだと俺は確信しています。彼女の生き方を実際見て、触れて、つくづく思います〜スゲェ〜なぁと。

そんなこと書くと「宗教」だと感じる方もいるかもですが、俺は今世紀に「宗教」無くなっちぇえばいいと思っている一人です。「宗教団体」どちらかというと苦手です。人を「解放」せず、「縛るもの」・・・おかしいでしょ?今では「平和」ではなく「戦争」のきっかけになってしまっている・・・おかしいでしょ?彼らの大親分でもあるキリストもブッタもマホメットもそんなこと言ってないと理解してますが・・・

そんな「宗教」なんていらないと思います。でも「普遍的な真理」「ダルマ」「正直」こそ今世紀に再び復活することを願っている一人です。
願うだけではなく、「マクロビオテッィク」とか「ベジタリアン」を掲げず、それよりももっと広く深く普遍的なもの=「フツーのゴハン」を求めてナチュラルジャンク マナバーガーズを皆でやっているのはその実践=カルマヨガのつもりです。

本日日中大忙し、いろいろ今後の打ち合わせを・・・これから高泉さんの演劇を観劇、その後、もう一発打ち合わせして明日、午後、帰福します。

最後にアンマご一行様+ボランティアの皆さま+来場者の皆さま、有り難うございました〜お疲れ様でした。
本年、残念ながら来れなかった方、来年、アンマの会場で一緒にふわふわ気持ちよくなること楽しみにしています:)リアルラブ、一緒に体感しましょう!

PS
最終日、アンマ最後にこれ叫んで、一緒に「ジェ〜イ」と皆で上がっちゃいました〜サイコーでした:)

090528.jpg
(写真は今回のものではありません。)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■遅ればせながらあえて豚インフルエンザ

「狂牛病」「鳥インフルエンザ」の次は「豚インフルエンザ」、今回も何か凄いことになってましたね〜でももう皆さま、忘れちゃったかな・・・:)

090529.jpg

牛・鳥・豚を通した感染・・・その度にそれを食す万物の霊長でもあるヒトという動物は右往左往してマスクをしたり、出張取り止めたり、学校休校したり・・・政府も医療機関もマスコミも役所も会社も学校も・・・それが最善かのように恐怖をあおるあおる・・・もちろん「結果」に対する対応はとても大切だと思います。それが拡大を防ぎますから。またインフルエンザにかかってしまった方たちは大事に至らず一日も早く直ってもらいたいともちろん思います。

でも考えてみてください。
いつも何かを「悪」にしたて自分たちは「その被害者」とか自分たちが「正義」とかいうワンパターンでいいのでしょうか?
「原因」を探らず、「結果」のみに反応して喉元過ぎれば何事もなかったようにあいも変わらずのライフスタイル+ビジネススタイル+危機管理・・・見識のある大人達のやることとは思えません。

最近のウィルスは20世紀後半の家畜化超えて奴隷化された動物たちの悲鳴の結果ともとれます。効率最優先で生命を機械のごとく扱う仕組み、最悪劣悪な環境での飼育+薬漬けの日々・・・抗体を持ったウイルスが生まれる土壌は「ヒト」が作っています。
上記のような病気が現れるのは彼らのせいでもなく、またウィルスのせいでもなく、俺たち人類の短絡的な生き方の結果だと思います。

「イノチ」に対する尊厳のなさ、それがひとつの「原因」じゃないでしょうか?

じゃ〜どうしたらいい?
答えは出てます〜見識のある大人達がそれをやるかやらないかだけです。
たとえば食に携わっている人たちは美味しいものを出すことと共に100点満点は無理でもなるたけ安全+安心をマジで実践すべきだと思いますが・・・
また消費者の方は恐怖心に踊らされず、この機会に原因を絶つためにも日常生活でナチュラルフードとか植物性の食材の比重を増やすとか・・・マナバーガズ、お薦めの一つです 笑。

豚インフルエンザ騒動の次の恐怖ばらまきは再び北朝鮮の核問題・・・北朝鮮もやめてもらいたいけど、核を持っている先進国も放棄してもらいたい・・・己はOKで相手は駄目というのもおかしい・・・自分もその一員ですが、たま〜に「ヒトという種族」がとってもイヤになる・・・「自分勝手」で。

0905291.jpg

福岡来てからTVや新聞等あらためて観ることはない生活を送っています。
BAD NEWSではなくGOOD NEWS:)を!

ローカサマスタ  スキノヴバヴァントゥ
Lokaa-samastha sukhino-bhavanthu
オーム
Om
シャンティ シャyンティ シャンティ
Shantih Shantih Shantih

私が変われば世界が変わる〜LOVE+SERVEは続く:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■現代の吟遊詩人たち

昨日、クラムボン+ゲスト=高野寛皆川真人の5人組のライブ最高!また嘉穂劇場も最高でした。日本で唯一存在する民間=NPOの芝居小屋だそうです。新しいものと古いものの調和、大事ですね〜:)バンド+スタッフの皆さまのセンスに脱帽。ありがとうございました!近い将来、この劇場で面白いイベント企画してみたいものです。その折は嘉穂の女将さん・加藤さんよろしくお願いします。

0906141.jpg

初めて飯塚の街をちょこっと探索。このエリアは筑豊といわれる場所。ニッポン有数の荒いところ。富国強兵を支え、10代半ばにはまっていた五木寛之氏の著作の一つ「青春の門」筑豊篇の舞台、我が日本の今の首相のお膝元、教えてもらったぼた山にはビックリしました。このエリアはノスタルジックではありましたが、随分と寂れてしまっていました・・・地方都市はどこも瀕死の状態です。

0906142.jpg

ZAKのおかげでいろんな方との出会いも。また、クラムボンは現在コロムビア所属〜その関係で元コロムビアの俺にとっては後輩ともいえるコロムビアの方にも会いました。驚いたことに現在の社長は俺と同期の原くんとのこと、また同じ同期だった田附くんとともにコロムビアを支えているそう・・・俺はお馬鹿な社員でしたが同期の活躍は誇らしくもあります。レコード会社も現在大変ですが、顔晴って下さい!陰ながら応援のエールを!

ライブ終了後、福岡での打ち上げにも参加させてもらいました。途中、同じ夜に市内でライブをしていたスチャダラパーBOSEくんも合流。俺は彼のお茶目でスマート、絶妙のバランスの本音+正直ブログの大ファンなのでさらに嬉しくなってしまいました。また、彼の登場+帰りのその場にいないとわかんない?タイミングの凄さ:)には脱帽!驚きました。

マスコミが安易なバラエティー化+日本のリーダ達が恐怖ばらまきマシーン化してしまっている我が祖国。実力と共にキャラも立っているミュージシャンたちの面白真面目な談義はとっても共鳴・刺激いただきました。

記録+流通媒体でもあるCDそのものはコピー文化に押され売れなくなってしまっていますが、音楽そのものはますます自由に爆発的に進化していると思います。もちろん、ジャンクな部分も広がっていますが・・・
現代の吟遊詩人ともいえる彼らのような視点とメッセージを持つミュージシャンの生ライブ=マンツーマンの一期一会のリアルな交流・交歓は裸の王様たちを笑い飛ばし、パラダイムシフトの方向性とエネルギーを育てる貴重な時空間だと確信しました。

TVを捨て、ライブを観に行こう!!!
つまらない情報に踊らされることなく、現代のええじゃないか=ライブ+レイブで踊ろう!!!
夜明け前が一番暗いとは真実じゃないでしょうか?
だいじょうぶマイフレンド:)恐怖に負けることなく、自由と規律:)を楽しみ、道楽極楽人生を目指そう!

0906143.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■台湾

0906184.jpg

来週、久方に日本を出て台湾行くことになりました。
約2年ぶりの出国。出獄じゃありません:)福岡来てから仕事の案件含め行かにゃ〜と思っていましたがタイミングいただきました。

キューバ以来〜あの時はその流れで行く予定だった南米チリ+ブラジルトラブルで行けず、残念だったなぁ・・・その後は期間限定西麻布でネオ精進料理 東京安楽死やりながら年越し、昨年GWに来福、1年ちょいたった今ではナチュラルジャンク マナバーガーズしています。あっという間の月日の流れ・・・あれもこれも初めてづくしのもう一つのTRIPでもあるので退屈はしていませんが、ここ20年ほどの中では珍しく母国に居ました。

台湾は20数年ぶり、台湾とハワイにはなんだか古き良きニッポンのスピリットが残っていて、個人的に大好きな国の一つです。

さてここのところ、一人旅も多かったのですが久々の旅のお供はアキさん&福岡来てから随分とお世話になっている(((((ONPAのタイスケくん。どういう訳か今回一緒に彼も台湾のフードフェアーに行きます。タイスケくんは福岡を拠点にさまざまな音楽イベントを企画したり、また手伝ったり・・・公私共にいつも楽しませてもらっています。

さてさて短期間ではありますが、どんな生活観光TRIPになるか?しばらく、台湾通いそう(通いたい)で、そんなきっかけになったらいいなぁと思っています。

0906185.jpg

旅のお供、タイスケくんは7月18日にHoliday's Jamと題したこれまた面白そうなイベントを行います。こちらの詳細はあらためてアップしますね!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■日々是生活観光

昨晩はお店閉めてからマンマミーヤの10周年へ・・・
マナクルーのあきさん+リッキー+WAVEDAさんは夕方からお祝い出店のために一足先に夕方から・・・ミュージシャンでもあるリッキーはオープニングを飾った模様。
到着したらPJがシャンティなバイブで皆を一つに繋げていました。彼はほんと「お兄ちゃん」みたい。いいバイブと共にいいメッセージくれます。流石、愛の子=21世紀の地球人だと思います。毎度、ありがと!
その音波の中でリッキーとマンマ塩ちゃんはしおしおのぱぁ〜:)コンビ(リッキーも名字に「塩」が付く)でライブペインティングしていました。リッキーはペインターでもあります。
その後は、ブリッジスタイル。さらにPJやユージマン加わりセッション。その後はファイヤーショー。そのあとはダンスショー。そのあとはDJタイム・・・と朝まで盛り上がっていたそうです。(俺は夜中に自転車で帰りました。)
写真無く、アップできませんが、とっても楽しかった。
思い起こせばちょうど一年前、このパーティの昨年版で今仲良くさせてもらっている多くの福友人達に初めて出合いました。
あらためてマンマミーヤおめでとうございます!+福人&福SHOPありがとうございます:)

さて、積ん読本多いのですが、またまたフライングでこの本=ヴァージン流 世界を変える非常識な仕事術
を読み始めています。
尊敬する地球人の一人リチャード・ブランソンの新著です。

0906211.jpg

こんな記事も見つけました。同じ宇宙旅行でもなんかブランソン氏が関わっているとホワイトでドリーミーな感じがしてしまうのはやはり志とセンスの違いか・・・明日からの台湾にこの本は持って行きます。

帰ってきたら同じく尊敬するエンバイロメンタリストポール・ホーケン氏の新著も発売されるし、もう一つのマナ=地球侍達のクリエイトのお楽しみが続きます。

来週も皆さまにとって良い週になりますように・・・雨、福岡ぜんぜん降らないな・・・

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■台湾素食探訪1

090622-101655.jpg

朝、お初の福岡国際空港から台湾へ〜20数年ぶり。
昼過ぎに着く。お宿は台北の原宿竹下通りのような若者のエリア〜西門町。
さっそく街に繰り出し地下鉄で南京東路へ移動、この通りにある中華航空の本社前で会いたかった人と待ち合わせ。その人は台湾在住の作家の片倉 佳史さん。どこか素食の店連れてって下さいとお願いしたら指定された場所。

51ARiXaZCwL.jpg
片倉さんの前に紹介した最新作

これが昔手に入れ、片倉さんの存在を知った本〜今回、やっと使えます。
136785404_c7f095c035.jpg

待ち合わせまで毎度の旅の最初のパターン〜ナチュラルフード+菜食チェック。
御陰様で直ぐに台湾を代表するナチュラルフードショップ3件=里仁生活館と聖德科斯有機食品店棉花田生機園地にたどり着く。この通りに偶然にも上記は皆あった。このようなささやかな奇跡ともいうご配慮に感謝してしまう・・・食べ物の神様ありがとう!
この中では里仁(WEBないのかな・・・)が一番充実。仏教系の経営だそう。有り難いことにお店の方+お客さんがいろいろ教えてくれる。

090622-172403.jpg

あっという間に夜。片倉さんの案内で台湾ベジ=素食の店「衆流素食」へ。
片倉さんとの交歓はおもろかった!
台湾と日本、それを挟んでハワイや南印度などの環太平洋黒潮組の関係、現代や過去・未来の歴史観・・・台湾の先住民族のまだよくわかっていない不思議なルーツの話からムー大陸との関係などなど。
その後移動〜古いチャイナ風の佇まいの味のあるお店の2階で交歓は続く・・・台北初日の夜は更けていく・・・

謝謝、片倉さん+台湾:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■台湾素食深訪2

昨晩はあの後タイスケ君はホテルへ・・・俺とアキさんは片倉さんのアレンジで台湾マッサージのフルコース。いや〜気持ちよかったです。深夜に戻り、バタバタと一人明日の計画を練って爆睡。

本日は今回のメインイベントである台湾フードフェアーへ。偶然、宿からMRT一本で行け、これまた有り難いご配慮。台湾来てからこんな調子でず〜っと感謝気分:)多謝!

090623-180735.jpg

いくつかの目的を持って来場、そのために台湾の会いたかった業界の方にも多数繋がりが出来、丸一日会場で言葉上手く伝わらないにもかかわらず、フィーリングと感で伝えたいこと、訊ねたいことざっくりと交換。毎度、アバウトなやり方ですが:)計画の実現+もしくはその下準備が進みました。10数年来の友人、在日の台湾人=中一素食店のリーさんも駆けつけてくれてさらに拍車がかかりました。謝謝、リーさん。引き続きカタチにしていきます。もろもろ忙しいリーさんとはあらためて明日夜一緒にゴハンを食べる約束。どこ行くか、楽しみ:)

帰り際、寄ってみたかった「信義新都心」というエリア〜ちょうどここもおなじ路線のMRT上で西門町への帰り道。アジアの混沌とした景色ではなく、綺麗なビルが建ち並ぶエリア。

こんなエコな自転車レンタルがあったり、
090623-191653.jpg

お洒落なでっかいアートな本屋さんあったり、
こんな台湾一高いビルも建っており、
090623-202415.jpg
台北の今を感じました。

気づいたら朝からな〜んも食べて無く、意識したとたんお腹減っちゃって綺麗なビル街を抜け、タイムスリップしたかのような路地裏の素食の定食屋さんに駆け込み、ゴハン、思いっ切り食べちゃいました。超家庭的な味で美味かった:)ご馳走様でした。

その後タイスケ君と西門町戻り、ここは台北の竹下通りでもありますが、昨日からちらほらと目についていたのですが、なんだかマッチョな野郎達が多い・・・一歩裏に入ると筋肉版新宿2丁目=台北でも有数のGAY街でもあったようで・・・「がちむち=がっちりむっちり」というGAY用語知ったり・・・台湾の2日目の夜はそんなこと体験学習しながらさらに更けていく・・・台湾、いいなぁ〜:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■台湾素食深訪3

昨日帰り際に寄った高層ビル=台北101の地下には台湾版紀ノ国屋とも言えるような高級スーパーがありました。ここは、片倉さんに紹介された場所〜日本製品も多かったです。

本日はそれとは打って変わって昔ながらの市場=南市場をチェックしながら永康街〜東區・忠孝東路へと移動しながら台北の新旧をチェック。

090624-134023.jpg

夕方には昨日と同じフードフェアーの会場に向かい、リーさんとの待ち合わせ場所へ。リーさんのビジネスパートナーでもある海外留学経験の多いチャッキーさんという女性と共に総勢5人でリーさんご案内の素食のビュッフェ=蓮香斎素菜へ。

090624-201335.jpg

ここは驚きました。広〜〜〜いスペースでとんでもない数(200種類はある)の素食料理が並んでおり、食べ放題。素食のディズニーランドといった感じでした。いつか仲の良い福人&ショップの皆さまと合同宴会旅行来たら面白いねとタイスケ君と妄想:)是非、行きませんか?

その後、台湾クラブ事情のチェックのためにLUXYへ・・・ここは日本でいったらエイベックス系のクラブという感じみたいなので超行きたいところではないけど、今、台北で一番HOTということなのでまずは王道から行ってみましょうかということで足を運びました。が、その手ならドレスコードきっとあるよなぁ〜と思っていましたが案の定、短パン+CROCSではだめでした。音楽も今晩はHIPHOPということだし、雰囲気からどうしても入りたいところではないのであっさりUターン。先日は長谷川純ちゃんゲストで来ていたようで、来月は藤井リナちゃんが来る模様。日本、流行っていますね。

そんなんで帰り際は昨日もチラッと寄ったセンスの良い本屋さん=誠品書店の別の店に寄り、しばし探索。台湾の本の装丁と紙質好きな感じ多いです。ここの本屋さんは退屈しないなぁ・・・青山ブックセンターと六本木のTSUTAYAが混じったような感じ。数冊、次回台湾のための資料を手に入れました。

携帯写真、画像今ひとつですんません・・・
3日目・・・明日も忙しいです:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■台湾素食探訪4

朝、3人バラバラで動き始め、待ち合わせ場所に行くも誰にも会えず・・・人の多い場所で遭遇は難しいかと思いきやどっこい歩きつつ出会え、結果、3人揃う:)

予定通り初日に訪れた自然商品屋に皆で向かう。途中、俺たちのうっかりで再びタイスケ君とははぐれてしまう・・・しばらく探したが叶わず、諦め、本日の用事をアキさんと遂行。
再訪の里仁生活館。先日お世話になったが再び過分なもてなしを受け、多謝。その後、ここが経営している近くにあるYES VEGITARIANというちょいお洒落な素食屋へ。鍋料理をいただく。美味。

090625-143107.jpg

その後、市場での素食素材をチェックしたく先日教えてもらった「迪化街」へ・・・ここはオールドは佇まいの歴史ある通り。チャイナ度爆発の景色、建築風流、たまりません。

090625-160243.jpg

素材屋さんの場所を聞き、そこに並ぶ擬き食材をじっくりチェック〜超面白い。働いてるおばちゃんたち、優しい。ほぼ全貌を知り、いったん宿に荷物を運ぶ。

アキさんが昨日探索して面白かったという「龍山寺」の漢方街へ・・・ここで飲んだ「苦茶」、まじで苦かったがその後なんだかスッキリとした。ここも古い町なので雰囲気が最高!

090625-183012.jpg

ここでアキさんと別れ、今の台湾の「信義新都心」へ。改めてここにある台湾最大の書店誠品書店をじっくり廻る。台湾メイドの書籍と音楽を手に入れる。ここは洋服や雑貨も充実しており、おしゃれで裕福な台湾の方多し。
地下2階にある素食バイキングで夜ご飯をと思い、エスカレーターに向かったら、なんと、上からタイスケ君が現れ、再会。いや〜ビックリ!とともに一緒にご飯食べれてなにより:)でした。
その後、2人であらためて若者が集まるこのエリアを徘徊。

090625-231742.jpg

明日は帰国ですが、先日のフェアーで出合った素食素材の会社を経営&引退している藩さんが宿まで迎えに来てくれて空港向かう前に工場見学に行かせてもらいます。これも楽しみです。

台湾人、皆、親切で有り難い次第です。御礼兼ね、台湾との素食を通した交流+交歓をさらに強くしたいと思ってます。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■帰福:)

戻ってきました、福岡。

80歳になろうとする超元気な藩会長さん自らホテルまでレクサスでお迎え、恐縮です。残念ながら工場は時間が押してしまい、次回へと持ち越しになってしまいましたが、桃園国際空港まで送っていただきました。

本当に今回もいろんな方にお世話になりました。ハワイの方、台湾の方、やっぱ似ています。古き日本のスピリットをあらためて感じました。

梅雨のシーズンにも関わらず、天気は何とかもちました。
帰りの飛行機が離陸した直後、大きな大きなそれはそれは美しいダブルレインボーが現れ、何とも感慨深かったです〜写真、残念ながら撮れず・・・

あらためてこれをさらなる機会においしい+へるしー満足な植物性ゴハンを皆さまに提供+提案していきます。

多謝:)

0906261.jpg

写真は台北101タワーと福岡タワー。

0906262.JPG

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■恵雨+洗剤教室

今日の福岡は雨。
先週の頭にも降った模様・・・台湾行ってたからその時はここ福岡にはいませんでしたが・・・今年はそんなに雨が降らない〜本日は恵みの雨。

そんな中、きむちんの洗剤教室お越しになってくれた方、いかがでしたか?
洗剤教室の本当の目的は海をなるたけ汚さないこと。
せっかくの機会なので俺とアキさんがお店を廻し、それ以外のマナクルーの皆も参加。
全員初講義、トータルで20名強ほど。

水、超大切です。今世紀は食糧や空気とともにとても大きなテーマになると思います。
お金はその為に使うべきです。

梅雨・・・この後十分な恵みの雨降りますように。
森と海を繋ぐ人間の生活環境・・・なるたけ水を汚さないように。

きむちん+皆さま+キッチンリブレ+あと椅子貸してくれたボリューム、ありがとうございます。
願わくば単なる知識で終わりにせず、生活でぜひ実践していきましょう。

きむちん、またクラスやってもらえませんか?いかがですか?よろしくご検討下さい。
その折には新たな方の参加願っています。一人一人のライフスタイルのパラダイムシフトの集合力は馬鹿に出来ないし、それが一番リアルというものです。

0906292.jpg

余談ですがきむちんは「ニッコリ町の発明家」でもありますが、登山家として日本初を幾つか達成したクレイジーな:)人生を生きているサムライの一人でもあります。サーファーでもあるそんな彼が「森と・・・」「海へ・・・」という21世紀の洗剤を作っているその根っこは常人が計り知れないそんな経験が原動力になっていると思います。かっこいいなぁ〜きむちん!

0906291.jpg
写真は大好きなハワイ諸島。地球は70%水の惑星です。
人体も同じ比率というのが凄い。
海もそうですが、体内の環境も同じコトですね。
質の悪い油には要注意〜マナバーガーズはとても油には気もお金も使っています。
体内の水の流れ、血液サラサラ、目指しましょう:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■Do More With Less

“宇宙船地球号にはエネルギーの欠乏もエネルギーの危機も存在しない。
人間の無知が存在するだけである”  バックミンスター・フラー

ここは中国山脈、山椒魚や月輪熊の住むエリア。梶川さんのところで刺激的+美味しい時を過ごしています:)

%E3%80%80090715.jpg
写真は梶川さんのブログから転載したテンセグリティ。
Do More With Lessのカタチ、具体的なアクション。

心が躍る語らいとともに小豆玄米ごはん+自家製饂飩その他もろもろマナ溢れる素食、ご馳走様でした。
まさしく、e・食・住な時空間:)有り難いっす。

PS
梶川さんの15日のブログにはこのように書かれていました。

■富
工業化(industrialization)とは、
すばらしいことを大量生産することである。

経済恐慌(great crush)とは、
担保なしで紙幣を大量生産した結果である。

前者は富の分配を、
後者は富の略奪を目的にしている。


・・・なるほどです。
「素晴らしい大量生産」は本来「Do More With Less」にも繋がるはずであります。
消費のみでもなく生産のみでもなく一回りして皆があらためて100%生活者となる世紀が始まる。
万物の霊長、ネオホモルーデンス・ネオホモサピエンスに幸あれ!


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■出雲大社+出雲の阿国

昨日、梶川さん宅から連れて行ってもらった奥出雲・川の中にある天然野外無料温泉。
いや〜最高でした:)

その後、梶川さんと再会を約束して俺は出雲へ・・・

日本人の神信仰の基礎をつくりあげた巨大国家「出雲王国」。
かつて作家の小泉八雲が感激をもって「出雲はわけても神々の国である」と称した“出雲王国”。卑弥呼の時代の30年以上前に成立し、北九州・朝鮮半島から越にいたる日本海航路の交易を通じてめざましく発展したこのかつての先進国家は、日本人の神信仰の原型であり、今なお日本各地で祀られる“大国主命”の信仰を生み出した。しかし出雲王国は、4世紀に入ると徐々に大和朝廷の支配下に組み入れられていき、やがて「大国主命信仰」も徐々に影響力を失われていく・・・

やばっ、出雲の歴史面白そう。
せっかくなので現在の出雲大社出雲の阿国(厳密には阿国が祈りを捧げていた観音像)を訪ねました。

090715-153318.jpg

090715-163501.jpg

帰りは山陰島根の海際を通りながら夕焼け三昧、途中、地の旬の海草や植物性の保存食を皆のお土産で買いながら山陽に出て、九州福岡に戻ってきました。

090715-191839.jpg

初めてのところばかり・・・ニッポン良いところです:)

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ゴメンナサイ〜タバコの煙

一昨日というか昨日夜中というか先日お伝えした親不孝3連発。久方に夜遊びしちゃおうかと意気込みましたが・・・

・・・すみません、1発目のHOLIDAY'S JAMであえなく沈没。
というのはタバコの煙。不思議な体験からいきなりベジタリアン+マクロビライフになって15年。いろんな意味でラッキーと思っていますが、それ以来、年々、タバコの煙やニオイが超苦手になっていきます。音楽楽しみたいのですが、2時間が限界。ここのところ、1時間かも・・・呼吸が苦しくなり、気持ちが閉じて来ちゃって、居られなくなるのです。

HOLIDAY'S JAMからキース行って、DJ MOOCHY&お仲間の皆さまの音を楽しんで、その上にあるデカタン移って音さらに楽しんで、また、キース戻って・・・という予定が結果、きつくなっちゃって撤退となってしまいました。行くつもりが・・・MOOCHY&西山さん、すみませんでした・・・

思えば今から20数年前、当時、俺は一日2〜3箱タバコを吸っているチェーンスモーキング状態。毎日、毎朝、はっきり言って気持ち悪いのにもかかわらず、寝起きになにはなくともまずは一服。

ある日、不思議なおばあちゃんに出会い、いきなり言われたのは「あなたにタバコ好きの霊が付いてるわよ」・・・なんとも初対面でこわ〜い:)話。でもその時の俺は、「そうか〜そうだよな〜俺自身はタバコもう気持ち悪いのに吸っちゃってるのはそのせいかぁ〜」と己の中毒棚に上げ、思わず大納得。

有り難いことにおばあちゃんは「タバコ好きの霊にあなたから離れて成仏するようにお願いして上げる」と言って、俺の両手をとり、まずは自分に俺の両手を引きつけ、ゆったりとした気合いとともに俺の胸に両手を戻した・・・俺は別段何にも感じずでしたが、素直になすがまま状態。時間にして数秒。

その後おばあちゃん曰く「今、タバコ好きの霊があなたから出ていったから、あなたタバコ吸わなくなるわよ」・・・初対面の俺に親切にしてくれて有り難いなぁと感謝しつつ、別段期待もせず、御礼を言って帰路についた俺。

車に乗ったらいきなり寒気が・・・「やば、風邪引いたかなぁ・・・」、自宅に着いたらさらに寒気が酷くなり、「やば、高熱出そう」と布団に入ったのですがブルブル震え、一枚ではなく三枚ぐらい布団掛けても、まだブルブル。体温計で熱計ったけど、不思議なことに平熱。ブルブル震えながら寝たような起きてたような一晩過ごしました。

翌朝・・・いつもならまずは一服・・・のはず・・・なのに、あら不思議、その朝からタバコ吸いたいとは思わなくなりました:)いきなり禁煙というか、タバコがやめられた。俺にとってはリアルな体験。超有り難い体験でした。あの震えはニコチンが抜けるサイン?

ベジライフもそんな感じでいきなりなっちゃって(この話はあらためて)、禁煙+ベジライフともに「ねばならない」とか「がまん」経験せず、いきなりそうなっちゃたのでマジ、有り難いことです:)

そんなんでこれからのクラブやライブハウスや飲み屋さんは「空気超サイコー」というのも売りになると思いますが・・・:)、いかがなもんでしょうか?
それにしてもミュージシャンや音楽ファンはタバコ好きな人多いなぁ〜愛煙家の皆さまと一緒に遊べる仕掛けがほしいなぁ

090720.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■「友たち」に「イタル」

日曜日から昨日まで梶川さん、来福。
マナバーガーズを食べに来てくれたのだが、わざわざ、遠方よりありがとうございます。
ナチュラルジャンクいかがでしたか?
結果は喜んでいただけた模様〜なにより:)です。

日曜、自分の仕事兼ね一緒に糸島に行きました。
翌日、月曜日は前から行きたかったイタルへ。ここはリスペクトするまたいちの塩さんが運営しています。

090810-154027.jpg

ここには梶川さんと共にやはり前日に久しぶりにお江戸から福岡に現れてくれたnaokiくんと福岡の音友タイスケくんと一緒に行きました。
俺はお魚いただかないので特別メニューで対応していただきましたが、大満足。もちろん皆も大満足。
いや〜日本は食も住も美しいなぁとあらためて感激。「粋」「侘び」です:)

その後、有り難い展開でいろいろとあったのですが、この件はあらためて・・・前川の旦那さん、大変お世話になりました〜ありがとうございます。

夜、ここず〜〜〜っと旅し続けているMakoleleくんもマナバーガーズに現れ、久方の再会。彼はこのあとチリに家を建てるお手伝いに行くとのこと。

いやはや、2年ほど前にコスタリカに旅だった旧友がグァテマラのアティトラン湖の前に家を建てたと最近便りをいただいたばかり・・・皆、好きなことをやっている大好きな自由人たち。なんだか、「あ〜こりゃこりゃ:)」と友たちとの再会が続いた日々でした。

極道→道楽→極楽という俺の大好きな進化の法則:)を生きている愛すべき友たち。
21世紀、勇気とユーモアを武器にパラダイムシフトを実現させる「なんちゃって:)戦士たち」に幸あれ!!!

「あの世」ではなく「この世」でおのおの道楽突き詰めて普遍的な極楽をたくさん実現させましょう:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■再び台湾から・・・1

6月に久方に台湾訪れ、再び、日曜日からワーク兼ねて再訪しています。

土曜日夜から日曜日深夜にかけてはDJ MOOCHY君のイベントのお手伝い。その後、バタバタ準備、寝ちゃったら万が一あるので徹夜で朝を迎え、空港へ。今回はakiさんとの2人旅。

目的は前回のワークをさらに深めに・・・マナバーガーズとともにマナフーズの展開を踏まえたものです。秋口にその成果が目に見えたらいいのですが・・・顔晴っていきます。

昨日の台湾は30度ほど、ムワ〜っとした暑さでしたが、きらいではありません。日曜日ということもありどこも人が多く、アジアを感じると共に精進料理あいかわらず美味し:)

Airはキャセイからチャイナに変わりましたが、福岡から近いなぁ・・・宿は偶然にも前回と一緒〜西門町に今回も滞在。金曜日、夜に帰福します。

写真は宿の近くの西門紅楼〜前回タイスケ君とakiさんが訪ねた「G−PARADISE」の入り口。今回もアップしますね:)懐かしいでしょ?〜タイスケ君!
今晩もガチムチクラブ集合していましたよ〜:)
0908171.jpg

先週の台湾は、特に南方面は台風で大変だったようで、犠牲者の方の冥福と被害にあった方たちの一日も早い復興をお祈り申し上げます。

PS
このエリアにはさまざまな屋台がたくさん出ていますが、無許可のようでお巡りさんが来ると全員いきなり屋台の電気を消して、ダッシュで走り去ります。ただし、1分もしないぐらいで再び戻ってきて営業再開。なんとも・・・逞しい:)でも、どうなってるんだろう???警察との関係???おおっぴらといえばおおっぴら。
0908172.jpg


| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■再び台湾から・・・2

昨晩は結果寝るのが夜中になっちゃたけど、気づいたら朝、深ぁぁぁぁぁ〜く、爆睡。

まずはあきさんとサンセットや伊勢丹その他の打ち合わせを西門町のお気に入りのスタバで・・・ここは古い内装を上手く使っており、天井も高く、気に入っています。その後、夜までもろもろ超動き回っていました。前回に出会った方や店を点に線を紡いでいます。有り難いことに皆憶えていてくれて助けてくれます。感謝!試食作るためのキッチンも手に入れ、明日はまずは試食三昧:)次に繋がるネタに出会いますように!

台北の今日の写真を数枚アップしますね:)

0908182.jpg

0908183.jpg

0908181.jpg

今回は前回になんとなくザクっと街の感じがわかったので移動は歩ける距離はあえて歩いています。御陰様で、新旧の面白いエリアを発見したりしました。
生活観光は一石何丁にもなるのでたまりません。

やばっ〜また夜中になっちゃた〜まぁ、いいか〜明日も顔晴っていきます!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■再び台湾から・・・3

昨日の試食は一割ぐらいがよかった。やっぱ、同じ種類のものでもメーカーによって違い、食べてみないとわからない。味はもちろんのこと、テクスチャー大事ですから・・・この辺りはマニア:)というか妥協できません。ナチュラルジャンクの真骨頂です:)

0908191.jpg

0908192.jpg

0908193.jpg

幾つかあらたな店や人との出会いがあり、言葉が通じたら深い話が出来るのに・・・でも、面白いものでなんとなくお互いが判るのが同じスタイルを探求する同じ星で生きている地球人同士の証でしょうかね:)

俺にとってはアジアの布哇、懐かしい失われた日本を感じる台湾、ますます気に入っています。
ここ拠点にアジア各国を廻ったら面白いなぁ・・・

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■再び台湾から・・・4

元気ですか?
俺はこんな感じで・・・

0908201.jpg

・・・昨日もシャキシャキバタバタと動いていました。
昼間、今までで一番暑かったかも・・・

0908203.jpg

今の日本を代表する洋服屋さん。
おさるさんとくまさん、
ポップなHIPHOPとアバンギャルドなROCK。
それぞれキャラが違いますが、昔、2人(NIGOくん&JUNくん)が一緒にお店をやっていたというのもこうなるとすでに伝説ですね。偶然ではない渦を感じます。
そんな2人の店を見つけました。

0908202.jpg

食は自分のフィールドですが衣も住もとても大切なもの&楽しめるもの。
衣食住、それぞれ刺激し合い、トータルで何か創りたいものです。有り難いことに出会いが続いています。

一昨日&昨日、ここ台湾で洋服を作っている2人と出会いました。
女性と男性。
ARTとSTREETといった感じ。
こちらはあらためて紹介します。興味深い2人でした。

0908204.jpg

根詰めワークの息抜きでこんなのさっき観ちゃいました〜台湾の方たちも大笑い、楽しんでいましたよ〜個人的にもタッチやストーリおもろかった:)

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■再び台湾から・・・5

本日、夜、帰福です。
最後の詰めは前回寄れなかった工場見学を兼ねた調査です。朝から桃園に向かいます。
その後、現地時間午後2時過ぎには空港、4時過ぎの飛行機で戻ります。

昨日は街で行う最後のワークを何とかすませ、今回の目的のほとんどの任務終了。次回に繋がる課題も出来、引き続き公私:)に渡って台湾とのお付き合い深めていきます。

0908214.jpg

0908212.jpg

0908211.jpg

0908213.jpg

我爱台湾:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■多謝多謝台湾〜:)

朝から郵便局→里仁→桃園・加工試食&工場見学。超充実、濃かった〜次の課題も出来ました。
ギリギリで空港へ。

飛行機代が安いからか、亜細亜便だからか・・・預け荷物は一人20Kまでということで追加料金取られちゃいましたが、先ほど福岡に戻ってきました。
てっきり20K2個までOKかと思っていました。
重くなりがちの方、気をつけてくださいね:)

昔はスゲェ〜量の荷物持ってきてもなんでもなかったけど、時代ですね。
飛行機飛ばす時に総重量確かに大事なポイントだと思います。
こうなると体重とともに一人たとえば100Kまでとしたほうが公平では・・・と思いますが・・・駄目ですかね・・・:)

0908221.jpg

今回の台湾生活観光の旅もいろんな方や場所、いろんなモノと出会いました。
謝謝!
このプログを見ることはないと思いますが特にお世話になった方の名前を羅列して
多謝!!!
の気持ちを少しでもリアルに表現させてください。

・斐僑素食店の蔡さん
足は大丈夫ですか?
キッチン使わせていただき&美味しいゴハン毎度ご馳走様でした。
ありがとうございました!

・自然食料品店里仁の曾さん
細々としたもろもろのアレンジ助かりました。
お店の方全員も笑顔でお付き合いしていただき嬉しかったです。
ありがとうございました!

・遠哲有限公司の笵会長
前回に続き車で空港まで送っていただき申し訳ございません。
今回はさらにワガママな俺たちに付き合っていただき大変恐縮です。
ありがとございました!

皆様、それぞれの場所で偶然同じようにおっしゃってくれた言葉・・・

「日本の方たちの健康のため、世のため、地球環境のための仕事でわざわざ台湾に来てくれてるんだからお手伝いは当たり前」

・・・いや〜、感無量・・・前回ちょこっと出会ったばかりなのに・・・当然、ほとんどというか全然、俺たちどこの馬の骨かわかんないのに、お金絡んでいる訳じゃないのに・・・頭が下がると共に目頭熱くなります。世の中まともなふりして平気で人を欺し金儲けする輩もたくさんいるのに・・・拾ってくれる「神」もいますね〜:)本当に有り難いです。

凸凹な俺たちですがお天道様に恥ずかしくないビジネス通して世の中に役立ち恩返しさせてください。
我愛台湾:)

今回も沢山のありがとうに出会いました:)
俺に付き合ってくれているタオラボマナクルー始め皆さまの天命が全うされること、切に願っています。
御陰様でありがとうの気持ちで一杯(これも「マナ」です)になると、そう思わずにはいられません。

顔晴って引き続きKeep 我的ROCK'N ROLLというか凸凹:) NewLifeStyleBusiness創造。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■政治より経済、革命より進化:)

歴史的な母国の政権交代。

0908317.jpg

このタイミングで政権交代はいいことだと思います。
「わかっちゃいるけどやめられない」・・・組織やシステムが内側から変わることはなかなかありません。まして、親方日の丸はよい意味でも悪い意味でも。

でも政治より力があるのは経済=ビジネスでしょう。
行き過ぎた・短絡的な拝金ビジネススタイルが世の中や環境を悪くしたとも言えます。
だからこそ、ビジネススタイルのパラダイムシフトが21世紀のテーマだと思います。

政治も経済も行っているのは一人一人の人間です。
「そうは言っても仕事だからなぁ・・・」という台詞は21世紀はダサイこととなるでしょう。家庭では良きパパやママが仕事が絡むと平気で人にされたくないことを人にするという不思議・・・そんな大人の背中を見て育つ子供は?いや〜凸凹な俺が言うのも何ですが・・・:)「今」を生きる俺を含めた大人の大テーマでもあります。

政権交代することが目的ではなく、より良い世の中にするのが目的です。
そのための変化のきっかけが実現しました〜でも政治のみで世の中が良くなるとは思えません。もちろん政治も経済も大切だけど、何はなくとも個々の人間の意識が進化し、ライフスタイルや欲望のカタチが変わることが一番のリアルだと思います。

新しい時代はすでに始まっています。
どうなるか、激動の21世紀〜うぅ〜楽しみ:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■FUKUOKA NOW

0909101.jpg

0909102.jpg

0909103.jpg

0909104.jpg

0909105.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■昨日の生活観光ワーク

お昼に船に乗って

0909141.jpg

向かった先は能古島
10分ほどのショートトリップ。
下船した直ぐ目の前にあるのは

0909142.jpg

マナバーガーズで扱っている「能古島サイダー」を分けてくれているNICONOCOさん
なんともレトロで楽しい:)店先。もちろん、お初の訪問。

俺の住む唐人町から目と鼻の先にある能古島には初めて上陸。
熱海で言ったら初島か・・・能古の方が近くて大きいけど・・・

今回の目的は新しいオリジナル商品の打ち合わせ。
マナフーズ、いろいろと始動しはじめています。

その方とはNICONOCOさんで待ち合わせ〜福岡市内から最近こちらに拠点を移したそう。
詳細はあらためて報告しますが、面白いキャッチボールが出来ました。
お楽しみに!

0909143.jpg

写真は能古島から見た福岡市内。左端にあるのが福岡ドーム。
その傍が唐人町、今、住んでいるエリア。
結果、いつも海の近くに住んでいます。

帰り際に購入したのはこれ。

0909144.jpg

能古島は貝割れ大根の発祥地とも言われています。
島に住む前田瀧郎さんが発案者で、能古島に書斎を構えていた壇一雄さんが広めたきっかけになったと後で伺いました。
その瀧郎さんがさらに開発したのが「芽吹きピーナッツ」・・・そんな話は梅雨知らず、あいかわらず、偶然手に取った皆へのおみやげだったけど・・・
有り難いことに毎度、そこならではの食や食文化や食性に出会います。

夕方には再びマナバーガーズに戻ってきました。

PS
行き際、能古から到着した船から一番最初に下船してきたのは壇一雄さんのご長男CMプロデューサー太郎さん〜食にまつわるエッセイや料理の腕前も素晴らしい方です。お顔は食を探求している先輩として知っていました。

実は偶然、太郎さんは玉川の仲の良かった俺の友人の上司でもあり、つい最近、偶然にも彼とは太郎さんの話をしたばかり・・・太郎さんは玉川の大先輩でもあるとその時に知りました。

個人的には面識ありませんでしたが、思わずその偶然続きに不躾ながら声をかけてしまいました。お急ぎのところ申し訳ございませんでした。

いやはや〜いと面白きは「毎日が生活観光:)」


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お誕生日おめでとう!

本日は一人娘桃里(たおり)の誕生日です。
19年前の1990年9月17日17:00に彼女は茨城県の取手でこの地球にタッチダウン、現れました。

俺は熱海出身〜この頃は家業からパラダイムシフト(ドロップアウトじゃないっすよ〜笑)して千葉の大久保というところで自然派コスモポリタンフードTAOを友人と始めており、当時のかみさんはお江戸出身・・・縁もゆかりもない取手で彼女が生まれたのは当時、この地に水中出産を行う助産婦さんがいたからです。

かみさんの両親は何時生まれるか判らないのでたいそう不安がっていましたが、その頃、不思議な体験から17という数字がやたら現れ、思いこみも踏まえきっと彼女は17日に生まれると確信していました。
お江戸と千葉にいた俺たちはその前日に取手に2人して行けば大丈夫だと・・・何とも今思えば危ない:)思いこみ・・・でも結果はその通り、まさか17時ジャストに生まれるとは思ってもいませんでしたが・・・ちなみに俺は1960年3月17日生まれ、30年と半年違いです。

なんだかヌルッと彼女の体内から水中に出てきて我が子をこの両手で掴んだ感触は忘れられません。その後、水中から酸素のある俺たちの生活する場へ引き上げました。
プッハ、プッハと泡を出しつつ、呼吸を始めた時にはなんだか笑っちゃいました。
へその緒を切って・・・赤ちゃん、ホント、小さくて片手に乗るんですよ:)

その後、俺はさらなる衝動に突き動かされ、マナフーズを求める極道探求の旅が始まっちゃって父親らしいことは恥ずかしながらしてきませんでしたが・・・そんな探求も終わり、極道から道楽へ・・・今は極楽目指して実践あるのみ・・・そんなワガママな生き方の反省を踏まえ、残りの人生、しっかり娘とは付き合って行ければと思います。

彼女と彼女を育て支えてくれた身内と周りの方々にお詫びと感謝も込めつつ、
あらためてHAPPY BIRTHDAY!!!たおちゃん:)
この人生を思いっ切り楽しんでください。

0909171.jpg

写真は桃の里〜桃源郷:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■音楽人とベジライフ

音楽を奏でる人たち・・・大好きな人種・部族です。

今まで御陰様で多くの音楽や音楽人と出会い、数え切れない美味しいOTOを戴いてきました。
俺にとっての一番のマナ:)地球生活観光の醍醐味の一つ。

有り難いことにここマナバーガーズには音波に乗り、いろんな音色を描く音楽人たちが多く来店してくれています。
今回は昨日から今日にかけて訪ねてくれた音楽人をあらためてご紹介します。

昨日来てくれたのはRANCIDの面々。
タトゥーに彩られたいかつい成りをした彼らのことは申し訳ないですが知りませんでした。

本日は日本の音楽王子たちと姫。
昼間は高野寛クンと初めましての忌野清志郎 & NICE MIDDLE WITH NEW BLUE DAY HORNSなどで活躍してる宮川剛クン田中拡邦クン
夕方には青柳拓治クンと初めましてのつるかめの木津茂理さん

kama aina=青柳拓治

高野寛

木津茂理

彼らはビガーンだったり、ベジタリアンだったり、植物性主体の方だったり・・・、そうじゃないにしても流石、感性のワークする人たちは「気持ちのよい」ことや方向を知っています:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お江戸=TOKYO

0910051.jpg

やってきました〜花のお江戸=TOKYO。
いきなりの人の多さに少々やられちゃっています。
今の自分には福岡がちょうどよい塩梅ですかね〜:)

0910052.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿1

2年前の今頃、俺は新宿・・・正確には代々木だけど甲州街道の裏手のなんともユニークな場所にしばらく住んでいた。あれから福岡に拠点移し、伊勢丹でのワークのために再び新宿へ戻ってきました。今回の隠れ家は再びここ
昨晩は12時過ぎまで伊勢丹で準備。
引き続きやらねばならぬ幾つかのことあり、朝方4時前までなんだかんだで隠れ家でワーク。
2時間ちょいの睡眠で6時起床〜習慣の朝シャワー浴びてから新宿伊伊勢丹に7時には入りました。

九州フードコネクションの初日の準備。
初めての経験、それなりに舞い上がりつつ、でもなんとかスタート。
流石、伊勢丹!といった環境と状況の中で皆で顔晴って終日ワークこなしました。
毎度の修羅場飛び込み体験〜すべて初めての経験にもかかわらず、大活躍ありがとう!クルーの皆さま。

本日も老若男女いろんな方がマナバーガーズ購入していただきました。
その中から今回は3人の作家の方をピックアップ。

まずはわざわざ来てくれたカレー伝道師渡辺玲氏
彼は最新作の著作も持ってきてくれた。

●カレー大全 カレー伝道師の160話
0910071.jpg
この表紙、なんとも、いいですね〜玲君:)

そしてその後は偶然にも目の前に現れた廣瀬 裕子ちゃん。彼女は俺らの出店は知りませんでしたが・・・まぁ、縁とはこういうもの:)
0919072.jpg
ご無沙汰でした。沢山の著作ある方ですが、これが一番個人的には好きかな・・・「自分のためにできること」

最後は道楽者の大先輩として尊敬している松山猛さん。上のお二人とは違い、面識はなかったのですが「俺が揚げもの好きなの知ってるの?」とつぶやきながらカツマナサンド、購入してくれました。偶然、店の前を通り過ぎる時に思わずお名前を呼んでしまった結果です・・・わざわざ、通り過ぎたのに寄っていただき、ありがとうございます:)

編集者・構成者でもある松山さんは作詞家でもあります。
松山さんの若い頃の作品の一部を・・・

引き続き、来週火曜日までの伊勢丹九州特集でお待ちしております!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿2

昨晩は伊勢丹終わった後、アキさんと打ち合わせ。12時まえには隠れ家に戻って来れました。なんだかんだで2時頃までワーク。

台風でてんやわんやだった今朝方の日本列島。
本日は8時集合にもかかわらず、歩いて伊勢丹通っている俺以外は皆、電車の遅れで来れず・・・9時ぐらいからの本格的スタート。でも、10時の開店までにはなんとかかっこつけれました。今朝も修羅場でしたが有り難いことに乗り切りました:)

昨日の経験からバージョンアップしていて昼間幾つか別件打ち合わせも出来ました。今回お伝えしたいのはこれ!

“MANA paper”
091009.jpg

ハワイ観光局の協力をいただきながら、ここのところ根詰めていた北山耕平さんと俺たちと一緒に作っていたマナバーガーズの新しいパンフでもあり、さらにもうひとつの楽園ハワイをテーマにしたフリーペーパーが本日届きました。

A6サイズのものを広げていき最終的にはA2サイズとなる作り。
メニューとともにマナやマナバーガーズについての北山さんのコラムが紙面を飾っています。片面全面はA2サイズのマナを感じるハワイのランドスケープポスターになっています。

午後、北山さんもそれをピックアップしがてら伊勢丹に現れていただき、次に繋がる打ち合わせも少々・・・これまた、面白そうな展開です。

このフリーペーパはこれから配ります。
もしお店等で置いていただける方はご連絡下さい。
送料(クロネコメール便)持っていただけたら何十部か無料でお送りいたします。
希望者の方はあらためてこちらにご連絡下さい。詳細お伝えします。

これは定期的に出せたらと思っています〜お楽しみに!!!

明日も伊勢丹でお待ちしております:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿3

結局、昨晩もなんだかんだで2時廻ってしまいました。

3日目の伊勢丹、朝方の準備がもう一つ追われます〜やっと体験的踏まえたイメージがつかめた感じで、明日は必ず満足行くスタート切りたいと思います。

本日も様々な方が来てくれ、また新たな出会いも多く、ここにすべてを書くことははしょりますがありがとうございました!
また九州特集の皆さま、伊勢丹の皆さまにもお世話になっています〜ありがとうございます!

明日はちょうど折り返し地点、忙しいけど、充実してまんなぁ〜:)
引き続き伊勢丹でお待ちしております。

PS
明日は1年ぶりにお袋との再会があります。
あ、そうそう、娘の桃里も今回手伝ってくれています。
俺をはさんで存在する2人の女性・・・ルーツと未来。
お袋はいつまでも元気で!
タオちゃんは好きなことを見つけ夢を思いっ切り描いてください。

0910091.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿4

昨日の課題はクリアーしました。
が、いろいろと初めてづくしで失敗しながら学び、進んでいます。
連休初日ということもあり、今までで一番の大忙し・・・有り難いことです。

今回九州特集に参加している会社はマナバーガーズ以外は全て九州の名店、伊勢丹のみならず有名デパートでの繁盛店。
まだデビューしたばかりでヒット曲もなくいきなり紅白歌合戦に出ちゃったような状況・・・皆が「どうやって出店したんですか?」と不思議そう。

自ら売り込んだわけではなく、そんな俺たちにオープンしてまだ半年足らず&まだ商品も食べたことないうちから注目し、声をかけてくれた伊勢丹のバイヤーさんには感謝と共に驚くばかり。

0910101.jpg

ある時からデパート行かなくなっていたのですが、伊勢丹の食品館+メンズ館、そのセレクト+センスにはあらためてビックリしました。
そこに参加出来たことを肥やしにご期待に添えるよう、お天道様に恥ずかしくない正直なビジネスに成長しますように!

ちょうど今日が折り返し。残り3日間。
顔晴っていきます:)

明日も伊勢丹でお待ちしております:)

PS
今日は参加できなかったけど福岡の老舗クラブ“デカタンデラックス”の20周年パーティ。
今頃、皆、楽しんでいるだろうなぁ〜おめでとうございます:)

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿5

連休2日目です。

嬉しいのは・・・
美味しいといってくれる方が多いこと。
リピーターの方が多いこと。
お江戸の出店を希望する方が多いこと。
驚きのナチュラルジャンクです:)

マナ持ってきたのですが、マナ戴いています。
自然に宿る命のエネルギーの輪。
そんな循環〜これもサスティナブルと言えるでしょう〜ありがとうございます:)

0910111.jpg

明日も伊勢丹でお待ちしております。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿6

初めましてのお客様と共に、いや〜久しぶりのいろんなジャンルのいろんな方たちが訪ねてきてくれています。皆、応援してくれて・・・ありがとうございます。感謝です:)

一月前から始まった実験+実践出店ワーク・・・サンセットライブマルシェジャポン+伊勢丹・・・サンセットは草の根から大きく羽ばたいた日本を代表する夏フェスのひとつ・マルシェは全国10カ所で始まった農林水産省主導の都市住民参加型の市場・そして今回の伊勢丹。

いやはや、バックボーンやキャラが全然違う上記どれにも参加出来るナチュラルジャンク“マナバーガーズ”は随分と間口が広いなぁ・・・あらためてそんなこと思いました:)
「美味しくてヘルシーで満足」は誰とでも共有できると信じていますし、そんな思いの結果・・・ですかね:)

伊勢丹終わった後も今月、幾つかのイベントに声をかけられています。
そちらはあらためてお知らせしますね。

明日は伊勢丹の最終日〜お待ちしております。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむ新宿7

本日で九州特集終了。
お客様+関係各位+クルーの皆さま、BIG MAHALO!!!

091013.gif

良き経験できました:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■TOKYO TODAY

本日は午後から動きました。

0910141.JPG
まずは電通でミーティング〜公私に渡っての話。面白そうな展開・・・上手く繋がったら・・・楽しみ:)

0910142.jpg
その後隣のビルにあるハワイ州観光局への御礼と今後のお願いへ・・・こちらも上手く繋がったら・・・楽しみ:)

その後、チェックしたいところを廻り、吉祥寺、井の頭公園内にある吉田君の店“ペパカフェ”へ。
玉川の同級生、吉田君+小鳥井さん+ぽんさん・・・鬱病が多いこのご時世・・・躁病:)の友たちとの交流はマナ交歓の大笑いのひととき。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■TOKYO→FUKUOKA

昨晩は朝方まで大笑い〜:)

午前中〜夕方まで打ち合わせ2本。
その後羽田に移動して今は福岡唐人町の自宅。
空港から直接マナ寄って11日振りのまなちゃん+りっきー+のりちゃんの顔を拝見〜ちょこっと報告。
皆、留守宅ありがとうございました!
久しぶりにホームメイドソースのマナバーガー作ってもらってさっきいただきました。
手前味噌ながら、美味!!!バリ旨!!!飽きないなぁ〜:)

・・・それにしても・・・福岡〜ホッとするなぁ・・・よかとこばい:)

0910151.jpg
TOKYO

0910152.jpg
FUKUOKA

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■TRIP:)

ここのところ数ヶ月改まって休み取って無くて・・・西部ガスも無事終了し、気分転換兼ねこんなとこに初めて行きました。

0911031.jpg
0911032.jpg
0911033.jpg

ここはどこかな?南の島??
そう!ここは〜:)

0911034.jpg0911035.jpg

そのまんま宮崎!
〜福岡からバスで4時間余り・・・宮崎から日南線に乗り換えて30分ほど・・・のオーシャンヒルオートキャンプ場にあるHADASHI CAFE
先日福津で出会ったプロウインドサーファーでもあるショウジさんの基地:)
ここのローケーションやばし!!!
ここはタイかバリかはたまたハワイか伊豆でしょうか?

ここで今宵行われているケイソンのライブに顔出しがてら訪ねました。
0911036.jpg
目の前は太平洋、ぽっかりと浮かぶほぼ満月の下、キャンプファイアーを囲むライブ。
よかった!!!
ごつぁんでした!!!

ついでに明日は日南に数年前から越してしまった両国の旧友ぶーちゃんを訪ねる予定です。
宮崎超気に入っちゃいました!!!!!
HADASHI CAFE、おすすめです:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■LIVE+EVENT

昨晩は久方にハシゴで下記行きました。

Bridge StyleSparkling Night Dx

0911081.jpg0911082.jpg

面白かったですよ〜:)

LIVEは仲良くさせてもらっているBridge Styleの来福+マナバーガーズで顔晴ってくれているリッキーが参加しているHABANAのジョイントということでこれは行かねば・・・:)

EVENTはよくマナバーガーズに来てくれるイギリス出身の在福デザイナー・トムさんのお誘いで・・・井上薫さんのDJも楽しみでしたが、この時に紹介された兄弟ユニットOIL WORKS興味深かったですよ〜:)
この会場でやはり大好きなミュージシャン小池龍平君とばったり再会。今晩、このあとポートオブノーツのライブサポートで来福とのこと。行きたかったけどバタバタで厳しいかも・・・残念〜:(

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■高杉晋作と頭脳警察

昨日、こんな夕焼けを追っかけながら・・・

0911132.jpg

・・・夜、糸島で観たこの劇。
「動けば電電の如く」お隣、長州=山口県の高杉晋作と奇兵隊を核に明治維新にいたる数年を描いた作品です。

0911131.jpg

個人的には前世紀的で短絡的なコミュニズム臭さが鼻につく時もあったが、大きな方向性では国や民族を愛する生き様を熱く描いていて共感もしました。21世紀は右だとか左とかの時代じゃなく、お互いさまを模索する時代だと思われます。

やっぱ、日本人・・・舞台で大見得を切られるとそれなりに上がっちゃいます:)
役者さんという存在は凄いなぁ〜声の通りが違う。
また、舞台装置の背景画も素晴らしくやられました。
クロちゃん、教えてくれてありがとうございます。

高杉さんのこの辞世の句は最高です!
「おもしろき こともなき世を おもしろく」
いや〜素晴らし深し!!!おちゃめな楽天家です:)大事なところです。

後、これも始まっているようです。映画『ドキュメンタリー 頭脳警察』

福岡では観れないのかな・・・なんと3部作、5時間一挙公開!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■故郷は遠くにありて想うもの:)

週末から本日まで熱海の友だちが立て続けに来福。

一人はジンくん・・・彼はなんとマナバーガーズのマナちゃんの紹介で先日伊勢丹の時にお江戸で会いました。博報堂でデザインを担当しています。
だいぶ年が下なので熱海では会ったことがありませんが、話を聞いてみたら俺が昔、随分とお世話になっていた熱海の自然食品屋「生きる」でお母さんが働いていたとのこと。
いや〜当時は小学生ぐらいだと思いますが立派:)に育ちました。
スマートでナイスな青年です。

「フラ」という名前のミュージックバー・・・熱海では断トツでオシャレな時空間の店です。もうスタートして20年、やり続けています〜偉いなぁ。
そこのマスター、同い年で玉川の同窓でもあるヒロアキがガールフレンドのゆみちゃんと一緒に遊びに来てくれました。彼は自分の大好きなスタイル=サーフ&ミュージックを楽しみながら生活観光しているヘルシー&ハッピーな一人です。
「フラ」熱海に行ったおりにはぜひ訪ねてみたらいかがですか?お薦めです!

気づいたらなんだかんだで1年半以上熱海には戻ってなく・・・彼らと会っていると熱海のいろいろな景色や人がリアルに浮かんできます。体は福岡だけど意識は熱海に里帰りしていたような嬉しい3日間でした:)

故郷は遠くにありて想うもの・・・石川啄木

0911171.jpg

東京の奥座敷:)東洋のナポリ:)100万$の夜景:)
熱海に皆さまぜひ、お越し下さい!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■いや〜よかった!:)ベストライブ2009

昨日の真砂さんのライブ、最高でした!!!

0911212.jpg

警固神社でのライブ体験は初めてで、真砂さんたちの音色とドンピシャ!また、会場を彩った生け花がこれまた美しく・・・いやはや、共演者の遠藤晶美さん・Kazさんも凄腕で・・・主催者の皆さま、ありがとうございました:)

当日奏でた新譜もよかったです。

●いのちのもり
0911211.jpg

真砂さんには挨拶できませんでしたが、素晴らしい美しい「道」を歩いている「和」を紡ぐアーティストの一人です。大変感動しました:)またいつかゆっくりお話を聞きたいものです。

本年は、まだ1ヶ月残っていますが、サンセットライブを除いたら、今回の真砂さんのライブとエベレスト(小島大介+小池龍平)のライブ、同じく小池龍平君+TICOさんのライブがベスト3ですかね・・・:)龍平くん、凄いな〜:)

皆と集って皆を一つにするライブももちろん大好き&最高ですが、純粋に「音色」に身をゆだね、深く自分の中に入っていくような「音波」や宙に向かって自由に飛び回る「音素」が本年は心に残りました。

PS真砂さんライブ情報
この後、本日熊本、明後日霧島であるそうです。
お近くの方はぜひに!!!

●11/21熊本
ピュアリィ http://www.nh-purely.com/
問合せ/PURELY 柿山 096-323-1551 purely@eco-wing21.com

●11/23霧島
ZAZEN
問合せ/藤田0995-78-8283 坐膳0995-67-0602

12月の真砂さんのライブ情報はこちら

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ハワイ島ヒロ AMMA-YAの現在

0911254.jpg

ハワイ島ヒロ・・・世界でも大好きな場所の一つ。

2008年9月〜現在=福岡・ナチュラルジャンク “マナバーガーズ”、2007年10月〜2008年2月=西麻布・期間限定ネオ精進料理 “東京安楽死”の前は5年ほど熱海とヒロを拠点に行ったり来たりの生活観光、さらにいろんな国や場所を旅していました。

大変な凸凹綱渡り期間でもありましたが、それが肥やしになっています。現在に至るルーツの一つで、がむしゃらに根っこを張っていました。
今思えば、リアルなマナを戴いていた時期です。

当時、「AMMA-YA=天家」と名付け住んでいた家が現在店頭に並んでいるCASA BRUTUS12月号に紹介されています。
0911252.jpg

ここは今、ハワイのみならず日本のディープなハワイ好きには大変リスペクトされているデザイナーのSig ZaneさんクムフラでアーティストのNalani Kanakaoleさん夫妻が住んでいます。

現在はこんな感じ。
0911251.jpg

流石、センスの良い方たちです。

いや〜思い出すなぁ〜:)オールドハワイアンスタイルの最高の家でした!
ヒロも超いい感じでした:)

0911253.jpg

PS
その家をSigさんに譲った資金で現在のタオラボ マナバーガーズがあります。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■NY Harlem BLACK is Beautiful

NY Harlem

さっき久しぶりにハーレムにすむクミと話した。
ハーレム・・・ニューヨーク・・・ここ数年行ってないけど好きな都会の一つです。

0912012.jpg

彼女はアキさんの姪っ子です。
NY行くたびに泊めてもらっていました。
とっても元気そうだった〜なにより、なにより:)

0912011.jpg

ハーレムには幾つかお気に入りのベジ・ソウル・フード屋さんがあって、そこに皆でゴハン食べに行った時に目の前に止まった車から降りてきたのはマイク・タイソン。
やば〜いオーラで怖い顔してたけどちょっと中田ヒデのような面影もあり・・・

0912013.jpg

俺の大学の卒論は「アメリカ黒人解放史」。
音楽を通して興味を持った彼らブラックアメリカンの歴史〜マーティン・ルーサー・キングやマルコムXやストークリー・カーマイケルとともにブラックパンサーのヒューイ・ニュートンやボビー・シール、カーリーヘヤーが世界一似合うアンジャラ・デイビスに10代の頃はシビレました。

0912015.jpg

0912014.jpg

今は偏った政治運動には興味ありませんが、こんな時代があったからこそ今がある。
というわけで・・・あらためて

0912016.jpg

& Of course Humans are beautiful!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■掃除+整理整頓:)

火曜日は基本的には休日です。
久方に一日、家にいました。
だらだらしながらも、やっと家の掃除と整理整頓をやり始め、午後はそれに費やしました。
いや〜気持ちもすっきり!

0912022.jpg

重い腰が上がりました〜しばらく掃除+整理整頓をやりたいものです・・・この勢いが止まりませんように:)

0912021.JPG

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お江戸1

朝9時過ぎのエアーで2ヶ月ぶりにお江戸に来ています。木津さんのワークショップに参加しがてら、いろんな方と現状すり合わせ&来年の打ち合わせを兼ねた上京です。

写真ないのですが、富士山、本日とっても綺麗で、久しぶりに眼下には故郷・熱海が見えました。
福岡来てから帰省していません・・・お袋+山田屋(実家)のみんな、アキさんファミリーや勇ちゃん+なおねえ、この前来福してくれたフラ=ヒロアキ始め熱海のオハナたちが元気で過ごせますようにと思わず祈っちゃいました。

さてお江戸・・・今回の宿は大井町。羽田から直で宿に荷物だけ預け、早速、秋葉原→千駄ヶ谷→原宿→渋谷→秋葉原→飯田橋→お茶の水と夜まで動きました。最後はたまたまお茶の水で今晩教会で説教していたアーサーさんを大橋君と訪ね、お茶しました。毎度、ユーモア溢れる深い話聞かせていただきました。

明日は宿に缶詰で朝から夜まで木津さん+中里さん北山さんがリードする男塾&ワークショップに参加しています。
帰福は火曜日夜です。

0912041.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お江戸2〜お知らせ

本日は午前中は女人禁制:)の「男塾」、午後からは「BLESSING」参加・・・どちらもリスペクトする木津さんのプロデュースするワークショップ。
お江戸でのワークをこのタイミングに合わせての上京。いろいろとあらためて気づき+反省あり、また、マナもいただきました。講師+スタッフ+参加していた皆さま+お誘いくれた池末さん、ありがとうございました。

さて、そんな木津さんの講演会が出身地宮崎で今月12日に行われます。
木津さんの魂のオハナ、海洋冒険家の中里さんとのジョイントです。
木津ファンの方はもちろん、何かを探している人や自分の殻を破りたい人、夢を持っている方はじめ、宮崎や九州の求道者:)サーファー+サムライ:)ウインドサーファの皆さまもこの機会にぜひ参加したらいかがでしょうか?
お薦めですよ〜:)

0912061.jpg0912062.jpg

詳細は「佐澤亜紀さん〜09081065425」にお問い合わせ下さい。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お江戸3

本日のお江戸は晴天、そんなに寒くなかったです。

日中はマナバーガーズのホップ・ステップ・ジャンプのステップになりうる可能性のある場所をチェックしてきました。いや〜どうなることやら・・・実現したら、楽しみです。
それ以外にも幾つか有り難いメール入ったりして、この波が続き、上手く乗れますように:)

昨年いいなぁと思っていたこれを手に入れちゃいました。
0912063.jpg
軽くて暖かい。

夕方に宿に戻ってきてデスクワーク。
個人的には水曜日におこなったインナーマッスルを鍛えるトレーニングが超効いちゃって・・・一見たいしたことなさそうな動きが実はハードで・・・翌日から昨日まで3日間筋肉痛で・・・やっと本日から痛みが取れてきました。

明日は一日びっしり打ち合わせです。
関係各位の皆さま、よろしくお願いします!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■お江戸4+5

いや〜昨日は忙しかった!

太田出版村上さん+IMM内山さん&高橋さん&佐分利さん+電通亀井さん、初めましてor1〜2回しか会ったことないのに個人的な思いから発する仕事の提案+アドバイスありがとうございます!
お互い良い結果を得られるよう引き続きよろしくお願いします。

また、同い年の国立中一素食店の李さん、こちらからのお願い検討していただきありがとうございます。好きなことだけど日本ではまだまだ出来上がっていないワークステージなのでお互い苦労+試練も多いけど引き続き共闘していきましょう!

あと、昨日お付き合いしてくれた未来のマナクルーのお二人(現在会社勤めていますので名前をあえて書きません)にももちろん感謝。

皆で一緒にUFO(イノベーションの比喩ですよ)乗りましょうね〜:)
0912081.JPG

これからもう一仕事〜今晩、帰福です。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■帰福:)

8日22時ごろ福岡到着。
マナちゃんがピクアップしてくれました〜その後、イタ飯ミーティング。

福岡・・・いや〜ますますなんだかホットします。
刺激はお江戸ありますが、生活+環境はこちらの方が断然いいや!
タウン&カントリーな都会=福岡。
あと、人と食と音がいいっす!

行ったり来たりのリズムがやっぱ自分には合う・・・それがいいなぁ:)

来年はお江戸視野に・・・そしてもちろん別のおかず=別の場所にもその次の種蒔きつつ・・・いくつか思うとこあり〜再びそんなリズムを刻めそうな気配です。

生活観光、楽しみだぁ〜:)

0912091.jpg
中州夜景

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■Health & Happy New Year

1001011.jpg

謹賀新年
本年もよろしくお願いします。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■生活観光年末年始

年末には3Dでこれを拝見。
映画なんだけど内容とか以前にまったく新しい何かを感じた。

TVも新聞も見ないので紅白に出る彼女のことなんにも知らなかった。
昨日ユーチューブで初めて見て、目頭熱くなった。

Suzanは母親が47歳の時に難産の末生まれた。10人兄弟の末っ子。出産時の低酸素症によって脳に障害を受けた。学校では学習障害のためいじめの対象となった。学校卒業後は半年のみ仕事に就いたがその後は無職で教会のボランティア、両親の世話をしていた。携帯電話もパソコンも持っておらずインターネット上での騒ぎを確認できていない。2000年に Cry Me a RiverをチャリティーCDに録音する前にFred O’Neilにボイスコーチを受けていた。歌は教会やパブのカラオケで歌っていた。ローカルののど自慢大会で何度か優勝をしたため母親に Britain's Got Talent への挑戦を勧められたが容姿を気にして躊躇していた。2007年の母の死が挑戦するモチベーションとなった。LAやNYへの移住を勧められているが実家を離れず家族と暮らし続けると明言。Britain's Got Talent の後過労と精神衰弱のため精神病院に5日間入院した。


年末年始じわっと「美と感動」いただきました。
2010年、マナ溢れる素晴らしい年になりますように〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■1月7日 門司

1001091.jpg

1001092.jpg

1001093.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ばり寒いから

1001145.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■安心院ハーブ宇佐八幡宮

先日所用で大分に行った。目的は「RIDE THE HERBAL WAVE」を作っている松重夫妻に会うことと温泉に行くことです。

今回のアレンジは「音波」のタイスケ君のセッティング。ありがと!
松重夫妻〜美味しいご飯、ごちそう様でした!

彼らのハーブティはこれ。

1001292.jpg

センスの良い袋+デザイン&さらに中身はおいしいあんしんまんぞくな香り豊かな自家製ハーブ。
先々タオリウムでも扱わせていただこうかな?メイドイン九州アイランド。

さて、彼らの住むエリアはあんしんいん=安心院と書いてあじむと読む。
宇佐市です。
宇佐市と行ったら八幡さまということでお参りにも行きました。

1001291.JPG

八幡神を祀る神社は八幡神社(八幡社・八幡宮・若宮神社)と呼ばれ、その数は1万社とも2万社とも言われ、稲荷神社に次いで全国2位である。一方、岡田荘司らによれば、祭神で全国の神社を分類すれば、八幡信仰に分類される神社は、全国1位(7817社)であるという。

八幡神社の総本社は大分県宇佐市の宇佐神宮(宇佐八幡宮)である。元々は宇佐地方一円にいた大神氏の氏神であったと考えられる。農耕神あるいは海の神とされるが、柳田國男は鍛冶の神ではないかと考察している。欽明天皇の時代(539年 - 571年)に大神比義という者によって祀られたと伝えられる。

宇佐八幡宮の社伝『八幡宇佐宮御託宣集』などでは、欽明天皇32年(571年)1月1日に「誉田天皇広幡八幡麿」(誉田天皇は応神天皇の国風諡号)と称して八幡神が表れたとしており、ここから八幡神は応神天皇であるということになっている。

この宇佐八幡宮のいわゆる元宮とされる、福岡県築上郡椎田町の矢幡八幡宮(豊前綾幡郷矢幡八幡宮)、現在の金富神社は、「原始八幡神顕現の霊地」であり他に類を見ないと言われている。

また今の福岡県の飯塚市大分(だいぶ、嘉穂郡旧筑穂町)にある大分宮(大分八幡宮)は宇佐神宮の本宮であり筥崎宮の元宮であると宇佐八幡宮の由緒書き「八幡宇佐宮御託宣集」に書かれてもいる。

…日本が日本になる以前、九州は歴史が古いなぁ〜面白いです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■戦友

洗脳という言葉は嫌いだが、つまらない価値観や思い込みにとらわれてしまっている脳は思いっきり洗濯したい!ついでに内臓も裏返しにして洗ってみたい:)

戦争には反対だけど、戦友は欲しい!
古い価値観と新しい価値観がしのぎを削っている現実、それはもうひとつの戦場。

ありがとう!戦友たち!!!
求む!あらたな戦士!!!

話は変わりますがSADEもうすぐ発売ですね〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■この2月から21世紀本格的スタート!のような:)

1002282.jpg

年末からここ最近までハマっていた生活観光=TRIPは・・・

・自動車会社のSUZUKIとインド
・0から1をつくるDREAMERたち
・母性と少年魂
・太陽エネルギーとプランツベースな生活
・森と海と鉄の関係
・動的平衡
・飢餓と飽食
・シルク・ドゥ・ソレイユとディズニー

などなど。
これらは自分の中ではすべて繋がっています。

1002281.png

そんな探求はジグゾーパズルのようで楽しい、でもどうなることやら・・・
未来はわかんないけど、なんだか来そうなような〜何が?

1002283.jpg

友よ!答えは風の中ではなく、きっと、あなたの中に:)
2010年、21世紀が本格的に始まりましたね!

道中祈願安全 天下泰平

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■江戸より:)

今、TOKYOです。

●TIME TRIP
場所は新宿区新宿一丁目付近
内藤家の屋敷があった 今の新宿御苑の所

1003101.jpg

絵の奥の森は内藤家の森 馬の反対側は宿屋が軒並にあったのが見える
高円寺 中野方面から野菜類をつんだ馬が江戸へ朝早くから新宿を通って運んでいったので
馬のいななきで夜があけると言われたくらい 馬糞の臭いがただうような道筋

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■生活観光〜津屋崎

昨日、仕事の合間に津屋崎にはじめて行った。
大好きな福津にあるLAND SHIPのテッちゃんの紹介で出会ったNPO地域交流センター津屋崎ブランチの航くんとなびちゃんを訪ねました。訪ねた先には聖子ちゃんという女性も。

いや〜なんともレトロな漁村でした。
彼らのナビで集落をトコトコ散策。

こんなカフェで一息。

1004284.jpg

1004283.jpg

1004282.jpg

昔を思い出させるような佇まい=バイブのせいか、俺の人生変わっちゃいました体験話を若人相手に大いに語ってしまいました。

〆は驚いたことに20年前に千葉の大久保で友人と企画運営していた「ナチュラルコスモポリタンフード タオ」を知っていた旅人井上君との遭遇…まさかこんなところで大久保商店街やプラザグレミオの話がリアルに出来るなんて!

縁は円ですね:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■トレイルランニング

福岡に来てから体力作りと気持ちがいいので体動かすこといろいろやっていました。
年齢も半世紀生きてきたから、やっぱ、こうなると健康!
食事は自分の場合、問題ありませんが、あたらしいビジネスにチャレンジしているのでストレスも多し。
そんなもん乗り切るには、やはり肉体力も大切!〜気力・精神力にも繋がるし:)

というわけど、ここのところハマっているのが山道を走るトレイルランニング。
有り難いことにマナのお客様でもあるパタゴニアの宮崎くんにリードしてもらっています。
福岡は山に囲まれており、すぐに楽しめる手頃なコースがいろいろあります。
グリーンでピースフルな景色の中、美味しい酸素いただいております:)

また、グッズに関しては同じく宮崎くんの先輩の田中さんにアドバイスいただき…驚いたのは昨日試したシューズ。
ブルックスというメーカーのものは不安定な山道にしっかりとかみます。
道具は食事と一緒でファッション性=美味しさも大事ですが、機能性=ヘルシーさも大切。
どっちかではなく、欲張りな俺はやっぱ、両方:)

また、水曜日早朝に行く予定。
考えただけで、気持ちがいい!
心地よさや楽しさ、なにごとも大切です〜いろいろあらためて気づかされています。

山も楽しみたいけど、福岡のもうひとつの魅力=海もこの夏は楽しみたいと思っています。
宮崎くん、田中さんはじめ九州メンズの皆様、引き続きよろしく遊んでください!

1005031.jpg
写真はイメージです。
上りは歩いたりしますが、尾根や下りは良いペースで走っています。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■全身持久力とメジャーリーガー

福岡戻ってきました。
金曜日から懸案事項のすり合せとともに新たな出会いも〜細かくは報告しませんが、有り難いことです。

さてそんな合間を見て先日お江戸で全身持久力測定行ってみました。

結果は…

50代にしてはベリーグッド!なんと、驚きの10代の普通の方と同じレベル!
え〜まじっすか?ってなわけで、我ながら驚きました。
運動意識的に行っておらず、最近トレイル始めたばっか〜あえて言ったら、食生活がたぶん一般の方よりベターではありますが…これを励みにコツコツ行っていきます。

丈夫な体をいただき、お母さん+お父さん、ご先祖さま、ありがとうございます:)

今回のお江戸のお供の読書TRIPはメジャーリーグで活躍するイチローと松井。

1005201.jpg

イチロー・インタヴューズ不動心信念を貫くイチローvs松井秀喜〜相容れぬ2人の生き様〜

1005202.jpg

子供の頃は草野球で遊んだけど、野球にはまるっきり興味ありません。
試合観に行ったこともなければ、TVでも完全観戦したこと一度もなし。
でも、彼らには興味があります。
流石、どの道だろうと探求者は深い〜尊敬します。

引き続きこの勢いでよく知らず、まだ手に取ったことが無い長谷川 滋利松坂大輔に関係する本も何冊か読んでみようと思っています:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■病院体験記 1

本日患者として8年ぶりに本格的に病院を訪ねた。

前回は42歳のとき、住み始めたハワイ島、ヒロにて。
その頃、新しい環境で気持ちの優れないトラブルがいろいろ。
キラウエアの宇宙を感じる景色の中、そんな状態でたった一人になりに行こうと思った自分が今思えば、超浅はか。
しかも、満月の夜にもかかわらず。

ヒロの町を出るあたりのひっそりとした住宅地。
緩やかだけど下り坂のT路を左折するはずが気づかず、また、一旦停止もせず、飛び出した瞬間に左からきた車と衝突!
こんな遅くに本来このエリアでは車はほとんど走っていないにもかかわらず、ドンピシャビンゴ!!!
相手の車はボンネットグシャグシャ。(あとで見ました)
こちらはそのまんまハンドルを右に取られ、民家の塀に正面衝突。

その時に乗っていたいた車はワーゲンのバン左ハンドル。
もう一瞬、ほんの一瞬、タイミング遅かったらもろドアーにあたり、自分は危なかった…また、民家の塀が緩いブロックでボンネットのない車にも関わらず、衝撃を押さえられたのもマジでTHANKS GOD。

一瞬、気を失いましたが意識はすぐカムバック、とともに自分のしでかしたことで、目の前真っ暗!人生、終わったと思った。
(おいおい、何度目?またその後も?学習能力低し)

車体が曲がり、ドアも内側から開かず。
ハツカネズミのごとく、車内を凄いスピードでぐるぐる廻ってなんとか出ようともがいてた自分を冷静なもう一人の自分が車外から見ていたかのように記憶しています。

ぼちぼちの集落ではありますが、誰一人出て来ず。
しばらくしたらたくさんのサイレンの音が。閉じ込められた車内から見えた景色はまるで映画のよう。
ピストルを引き抜いたポリスマンが沢山降りてきました。
車を囲まれ、外から開けてもらったのもつかの間、いきなり、ホールドアップ!
なんだかわかんない英語で怒鳴られ、取り囲まれ、身体検査。

向こうにしてみればヤク中やアルコール、はたまた、武器でも持っていやがるかもといったハワイの片田舎とはいえ、ここはアメリカ!
日本人の住む世界とは別世界ともいえる良い意味でも悪い意味でも自由の国。
ご近所さんが誰一人出て来ない理由を実地体験で学習した次第です。

ポリスマンも俺が凶悪な犯罪者にはどう逆立ちしてもなれるタマでないのがわかったようでピストルは全員ホルダーに戻しました。
こちらは拙い英語でまずは相手ドライバーの安否と塀を壊してしまった住民にあやまりたいと願いでた、が…

ポリスマン曰く

「なにも喋るな!」
「あやまってもだめ!」
「おまえが行っても相手が迷惑」
「すべて保険会社に任せろ」

とのこと。

本当にありがたいことに相手に結果、怪我は一切なし。
未だに彼らがどこのどなた様なのか知らない…ドライといえばドライ。
日本人のこちらにしてみれば菓子折りでも持って謝りたいところ。
加害者の自分にとっては楽といえば楽だが、なんともな最初で最後の経験。

事故相手はいつの間にかに帰っており(いつ、どうやって帰ったのか知らない!)、グシャグシャになった2台の車をレッカーで運ばれ、気づいたらポリスマンも全員引き上げとのこと。

え〜、こっちはそんな感じ?
携帯なんか持ってないし。
こちらは神経パンパンに張りつめていてアドレナリンもきっと出まくり興奮していたんだろうけど、流石に体を打っていて、時の流れとともに首や肩や腰の痛みを感じてきてあらためて「自分」に戻ってきた。
気づいたら、漆喰の夜に音も無く、ただ一人たった一人、自分が痛い体とともにたたづんでいました。

「痛ェ〜」

なんと、南国特有のドシャ雨まで降ってきやがって。
こんな大雨の中では泣くことも出来ない。
毎度のことながら、自分のおバカさで起こったことにひたすら耐えるだけ。

ただ唖然と。

結構距離はあるけど歩き始めるしか無いかとやっと思考にスイッチが入った頃。
そしたら一番高ピシャの若いポリスマンが一人どういうわけか戻ってきてくれた。
そして、救急車ではなく、タクシーを呼んでくれました。
ヒロの自宅のすぐ下にあるヒロホスピタルに連れてってもらい、検査。
翌日も。
大事なさそう…。

まぁ、とりあえずなにより。
それからさらに体や後悔の痛みを感じなくなるまで1週間ほど耐えていました。

れれ?長くなっちゃたね:)
本日の病院話は2でお伝えします。
いろいろ経験させてもらいました。
感じたこと多し。

PS
この時の事故はその7年前に訪ねていた印度のアガステアに書かれており、教えてもらってましたというオチもあったことを加えておきます。
当時35歳。
「42の時、交通事故。だけどイノチには別状なし」
ハワイ+インド、自分にとってはヤバいところです。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■病院体験記 2

病はメッセージ。
痛みもメッセージ。

先週頭から続いていた頭痛、半ばからはじまった発熱。
とうとう2日夜からにっちもさっちもで、ベッドへ…高野寛くんに残念ながら会えず。電話で話した彼も調子ベストではなかったようですがライブは滞りなく進み、良かったとのこと。
お疲れさまです:)

いや〜頭痛グゥワングゥワン、キリキリ、ズッキンズッキン、たまにバァ〜ッキ〜ン!
目の奥の痛く、なんだか眼圧あがっているかのような、目玉飛び出しちゃいそうな鈍痛。
動くとさらにその痛みが増したりして、動けず、がんじがらめ状態=自縛。
たま〜にこんなことはあり、理由はわからずとも、大事には至ったことは無かった。

頭痛というよりは熱なので、一晩寝ればと思ったのですが、一向に落ち着かず翌日+翌々日と寝込んでしまいました。
そんなこと、超久しぶり。

ワークの約束もいくつかあり、申し訳なくキャンセル。
痛みで電話で話すのもおっくう〜関係各位、申し訳ございませんでした。

そんな時に糸島在住のH氏から電話。
同世代の彼は超ナイスガイ。
事情話したら「50になるとなにがあってもおかしくないから病院行ったら?」と気遣っていただいた。

「病院?」〜食生活が変わり、御陰さまでここ20年来、歯医者以外はほとんどいったことなし。
前回の事故含め、怪我をしたとき以外は行く必要性を感じていませんでした。
それもカイロとか指圧とかそっち系。
個人的に今の医療保険制度に巣食う国や医療関係+製薬会社やそれに甘える国民の考え方に???を感じており、現在、俺の保険証は10割負担。

週末も状況変わらず、脳内そのものの問題とは思いたくもないが、こればっかは判らず、ある種の頑固=エゴ:)を手放し、検査行こうと決めました。
こういうのは脳神経科かと思い、ネットで検索。

すぐ目に入ったのは「犬神脳神経外科」の文字。
お〜なんともかっこいい!
10代をとおしてハマっていた平井和正のウルフガイ犬神明を思い出す。
満月の夜、狼男に変身するときはきっと凄いエネルギーが内側から起こり、それは肉体においては歓喜を超え、激痛をともなうようなイメージ。
変身の痛みと頭痛とは一切関係ないですが、なんだか「犬神」と「脳神経外科」の組み合わせにやられ、ここにしようと決心。
毎度のことながら自分なりに楽しめる物語を紡ぎ、その気に〜:)

1006091.jpg

日曜日は休診なので月曜日に行こうと思った次第です。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■病院体験記 3

暇な病院ってあるんだろうか?
病院が忙しいことはいいことなのだろうか?

平成17年度国民医療費なんと33兆円!
一人当たり年間なんと26万円!

1006101.jpg


犬神脳神経外科…月曜日。
マナバーガーズのそばにあったその医院はアットホームな感じ。
でも多くの方がすでに午前中から待っていました。

待合室に「中村哲先生講演会」のポスターが…。
中村先生はつぶやきにもアップしましたが尊敬する現代の赤ひげ。
お話聞いたこと無く、これも何かのタイミング、明日=火曜日に福岡で行われるその会にはぜひ参上しようと思いました。
素晴らしい個人に出会うことは俺にとってはなによりの御馳走。
明日のメインデッシュが決まった!

予診書にもろもろ記入しつつ待機。
30分ほどだろうか、呼ばれ、まずはCT検査。
さてさて本日のメインデッシュ!

機械に寝転がりさっそくスタート。
トータル数分か〜滞り無く終了。

その後、診察室へ。
目の前には犬神先生が。
初老でスリムな狼先生でした。

先ほど撮ったCTが貼られており、それを見ながら先生の診断スタート。

「頭は問題ないね〜大丈夫。
 そう、事故やってるの?
 首・肩?そうかぁ〜それだなきっと。
 あっ〜左の鼻孔眉間のところがつまっているなぁ〜白くなっている。
 目の奥が痛くなるのはこれも関係するな。
 そう?子供の頃、鼻炎
 だとすると慢性?
 無くすには抗性物質かな?
 あとは〜」

とこちらを見て、俺の肩をさわり

「末期。
 肩こりの末期だよ。
 首も張っちゃっていて、これはだいぶ前からカラダは訴えていたのに。
 お前はなんにも気づかず。
 会社でいったら安い給料で従業員こき使い、皆へばっているのに、
 まだ行ける、まだやろうと皆のことも考えず、
 がむしゃらは時には大事だけど限度がある。
 とうとう皆、ストライキ!」

そのたとえ、身にしみるなぁ〜座布団1枚:)
亜希さん+マナちゃん+リッキー、安い給与で御免なさい。
でも一番安い給与は俺なんだよ〜と弁解も:)

現実はカラダの投影。
カラダは現実の投影。

先生の診断は「緊張型頭痛」

先生曰く、
脳みそに関係した頭痛=脳腫瘍やくも膜下出血といった本当に大変な頭痛は御陰さまでほとんどないそう。
肩こりとか鼻炎とかが関係していることが多いとのこと。

頭の中〜脳みそのどこかが痛い感じなのだか、ほとんどの痛みは頭蓋骨の外側で起こっているらしい。
頭蓋骨の外を走る血管や筋肉の異常から来る痛みだそうだ〜当事者はそうとは思えないのだが。

さて、その後の治療が大笑い!
なんでって、痛いの、なんの!
痛過ぎで笑いが出ちゃう〜たまんなかった。

まずは両手を前に出し、両手の指を絡めて目の前から上に向かって伸ばす。
頭と伸ばした手が平行状態になっているところからさらに伸ばした手を後ろへ、倒せと。

と、先生いきなり。
俺の頭を後頭部から抑え、それを前に倒させ、さらに伸ばした手を後ろにおもいっきり押し倒す。

ギッェ〜それをなんどもピストン運動のごとく力を込め、やられてしまい…
もう悲鳴を超えてその作業が終わった暁には大笑いせずにいられないぐらい痛かった。
頭痛の痛さとは全然違うけど、超痛かった。

先生の治療は骨接ぎのよう。
先生は神経外科医ではないのでしょうか?
骨接ぎこのやり方ではヤバそうですけど〜?

その後もいくつかの動きをさせられ、その度に上記と同じように無理矢理力を込めて治療していただきました。
ドS:)
やりかたはちょい乱暴だとこの体験で実感しましたが、目指すことはよくわかりました。
また伝えたいことには共感を憶え、いい先生だなぁと思いました。
皆様誤解無いように、ね:)

ようは日々のカラダや心のリラックスが根本的に直ることに結びつく。
だから病院に通うことより、日常の意味のある体操を習得した方がいいという予防医学を教えてくれたのであった。

先生曰く
「この治療で慢性の頭痛が治り、多くの人が涙した…」

俺、答えて曰く
「先生、それはこのやり方が痛かったからだと思いますよ。
 まぁ、結果、楽になって涙も出たかも知んないけど…」

治療の合間、
「先生を選んだ理由は名前。“犬神脳神経外科”という名前」
と言ったら先生はムスっと
「私は“犬神”ではない、“大神”だぁ〜」

レレ、“いぬがみ”かとおもったら“おおがみ”
それは…失礼しました。
でも“いぬがみ”〜“いぬがみあきら”〜“おおかみおとこ”〜“おおがみ”。
何となく、連携。
まぁ〜どうでもいいや:)

その後、なんだか透き通った合成ストロベリージュースのような液体を両肩から首にかけ何カ所も注射〜チクチク、痛いのぅ。
仕上げは首筋に電気的なパルスと光が発光される器具をつけ治療は終了。

この際、何でも体験してやろうと、鼻孔の詰まりのことも言われたのでどうしたらいいかと尋ねました。
必要なら耳鼻咽喉科も行ったると思い、先生に伝えたところ、近くの医院に紹介状を書いてくれました。
早速、その足で向かった次第です。

●10割負担の今回の病院代金。
初診 2700円
診療情報提供料 2500円
処方せん料 680円
注射メチコバール 0.5mg  300円
麻酔キシロカイン注ポリアンプ 10ml 1810円
消炎鎮痛等処置 350円
検査神経学的検査 3000円
神経筋検査判断料 1400円
CT撮影電子画像管理加算 7200円
コンピューター断層診断 4500円

計2万4440円也
(3割負担なら7300円ほど)

PS
薬も処方されました。
これは追って。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■病院体験記 4

病気になってからの福利厚生より、病気にならないための福利厚生のほうが理にかなっていませんか?
結果ではなく原因へのアプローチ。

健康になるのが目的ではなく、健康は必要条件です。
それがなければ自分の夢や好きなことにおもいっきりチャレンジすることが出来ません。

●世界保健機関の健康の定義
『健康とは霊的・精神的・身体的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない』

健康、意識していますか?
まずは健康:)なにはなくとも健康:)
1006291.gif

さて、今月2日にぶっ倒れ。
数日じっ〜と耐え、7日に大神脳神経外科へ。
以前アップしましたが先生の紹介で近くにある吉田耳鼻咽喉科を訪ねました。
病院2件梯子DAYでした〜俺にとっては記念すべき日:)

吉田耳鼻咽喉科も大変混んでいました。
多くの方が待合室で待っていました。問題抱えている方、多いんだなぁ〜。

数十分後に名前を呼ばれ、まずはレントゲン撮りました。
診察室でも沢山の方が…
こりゃ、大変だ〜先生も看護婦さんも休む間もなく、また同時に何人も診察して、話を聞いて、診察して、説明して、指示して…
患者さんも何十分も待って、一人当たり数分づつ、細切れ状態での診察治療〜これもいかがなものかとも思いました。
ベルトコンベアーで自分が機械になって検査されているみたいな感じ。

その後、内視鏡で鼻を検査、さらにせっかくの機会なので耳も検査してもらいました。
普段見ることの無い世界をこの眼で見るのは新鮮です。
でも、先生とはいえ第3者の方と見るのは恥ずかしくもあります。
自分の鼻の毛とか耳の毛とかのアップはなんとも〜おぞましかった:)

特には異常はなかったのですが鼻の洗浄と眉間の左側の詰まりをとるためにここでは沢山の種類の薬の処方をいただきました。

レントゲンのあとはすべてで賞味10分ほどでしょうか。

●10割負担の今回の病院代金
初診料 2700円
ファイバースコピー=内視鏡 6000円
レントゲン 2230円
処方箋料 680円
耳処理 250円
鼻処理 120円
ネブライザー120円

計1万2100円也
(3割負担なら4000円ほど)

●総合計3万6540円也(2万4440円+1万2100円)

さて、次回は最後です。
いただいた薬を公開します。

PS
話はここから飛びます。
企業は利益を出すことが目的という方が多いですが、これも目的ではなく必要条件じゃないでしょうか?
利益が出ればなにをやってもよいといった20世紀型の行き過ぎた人類の経済の営みが母体であるこの地球を…社会を…個人を…結果、痛めつけてしまいました。

経済とは世の中を治め、人民を救うことを意味する経世済民(若しくは経国済民)を略したものといわれてます。

先日アップしたたった12歳の少女、セヴァン・スズキちゃんのこのスピーチを聴いて恥ずかしいと思う大人が、ごもっともと反省する大人が、そう思って正直なビジネスや行動を起こす大人がどのくらい居るのでしょうか?

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■病院体験記 5

薬はドラック。
1007012.jpg


植物はハーブ。
1007011.jpg


もうひとつのドラック〜覚せい剤やコカインといった非合法のドラックは実はハーブから作られるものが多い。ただし、ハーブのある部分だけを化学的に精製したものが非合法ドラックとなります。
合法なドラックも非合法なドラックも化学的に工業的に精製過程を経ているという意味ではまさに兄弟関係。
その行程は食品にも応用されている…

ハーブに比べ合法的なドラック=薬は、効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。そのあたりも実は非合法ドラックと似ている。

ここ20年ほど薬は飲んだことありませんでした。
無知だった若い頃はいざ知らず、30代になってからの自分は薬というものを過度に信頼していないのです。
(今から10数年前のハワイのエージレスを目指すドクターとの信頼関係で行った人体実験でのホルモン注射の3ヶ月間は除く〜いやぁ、これは体験としては凄かった!)
ただし今回はあえて自ら実験しようと思いました。

今回購入指示されたドラック=薬は

●大神脳神経外科
デパス錠0.5mg
1日1回 就寝前(5日分)
内服調剤技術料250円
薬剤料50円

調剤基本点数調剤技術料400円
薬剤服用歴管理指導料300円

合計1000円

●田中耳鼻咽喉科
クラビット錠250mg 2錠
1日1回 朝食後(5日分)
内服調剤技術料250円
薬剤料2850円

ムコダイン錠500mg 1錠〜3回
1日1回 毎食後(7日分)
内服調剤技術料350円
薬剤料350円

タリオン錠10mg 1錠〜2回
1日2回 朝夕食後(7日分)
内服調剤技術料350円
薬剤料840円

リンデロン錠0.5mg 1錠〜2回
1日1回 朝夕食後(5日分)
薬剤料150円

コールタイジン点鼻液15ml
外用調剤技術料100円
薬剤料110円

調剤基本点数調剤技術料400円
薬剤服用歴管理指導料300円

合計6050円

薬総合計7050円(1日分 約1400円)

●総合計4万3590円也(2万4440円+1万2100円+7050円)

まじめに飲んでみました。
でも効果もあっただろうけど副作用もありました。

個人的にはその1400円で美味しいヘルシーなごはんを1日1食でも食べた方が実はベネフィットやバリュー高く、なおかつ、その継続はきっと薬を飲む必要の無い健康を約束してくれると思います。

医療や薬に福利厚生の税金が使われるなら、ヘルシーフードに使った方が個人の健康のみならず、結果、安全な社会&地球環境の保全にも繋がると思います。
そういう視点で選挙を行う政党や個人がいたら一票入れちゃいます:)

PS
さて、話は変わり。
マナバーガーは工業製品的に大量生産で作ったものではありません。
植物性を利用したマナ=生命力バーガーです。

一生懸命美味しくてヘルシーでお肉に負けない満足するベジバーガーを作るために良い材料を吟味し手に入れ、その材料ひとつひとつは多くの方がやはり多くの時間と労力を使い作ったもの。コストを抑えるために誤魔化したり、安全を二の次にしたりしてしまう工業製品・大量生産とはまるっきりステージが違うものです。

それらを丁寧に手作りでコツコツ加工して、時間でいったら営業時間中ず〜っとなんらかの作業をやり続け、ごはんタイム含め働いている仲間は休憩時間はあらたまって1時間ずつもとれず…

真心込めたバーガー〜イノチと健康をささえている愛情マナ溢れる食事を提供しているつもりですが、その数百円のイノチが高いと思われたりして…ドラックの値段は高いと思わず、イノチの値段は安ければ安いほど得した気分になる現代はまさしくカリユガか???

愚痴っぽくなってしまいますが、なんか変だなぁ〜
「悔い改め」って、「食いあらため」…ではないかと思う今日この頃。

病気に何万円も支払い、ジムや美容に何万円も支払い、洋服やバックに何万円も支払い、セミナーに何万円も払い…それがいけないと言ってるのではないのです:)

毎回とはもちろん言いませんが、己のボディーを作り、精神を支えている食事=イノチには1000円すら使うこともしない。

結果、こんなに世の中豊かになったのに病気は、病人は増え続けている。
病院は大忙しで、ヘルシーフードショップはどこも経営が大変。

結果と原因。
21世紀は原因を解決するビジネスや人が豊かになることを願っています:)

こんな現実に押しつぶされること無く、「100%生活者」の視点で「未来の常識作り」を「永遠に続く今」からリアルにやり続けていきます。

それは、尊敬する愛すべき「懲りない君」ともいえる中里さん三浦さんの冒険や裏表のないセヴァン・スズキちゃんのスピーチに共鳴マナ感じることの出来る自分たちなりの具体的な行動でもあります。
また、熱くなってしまいました〜スミマセン…

TAO Lab MANABURGERSの目指す行動は“LOVE&SERVE”

毎日が生活観光!
日常で光を観続けたいものです:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■猛暑お見舞い申し上げます:)

珍しくしばらくアップしませんでした。
その間、宮崎行ったり、鳥取行ったり、結果、半分ぐらいは福岡離れていました。

宮崎には今後のワークの思索を兼ね、高校時代のナイスな後輩、ぶーちゃんとちゅうじ君を訪ねました。
特にちゅうじ君にはお世話になりました。彼とは30数年前に明倫塾という玉川学園の寮で1年間一緒に暮らした仲です。それ以降、会っていませんでした。
が、数ヶ月前に偶然マナバーガーズで再会。

彼は高校2年からアメリカに渡り、その後、サーフィンと出会い、20代はカリフォルニアやハワイやオーストリア等でジョエル チュダーたちとサーフィン三昧。20年前に宮崎に流れ、今に至ります。
今では俺の新しいお遊びの一つ、マットサーフィンの師匠でもあります。
マットサーフィンとはこんなもの。

まだ日本ではほとんど知られていませんが、ちゅうじ君のもと、甘いも辛いも経験したオッサン数名が小学生に戻ったように大はしゃぎで楽しませていただきました。
その姿は新種の両生類が発生したような:)なんとも異様な光景ではありました 爆笑。
毎日、どこかの海でマット三昧〜下記のタカシくん+ライタくんとも宮崎最終日は美しい恋ケ浦で楽しませていただきました。

このお遊びがいいのは「持ち運びが超〜楽」で「競争」が無いことです。皆で一緒に同じ波に乗れます。比較的「安全」だしね。子供からソウルサーファーまで楽しめる古くて新しい進化した平和な波乗りです:)

宮崎では海三昧とともに音三昧、人三昧、温泉三昧してました。
音は初対面でしたがダブセンスマニアのラスタカシくんとバグダッド・カフェ・ザ・トレンチ・タウンのライタくんのライブ。
別の日にはHouちゃん西藤ヒロノブさんのライブへ。
どちらも宮崎のディープな場所でディープな人たちと星空の下で〜:)

タカシくんはベジタリアンでもあり、クッキングアーティストでもあります。
最近、日本でも多くのミュージシャンやアスリートなど、意識や肉体を研ぎすませる必要のある生き方をしている方たちが「くいあらため:)」ベジタリアンや植物性主体のライフスタイルにシフトしています。

先日来マナしてくれた小錦さんも、同じく先日マンマミーヤでライブをたのしませてくれたサヨコオトナラのサヨコさん。また仲良くしてもらっている青柳君一家ナチュラルカラミティの森君やZAK…流石よく判ってらっしゃる〜いろんな意味で快適で気持ちいいですから!

21世紀は真のヘルシー&ハッピーを実現する時代。
個人が心身ともにヘルシーになれば、結果、社会が平和になり、持続的な地球環境が実現出来ます。

その具体的な手段の一つが、食は植物性主体、エネルギーはソーラーはじめ自然エネルギーを利用すること。どちらも「お日様」のエネルギーをなるたけダイレクトに取り入れることによりヘルシーとエコの実現が可能になる。

100822.jpg

宮崎ではここ数ヶ月で29万もの気の遠くなるようなイノチが奪われました〜牛さんや豚さんです。でも彼らが悪いのではなく、ウィルスが悪いのではなく、彼らが健康なら、育てられている環境が健全ならウィルスにかかる可能性は減ります。

当事者や関係各位の皆様におきましてはまことに大変なことですし、なんとかこの災難を乗り切っていただきたいと切に願っております。
宮崎は上記のようなお日様ダイレクトの食やエネルギーのスタイルを積極的に取り入入れられる環境があると思います。そちらも意識し、具体的に動いたらいいんじゃないかと思いますが…それは九州全体にもいえます。

「災い転じて福となる」〜真摯にその事実を受け止め、根本原因を解決する唯一積極的に出来ることは一人一人のライフスタイルやビジネススタイルを見直すことではないでしょうか?

超暑い日が続いていますが皆様もお元気で!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■京都生活観光

23日、広告制作+釣りの世界では名を馳せている玉川の同級生コウジ、そのあと、ハワイ ヒロ ホノカアでお世話になったニック加藤さんとたて続けて久しぶりに福岡で再会した夜、夜行バスに飛び乗り24日早朝、京都着。

1008304.jpg

京都、子供の頃から大好きな場所。
今回出会ったおすすめのところをお伝えしますね!

まずはオンリーワンのセンスの良い京都発の洋服屋さんたち。

お気に入りのブランドの一つ、素晴らしいメイドインジャパン、KATOの直営店。
ジーンズもそうだがもろもろセンス最高!!!
●MUSEUM OF YOUR HISTORY
●titicaca & '61
ここでは夜に会う予定にしていた音楽集団naboaの山本君と偶然遭遇!
いや〜縁は円なり:)

さらにドイツの気になるブランドACRONYMやAWOMBオリジナル、実物をチェックしたかったのでここへ。
やっぱ、思ったとおり「クールで機能的」、バランスいいです。
食べ物でいったら「美味しくてヘルシー」ってことですかね〜:)
●AWOMB
土曜日にスーツ着なくてはならなかったので多機能のオリジナルジャケット、手に入れました。宇治田さん、気に入ってますよ!
ここはゴハンも食べれます。

あと京都発のブランドではないですが、美しいブランドの京都のお店も覗きました。
超モダン+超繁華街にあってびっくり!
●VISVIM

1008305.jpg

「衣」ときたら「食」。

歩いて見つけふらっと入ったのはこの店。
ベジタコライスいただきました〜オリジナルのソイマヨもパンチあり、ごちそうさまです!
入ってから気づきましたが京都の古い友人、福島くんから一緒にいかへん?と誘われていたところでした。
●ping pang cafe


*最近エクササイズと組み合わせたナチュラル+ベジカフェ増えてきました。
真のヘルシーの実現は「運動と食とメンタルの三拍子のバランス」です。その組み合わせ福岡にないので在福か来福考えているヨガやアウトドアやヒーリング系の方、一緒に何かしませんか?

上記行っちゃたので福島君と待ち合わせ、訪ねたのはここ!
京都ならではの佇まいにまずやられちゃいます。
いただいた湯葉丼セットもやばかった〜ごちそうさまでした:)
●hale
俺、21世紀始まったとき、実は1年ほど湯葉作り修行していたんですよ。
毎度、福島君、ディープな情報ありがとう!!!

鎌倉向かう夜行バス乗る前のゴハンはここ。
いただいたのはベジマーボー定食、ミニラーメン付き、もちろん動物性なし。
お客さんも多く(でもやっぱ、ほとんど女性)、なんだかNYのような雰囲気〜フツーになってる。
流石、昔からベジ+マクロ系多い京都(お精進のメッカでもあります)、進んでまんなぁ:)
●mumokuteki

1008306.jpg

「衣食」ときたら「音」。
俺は超音ジャンキー〜都会だろうと地方だろうと尖った音のセレクトショップはたまりません…つい長くなっちゃいます。

DJ Moochyくんから最近聞いていたこの店〜最高のセレクトとのこと。
その時に「あれ???どっかで聞いたことあるなぁ」と思ったらTAO LAB BOOKS「神の詩」発刊当時に店で扱いたいと連絡をくれたショップでした。
●meditations
中に入ったら何とも綺麗な空間、飾ってある写真がこれまたホーリーで、やられちゃいました。
潮田さん、ナマステ&マハロ!

そしてnaboaのマネージメントをしている番下くんがやっているカフェ&レコードショップ!
ここで番下くん&naboa+長谷川君という初めましてのシンガーと宴を〜:)
●ジャポニカ
バイオリンをフライパンに変えて草食メニューを特別に作ってくれた山本君おおきにでした。

1008303.jpg

今回の生活観光ワークはもろもろ未来の種まき&調査を兼ねたもの。
京都では玉川で一緒だった西陣の元喜くんに今回もお世話になりました〜快適な寝床ありがと!元喜、京都人じゃない俺がセレクトしたもう一つの京都、多分どこも行ったことないと思いますが、チェックしてみてくださいね〜:)

京都拠点が出来ますように!
そして〜翌25日夜行バスでいざ鎌倉へ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■鎌倉生活観光

今はもう福岡戻っていますが、先週の京都からの続きです。

夜行バスで京都から横浜、そして電車で鎌倉へ。
近いんですよね、横浜から鎌倉って。
時間が経ってしまいしましたが鎌倉での生活観光を!

1009044.jpg

鎌倉。
京都とは違うけど、でも同じようなバイブスがある湘南の小京都。

京都と決定的に違うのは“海”があること。

1009042.jpg

早めに鎌倉着いたので友人のジュエリーアーティスト正人宅に行く前に材木座の海の家で朝からビール:)…すみません、写真は朝ではなく、黄昏時。

彼もやはり高校からの友人。
学年は一つ下だが、干支は同じ、子年。
お互い今年は50歳だなんて信じられない!

海からすぐ入った彼の住まいを訪ねるのは超久方。
シャワーを浴びさせてもらい、早速、お互いの近況報告。

その後、今回の目的の一つ、パン屋のジュンペイ君を正人から借りた自転車で訪ねる。
彼の店は“パラダイスアレー”といい、いろんな人から愛されている。
彼には毎度いろんなことを教わる、ヌボ〜ッとした風貌、優しい人柄。
今回教わったのはこれ、宇宙的な立体暦。
今月参加するセミナー=敬愛する梶川さんの専門にも繋がるようなスペーシーなフィーリング、大好きな世界!

ここでは今回会う予定だったパタゴニア本社の方たちと偶然にも遭遇。
縁は円なり、でした:)

ちなみに来週末、福岡のパタゴニアと一緒にこんなことをやることになっています。
お近くの方はどうぞ〜

そのあと、やはり目的の一つ、鎌倉小町通りや周辺を探索。
いや〜ちょこと中に入るとなんともいい町並みですね、やっぱ!

1009043.jpg

さらに先日福岡のマナバーガーズに来ていただいた葉山吉田さん+逗子叶さんと待ち合わせているビーチフロント麻心へ。
ここは前に何度か和みに、ライブに来たことがあります。
もろもろ未来に向けてのフリートーク、ありがとうございました!
一緒に何か出来るの楽しみにしています:)

夜あらためて井上夫妻と交歓食事会。
その後、熱海出身のやはり玉川の同級生のジョージがやっている小町通のナイスなBarシャルマンへ、初見参。
ジョージ相変わらずで嬉しくなっちゃいました。

翌日、お江戸上がる前にジョージに教えてもらった嬉しいランチ処へ行くも休日…そこは鎌倉野菜をふんだんに利用した精進バイキングスタイルのバール!、その名も鎌倉バール。
楽しみにしてたんだけど…なぁ。

でも天は見捨てず、たまたま店主の西さんが現れ、特別に自分のためだけにランチをアレンジしてくれました。最近なんだかプハァ〜っと昼間からビール飲んじゃってますが、この時もビールとともにもろもろシンプルだけど凝った様々の野菜料理と手作りのパンで大満足のランチにありつけました。
ありがとうございました〜ごちそうさまでした!

PS
正人、十字架ネックレスありがとう〜いつもつけてます!ティモテより:)

1009041.jpg

ランチ後、いざ、お江戸へ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■近況〜2周年+よき言の葉〜ミートフリー月間:)

土曜日のパタゴニアとのイベント、お疲れさまでした。
当日に向け用意した流れを、急遽、変更。
土曜午後から資料を作り直し、なんとか夜には間に合いました。
時間配分が甘く、本題が短くなってしまったことは反省とともにお詫びいたします。
でも、久しぶりに伝える体験をさせていただき、関係各位+お客様には感謝です〜あらためて、ありがとうございました!

1009151.jpg

月曜日はサンセットを手伝ってくれた若人たちとお疲れ打ち上げを!

1009152.jpg

イベント期間中は日替わりでけいこちゃん+じゅんくん、よしあきくん+しょうたくん、たけちゃん。
3連ちゃんのまなちゃん、ゆみちゃん、宮崎君。
ゆみちゃんは横浜なのですんません!ですが、他の全員とそれぞれの彼女+あきさん&りっきーとつかの間の交歓。
和気あいあいと楽しい時をすごしました、あらためてありがとうございました!

1009154.jpg

本日マナバーガーズはオープン以来2年が経ち、明日から3年目に入ります。
皆様、ありがとうございます。

さて3年目を迎えるにあたり、最近、あらためて学び+感じ+響かせていただいている岡野さんのブログからこれを転載。
岡野さんは俺が20代の頃、トランスパーソナル心理学を吉福さんたちと必読とも言える書籍を体系的に翻訳紹介してきた編集者でもありました。
ここのところ意識して学ばせていただいています


“人間は、私たちが「宇宙」と呼ぶ完全体の一部、すなわち時間と空間を限定された一部である。
人間は自分自身を、そして自分の思考や感情を、他と切り離されたものとして体験する。
それは意識のうえで、いわば視覚的錯覚が起こっているからである。
私たちはこの錯覚という監獄に閉じ込められているせいで、個人的な判断しかできなくなり、周りの少数の人間しか愛せなくなっている。
この監獄を抜け出し、思いやりの輪を広げ、あらゆる生物と美しいままの自然を包み込んでいくこと、それが私たちに課せられた仕事である。”

*アルバート・アインシュタイン

1009153.jpg

前に紹介したけど岡野さんの著作聖徳太子のこれよかったよ!和の基本はここからかな?

さてさて2周年と来月からの食育月間のイベントの一つとしてこれを本日から始めます。
『毎日がミートフリーデー 9/15〜10/31』

1009155.jpg

そして、
キツイ航海にも関わらずLOVE+SERVE:)をニコニコ実践しているマナクルーに大感謝〜びっく まはろ!
あなたたちの人生に幸あれ!
一緒に幸せになりましょう〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary Category : INFO Category : KOTOnoHA | by tra
■山口DAYS〜テンセグリティ

土曜日早朝から向かった先は山口 秋吉台国際芸術村

1009221.jpg

目的はこれ、

1009222.jpg

尊敬する兄貴分の1人、梶川さんのワークショップです。
梶川さんはこれまた尊敬するバッキーの日本人で唯一といってもよい共同研究者。
プライベートではなんどもお目にかかっていますが、ワークショップ受けるのは初めて!

1009213.jpg

フラーや梶川さんのことを語ると長くなっちゃいますが、北山さんが編集していた宝島とともに10代前半の自分に多大な影響を与え、今思えば現在の仕事をしているきっかけになった思想というかルーツや目指すべき方向を俺に与えてくれた先人たちです。

ワークショップには全国から15名が参加、年齢+バックボーンは様々、でもひとりひとりユニークな方達でした。
内容はあえてアップしません。
感じていたこと+やっていることをさらに確信し、また、常識だと思い込まされてきた刷り込みをいくつも本当の意味で洗って:)(=洗脳)いただけました。

こんなご時世。
来春に九州のどこかで同じような企画でワークショップやる予定です〜現在、梶川さんと話を詰めています。
百聞は一見にしかず、時代をよき方向に持っていくには一人一人の濁っていない思考と具体的なアクションしかありません〜詳細は追ってお知らせしますね。

秋吉台、思ったより近かったなぁ〜関係各位+参加者の皆様、ありがとうございました!
テンセグリティの思考方法や直感力を具体的に自分たちなりに食に落とし込んだひとつがマナバーガーズのつもりです。
未来への希望とともにやり続けるマナ=エナジーをさらに強くしました。
また会いましょう〜:)

100922.jpg

宇宙エコロジー—バックミンスター・フラーの直観と美

梶川さんの深〜いブログはこちら

PS
でも自らの意志で学ぶこと、実践することは面白いなぁ〜これも生活観光です。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■山口DAYS〜萩焼 大屋窯

2泊3日のワークショップを終え、この機会にもう一つの目的、萩へ。
幕末の変化のエナジーの渦を巻き起こした一つの場所。
どんなところか体感したいと思っていました。

1009223.jpg

いきなりなんだか〜っぽいお迎えのアーチ。

なにも知らずに行くつもりが、今回のワークで出会った1人、陶芸家の濱中月村宅に誘われまずは訪問。
失礼ながら焼き物の世界に疎い自分は月村さんの存在を知らなかったのですが、素晴らしい作品を創る日本を代表する陶芸家のお一人でした。

1009232.jpg

1009233.jpg〜「大」を「星」にしたこのマーク、センスばっちり!
大屋窯

1009224.jpg

1009225.jpg

10092213.jpg

何とも素晴らしい佇まい。
樹々が生い茂り、一つ一つ積み上げた遠大な石垣。
清らかな水の流れ、揺らぐ水草。
大きな和=大和を感じました。
軽く訪問のつもりが、夕食+宿泊もさせていただきまことに恐縮でした。

ご子息の史朗さんも陶芸家。

1009231.jpg

同じアーティストとして偉大な父がいるのは大変な一面もあるのではないかと思いますが、寡黙ながらそんなプレッシャーなど何処吹く風。
どこかロックを感じさせるシャープで綺麗なオリジナリティを持つ流石な方でした。
いつか彼の髑髏陶器を手に入れたいなぁ。

翌21日、午前中においとまして萩の町へ。
月村さん+ご家族+大屋窯の皆様、お世話になりました!
ありがとうございます〜再見:)

PS
夜、アメリカのスポーツ・エンターテイメントともいえるWWFを月村さん解説により鑑賞。その構成美と迫力ある演出&おのおのの際立ったキャラ、メガ=超楽しめました。
それにしても月村さん、むちゃくちゃ詳しい!〜大好きなんですね:)


月村さん、面白凛とした芸術家でした:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■山口DAYS〜萩 幕末TRIP

萩、お初。

まずはデスクワークをしにカフェ「コトコト」へ。
月村さんに教えていただいた人力車の俥宿 天十平の姉妹店。車を駐車させていただく〜ありがたや。
週末から電波の届かない携帯も使えないところにいたのでもろもろ用事+チェックを。
古い民家を改造した、時を超えたような空間。中庭を望みながらひと仕事:)

その後、早速、散策。
まずは維新の主人公たちとその背景となった萩の町をじゃらんじゃらん。

藩校でもあった明倫館〜現在は明倫小学校。
10092212.jpg

すばらしい雰囲気。
この学校では1年生から6年生まで毎学期ごとに変わる松蔭さんのことばを毎日朗唱するとのこと〜よい意味での言霊の刷り込み、さらにすばらしい!

そして、
1009236.jpg

桂小五郎出生宅=木戸孝允
1009226.jpg

1009234.jpg

高杉晋作出生宅
1009227.jpg

桂さん&晋作さん宅はご近所さん。
お城からすぐそばのまさしく城下町。
武士が多くすむエリア。

1009235.jpg

伊藤俊輔=伊藤博文出生宅
1009228.jpg
俊輔さんは上記の二人と違い、百姓の出。
にもかかわらず長州ファイブとして鎖国時代に密かにイギリスに留学したり、最終的には日本の初代総理大臣にまでなっている。
いと面白き歴史の真実、時代の変化の象徴の1人。
3人の中では一番長生きしたが韓国で暗殺されてしまった。

さて、今回の萩散策で一番感じてみたかったのは吉田寅次郎のバイブレーション。
上記3人を始め歴史を動かした多くの長州人に影響を与えた吉田松陰という名で知られている私塾 松下村塾の先生。

寅次郎といったらフーテンという感じの今の日本だが、先生もトラさんだったとはなんだか嬉しい:)

早速ここへ、
1009229.jpg

松蔭神社。
お参りさせていただきました。

同じ敷地内に移築された現存する松下村塾。
10092210.jpg

8畳間、後に10畳ほどを増築した、今風に行ったら2Kの家屋。
小さい、思った以上に小さい佇まい。
学び合うということや志というものの発酵は物理的なサイズは一切関係ないことを実感。

神社内には他にも寅次郎ゆかりの家屋がいくつか移築されている。
境内をでるとすぐそばには松下村塾発祥の地でもある寅次郎の叔父・玉木文之進旧宅があります。
この旧宅の前から坂道が続いており、ちょっと歩くと、吉田松陰生誕地がある団子岩に到着。

家は残っていないがその間取り図がこの敷地に引かれていました。
両親を含め8人家族での生活、とても小さな家屋。
10092211.jpg

秋とはいえ、まだまだ暑い日本晴れのこの日。
ここからは萩の市街、指月山、さらに日本海の大海原が一望できます。
寅次郎が19歳まで毎日この風景を眺めていたと思うだけで…感無量。
1009237.jpg

母校玉川学園の恩師、小原國芳先生は薩摩の出だが、教育者の大先輩としてペスタロッチとともに松蔭が大好きだった。
高校3年間団体生活をした塾の名は明倫塾(「寮」ではなく「塾」という存在)。
校内には小田急線が走っており、その線路の上には松蔭橋が…また、松蔭先生の銅像があり、よくある話だがその首が夜、校内を飛んでいるとか…今だったらぜひお目にかかり、話を聞きたかった〜:)
さらに松下村塾のレプリカもあったと記憶している。

萩 長州。
当時の自分にとっては意識したことがない場所だったが、半世紀生きて振り返ると自分の10代の青春と深く繋がっていたことを実感しました。

また遊びに来よう。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■おまけの山口DAYS

萩 長州、維新を実現させましたが、そこにいたる道はもうボコボコといってもいいでしょう。
海外からも幕府からも藩内からもとことんやられました。
大負け続き、普通だったらそこで終わります。

でも懲りないクンの長州人〜特に高杉晋作は1対2000(長州保守派)その後ろには幕府側15万もいるにもかかわらず逆転ホームラン目指し決起。
結果、伊藤俊輔はじめ80人ほどの仲間が集まり、維新に向けて新たな一歩が踏み出されました。

このストーリーはカストロのキューバ革命にも似ていますね、世の中まんざら捨てたものじゃないです。
でも、こりゃ〜大変な茨の道。
無条件にピュアーに信じるものがあって、まずは行動しながら考える(考えながら行動じゃないですよ)、そうとうキ印じゃないと…

1009246.jpg

つぶやきに投稿しましたが、帰りは海際を通って山口海岸線をぐるりと。
下関では高速入ったのち、あらためて意識的に壇ノ浦にパーク。
向こうに見えるは九州アイランド。
ほぼ満月の下、エンジンを切り、しばらく考えにふけった…

武士の時代が江戸で終わったとしたら、武士の時代が始まるきっかけになったのはここ、壇ノ浦の「源平合戦」=平家と源氏の戦です。
1009241.JPG

なぜ武士の時代は山口から開幕し、山口から幕引きが起こったのか???
歴史はまるで舞台の台本のようです〜物語が決まっていて、その役を演じる役者が現れ…偶然とも思えることが連なり、実はそれは必然だったりして、でもそれはあとで気づくこと。

ここのところ随分と江戸末期から明治にかけての書物をひもときました。
ついでに同時期を題材とした大河ドラマも3本拝見〜「翔ぶが如く」「花神」「龍馬伝」。(龍馬伝は現在放映中)
共通した人物が多数登場、でもドラマということもあり描かれ方やストーリが違ったりしますが、かえってそれが面白い。
真実は一つですが、同じことが違った視点で描かれているのは歴史を振り返る上で悪いことではないと思います。

歴史に「もしも」はないけど、もし吉田寅次郎が生きていたら、高杉晋作が生きていたら、坂本龍馬が生きていたら、河井継之助が生きていたら、小栗上野介が生きていたら、大村益次郎が生きていたら、横井小楠が生きていたら、西郷隆盛が生きていたら…幕府側、倒幕側関係なしにそれぞれ才能のあるキャラを持った彼らが生きていたら…どのような時代を切り開いていったのか?今の日本はどうなっていたのか?興味は尽きない。

非常時というのは歴史の節目の役目をします。
武士の時代は明治で表向きは消滅しましたが、その後、日清・日露を経て、結果、太平洋戦争までなんらかのカタチでそれは生き続けていました。

来週、仕事で鹿児島に行きます。
小学校4年生の時に行って以来の鹿児島。
1009242.jpg

薩摩という国。
外様でありながら独自性を保ち、薩摩隼人という特殊なサムライたちを育てた国。
1009245.jpg

「島津奔る」読んでますが、維新推進のときに長州とともに薩摩が一つの原動力になったルーツがここにあると思います。小説ではありますが、そうとう気合い入ってます!

この機会にせっかくですから、
玉川の恩師小原國芳先生の故郷久志
1009243.jpg

特攻隊の前線基地知覧
1009244.jpg

今回の生活観光は幕末とともに太平洋戦争もリアルに絡んできます〜足を伸ばして感じてみようと思います。

PS
真の演出家はだれでしょうか???
未来はどうなるのでしょうか???

志高く、また、根を深くはった教育体系侮れず。
「今を生きる」が続く…:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■熊本ナイト

1009281.jpg

鹿児島行く途中に熊本にワンナイト立ち寄った。
俺にとって熊本といえば…
この人、さゆりさん!

20代前半、縁あって一緒に仕事をさせてもらったことがあります。
いろんなとこ、さゆりさんと亡くなった中村一好さんと後藤さん、梅原さん(皆、元気なのかな???)たちと行ったなぁ〜でも熊本は行ったことなかった。

福岡から大雨の中、HANABIの谷川さんに教えてもらったなんともユニークなここにチェックイン。
洋風のような和と大風呂があるからここに。
1009283.jpg

和数奇司館

20時から大好物のシネマダブモンクス〜そう、前日福岡でライブに行ったら翌日熊本と聞き、だったら寄っちゃおうかと思った次第。
熊本体験してみたかったし…

大風呂は24時までとのことなのでチェックインした19時、まずは早速、ひとっ風呂。
俺は熱海で産湯に浸り、育った人間。
でかい風呂も大好物〜:)
いや〜気持ちよかった!気分は観光客。

この宿を出るとこんな景色。
1009284.jpg

見えますか?
漆黒の夜に浮かぶ熊本城。

アーケド街を通って、ライブ会場に向かう。
途中、見つけたこんな本屋。
1009282.jpg

時間無く、ざくっとしか見れなかったけど、なかなか良さげなセンスでした。

またこんなレコード屋。
1009285.jpg

時間無く、チェック出来なかったけど、これまた良さそう。

ちょこっとしか街探索出来なかったんだけどイカした感じの洋服屋さん多し!
熊本、ファッションセンス、なんだか凄いんですよね〜そういえば、ライブに来ていたお客さん、皆オシャレで…

このあとは写真無いのですが、会場はここ!

◆NINi
所在地:
熊本県熊本市坪井2-3-37
電話番号:
096-345-3588
営業時間:
19:00〜3:00
定休日:
第1水曜

いい空間でした。

ライブ?
そりゃ〜大満足。
前日の福岡もよかったけど、ツーリス気分のせいか、@熊本、さらに持ってかれ…

そのあと、朝4時頃まで大穂くんやガンジーさん&皆でバカ話。
オモロかった〜:)

熱海の先輩、どこいっちゃったんだろう???と思っていた雨宮たくちゃん=これまたいい感じのミュージシャンです〜が沖縄に居てなどどいう話もガンジーさんからひょんなことで聞いて、繋がっちゃって。
毎度、縁は円ですね。


久留米の歩ちゃん
に熊本城の石垣をぜひ見て!とのアドバイスいただきましたが、今朝方、デスクワークで時間切れ。

次回あらためて来よう!熊本。
前夜と打って変わっての天晴な晴天、鹿児島に向かったのでした。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■鹿児島〜オーガニックフェスタ2010打ち合わせ

1010014.jpg

鹿児島40年ぶり!

今回の鹿児島の目的の一つはこれ。
1010011.jpg

来月11/7(日)開催の鹿児島発のエコイベントオーガニックフェスタ!の打ち合わせ。

マナバーガーズでお世話になっているポップコーヒーさんよりご紹介していただきました。
本年で3回目。昨年は3万人あまりの方が来場したそうです。

訪ねた場所はここ。
1010013.jpg

かごしま環境未来館

こんな感じのところ。
1010012.jpg

なんとも良さげで進んだ感じの造り。
鹿児島はオーガニックとかナチュラルの意識が九州の中でも高い模様。
その一助にこういう施設やこの集い&企画者の面々が貢献していると思われます〜素晴らしい!

打ち合わせは当然ながら鹿児島弁で行われ、最近、薩摩を題材としたドラマや小説にハマっていたので…なんだか幕末の薩摩志士たちの集いに参加したような錯覚に〜皆様にちょんまげが見えてしまったような:)。

九州アイランドはとても食が豊かな場所です。
大分や宮崎、熊本や鹿児島と点が出来つつあります。
さらにそれを線にして、面へ、よい意味で九州発あたらしいライフスタイルの実践とその発信をお手伝いしたいと思います。

皆と相談して何らかのカタチで当日一緒に楽しめればと思っています。
具体的になりましたらあらためて報告しますね!

さて、この施設はこんな感じでした。
いたるところにメッセージ
10100110.JPG

こんなところにも
1010019.jpg

いいアイデア!

入るとこんな感じで
1010015.jpg

ゴミが浮かんでいる環境で水浴び
1010017.JPG

ヤバい、汚染された川
1010016.JPG

また別の場所ではこんなオブジェも〜
ビーチのゴミ
1010018.JPG

いや〜一見綺麗だけど、実は毒々しいARTです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■鹿児島DAYS〜1

今回の薩摩もの。
1010026.jpg

オーガニックフェスで出会った方の店で食事。
ちんちん電車乗って。
1010021.jpg

1010022.jpg

やっぱ薩摩、サツマイモ定番なんですかね:)
1010024.jpg

途中、前迫さん,見っけ。
25年ほど前に今のワークをやり続けるきっかけになった「良い食品を作る会」の仲間。
ここにあったのかぁ〜20数年ぶりの再会。
1010023.jpg

なんだか歌舞伎町のような、中州のようなエリアに宿泊〜ここは「天文館」
宿にはこの絵が…
1010027.jpg

ハワイ島にいた時になんどかお世話になった方の作品〜こんなとこでこれまた再会。

翌朝、さらに南下する前に桜島にでも行こうかと思ったがこんな店を港の側で見つけ、デスクワークかねブランチ。
1010025.jpg

写真撮り忘れましたが、クスクス+ブレッド&スープ+コーヒー
なんだかお洒落な空間でした。

さて、南さつま=久志と南きゅうしゅう=知覧へ。
今回のもう一つの目的、小原先生と特攻の町へ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■デコ&ボコ、りあるまくろ:)DAYS

週末、二日間にわたる、デコさん&エバレットさん講演会+イベント。
充実していたのでたった二日間とは思えないくらいの長さ〜濃さ。
参加した皆さん、いかがでしたか?
今回タイミングあわなかった方、残念ですね〜次回はぜひ!

個人的にもお二人とはゆっくりじっくり、ふか〜ぁぁぁぁく(by エバレット)交歓出来ました。

初日のアミカス講演会
1010047.jpg

内容は深いある種哲学的な生命の話にも関わらず、ユーモアあふれる二人の掛け合いにより会場は笑いの渦:)
いい雰囲気!

翌日のほのぼの農園
1010044.jpg
パッチワークのような稲穂〜美しい…さまざまなお米。
ほのぼの松尾さん、素敵なイノチ+自然を産み出すアーティスト。

ご存知のように日曜日〜二日目は朝から雷でヤバい状態でした。
でも流石の修羅場くぐっているスタッフたちの臨機応変とLOVE+SERVE:)&申込者の悪天候にも動じない力強い参加意志:)により結果、雨も上がり、芋掘りも出来、同じ窯の飯を食べ、交流も出来、よき集いでした。

子供たちも最高!
キッズ クッキングの一コマ〜松尾さん、また一緒に企画してやりましょう。
1010046.jpg

出来上がった時の子供たちの充実した顔、野菜嫌いの子供が新鮮な生命あふれる自然農の野菜をぱくぱく食す。
これこそリアルな食育:)やりたいこと!

あらためてお二人ほのぼの松尾さん、料理奮闘亜希さん、またそれらを支えていただいた多くのスタッフの皆様お疲れさまでした!
またもちろん、参加していただいた皆様+キッズにも大感謝を!

「でこ」はデコさんですが、「ぼこ」はエバレットさんに今回つけたホーリーステージネーム:)です。
1010045.jpg

写真はほのぼのの帰りに寄らせていただいた大好きなお寺龍国寺でのぼこさん:)
青い目の知的でチャーミングなサムライ。

「でこぼこ」というとトホホなイメージがありますが、そうではなく、まさしく二人の存在&生活はTAO=陰と陽+中庸=バランス。
それもハッピーでほがらか、たおやかでフィルソーグッド。
これを「りあるまくろ」といわねばなんという、と思った次第です。

「まくろ」は「食」が目的ではなく、それはイノチを循環させる「手段」なのです。
「まくろ」は「陰陽」ではなく「まっすぐな生き様」なのです。
「まくろ」は「ぎすぎす」ではなく「にこにこ」なのです。

PS
殿方たち、この勢いでメンズマクロもよろしくです。

おまけ
自然農野菜のお花
1010041.jpg
1010042.jpg
1010043.jpg

カワイイ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■おめでと〜:)

古い友人の1人、リスペクトしてる1人、本田ゆか。

チボマットIF BY YESプラステックオノバンドソロキメラ…コスモポリタンな存在。
当時も今もかわらない+進化深化している個性。

そんなゆかが目出度く結婚!!!
おめでとうございます:)

その模様は完ちゃんのブログにアップ。
「HAPPY!」
東京ブラボー〜お洒落でPOP、ユーモアあるパンクス、当時ゆかや皆と一緒に観に行ったものです。

お相手は凄腕ギターリスト、WILCOはじめ前衛やジャズ…さまざまな活動をしているネルスさん

二人はこんなバンドもはじめたそう。
Floored by Four

末永くお幸せに〜:)

PS
そちらは音で平和を!
こちらは食で平和を!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■「火の国」熊本 ゆうきフェスタ&寿宴

昨日は熊本ゆうきフェスタに参加。
熊本市…2回目。

あいにく写真は今回も撮っていないのですが、天気にも恵まれ、会場の熊本県立大学は銀杏並木がちょうどいい色彩。
その芥子色の葉っぱの下で出店。

このイベントで演奏する熊本の吟遊シンガー東田君にも久しぶりの再会。
2番目のお子様が生まれたそうでおめでとうございます!

多くの方との出会いもあり、先日の鹿児島に続き、大満足の一日!!!
福岡も見習う所が多かったこの11月に行われた2つのイベントでした。
来場者の皆さん、関係各位の皆さん、ありがとうございます!
ここのところの相棒ポップコーヒーの赤塚組:)にも感謝です。

さて、6時前には片付けその他すべてが終わり、もう一つの今回の目的、まゆみちゃん&たださんの寿宴。
先週のユカ&ネルスさんの宴に続き2週連続の寿。

会場は熊本市内を見下ろす花岡山の中腹。
1011221.JPG
LOMI LOMI

ほぼ満月、グリーンライムの下の景色はこんな感じ。
1011222.JPG

着いたらお店の横にあるティピの中では印度のSatyananda Dasさん&Hori Dasiさん(こちらは日本の女性)の奏でるBALU SONG=バウルのうたが…大好物の一つ。
たまんない!

こんな感じのミュージック。

バウルとは、インド亜大陸東端に位置するベンガル地方で古くから発展して来た神秘主義、「バウルの道」を歩む者ひとり、ひとりを指す言葉です。経典も、寺院も持たない彼らはその教えや体験を唄うことによって伝えてきました。組織、教団、定住する家なども持たず、放浪し、音に身をゆだねうたわれる「バウルのうた」は聞くものの魂をゆさぶります。

福岡では来月4日に西陣にあるあんま=南印度レストランで公演があります〜皆様いかがですか?
行こうかな:)
それにしてもHoriさんとの語らいは面白かった!!!

まゆみちゃん+たださんとはベジ友&タバコ苦手組の仲間でもあります。
シンプル&美味しいローカル性溢れる野菜料理の食とミュージシャンでもあるたださんの仲間の音。

最後は九州屈指のパーカッショニストたださんとこれまた美味しいDJとヤバいギターを奏でるさとぽん=SPOOKYによる天空ビート&極楽リズムで大満足の火の国でした。
1011224.jpg

お二人&すてきな家族の皆様おめでとうございました!!!
1011225.JPG

PS
世界最大級のカルデラを持つ阿蘇山には行ったことがあり。
福岡が九州のお江戸なら、ここ熊本は京都のような感じも。
九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野及び葦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島がつきだし天草諸島に続いている。
天草+不知火海は行ってみたいエリア。隠れキリシタンという響きと左記の地名の漢字はなんかそそられますな〜:)

1011226.png

ここ九州は日本のビッグアイランド、アフリカなり!

熊本、九州移動するにはちょうど真ん中で便利な感じ。
自給率が高く、水道水水源が地下水のみでまかなわれている世界でも稀有な土地である。
これまたそそられますなぁ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■シェ〜!と今宵も音波〜:)

昨晩は坂本龍一/大貫妙子のUTAU LIVE。
綺麗なONPA、ピアノとボイス。

マナガーガーズ差し入れ。
コンサート終了後に楽屋へ。
ベジタリアンのZAKはもちろんのこと、教授も大貫さんも召し上がってくれたようでなにより。
お二人とも食に対する意識が高い方たち、“ナチュラルジャンク”美味しい!と褒めてもらった。
未来の常識づくり=バーガー業界のソーラーカーを伝えるにはもろもろ茨の道!
でもミュージシャンやアスリートの方は頭ではなく、バイブスで判ってくれる〜とても嬉しかった:)

教授に会ったらやりたかったのが、「シェ〜!」のポーズでの挨拶。
こんな感じで早速〜
1012031.jpg

そうしたら一瞬間が…やべぇー失礼だったかと思ったら…
赤塚先生の本物はこうだと手取り足取り教えてくれた:)
流石、“教授”!指導が上手い。
1012032.jpg

わかります?違い??
やはり、ポーズではなくシェ〜は型だと知りました。
深い!!!〜:)

あらためて皆で〜
1012033.jpg

右下が生みの親の赤塚不二夫先生。
日本の、いや、世界の宝。
あらためてマンガ読もうかな〜
70年代初頭だったか?NYから戻って来たころの先生の絵はいっちゃってたな〜

PS
ライブ終了後、梯子でもうひとつ。
NAOITO&大穂クンも最高でした!
タイスケくん、毎度ありがとう!!!

ZAK、本日も午前中、仲間を連れて来てくれて来マナ〜ありがとう。
UTAUご一行は広島へ
NAOITOご一行は長崎へ

そして俺はこれから天神パタゴニア
KAZZさんに久方会います。
福岡移動する時に湯河原でパーティ、その時にライブしてくれたなぁ〜

あの時は熱海+湯河原の先輩巻上さんも参加してくれて凄いサウンド奏でていただきました。

この二人の組み合わせは異色!!!

あれから2年半…御陰様で

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■21世紀のええじゃないか〜吟遊詩人たち、サイコ!

パタゴニア福岡の宮崎君から久方来た嬉しいメールから転送します〜この映像。

宮崎君より
「どうしても見せたい、周りに広げてほしいものを見つけたので。」

OK!友よ、もちろんアップしますよ!
俺も宮崎君も大好きなこの男です。

今宵の三宅君たちフルームーンライブどうだったんだろう?

宮崎君より
「そして彼が応援している彼。(さすが、切なさと感動と笑いのバランスが最高です)」

宮崎君より
「おいは今年も空気読まず、いちばん大切なものを大切に、
喜納さんが言うように『この日本から全く新しいルネッサンスが起こる』と信じ、
本当の人類の進化を宇宙の友たちへ見せてやりましょうや。友よ。
めちゃくちゃ心が熱くなったまま送りました。良かったら同士へシェアして下さい。
彼のブログにも書き込んでね。早く福岡に来てもらおう。
ではでは!」

三宅君のブログにも書き込みましたよ〜!

宮崎君、明日のメンズマクロはいよいよ宇宙だよ!お待ちしております。「銀河新年」
円盤、部屋の中で飛んでたら最高だけど:)見かけたら言ってね、俺も見えたら伝えるから〜ナンチャッテ:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■天草

ツイッターにつぶやきましたが、補足。

タマネギ星人とイカ釣り星人。
天草とのご縁を繋いでくれた二人。

イカ釣り星人はマナバーガーズのお客サマでした。
半年前から故郷天草に戻り、町おこしを始めています。
その一つが地場の食〜一緒に何か出来れば幸いです。

1102171.jpg

マナバーガーズはタマネギにとてもこだわります。
お肉に負けない味を出せるマナパテ調味料として、また、多くのお客様が日常的に召し上がっているお肉の毒消しになるデトックス効果を望んで。
潮風に育まれるタマネギ。
タマネギ星人、サイコ!!!

1102174.jpg

こんな景色が見渡せる畑。

有明海の向こうは長崎〜島原、雲仙。
この海を挟んで350年ほど前に大きな乱が起こった。
自由を求める4万人ほどの人々、規律を守ろうとした1万人ほどの人々。
多くの男のみならず女や子供たちが命を落とした。

どちらが良いとか悪いとか信念の弱い自分は言える立場ではない。
どちらも命をかけて戦った。

その後、明治になるまで生き残った人々は隠れキリシタンとして生き続けた。
250年間、こっそりと。
でも、ぶれることなく力強く。
イエス キリストを思い続けた。

初めて日本の墓石の上に十字架が乗っているお墓を見た。
すべての墓に同じ紋章が…

1102172.jpg

墓石に堂々と十字架を掲げられるまで…
花と葉を支える茎が十字架に見えるのはたまたまか?
そこには光すら描かれていた。

“島原の乱”リーダー天草四郎、当時16歳。

1102175.jpg1102176.jpg

鹿児島特攻隊に続き、熊本天草+長崎島原を探求しようと決心しました。

1102178.jpg

1102177.jpg

まるごとの純粋、信じるもの、守りたいもの。
そのためには“死”すら乗り越える彼らに畏敬の念で頭が下がります。

アーメン〜合掌。

PS
食+音+人、歴史+自然+風土。
あ〜Q州、たまんない、生活観光の場所。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■良い食品を作る会

1102243.jpg

4つのバランス
*味が良いこと
*安心して食べられること
*ごまかしのないこと
*品質に応じた妥当な価格

ここ26年に渡る食の探求はこの4つの理念に出会ってから始まった。
そのあたりは6年前にアップしたこちらへ〜■熱海「山田屋」と「良い食品を作る会」

注:残念ながら上記のページにアップした写真はなんでか変わってしまっている。最初に作った家業のハガキは安斉肇画伯によるなんともポップでキュートなものだった:)

この4原則に出会い、数年間、「良い食」の仲間である日本中の伝統食製造業を廻り、歴史ある製造現場や門外不出の製造過程を直に見学し、苦労や喜びや誇りを拝聴した。

その後、もうその世界しか興味が無くなってしまい家業を飛び出した22年前から

コスモポリタンフード「TAO」(千葉)
ナチュラルエコショップ「TAORIUM」を中心に運営してきた「+△○研究所」(熱海)
配達弁当+おやき「大吉飯店」(熱海)
食と暮らしの研究室「Tropica」&料理教室+ケータリング「Air Tropica」ハワイ島「AMA-YA」(熱海+HILO)
ネオ精進料理&グッドミューシック「東京安楽死」(西麻布)
そして現在のNatural Junk「Mana Burgers」等の「TAO Lab」(福岡)

と、食の世界生活観光とともにたえず実践〜試行錯誤しながら深めて来た…つもり。

この4つの理念は自分にとっての決してぶれない指針であり、目標である。
食憲法ともいえる。

ツイッターでもつぶやいたが昨晩その当時の仲間の一人、「廣久葛本舗」社長10代目高木久助さん(福岡県秋月)に22年振りに再会。200年続いた彼の“家業”の話はなんとか本年前半には作り、公開したいと思っているネットマガジン“vegie mag”に掲載したいと思います。

自分が4原則に出会ってしまい、やられ、実家や社会から「ターン・オン/チューン・イン/ ドロップ・アウト」:)してた頃、当時の「良い食品の会」はバブル経済とともに理念とビジネスの狭間で大きく揺さぶられ、結果、分裂、90年代前半には休会となってしまったそうだ。

現在では大きく分けて2つの潮流にシフトしている。
その両方に入っていないメンバーもいるが、きっと自分のように「一人良い食を作る会」:)を続けている人もいるだろう。
いつか再び皆を訪ねてあらためて話を聞かせてもらいたいと切望している。
それぞれの主義主張は別にして、経験談と思いの話は宝だと思います。

1102242.jpg
●よい食品を作る会

1102241.jpg
●良い食品づくりの会

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■九州という場所、九州男児という野郎たち

11311以降、東から福岡にいる自分のもとに多くの友人+知人やそのまた友人たちが訪ねてきました。
また、地元の方たちにはそれらの方のために一肌も二肌も脱いでくれ、誠に感謝であります。

歴史を振り返ると時代の変わり目にはここ九州が大きな役割を担うことが多い。
サムライが終わった時(明治維新)も、サムライが始まった時(源平合戦)も、日本が日本になる時(奈良以前)も。
ここはシルクロードや潮の道の終着地点であり、また、始まりでもある。

1103242.jpg

「九州男児」とはよく言ったもので、「北海道男児」とか「大阪男児」とかいう言葉はなく、このパラダイムシフトが必要なタイミングで、私利私欲を超えて活躍するやんちゃでピュアーな「九州男児というおどもたち(=大人でもなく子供でもない状態)」が動き出すだろうし、現に動き出しています。
まぁ〜そんな野郎を支えているのは九州のこれまた強くて艶っぽい母性溢れる女性たちなのですが:)

俺もよそからこちらにな〜んも誰も知らずに衝動的〜直感的に2年半前に移ってきました。
その結果、心強い友人たちも数は少ないが出来(数はいらないとも言える)、本当に有り難いと思っています。まぁ〜そんな九州アイランド福岡でも来て早々、どこにでもいるこずるい心なき輩たちに痛い目にもあったけど、ここに来たのはこの時のためかと納得:)したりしています。

ここからこれからさらに食や食育を通してお役に立ちたいと意を新たに強く思っています。
新しいシステムや社会、国を作るために、洗脳されていない自分で考えることができる才能豊かな個性と勇気を持つ方たちが必要です。
関東や東北に住むそんな方たちの来九も支援出来れば本望です。

先日紹介してもらったこちらのロコの兄貴が何度もオヤジギャグ風:)に言っていました。
「九州が吸収するから、心配するな!」と。

1103241.jpg

流石、九州は熱い!
こんな大変な時に頭がコチンコチンで傲慢な20世紀型のオヤジたちには負けないよう「輪」になって、「和」を尊び、「環」を取り戻しましょう。

以心伝心〜平成地球維新は日本から。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■この嫌らしさは…

先ほどの底抜けのおバカさにくらべ、このレポートに書かれていることは…
http://www.isep.or.jp/images/press/report_0322.pdf

いやはや…涙が出ちゃいそう〜国民の不安と苦労を思うと。
おもわず、怒りにつつまれてしまって。
まずは「あやまれ!」そして「責任とれ!」とついつい…

こんな奴らこそ、
1103271.jpg

未熟者ですみません。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■汚れちまった悲しみに

福岡は雨。
黒い雨。
今宵はしんみりと…ちょっと重いかな…


「汚れちまった悲しみに・・・」

汚れちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる

汚れちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れちまった悲しみに
たとえば狐の皮衣

汚れちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく

汚れちまった悲しみは
倦怠のうちに死を夢む

汚れちまった悲しみに
いたいたしくも怖気づき

汚れちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる


1104081.jpg
長崎のキノコ雲

1104082.jpg
広島のキノコ雲

1104083.jpg
福島のキノコ雲

原子力になんどもなんども犯される母国。
地震大国なのに原子力を母国に自ら造り続ける狂った子供たち。

犠牲になった多くの方たちへ
過ちは二度と起しません。

合掌

PS
キノコ雲といったら〜もう一つはこれ!
今回重かったから、これで中和させてください。

悪をやつけるヤッタ〜ヤッタ〜ヤッターマン:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■水素爆発と水蒸気爆発

3月11日以降すぐに福島で起こったのは水蒸気爆発ではなく、水素爆発です。
先日アップした参議院行政監視調査のなかで自民党の議員の方が間違えたように自分を含め多くの方が、この2つをごっちゃに理解しているのではないかと思いました。

下記、千葉大学 理学部 地球科学科の准教授、熊先生(本名・吉田修二氏)のお書きになっているブログ「理系人の コミュニケーション と 明るい未来」で見つけました。
許可いただき転載します。

3月14日にアップされた『水蒸気爆発の基礎』から。

〜前略

さて、いろんな人と話していて解ったのですが、多くの人が誤解をしていたり、良く理解されていないのは、水素爆発と水蒸気爆発の違いです。水素爆発よりも威力が強く、破壊される範囲が広いのは水蒸気爆発(Phreatic Explosion)の方です。

水素爆発は水素の入った試験管やシャボン玉、風船に火を近づけると、ボン!と火を出して爆発するように燃えますが(良い子の皆さんは真似をしないで下さいネ)、あれと同じ原理です。水素が漏れると、比重が軽いため、高いところへ移動し、建物の高いところなどへ濃集します。これにちょっとした摩擦や電気などで火がつくと、爆発するのですが、爆発量は水素の濃度や量のほか、酸素がどのくらい周りにあるか、なども関係してきます。本来、原子炉内の水素は酸素と直接反応しないように、窒素が入っているのですが、それが今回の事故では窒素もなぜか漏れてしまっていた、と言うのが(あまり報道されていませんが)問題なのだそうです(昨日参加した記者会見で聞いた話です)。酸素があるところで、かなりの量が溜まってくると、建物も吹っ飛ばすほどの威力があり、皆さんがニュースの動画や写真で見ている通りです。

一方、水蒸気爆発(あるいは単に蒸気爆発)は高温に解けた金属やマグマなどが水に触れたときに起こります。自然界でよく知られているのは温度が1000度位のマグマが地下を上昇し、地下水層を暖めたときに起こります。常温・地上で水が蒸気になるときには、その体積が1600倍以上になりますが、これが地下の密閉されたところで起こるのです。そのため、水が1000倍以上になるのに伴う圧力で、大爆発を起こします。2000年の有珠山の噴火は水蒸気爆発が次々に起こった例ですが、水にマグマが直接触れて、瞬時に水が沸騰し、マグマも飛び散る場合をマグマ・水蒸気爆発(Phreato-Magmatic Explosion)といいます。ちょうど私が学生たちとこの1-2年研究していたのが、このマグマ・水蒸気爆発で、地下水の水蒸気爆発よりも、原子炉安全の際に問題となる「水蒸気爆発」に近いものです。地下水層だけでなく、海や湖の水が温められた場合にも(マグマ)水蒸気爆発は起こります。

この際、何が起きるのか、というと、水素爆発のように上空、球状に広がる爆発だけでなく、地面を這うような高速の衝撃波が走るのです。ちょうど大きな爆弾が落ちたときに、きのこ雲が上がるだけでなく、ドーナツ状の煙った衝撃波が中心から外側へ同心円状に広がりますよね。この衝撃波、いろんな細かい破砕物を一緒に運んでおり、通過したところの木をなぎ倒し、多くの建物を破壊します(映画なんかでよく見ますね)。これをベース・サージと呼び、火山学だけでなく、原爆実験のときなどに計測されて研究されているのですが、火山の場合(ベースサージだけでなく、日本では火砕サージといいます)でも、普通半径数キロをなぎ倒す破壊力があります。1883年のインドネシアのクラカトア山の大噴火でサージが発生した際は、サージが海の上を渡り、スマトラ島に上陸し、噴源から50キロ近くも離れた山麓の村をなぎ倒し、焼いた、という記録があります(BBCの2004年のドキュメンタリーで、欧米の科学者のインタビューを交えながら作った映画、Krakatoaで上手く説明してあります)。

また、上空へ上がる爆風・噴煙の量も、水蒸気爆発のほうが格段に大きいのです(2000年の有珠山の噴火を思い出して下さい)。アメリカのメディアの中には、この水蒸気爆発による「放射性物質の水蒸気爆発による上空1キロ以上への飛散効果ー風に乗って、日本だけでなく、アメリカ・諸外国へも飛散」の懸念を伝えているところがあります。

今、原発事故で懸念されているのは、炉心溶融(MeltDown)で、この水蒸気爆発が起こるのではないか、という事です。火山の場合、マグマが上昇して水と反応して起こるのですが、原発の場合は、核反応を起こしている燃料棒が解けて、それが落下し、冷却水などに触れて爆発が起こるのです。この炉心溶解を起こすときの温度というのは、昨日記者会見でお会いした専門家に伺ったところ、2700℃から2800℃以上のときにスタートするそうです。

昨日のブログにも書きましたが、記者さんたちの中に水蒸気爆発を理解していない人が多く、昨日の会見でも「水と触れるのが危ないのなら、どうして水を注入するんだ?」という質問がインタビューを受けていた原発専門家の方たちへあったのですが、きちんと答えていませんでした。私から簡単に説明しなおしますと(出来れば、原子炉の模式図を見ながら以下の説明を読んでください。新聞に載っている原子炉の図や解釈にもエラーがありますが)、

(1)原発が止まっても、燃料の核崩壊反応と熱の発生はずっと続いているので、温度はどんどん上昇しています。これを炉内の冷却水で冷やさないと、温度はさらに上昇し、水が減って燃料棒が水面上にむき出しになると、さらに温度が上がってしまいます。だから冷却水をどんどん入れているのです。炉内に発生した水蒸気を炉外のパイプにある蒸気口(Vent)から大気中に逃がして温度をさげる、というのも別の方法で、これは海水の注入の前に使われました。パイプからの蒸気抜きと海水注入でもダメな場合、原子炉本体に穴を開け、直接高温蒸気やガスを抜いて温度をさげ、炉心溶解を避けなくてはなりません。

(2)炉心の燃料棒の温度が2700度から2800度にまで上昇してしまうと、炉心融解(MeltDown)を起こし、それが長く続いたままだと炉を溶かして落下し、冷却水のプールなど、多量の水に触れると水蒸気爆発を起こします。

さて、それではどのくらいの爆発が起こるか(つまり、半径何キロ以内が危険か)というと、それは上記の火山や爆弾の場合とは(原理は似ていても)直接の比較は出来ません。まず、溶解したものの温度と量(つまりはエネルギー)と、それに反応する水の量、溶解物と水の比、にもよります。炉心溶融は2700-2800℃以上で、マグマの通常の温度である1000℃と比較すると、かなり高い値なのですが、もともと炉心にあった燃料棒の状態(どのくらいの量が入っていたのか、つまりエネルギー量)が解らないと判断しにくいですし、反応を起こす水の量や耐圧壁など、いろいろなファクターが絡んできます(会見に私と一緒に参加した物理学者、ジェームズ先生に伺った話です)。今政府や東京電力の会見を聞いていて非常に不快なのは、こういった情報を公開しないことです。海水を注入した、といっても何処に注入したのか?リサイクル・循環しているのか?といった具合。

さて、私に今説明できるのはこのくらいですが、この水蒸気爆発について知りたい片は、冒頭の本、「蒸気爆発の科学ー原子力安全から火山噴火までー」を読まれると良いと思います。読んだ方は、周りの人に説明してあげてください。

追記1(翌日の3月15日):3月15日の夜に行われた記者会見のあと、元・東芝原子プラント設計技師の後藤政志さんと、原子力資料情報室の研究者、上澤千尋さんにお話を伺いましたので、そちらをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/globalsciencejournalist/e/ceeba9b2d2174ad33639252d406b7244

追記2:3月15日の後藤さんの記者会見の記事をPart1~Part4の4回に分けて載せていますが、その一回目に「水蒸気爆発の怖さ」について載せています。もしも炉心溶解が更に進み、炉の底やそのまわりの耐圧壁を溶かしてコンクリートの床に落下してしまった場合にも水蒸気爆発の可能性があるそうです。炉内・耐圧壁内の冷却水との反応による水蒸気爆発よりも、コンクリートの床に落ちた溶融物が集まって再臨界を起こし、コンクリート・水と反応して水蒸気爆発を起こした時のほうが怖いそうです。詳しくは3月15日の記事のPart1をご覧下さい。

転載、以上です。
映像は自分が追加しました。
3月14日の記事なのでメルトダウンについては触れられていませんが、メルトダウンが現実に起こってしまっている今、水蒸気爆発にならぬよう祈るばかりです。

天災ではなくとんでもない歴史上ない人災を起こし、本来なら真実を告げ国民一致でこの困難に立ち務変わらなければならない時に、過ちを認めず、自分のことばかりを考え、国民をだまし続ける東電経営陣や諸官庁、政府ではありますが、現場でイノチをかけて働いている皆様とそのご家族には頭が下がります。皆様のご無事と幸せを祈るばかりです。
ありがとうございます。

顔晴れ!大和、大きな調和めざして。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■東北〜差別の歴史 維新編

歴史に「もしも」はない。
自分の血の半分は福島です。

明治維新はあらたなシフトではありましたが、日本が本来持っていた良き教え(=サムライスピリットも含む「和道 ★注1」と名付けられると思います。)が否定され、さらに先の敗戦よってそれはさらに否定加速されてしまったとも言えます。

今回のような国難になってその事実が大きく姿を現しました。
どうしちゃったんだ?日本の権力を持っている人たちと意志のない大衆…
明治以降の和の文化の否定〜今になって思うとそれは大きな意図があったと思わざる得ません。

311以降、今回の人災を引き起こした人々やシステムに対して怒りや悲しみに包まれてしまうことが多々ありましたが、その感情を受け入れた上で、御陰様で本当に役立ちたいと思う気持ちがさらに強くなりました。

推進派も反対派も、右も左も、良識者もボンクラも、年寄りも若者も、皆で日本から新しい時代の生き方を発芽させていきませんか?
日出づる国〜ヤマト〜日本ならそれを出来ると確信しています。

昨年の大河ドラマ、それなりに感動しましたが、単純に幕府側が悪、維新派が正義とは言えません。
維新が成功した後、ラストサムライとも言える西郷さんがなぜ、新政府に対して立ちあがったのでしょうか?
現実の世の中には一人一人の中に「ヒーロ」と「悪者」が、ひとつの事実のなかに「善」と「悪」が共存しています。

下記、皆の考えを二分するためではありませんが、引き続き、きこりさん経由で守田さんのこの文章を。
長文ですが参考までに。

★注1
「和道」とは「覇道」でもなく「王道」でもない、日本独自の発酵した第三の道。
30代の半ばから数年そのことを大和先生と黒田さんのもとで学ばせていただきました。
これについてはあらためていつか:)

1106151.gif

守田です。(20110614 22:00)

河北新報が611の社説に「東北の位置づけを変え自立を」という宣言を高々と掲げました。

また記事の中で、東北と沖縄の類似性を掲げ、次のようなことを述べています。
「仙台から南へ約1800キロ。在日米軍基地の75%が集中する沖縄で、こんな声を聞いた。
「今こそ沖縄から被災地支援を」

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先として日米両政府が想定する名護市辺野古地区。
海上ヘリ基地建設に反対する人たちが5月初めから、「米軍への思いやり予算を凍結し、被災地支援に充てよ」と、署名活動を始めた。

共同代表の安次富(あしとみ)浩さん(65)は「被災者が苦しんでいるこのタイミングで思いやり予算をもらって、オバマ米大統領は恥ずかしくないのか。基地も原発も、アメ(カネ)で地元をがんじがらめにするという点で根っこは同じ」と明快だ。
既に6千人以上の署名を集めた。

片や文字通り基地を提供することで日本の安全保障を支え、こなた電気や食糧、人材を首都圏に供給する「基地」として。沖縄と東北が戦後、たどった道は酷似している。

震災発生から3日後、沖縄の地元紙・琉球新報は河北新報の社説を引用しながら「共助の精神は、独り東北地方だけのものではないはずだ」と訴えた。
沖縄が東北の窮状に共感するのは単なる偶然ではあるまい。

記事は、その沖縄が歩んできたように自分たちも声を上げよう。
「物言わぬ東北から物言う東北へ。大震災からの復興を歴史の転換点としたい。」と結んでいます。

・・・感動しました。

この沖縄の長年にわたる声に重なった河北新報の叫び、東北の声を、他のすべての地域、とくに電力をたくさん使っていて、なおかつ米軍基地からも遠い都市部に生きる私たちが受け止めていく必要があると思います。

そもそも私たちの国は、明治維新以降、長きにわたって東北に過重な負担を負わせながら、「近代化」や「高度経済成長」を実現してきました。

電力供給の実態を見てもしかり。福島第一原発など、東京電力管内の外に立地しながら、主に東京に電気を送るために発電してきた。
発電プラントの電源事態は東北電力から供給されているという矛盾構造のもとにあります。

ようするに原発が危険だから、東京からうんと離して福島に作った。うんと離した
福島から、電力をたくさん送って、東京圏に煌々と明かりが灯ってきた。
それは関西電力でも同じことがいえる。危ないから大阪からうんと離して福井に原発を作った。
そこにこの国の矛盾が象徴的に現れています。

とくに東北に負担を負わせる政策は、明治維新以来、一貫したものです。
明治から昭和にかけての戦争の時代も、東北は常に過酷な戦場に、最も多くの兵士を供給させられてきた。

河北新報の本拠地である仙台市にいくと、中心部から少し郊外にいったところに青葉城址があります。伊達政宗の開いた仙台藩のお城があったところです。
ここはさまざまな木々が植わっていて美しいところです。とくに周辺にある東北大学植物園は、おそらく日本の植物園の中でも最大級の規模を誇っている。

最も多い樹木はコナラで約5000本、続いて多いのは、この地域に自生しているモミの木で、これが確か2000本ぐらいある。植物園と言っても、実際には大きな山で、これそのものが、城の裏手の守りになっていたところです。

ところが、その青葉城址を登っていって、仙台市を見降ろす伊達正宗公の銅像を過ぎて行くと、そこに護国神社が鎮座している。
ちょうどこの城跡公園の真ん中に位置しているのです。

護国神社は、いうなれば靖国神社の支社です。靖国神社は明治維新後にできた日本の伝統からは切り離された神社で、天皇のために死んだものだけを祀っていることに特徴がある。
それがいつ建てられたのかと言えば、まさに明治維新以降の、この地域での闘いの後なのです。

明治維新を前にして、東北の多くの県は、徳川幕府の側につきました。
筆頭だったのは、会津藩です。
会津藩侯は京都守護職として、幕末維新に荒れる京都の警備隊長になった。
その配下にあったのが新選組です。

公的テロリスト集団だった新選組は、長州の幕府転覆の野望を未然に防ごうと京都の町を駆けた。
そして京都に火を放って大火災を起こし、混乱に乗じて天皇を長州まで拉致してしまおうという、長州テロリスト集団の陰謀を察知、「池田屋」に切りこんで、事件を未然に防ぎます。

これに対して激怒した長州は、国元から軍団を京都に送り込み、御所前で会津軍と激戦。
こう着状態が続きますが、西郷隆盛率いる薩摩軍の加勢で劣勢となり、敗れて撤退していきます。
このとき京都は、御所以南がほとんど火事で灰燼に帰してしまいました。

やがて幕府は、「長州征伐」に打って出ますが、土佐浪人坂本竜馬の活躍で薩長の秘密同盟が成立し、反対に討幕ののろしがあがります。
時勢はいっきに逆転し、幕府は鳥羽伏見の闘いなどで、新式銃で武装した薩長軍に敗北。
以降、東へと壊走をはじめたのです。

やがて官軍となった薩長軍は、江戸城無血開城によって、江戸を占拠しますが、長州は積年の恨みをはらずべく会津攻撃を主張。
会津藩侯が蟄居しているにもかかわらず、会津若松に殺到し、城を徹底攻撃します。

会津の人々は籠城を選んで一矢を報いようとしますが、武力の差から攻め落とされてしまいます。
このとき官軍は、「天皇に逆らった」ことを理由に、会津藩士の遺体の片づけすら許しませんでした。

こうした流れの中で、奥羽の諸藩は、奥羽列藩同盟を組み、会津を支援。
その中心を担ったのが、仙台藩でした。とくに新政府が会津討伐を掲げたことに対し、会津の赦免を懇願。
これが受け入れられないと知るや、会津とともに反官軍ののろしをあげたのです。これは東北一体から北海道にまで拡大する勢力となった。
このためこれらの地域では、維新後の戊辰戦争を、「南北戦争」と呼称する場合もあります。日本を二分する内戦だったのです。

ところが政府軍の武力に奥羽列藩同盟は敵わなかった。次々と戦に敗れ、やがて降伏していきます。
以降、薩長政府による東北支配が延々と続いてきたのです。

青葉城址の真ん中にある護国神社も、このときの官軍の戦死者を弔ったもので、抵抗した会津藩士や、仙台藩士はもちろんそこから除外されている。
つまり会津や仙台を蹂躙した敵軍の兵士を祀る神社を、地域のアイデンティティの真ん中に建てざるを得なかったのがこの地域なのです。

そのため、それ以降の日本のアジア侵略では、天皇への忠誠を示すことが過酷に求められた。
かくしてつねに最も危ない戦場に東北の兵士たちは送り込まれた。そのときはじめて東北の人々は「護国神社」に迎えられた。
そんな歴史が青葉城址にはこもっています。

僕はかつてこの地を訪れたとき、東北大学植物園をはじめとするこの城山の美しさ、スケールの大きさに胸を打たれるとともに、その頂上から仙台市を見降ろす伊達正宗公の銅像に込められた人々の思い、またその横に護国神社を建てた人々の思いに心を馳せて、長いため息をつかざるを得ませんでした。
この国の、悲しい歴史の一端をそこにみた思いがしました。

ところが、仙台の人々、東北の人々は打ちひしがれていたばかりではありませんでした。
その象徴が、それこそ河北新報の立ち上げなのでした。

明治維新後、薩長政府の要人は、東北を侮蔑し、「白河以北一山百文」(白河の関(現・福島県白河市)より北は、山ひとつ100文の価値しか持たないの意)という蔑みの言葉を残しました。
これに対して、それまでこの地域で発刊されていた「東北日報」が経営難に陥った時に、まさに東北の意地を見せるべく、「河北」と改題して発刊されたのが、「河北新報」だったのでした。
1897年(明治30年)1月17日の創刊でした。

その河北新報に、311を経て、今再び、「東北の位置づけを変え自立を」という一文が掲げられた。「物言わぬ東北から物言う東北へ」というスローガンが掲げられた。
僕はこれを全身で受け止めていきたいと思います。

みなさま。
原子力発電所は差別の塊です。
最も電力が必要なところに建てるのではなく、もっとも電力を必要としないところにこの発電所は建てられる。
都会から離れた地域の方たちに、放射能漏れのリスクが強要されているのです。

しかもその労働体系も、7次受けとか8次受けとか呼ばれるような、下請け・孫請け体制によって成り立っており、原発ジプシーと呼ばれるような、権利を著しく制限された大量の労働者の使い捨てによって成り立っている。
被ばく労働を前提としたプラントなのです。

それが社会の中に存在していることは、私たちが差別の中に否応なしに立たされていることを意味しています。
私たちは好むと好まざるとにかかわらず、原発地域の人々、原発の中で働く下請けの人々の犠牲の上に、灯りを享受せざるをえなくなっている。

そのようなことはもう本当にごめんです。

誰かの足を踏みつけているものは、自分の足を踏みつけられても、声をあげることができないと僕は思う。

誰かが差別されていることを許すことは、結局、自分が差別されることも許すことです。
だから誰かを差別することは、自分で自分の尊厳を踏みしだくことだと僕は思います。

こうした構造をひっくり返すことこそが、本当の脱原発の道ではないかと僕は思います。
だから私たちは、東北の人々の痛みをシェアし、東北の人々を助け、なおかつ積年の東北への負担を減らし、東北に感謝し、東北に謝罪し、歩んでいかなければならないと思います。

以下、河北新報社説をお読みください。

***********************

東日本大震災 被災3ヵ月/東北の位置付け変え自立を

河北新報 社説 2011年06月11日土曜日

中心に居ると、周縁が見えない。国を治める者にとって地方は政策遂行のための
客体であり、地元の意向はしばしば無視される。

中心の身勝手さの例としては、被災地の苦悩を顧みることなく繰り返される不毛な
政争を挙げるだけで十分だろう。

大震災から3カ月、おぼろげながら見えてきたことがある。東北は国策に翻弄 (ほんろう)されている。
過去も現在も望まない役割を背負わされ、日本を下支え してきた。震災は国土構造のゆがみを白日の下にさらした。

日本の中の東北の位置付けを変えずして、本格的な復旧・復興などあり得ない。
東北の自立を主張すべき時だ。

仙台から南へ約1800キロ。在日米軍基地の75%が集中する沖縄で、こんな声を
聞いた。「今こそ沖縄から被災地支援を」

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先として日米両政府が想定する名護市 辺野古地区。
海上ヘリ基地建設に反対する人たちが5月初めから、「米軍への 思いやり予算を凍結し、被災地支援に充てよ」と、署名活動を始めた。

米軍駐留経費の負担について今後、日本側が5年間にわたり現行水準(2010 年度1881億円)を維持するという協定案が成立したのは3月31日のこと。
同じ額を被災者支援に回せば、50万人に毎月5万円を3年間支給できると反対協
の人たちは訴える。

共同代表の安次富(あしとみ)浩さん(65)は「被災者が苦しんでいるこの タイミングで思いやり予算をもらって、オバマ米大統領は恥ずかしくないのか。 基地も原発も、アメ(カネ)で地元をがんじがらめにするという点で根っこは同じ」と
明快だ。既に6千人以上の署名を集めた。

片や文字通り基地を提供することで日本の安全保障を支え、こなた電気や食糧、 人材を首都圏に供給する「基地」として。沖縄と東北が戦後、たどった道は 酷似している。

震災発生から3日後、沖縄の地元紙・琉球新報は河北新報の社説を引用しながら
「共助の精神は、独り東北地方だけのものではないはずだ」と訴えた。
沖縄が 東北の窮状に共感するのは単なる偶然ではあるまい。

沖縄国際大の佐藤学教授(政治学)は「人ごとの論理が、基地問題も原発問題も 見えなくしてきた」と指摘する。本土にとって都合の悪い基地は、沖縄の民意が どうあろうと押し込めておく。ネオンこうこうと輝く不夜城東京も、電源地帯に思いを 致すことなどしてこなかった。

平和を望むが、基地は要らない。電気は欲しいが、原発は来てほしくない。
「人ごとの論理」とは自己中心と同義語である。地元にもたらされる公共事業と雇用、
わずかばかりの補助金がそうした矛盾を覆い隠し、都市と地方を分断してきた。

一向に動かない基地問題にいら立ち、沖縄では「差別」と捉える見方が広がって
いる。地方を踏み台にした国の繁栄など私たちは望まない。物言わぬ東北から
物言う東北へ。大震災からの復興を歴史の転換点としたい。
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2011/06/20110611s01.htm

******

なお記事で紹介されている署名用紙を以下からダウンロードできます。
http://shomei.cocolog-nifty.com/

いや〜マスコミは残念ながら真実を伝えられず、それは広告費等に○○玉を握られちゃった:)自主性のない辛い存在でもありますが、どっこい、どこにでも、いつでも骨のある方や組織はあるものです。
電力関係者の中にも政府にも行政にもそんな方がいるはずです。
そういう方の活躍を祈願いたします。
また、皆で応援しましょう:)

その第一歩は多くの情報の中から真実を見極め、伝えあう一人一人の意識の進化とリアルなアクションだと思います。

顔晴れ〜自分も含め、パパたち:)

PS1
「被災者が苦しんでいるこのタイミングで思いやり予算をもらって、オバマ米大統領は恥ずかしくないのか。基地も原発も、アメ(カネ)で地元をがんじがらめにするという点で根っこは同じ」

オバマ大統領にはあらためて先日アップしたこの歌を

玄海町の町長や市会議員の皆様、佐賀県知事や県議会の皆様、九州の企業や九州人、また、全国の同じような立場の皆様、踏ん張って、顔晴って一緒にあたらしい仕組みを作っていきましょう!
切にお願いします。

PS2
縄文時代→聖徳太子の和の時代→江戸時代。
案外縄文肯定派は太子や江戸に対して否定的だったりしますが、和の文化の発酵という観点から見たらその三つは繋がりがあったと自分は思います。
逆に言えば、江戸のルーツは和、和のルーツは縄文と言えるのではないかと。

日本は西洋や東洋とは違い、DJのように文化をリミックスする能力に長けています。
その結果、「日本人」というある種、混血民族が生まれたとも言えるような。

21世紀はこの3つの文化をさらにバージョンアップした形で世界に示せれば、っていうか示すのが日本人の役目ではないでしょうか?

そう思うと今回の天災+人災はその大きなチャンスを宇宙が与えてくれたのかもしれません。
覚醒するにはピンチが必要。
そして、その物語には必ず悪役が必要。
その悪役が解ったからには彼らのダメなところはダメ!!!とハッキリと声を上げながらも許す意識が今問われているのかも。
難しいけどね〜でも、前に進むには必要なことなのでしょう。

LOVE&PEACEじゃなくてLOVE&SERVE:)

| Comments (1) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■カミカゼ+127時間

311以降の伝えたいこと、アップしようと思っていた食のデトックスについて、は、バージョンアップさせてあらためにしますね。

ここ1週間もいろいろとありました。
来週には報告出来ると思いますが、なんだか、急展開が:)

今までの人生を振り返ると「自力」「他力」とともに「カミカゼ」というエネルギーによって歩んでいたことが判ります。

「自力」はもちろん自分で。
「他力」は人の好意で。
何かを成し遂げるにはどちらも必要だと思います。

でも身の程を大きく超えた挑戦には「カミカゼ」というもうひとつの、「エ〜っ!!」っていうようなエネルギーが必要です。「カミカゼ」は自力でも他力でも起すことが出来ない〜まさに「神風」。ある種、「恩寵」といったものではないかと思っています。

ここ10年ほどの「神風実体験」はハワイ島ヒロの不動産物件でしょう。素晴らしくシンプルかつクラッシクな佇まい。お金があっても買うことが出来ないブツ:)手に入れたタイミング+手放したタイミング。もちろんその原動力は「自力」と「他力」でしたが、「奇蹟」といってもよいくらいの有り難い出来事でした。

ここ福岡は「神風」が吹いたところ。
社会も個人もパラダイムシフトを問われている「今」。
「神風」が吹いたら、恐れずに、畏敬の念を持って受け入れ、委ね、感謝して前に進みましょう:)

ピンクフロイドのこの曲を皆さまにプレゼント〜邦題「吹けよ風 呼べよ嵐」。

さて、観たかった映画が公開されています。
イカした映画だった「トレインスポッティング」「ザ・ビーチ」「スラムドックミリオネア」の監督ダニーボイルの最新作。

「127時間」

今晩、ワーク終わったら行こうかな?
ボイル監督作品は音楽もいい〜今回はどんななのだろうか?
楽しみ!

PS
明日はPEACEでダチャンボです〜久方、出店。
チケットまだありますよ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■LOVE&SERVEはスラングで…

欧米諸国ではベジフードは当たり前のワンチョイスのジャンル。
特に80年代後半の狂牛病以降。

日本はなかなかおいしくて満足するベジフードを提供する店がないので彼らの間では口コミやWEBでMana Burgersは結構広がっている模様。
そんなわけで世界中の方が福岡に来た時にわざわざ来マナ、食べに来てくれます。
彼らにはとても感謝され、こちらにとってもとても有り難い嬉しいことです。

先日、白人のフレンチシェフの女性が来マナ。
豆腐を作りたいようで「トーフ作るときに入れる、なんだっけ?」と訊ねられたので「ニガリ?」っと答えたら「違う」とのこと。
俺は元豆腐と湯葉の職人見習いを40代初頭にしていたのでこうみえても素人ではない。「ニガリじゃないの?」と…。

そこで閃いたのは葛。
「クズじゃないの?」といったら「違う違う、3文字だった。」とのこと。
「じゃ〜ニガリだよ」、「いやいや〜違うサウンド」…「最初がケだったか?コだったか?」
お互い「???」だったけど、結果、「クズコ」ということで無事問題解決。

葛を入れる豆腐は前に紹介したこれですねぇ〜やるなぁ、フレンチシェフ:)

そんなやり取りのあとに彼女に教えてもらったのが、俺たちがユニフォームとして着ているTシャツの胸にある言葉。大好きな言葉「LOVE&SERVE」ついて。

110724.jpg

「その英語の言葉のスラング知ってる?」
「知らない。」
「“奴隷”という意味もあるのよ。昔、白人が黒人に向かって使ったりしたのよ」とのこと。

…なんとも皮肉な言い方。
本来の意味はもちろん違う。
引き続き本来の意味で「LOVE&SERVE」をやり続けたい、やらせてもらいたいと決心しています。

皆さんにとって「LOVE&SERVE」とはどんな意味?どんなこと?何でしょうか?
311以降のニッポンの大人たちにとって、「LOVE&SERVE」を考えること、実践することはとても大切だと思います。

皆で真面目に面白楽しく「LOVE&SERVE」を生きましょう:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■理絵

自分は3人兄弟の一番上、また、たった1人の男で長男です。
妹が二人〜年子の瞳、そして、7つ下の理絵。
理絵という名前は小学校の一年生だった自分がいくつかの候補のなかから選んだものです。
他の名前は忘れちゃったけど、なんでかこの漢字の組み合わせに子供ながらやられてしまって〜:)

今の自分が理屈をこねると「理」という普遍的な真理となんか科学的なきっちと数学的に説明出来る気持ちよさ。
「絵」という言葉では現せられない景色や感情をまさしく「絵」にして表現する、また、なんか何ごとにも束縛されない自由を感じ。
科学と不思議、目に見えるものと見えないもの、どっちがではなくどっちもの合体のような〜ある種、バランスを感じてしまって…

なんて…そんなこと一年坊主が考えるわけはないのですが…笑

家族のなかでお変わりな俺を、また、迷惑ばかりかけている俺を、唯一、いつもどこか理解してくれて助けてくれていた理絵。
きっと、最終的な名付け親:)でもある俺に尽くしてくれたんだろうと思う。

彼女は10数年前に亡くなりました。
まだ3歳の女の子を残して。

その娘、芽吹も高校2年生です。
叔父さんらしいこと、な〜んもしてあげてないけど、やっぱ、血は繋がっている。
顔が似てるんですよね。
妹に出来なかった恩返しが彼女に対して出来るかな〜何が彼女のしたいことなのか…
そんな手伝いを出来れば〜伸び伸び自由に、ささやかでもいから幸せに、名前のように芽吹いて実をつけてください。
顔晴れ、芽吹&叔父さん=俺も、

今日、福岡のレッドグッドスピードの理絵ちゃんと楽しいバカ話を久方。
そんなんで理絵のことを思い出した次第です。

しんみりしちゃってるわけではなく、久方に理絵と触れ合えたような〜嬉しいなぁ:)
俺は魂の存在信じてますから。

妹の理絵、ありがとうございました〜相変わらず、兄貴は凸凹ですが御陰様で生きてます。
レッドグッドの理絵ちゃん、妹を思い出させてくれて、これまた、ありがとうございます。
俺の4度目の結婚式には招待しますね〜どこ行きたい?〜なんちゃって:)

PS
もう1人の妹、瞳は元気に生活しています。
彼女と彼女の家族に幸あれ!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■窯変

よう‐へん〔エウ‐〕【窯変】
[名](スル)陶磁器を焼く際、炎の性質や釉(うわぐすり)の含有物質などが原因で予期しない釉色(ゆうしょく)・釉相を呈すること。また、その陶磁器。変化を求めて作為的にも行われる。火変わり。

先日、読んでいた健さんのエッセイのなかに「窯変」ということばが使われており、いいことばだなぁ〜と思った次第です。

故郷熱海で昔、一緒に仕事(家業の山田屋)をしていた陶芸家の佐藤弘人さんと久しぶりにフェースブックで繋がり、挨拶を交わしています。かれこれ一緒に仕事をしていたのは25年ほど前になります、か…

その頃、お互いに今思えば人生の核になる何かを探しており、自分はヘルシーフードの世界に、さらにそこからライフフォースの世界に。彼はその後、メキシコに旅立ち、結果、陶芸の世界に身を置きました。

「窯変」〜窯で焼物を焼いて、思いもかけない色が出ること〜きっと陶芸家の彼はイメージした作品をカタチにしたい、創りたいと思いつつ、実はいつもそれを楽しみにしているんだろうなぁと思います。
自分も陶芸家ではないですが、それを楽しみに生きてきたような〜だから健さんのこのエッセイに惹かれたのだと思います。

ヒトとヒト、モノとモノ、トキとトキ、さらにそれらのミックスで新しい思いもよらないものが生まれること。
なによりも感動しますし、それは天からのギフトともいえます。
またそれを感じ発見することで、傲慢な自分がどこかなぜか、必ず大いなる存在〜自然でも宇宙でも神でも真理でも美でも、自分にあった言い方でいいと思いますが〜に「頭を垂れる」ことができます。

自分があるときから使っている「毎日が生活観光」という言葉は「毎日が窯変」ともいえるなぁ〜と思った次第です。

もうひとつ「毎日が日替わり(火変わり)」でもあるよね〜でしょ?弘人:)

1110211.jpg

不死鳥のように毎日が…

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■切腹の起源

電通の知人が制作に関係し、観たら?と勧めてくれたこれ。
ちょっと前に、鑑賞。


『一命』

三池崇史監督の「十三人の刺客」に続く、リメイク版です。
内容は大満足とはいきませんでしたが、海老蔵はなんだかんだやっぱ、花があるなぁ〜絵になるなぁ〜とは思いました。

でも、個人的にはこの映画の元になったこちらの方が好きです。


『切腹』小林正樹監督

知ってます?
切腹の起源???

wikipediaより転載。

『切腹(せっぷく)は、自分の腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。主に武士が行った日本独特の習俗。自身や臣下の責任をとり、自身の身を以て家の存続を保とうとする行為。近世からは、自死のみならず処刑の方法としても採用された。腹切り(はらきり)・割腹(かっぷく)・屠腹(とふく)ともいう。』

『切腹は、平安時代末期の武士である源為朝(1139年(保延5年) - 1170年(嘉応2年))が最初に行ったと言われている。
これとは別に藤原保輔(ふじわらのやすすけ)が988年(永延2年)に事件を起こして逮捕された時に自分の腹を切り裂き自殺をはかり翌日になって獄中で死亡したという記録が残っているが、彼の場合は切腹の趣旨である「己の責任を取るために自ら命を絶つ」という意図で切腹したか明確ではなく「切腹ではない」という解釈も可能なので、その意味では最初の切腹を行ったと断定できる人物は源為朝である。

また、一般には鎌倉時代に武士の習慣と武士道が広まるに従って定着し、中世から近世を通じて行われたと思われている。

近世以前の事例を見ると、一部の例外を除いて、切腹は敵に捕縛され、斬首されることを避けるための自決に限られている。戦に敗れたから即自決と言うわけではなく、地下に潜り(逃亡し、本当の身分を伏せて生きること)再起を図ろうとする武士も大勢いた。また、壮絶な切腹は畏敬の念を持たれることもあるが、切腹自体は自決のひとつに過ぎず、特に名誉と見られることもなかった。武士の処刑も全て斬首刑で、身分ある武士と言えども敵に捕縛されれば斬首刑か、監禁後に謀殺であった。

戦国時代後期から徐々に切腹の概念が変わって来た。豊臣秀吉が高松城を攻めた際、講和条件として城主・清水宗治の命を要求した際、宗治は潔く切腹して果てた。その時の宗治の態度や切腹の際の作法が見事だったため、秀吉も感服し、それ以降、切腹が名誉ある行為という認識が広まった。その秀吉は、豊臣秀次、千利休らに対し、刑罰として切腹を命じている。また、関ヶ原の戦い、大坂の役での敗軍武将への処刑は全て斬首刑であるが、古田織部・細川興秋など豊臣方与力と看做された者は切腹させられている。

その後も、江戸時代に改易された大名(家取り潰し)が切腹させられた例は殺傷事件を起こした浅野長矩・前田利昌など極めて例外的であることは注目に値する。

処刑方法としての切腹は、1873年(明治6年)に廃止され、以後、日本における死刑では絞首刑が用いられているが、切腹を自殺の方法として用いる例は、明治時代以降も軍人や右翼の間に見られる。切腹を武人らしい名誉ある自決とする思想は残った。このため、軍人や右翼も自決方法として、しばしば切腹を用いる。

旧日本軍においては将官の自決に行われ、明治天皇に殉じた乃木希典陸軍大将、特攻の父こと大西瀧治郎海軍中将、鈴木貫太郎内閣の陸軍大臣であった阿南惟幾陸軍大将等があり、最近の事象としては、1945年(昭和20年)8月25日に、東京都内の旧・代々木練兵場(現・代々木公園)で、「大東塾十四士」が古式に則り集団割腹自殺をした事件や、1970年(昭和45年)11月25日に作家・三島由紀夫が陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内で演説を行ったのち割腹自殺した事件(三島事件)などがある。』

『切腹は、日本独自の習俗であることから、研究対象として、あるいは興味関心の対象として、注目された。英語圏においては、「腹切り」(harakiri)としてそのまま英語の単語になり、オックスフォード英語辞典の項目に採用されている。

新渡戸稲造は、1900年に刊行した著書Bushido: The Soul of Japan(『武士道』)のなかで、切腹について、腹部を切ることは、そこに霊魂と愛情が宿っているという古代の解剖学的信仰に由来する、と考察している。

戦での首切りの習慣や周辺諸民族の風習と併せて考えると、切腹は南方諸民族の共有していた生命観に行き着く。すなわち、命は腹や頭に宿っており、勇敢な戦士の魂を自分のものとするために斬頭したり、自己の魂を見せつけるために切腹したりするのだと考えられるのである。』

な〜るほど。
このような本も発見。

1111211.jpg
●千葉 徳爾/日本人はなぜ切腹するのか

電通の知人とも話してたのですが、『切腹』…出来るだけの胆力、今の自分には到底ない、です。
『切腹』だけが胆力の象徴とは言えないけど、その心意気には頭が下がります。

PS
21世紀は『母性の復活』だとしたらそれは『父性も復活』しないと…バランスが悪い。

優しい母〜女性らしい女性。
怖い父ちゃん〜男らしい男。

金のみのビジネス=ある種、女々しい男の世界が世の中を悪くしている時代〜こんなご時世になると、「目覚めよ、野郎たち」でしょうかね:)

はたして、自分は「男らしい男」になれるか?
残りの人生のテーマです…ね:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■勤労感謝の日・新嘗祭・サイババ

本日は勤労感謝の日。

勤労感謝の日は戦後国民の祝日が定められた際(1948)に「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨で定められました。
アメリカのLabor Day に相当するものと思われますが、アメリカのLaborDayは9月の第1月曜です。しかしこの11月23日は明らかに新嘗祭を意識して定められたものと思えます。

1111231.jpg

新嘗祭(にいなめさい)は古くからの国家の重要な行事であり「瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である大王(おおきみ=天皇)が国民を代表して、農作物の恵みに感謝する式典でした。「新嘗」とはその年収穫された新しい穀物のことをいうそうです。昔はその年の新米は新嘗祭が終わるまでは誰も食べないのが習慣だったそうです。

ワインを有り難がるのなら、日本人ならお米!じゃないっすかね。
など、ちょい、厭味を言ったりしちゃって:)

「勤労感謝の日」ならLabor Dayに相当しますが「新嘗祭」ならむしろThanks Giving Dayに相当するのかも知れません。これは11月の第四木曜です。日程的にも日本の現在の新暦による新嘗祭と重なりますね。

「たべもの」というのは実は「お金」や「電気」よりも大切なものです。それがなくては生きていけませんよね?「お金」があれば「たべもの」は買えると今の日本に住む自分たちは思いますが、はたしてそうでしょうか?そんな経験をしたくないですが、いざとなったら「たべもの」のほうが大事だということは判ると思います。価値というものは必ずしもイコールお金ではないのです。

本来「たべもの」は「いのち」と同じで作れるものではなく与えられたものだと思います。そう考えると、勤労感謝の日というよりは、実りの秋、収穫祭〜おおいなる天=宇宙と地=地球と生命への感謝の日と言えますね。いかがですか?
新嘗祭・Thanks Giving Day〜本来の趣旨はこちらかなぁと思います。
天皇制を認める人、認めない人、そんな次元ではなく、生かされていると思える人間なら誰しもが持つべき、感謝だと思います。

あと、本日は大好きなインドの魂の親父さん、サイババの誕生日でもあります。残念ながらババは本年肉体から離脱しましたが、魂は永遠。ちょうど、ここ福津は今サンセットタイム。オレンジ色に光っているお日様がババのようで:)

もろもろ有り難うございます。
そんな気分になってしまいました。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■謹賀新年

1201013.jpg
フジヤマと大きな樹〜美しい自然豊かな母国よ、再び:)

1201014.JPG
成田屋「にらみ」〜江戸時代から邪気よけや病気治癒などの吉例といわれてます

NIPPON ふじのくにから From Sunjay

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふじのくにからひのくにへ

2日間だけ、と思っていたお江戸。
結果、年を挟んで2週間ほど〜後半は故郷熱海でしたが〜毎日、次から次へと処理することが起こり滞在。

久方の熱海では、そうか、もう37年か…というわけで父親の37回忌を急遽家族たちで行ったりもしました。明日1月4日が親父さんの命日です〜当時自分は15歳でした。
お袋+妹 瞳さん+甥っ子 ヒロキくん、お疲れ様でした。

医王寺の高田和尚、ありがとうございました。
彼とは産まれた時から!の付き合い〜1つ自分のほうが学年が上ですが。
お互い玉川っ子でもあります、久しぶりに交歓も:)

母親とも久しぶりの交歓。
一緒に紅白も〜自分は久方の紅白でしたが、あまり興味のなかった長渕剛さんのメッセージ+歌+ライティング等の演出に感動。
天災で亡くなったイノチ+人災で苦しんでいる方たち…大いなる供養と励ましになったのでは。

歌う前のメッセージも素晴らしかった。

自分は昨年の「想定外」の体験から実はNPOを作ろうと思い、具体的に昨年末から、SAI大恩人たちのアドバイスをいただきつつ、動き始めた。

目的はTAO Labのミッションと変わらない。
なぜならこれが自分の人生のミッションだから。

■Our Mission
【 皆応天命 】
*Spiritualty …天命開花のために奉仕する…

【 人類向上 】
*Evolution …人類進化のために奉仕する…

【 世界平和 】
*Unity …安心立命のために奉仕する…

でもこれをやり続けるには311以降、会社よりNPOの方がやりやすいと感じています。
凸凹の自分が言うのも恥ずかしいけど、目指すところなんでお許し下さい。
ステージとやり方を変えて、加速していきたいと決心しています。

具体的なイメージや手段は「点」としては見えてきている。
これを「線」にし、「カタチ=アクション」にする時はぜひ、長渕さんにも手伝ってもらいたい〜毎度のことながらそんな妄想:)もしてますよ。

この件はこれからも伝えていきます。
具体的になったら会員になって応援してください。
よろしくお願いいたします。
もちろん、食も大切なパーツではあります。

さて、福津への帰路。
久しぶりの新幹線。

こんな体験をしましたよ!

一つめ

自分は案外不思議ちゃんで、感じやすいところがあります。
最近得に。

ヒロシマ近くなったら頭が痛くなり、延命十句観音経(大恩人の僧侶に教えていただき、それ以来20年近く毎日あげています)を手を合わせ、ヒロシマ駅+街中抜けるまで祈らせていただきました。
なんだか夜のせいもあるだろうけど、町の夜景+川が何本か流れているのですが寂しい感じですね。

多くの方が悲しいことに先の戦争で原子力爆弾というあまりにも惨い武器により一瞬のうちに亡くなってしまった…そんな死に方をした魂は成仏しているのだろか?苦しんでいるのではないだろうか?
準備して近い将来、ここで慰霊祭やりたいと思いました。
これは自分のやりたいNPOの活動にも繋がります。

二つめ

温泉ではないのですが、神社の境内(下記、宮地獄とは違います)にあるサウナ付きの大きい銭湯が福津にあります。
夜中の24時までやっており、昨晩、マウイ戻ってきたらすぐにプリウスに乗り、やっているかなぁ~と思いながら向かいました。
23時過ぎに到着。
有り難いことにやっていました。

脱衣所に入ったら張り紙。

「一般の方は23時までになるたけ出てください。
23時から24時までお宮さん関係者の方が入ります」

???
ここの神社や近くに宮地獄神社という渋い神社があり、その関係の方がはいるのかなぁ~と思っていました。
遅くまでご苦労様です~ってな感じで浴槽に。

ぼちぼち人がいました。
浴槽はいくつかあり、年末から入りたかった念願のサウナへ。

最初は一人だったのですが、しばらくしたら刺青の方が。
どうみてもファッションではない、彫り物。
だいたい、公衆浴場は刺青のお客様お断り!とここ九州でも書いてあります。

でも、なんだかんだいって、ここは本場。
遭遇するのは初めてだけどお正月だし、と思ってました。

サウナで入ったり出たりしているうちに、なんだか、刺青している方が多くなってきました。
今宵はなんだか…特別?

それにしても刺青の人たちはサウナに強い~長時間入っていられる。
職業柄か、黒いエクトプラズムを出すすべを知っている…

ボチボチ出ようかと思い、風呂から上がり脱衣所にもどったら、若い子から老年までやたらに人が多くてビックリ。
なんだか皆顔つきやニオイが共通…これから皆、風呂のようですが、刺青している方や入れ始めたばかりの若者も。

なぁ~るほど、と、合点がいった次第です。
お宮さん関係とはテキ屋さんなんだぁ~と。
芸能とかテキ屋さんとかはどこか、神仏と繋がっている。
良い悪いを超えた日本の文化でもあります。

893さんを肯定するわけはないが、真の任侠道はサムライスピリット〜大和魂へと繋がっていると思う昨今。
どう思います?

ヒロシマ+お風呂、本日も感じ、学んだ次第です:)

PS
食をやるなら九州〜ひのくに。

1201033.jpg
ニッポンを応援し、さらに世界平和のためのNPOなら、自分の中ではふじのくに〜静岡。

富士山のある故郷静岡県がちょうど地理的に真ん中でバランスいいし(右翼でもなく左翼でもなく、みんなで仲良く…という意味も込め)、国内+世界に向け、ニッポンを象徴するシンボルでもあるし。
どうですかね?いいかなぁ〜と思ったりしています。

富士山見え+温泉あったらベストですが、どこか場所提供していただける方がいましたらよろしくGO-EN:)お願いします。

1201030.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■弥生DAYS 1〜移動+福岡編

2012年3月3日
午前中熱海から大阪へ〜プリウスで。
車内では音楽三昧。
ある種、あっという間。
よかった、距離を楽しめた:)

夕方、大阪着。
久しぶりの道頓堀。
やっぱ、大阪はぶれいどらんなー:)

港に向かう。
フェリーに乗るため。
2度目の利用〜門司まで。
途中、アーサー牧師の故郷、西成区を偶然通る。
通天閣大阪のブルックリン。
釜ヶ崎=あいりん地区とバックパッカー。
スーパー玉出に驚く。

大阪から門司までは船。
大阪までは全行程の2/5。
残りのは3/5〜その距離を船だと約13時間の旅。
時間はかかるけど、また格別。
また船旅はお風呂が嬉しい〜何度も楽しみました:)

マナフード。
今回は車+長旅だから炊飯器を持ち込む。
自分は日常茶飯事は発芽玄米ゴハン(さらに酵素発酵)と豆腐&納豆や漬け物でジャストインナフ。
それにみそ汁があれば、毎日でも問題なし。
さらに日中はローフード=生の野菜やフルーツやナッツそのまんま。
そんなのが自分のおまんま
凝ったものやご馳走が食べたいんじゃなくて、シンプルに生命力いただければそれでいい。

翌4日朝、門司着。
そこから糸島に向かう。
途中福岡でAさんをピックアップ。
彼女はお江戸から飛行機で。
今回の九州福岡はPOで使っていた荷物もろもろ整理+引っ越し。

前原、昼。
さ〜ぁ、荷物の整理だ。
蟻さんのように働く。
開く、分ける、詰める、運ぶ…繰り返す。

糸島の大好きなベジタコスを食べさせてくれるクロちゃん登場。
もろもろ荷物を引き取ってもらう。
あっという間に日が沈む。

夜、自然農を営む若者たちと集う。
糸島在住、尊敬する女性の1人、自然農界のハイジこと:)松尾さんの皆、お弟子さん。
はじめましての新婚さん、ようこちゃん+オハイヨくん宅に2晩お世話になる。
オハイヨくんは韓国の青年。
来日1年ちょいなのにバカ上手の日本語。

二人で深夜までいろんなこと語り合った+教えてもらった韓国のこと。
超面白かった、ありがとう!
亜細亜。
あらためて故郷ニッポンと亜細亜を見直したい。

5日、前日に続き蟻さんワーク。
本日もクロちゃん登場+今日は家族全員で。
息子の3歳、たいちくんも大活躍、ナイスボーイ:)

夕方、ポップコーヒーの吉田さん、久方現る。
相変わらずのこちらもナイス赤塚ガイ:)

その後、警固の店の件で市内へ。
川口不動産専務と話し合い。
結果、4月に完璧に店を大家さんに戻すことに。
次にやりたい方が現れなかったのは残念至極。

でも、次の目標が出来たからには中途半端は良くない。
自分はTAO Labの会長になり、POから離れ、NPOへ。
そのためのリセット。
昨年は公私に渡ってもろもろ一杯ハートにきちゃいました。
その結果の決断。

広尾の店はこの春、渋谷駅ビルにも進出。
Aさん、この世界ではド素人のzettonと四苦八苦試行錯誤、顔晴ってます:)
引き続き、TAO Labのミッションワークのひとつ=マナフーズを広めること。
そのためには実績のある企業を変えることも効果大。

ManaBurgersはある企業家と話し合い中。
上手くお互いさまになるのなら年内にお江戸のええとこ:)でリスタート。
どうなるか?
企業家や企業、投資家やお金持ちの意識が変わってくれたら嬉しい。
彼らが金儲けとともに本心から本気で“世のため、人のため、自分のため:)”にやってくれたら〜
時間がないよ、崖っぷち、21世紀の地球人。
いつもやられっ放し:)だけど、どっこい、俺は“懲りないクン”…応援願います。

福岡の皆さまへ
2008年突然、いきなりUFO:)のように警固に出現したManaBurgers。
いきなり、突然、皆さまの生活空間からは消えますが、マナそのものはどこにでもあります。
それを感じ、生活に取り入れてください。
それをお伝えするのが自分たちの本当の役目。

物理的なManaBurgersは近い将来、里帰り出来ることを願っています。
なんせ、ManaBurgersはここ福岡で生まれたのですから。
皆さまに感謝ともに再見!

夜、再び前原。
蟻さんワークほぼ終わり。
お疲れ様でした〜Aさん。
明日は引っ越し屋さんに引き渡し。

その後、仁礼さん宅へ〜お初。
彼は著名な音楽カメラマン。
311以降、家族とともに湘南から糸島へ。
本年は公私に渡ってこちらでお付き合いと昨年は思っていたけど、自分は逆に東へ、ふじのくにへ。
伊豆や湘南が活動拠点となります。

霊の話や音楽の話。
どちらもバイブス。
やっぱ、見えないバイブスの話を“わかるかんじる人”と話すのは楽しい。
これからもよろしくお願いします!

昨晩+一昨晩、なんでか珍しく寝れず。
でしたが、この晩は短い睡眠時間ではありましたがぐっすり。
有り難かった。

6日、本日は蟻さんワークは終了でしたが諸々雑用。
引っ越し屋さん仕切りはAサンにお願い。
その後、連絡をいただいたサンセットライブ林さんに会う。

本年、サンセットライブは20周年とのこと。
311もあったし、いろんな意味で特別なイベントにしたいとのこと。
そのための相談。
嬉しいなぁ〜頼りにされるのは:)
どうなるかわからないけど、一肌脱がせていただきます。
個人的にも頼まれたことが実現したら嬉しい:)

この晩は福岡市内のお気に入りだった源泉温泉へ。
そこはなんとも個性的な感じ。
泊まれるので初めて泊まってみた。
温泉はイカすけど、部屋はタバコ臭くて、快適ではなかった。
宿泊まる時に持ち歩いているアロマランプが大活躍。

7日。
福津へ。
ちょうど一ヶ月振りのマウイ。
今日は沖縄に向かいます。
乗ってきたプリウスをしばらく置かせてもらいます。
やっぱ、ここの景色は絶景だ!
なにもない部屋はまるで水槽の中にいるような景色だった…

住んでいた部屋はこのあと大阪のダンサー津絵さんが住む。
ミュージックライターもやっている彼女はハワイのスピリチュアルの本をここで翻訳したいそうだ。
福津に住む福絵さん、楽しみにしてますよ:)

空港までマウイのやんちゃカイトサーファーの菅さんが送ってくれる。
彼は口は悪いが、心は優しい。

そして。
飛行機遅れましたが数時間前に無事、沖縄へ。
久しぶり。
暖かいというよりはちょい熱い〜嬉しい、超嬉しい:)

車をゲットして那覇から58号線を走ること40分足らず。
この景色、いや〜日本じゃないな、やっぱ、沖縄。

ビーチフロントにたたずむコンドミニアムタイプのお手軽な宿へ。
やはり海の音はいいなぁ。海際はいいなぁ。
有り難いことにいつもそういうところに居させてもらっている。

ざ〜ぁっと書き連ねました。
やっとこさ、落ち着いた。
さて、ゆっくりジャクジーに入って、寝よ。

明日はもろもろデスクワークせねば。
鶴田さん、得さん、ゴメンナサイ。

あらためて明日日中の景色、ローケション楽しみ。

今回写真なにもアップせずでお許し下さい。
では、いざ、お風呂へ。
読みたかった本を持って:)

PS
16年前の同日3月3日、四国歩き遍路に旅立った…
今回のボディーマインドスピリットのリセット、リチャージ、リフレッシュトリップはいかに???
まずはなにはなくとも多謝!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■弥生DAYS 2〜沖縄北谷編

さて、2日間滞在しているのはここ。
北谷
沖縄では、「ちゃたん」と読みます。

滞在先はここ。
沖縄オーシャンフロント
お手軽で、清潔、また環境がなんともエイジアで気に入りました。
大型犬を連れた外人さん、多いなぁ〜基地が近くに多いからか。

本日は雨降ったり、晴れたり、いろんな天気。
デスクワークとともに、ちょこと町に日中と夜出ました。
その模様は久しぶりにツイート

さて今回は福岡から那覇までは飛行機でしたが、これだけはよっこらしょ:)と持ってきました。
最近、愛用している炊飯器。
玄米を短時間で発芽してくれて、さらに炊飯。
またここから酵素玄米にも出来る。

1203081.jpg

もちろん発芽をゆっくりさせて、圧力鍋でじっくり炊き、さらに保温してしっかりと酵素玄米へ〜というプロセスが通常ですが、ある種の便利さで気に入っています。
超お手軽。

移動が多くなるとやはり外食が多くなり…でも、食べれるものが限られるし、また、ご馳走食べたいわけではないし、マナ少ないし…といった三重苦がなんとも。

今回の沖縄の目的は前にもお伝えしたようにこの2つ。
メインイベントは巡礼。
となると、やっぱ、マナ溢れる素食が一番。
荷物になるけど、エイヤ!と今回は持ってきました。

このゴハンに、あとは沖縄ならではのゆし豆腐があればジャストインナフ。
ゆし豆腐にそのまま、醤油や味噌、納豆やショウガで。
大満足。

1203082.jpg
*「ゆし豆腐」とは「おぼろ豆腐」のことで、にがりを入れて固まりはじめた、型に入れる前のふわふわした豆腐のこと。大豆の風味が一際美味。ビニール袋に入れられ売られている。

時間もほとんどかからず、これぞ、自分なりの最速ファーストフード!
本日もローフードとともにこのゴハンの組み合わせで一日が終わりました。

さらに超固い島豆腐や香ばしいジーマーミ豆腐、和製植物性チーズともいえる豆腐ようもせっかくだから楽しんじゃいましょう〜:)

さて、明日は名護へ。
明後日から行われるこのイベントのお手伝いに。

ティダノワ祭

そして12日からはアーサー・ホーランド牧師の日本列島縦断十字架行進を一緒に歩きながら、祈りながら、お手伝い差し上げます。

311から一年、多くの方が亡くなり、また多くの方が未だに苦しんでいます。
ここ沖縄はまた、先の戦争で多くの方が亡くなった場所。

過去も今も、さらに未来すらも…苦しみや悲しみが続く…渡世。

人々が平安でありますように…
スピリットが平安でありますように…

その結果、世界が平和に…だと、思う。
合掌。

福岡では今までのPOの整理。
沖縄ではこれからのNPOの第一歩。

いざ、進まん!

おまけ
前にオリジナルをアップしましたが、今回はこのバージョンで。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■弥生DAYS 3〜沖縄オンザビーチ編

名護。
そこからちょい離れたビーチサイドに。

調子が今ひとつになっている…やばいなぁ〜でも、しぁ〜ない、耐える。
民ちゃんからこんなメールが。
「太陽フレア活発だからみんな頭痛とかだるいよ」

そうなのか?

明日+明後日は…ティダノワ祭

「ティダノワ」とはうちなぁぐちの造語で標準語で言うと「太陽の輪」という意味。
これも意味深だけど、なんとも、意味深な…そんな時、そんな今。

でも11日は参加出来ないのが残念だ〜このバンド観てみたかった。


FRYING DUTCHMAN "humanERROR"

11日はアーサーさんと一緒に。
物理的な空間を超え、名護のUAたちとともに、日の本の皆とともに。

おまけ

政治家やビジネスマンは仁と義がない方たちだらけだけど、ミュージシャンにはいるよな〜たくさん。
せちがない世の中だからこそ、ユーモアと風刺も忘れず…流石、吟遊詩人たち…宝です。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■18993日目

こんなメールをいただきました。

tra さま

52歳、お誕生日おめでとうございます。
今日は、あなたが生まれてから18993日目です。
今月は、あなたが生まれてから643月目です。

●traさんの、ただいまの各惑星の周回数です。
※2012年03月17日 現在
[惑星][周期] [周回数]
1. 水星 88日 ----- 215 周 と、80日(九分の八)
2. 金星 225日 ----- 84 周 と、119日(半分)
3. 地球 365日 ----- 52 周 と、0日(※丁度)
4. 火星 687日 ----- 27 周 と、446日(八分の五)
5. 木星 12年 ----- 4 周 と、1670日(八分の三)
6. 土星 30年 ----- 1 周 と、8257日(四分の三)
7. 天王星 84年 ----- 0 周 と、18993日(五分の三)
8. 海王星 165年 ----- 0 周 と、18993日(四分の一)
9. 冥王星 248年 ----- 0 周 と、18993日(五分の一)

※端数の日数の角度を、分数で表記しています。

●traさんの、52歳の“惑星の記念日“
今年一年のあなたの“惑星の記念日”をお知らせします。
あなたの生まれた日に、各惑星がいた方向と地球の重なる日が、“惑星の記念日”です。
水星~冥王星まで、9つの惑星の自分だけの記念日は、誕生日のように毎年、決まった日付けで巡ってきます。

2012年04月02日 水星記念日 太陽黄経192度51分
2012年04月27日 海王星記念日 太陽黄経217度31分
2012年06月11日 木星記念日 太陽黄経261度01分
2012年07月03日 土星記念日 太陽黄経281度43分
2012年07月13日 火星記念日 太陽黄経291度01分
2012年07月17日 金星記念日 太陽黄経294度49分
2013年02月08日 天王星記念日 太陽黄経139度29分
2013年02月23日 冥王星記念日 太陽黄経155度00分

~生まれてきてくれて本当にありがとう~
【traさんの誕生日】1960年03月17日
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=19600317
【本日の惑星配置】2012年03月17日
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20120317

1203171.jpg

…いつもありがとうございます〜:)
以上はこちらからいただきました。
“太陽系時空間地図 地球暦”

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■WALK終了と沖縄戦

本日アーサー牧師のWALK ACROSS JAPAN 沖縄編が無事終了した。

あらためてアーサーさんの男気とピューアーな信仰心に打たれた。
アーメン〜リスペクト!

また今回はじめましてで濃いい日々をともに過ごさせてもらった伊達さん&河合くん。
ナイスジョブ〜リスペクト!

明日は一日フリーとなったので、個人的に再び平和祈願公園に感謝と祈りを込めて慰霊に立ち寄ろうと思う。

沖縄戦は1945年3月26日から始まり、主要な戦闘は沖縄本島で行われ、組織的な戦闘は6月23日に終るはずが3日早く6月20日に終了した。
沖縄戦において、日米両軍は、総力を挙げて死闘をくり広げた。

米軍は物量作戦によって、空襲や艦砲射撃を無差別に加え、おびただしい数の砲弾を打ち込んだ。
使用された銃砲弾の数は、アメリカ軍側だけで2,716,691発。このほか、砲弾60,018発と手榴392,304発、ロケット弾20,359発、機関銃弾3,000万発弱が発射され、地形が変わるほどの激しい艦砲射撃が行われたため、この戦闘を沖縄県では「鉄の雨」や「鉄の暴風」(英:Typhoon of Steel)などと呼ぶ。

この「鉄の暴風」は、およそ3カ月におよび、沖縄の風景を一変させ、沖縄戦での全戦没者は20~24万人とされる。
沖縄県生活福祉部援護課の1976年3月発表によると、日本側の死者・行方不明者は188,136人で、沖縄出身者が122,228人、そのうち94,000人が民間人である。
日本側の負傷者数は不明。
アメリカ軍側の死者・行方不明者は12,520人で、負傷者72,012人であった。

戦争で亡くなった方たちに敵も味方も無い。

1203223.jpg

今、読んでいる「小林照幸/ひめゆり 沖縄からのメッセージ」は当時の模様からその後の沖縄について書かれています。

10代の頃からご縁が多かった沖縄についてはあらためてふじのくにに帰ったらたどってみようと思います。

1203232.jpg
「沖縄戦の図」

合掌

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■春夏秋冬そして春

泉谷しげる 名曲

季節は巡り、自然は流れ…
宇宙は廻り、人は…

キム キドク監督作品

巡り、流れ、廻り、そしてどこにいくのだろうか?

春夏秋冬…

そしてふたたび春が…
救われるなぁ…

晴れるや

明日は花祭り

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ふろむさーふぁーずぱらだいす

つぶやきましたが、WiFi、手に入れました。

さて、昨日ブルスベンからここサーファーズパラダイスへ。
昨日も本日も晴天:)

ブルスベンでいたところはセントラル。
1204206.JPG
ちなみにアンマダルシャンはとなりの駅〜バレー。
たいした距離じゃないので探索がてら毎度歩いて通いました。

セントラルからトレインでここへ。
1204225.JPG

ここでバスに乗り換え。
駅というよりは住宅地のなかにバス乗り場がある感じ。
予想とだいぶ違ってました。

スピリチュアルトリップの醍醐味はガイドがいきなり現れること。
電車に降りたばかりなのにちょい怪しい:)おじさんがなにも聞いていないのに、行き先を訊ねられ、細かく教えてくれた。四国の巡礼やインドの旅等で経験済みのありがたい出来事。

1204227.jpg

バス乗り場ではインドアシュラムから来た白人のおばさんたちと遭遇。
一緒に行くことに。
バスの乗客は彼女たち+俺、計4人貸し切り状態。

途中、大きめの自然食品屋さんが、車窓から見えました。
いつもなら寄るところですが、公共のバス、降りることままならず。

海際、サーファーズパラダイスに着きました。
停車場降りたら正面にこれが。
1204226.JPG

このマークは…ハレクリシュナ。
自分にとっての旅のスタートはいつも自然食品屋やベジタリアンレストランを探すところから始まりますが、今回は向こうから現れてくれました:)

サーファーズパラダイス。
なんか昔のワイキキを思い出すような雰囲気。
1204223.jpg


1204221.jpg

1204222.jpg

そして今。
1204229.jpg

アンマのリトリートの会場はここ。
ビーチからちょこっと入ったところ。
1204228.jpg

受付が終了〜2時間ほど、時間が。
早速、ビーチへ。
今回、マットサーフ持って来ています。
ところが…
波が強く、引く力も強いので、それで海に入ることはこの時間ダメだそう。

温泉気分で冷泉露天海へ、ジャンプ。
波と遊んでもらってリフレッシュ:)
ホント、引く力強いな〜驚きました。

その後、マック(バーガーの方)にFreeWiFi使いにいきましたがなぜか上手く繋がらず。
時間切れとなったので早速宿に戻り、リトリートに参加。
PM6時スタートで最終的に終わったのは夜中の3時過ぎ。

今回のダルシャン+リトリートに参加する経緯や目的はあらためてアップしますね。

さ〜てと、もうすぐランドリー終了。
その前にここのところ見れなかったアーサーさんのブログチェックしてつぶやきますね。
そしてダルシャン会場へ。

PS
シンガポール+ブリスベン+サーファーズパラダイス〜暖かく好きな気候ですが、あらためてハワイの気候は特別だなぁ。
あの気持ちよさはスペシャルです。

でもオーストラリアのこの辺りもいいなぁ〜レイドバックしていて。
毎度のことですが、しばらく生活してみたいなぁ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■つぎの…

ゆらゆら帝国のライブまた観たいなぁ。
サイコーだったなぁ…ある種の美しいバンドです、大好物。

ゆらゆら帝国の音楽がハマってた「愛のむきだし」もインパクトあったけど。

長谷川和彦の3作目も観たい…赤軍派もいいけど、2001911〜2011311を経た21世紀、やっぱ、超能力者が主人公がいいのでは?
だったらこれ原作にして膨らませられないかな〜ゴジ監督、いかがですか?

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■暑中お見舞い申し上げます

友人たちからどうしたの?という連絡を。
1ヶ月、アップしていませんでした。
ご心配おかけしたかもですが、元気にやっていますよ。

この春に九州から伊豆へ〜さらに6月までは忙しなく、飛び回っていました。
大恩人の伯安先生ご夫妻から多くのアドバイスもいただき、まずは先月、次のステップに向けannaさんがお伝えしたようにPOであるTAO LabをAnnapuluna Incに社名変更
7月に入ってから前にアップしたように「沈め 沈め 沈め 美しき海に わが心よ」を意識的に実践。人に会ったり、ブログやつぶやき等、外に向けての活動はシャットダウン、情報収集やネットサーフィンもあまりせず、膨大な:)汗をひたすらかく生活をしてみました。

なぜならこの後のワークは人生の集大成〜じっくり、ひと呼吸、大切〜ついついやり過ぎちゃう自分の今までの反省を踏まえ、あらためて足下、自分を見つめ直したく。

この7月からは太平洋を見下ろす伊豆某所で使っていない畑を150坪ほど友人と借り、まずは茅ぼうぼうの刈り取り+根っこ取り。
今ではいっぱしの畑に。

あとはここのところ習い始めていた極真空手とスピリチュアルヒーリング&戦争に関する書籍を思いっきり探求。
それは今後のワークにとって必要な基礎となるボディ作りと学習。

この夏はさらに日中は野外で肉体労働に励み、心身鍛えつつ、自分をさらに見つめ、じっくり計画の根っこ張りとあらたな資金を求めて行きます。

医食農同源の実践探求〜しばらくはこんなリズムで過ごします。
あらためて再見〜夏バテせぬよう、お過ごし下さいね!

涼しげなこの映像を送らせていただきます。
にっぽんの夏、楽しんで下さい:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■ROOTS1〜AINU

お元気ですか?

9月に突入〜8月入ってから、今月一杯、日中は木の伐採+草取りや剪定ワークを手伝っています。
プロの方曰く〜スズメバチと漆の木は恐ろしい…とのこと。
御陰様で今の所は直接の被害はなし。

この夏はそんなんで、日中野外で汗ダラダラ〜そのあとは毎日ではないけど空手や畑に通い、これまた汗びっしょり、さらに温泉+風呂にゆっくり浸かってじわ〜っと発汗、さらにさらに20年ほど前からエアコン等のない生活なので寝ている時も汗が…というわけで2012年の夏は日々超大汗新陳代謝の夏でした。

思うとこありプライベートでは誰にも会わず、ブログ等の発信も控え、自分を見つめる日々。

さて父方のROOTSを訪ねる旅は10年程前に探求しましたが、あることで母方のROOTSを追っかけ始めてました。

新事実が…

お袋自身なぜだか知らなかったのですが、ひーおじいちゃん+ひーおばあちゃんはなんとアイヌ民族だということがわかりました。
たぶん明治の頃、一族?大人数で北海道から愛知県の豊橋に。

なにがあったのか?
今後の探求テーマのひとつですが、自分はそういうわけで1/4アイヌ民族でした。
お袋やおじさん、言われてみればアイヌフェイスでもあります。

南方指向の自分ですが、北海道や樺太=蝦夷が島〜今まであまりご縁がなかったけど…アイヌのこと、あらためて意識して調べたりしています、

さて、そんなんであらためてこのサウンドを紹介しますね。

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■最近のアップ

昨年後半より思うとこあり、ブログ等アップしていませんが、ここのところチラチラと近況あげています。
ブログのアップが上手くTwitter→Facebookと連動しなかったので直接Facebookやinstagramに投げています。

Facebook http://www.facebook.com/trajp
instagram http://instagram.com/trajp/

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■数〜数字〜数式=神〜生命〜宇宙

つぶやいたように、あらためてこの映画を鑑賞。

143625_0120141007205313.jpg

素晴らしいヤバイ台詞のオンパレード。
脳みそで“ !=感心 ”し、ハートで“ !!!=感動 ”。

例えば

c9b1df5699bec227e8a71528e6204730.jpg

*完全数
「28の約数を足すと、28になるんです。」
「完全数だ。デカルトはね、完全な人間がめったにいないように、完全な数字もまた稀だといっている。 
この数千年の間に見つかった完全数の数は、30個にもみたないんだよ。
完全数、28は阪神タイガースのエース、江夏豊の背番号なんだ。」

*素数
「素数の素は素直な素、何も加えない、本来の自分という意味。
つあり、1と自分自身以外では割り切れない数字のこと。
例えば…2、3、5、7、13、17、19、23、29…この数字は夜空に光る星のように無限に存在します。」


完全数は聖者の存在を証明している。そして素数は自分自身の存在を教えてくれているような。


*友愛数
「見てご覧、この素晴らしい一続きの数字の連なりを。
284の約数の和は220。
220の約数の和は284。
…友愛数だ。
神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ。美しいとは思わないかい?
君の誕生日と、僕の手首に刻まれた文字が、これほど見事なチェーンでつながり合っているなんて。」


政治の方便としての友愛は儚いけど、友愛数の存在は完璧だ。


そして、「博士が愛した数式」

pic01.png
*オイラーの公式

…映画が始まり、1時間半ほどたったときに、博士と子供時代を過ごした√と呼ばれている数学の先生役の吉岡くんがその公式に関して話している。

このレベルの数学って、頭ではよくわかんないんだけど、真理を求めたり、コトバで伝えられない五感を超えたそれをカタチにし感じさせてくれる道具として凄いと思ったんだ〜なんていうか…閃きで眼が開くというか…閃きって内側から生じる光だよね。
〜それはぜひ本編で。

昨日、「蜩ノ記」を観にいく前、台風の最中、あらためて実家(一昨日の湯河原ライブの後宿泊してたんだ)に置いてあった数学者の藤原正彦氏の「国家の品格」を読み返していた。その本、昨日の映画、そしてこの映画と一つ一つの点が線になっていく醍醐味はたまらなく好物なんだ。

PS
この映画を観た当時、原作も拝読。こちらも素晴らしかったので再読しようかと思ったり。


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra