ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2015年06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
serch
2015年01月 Archive
■赤城忠治さん

忠治: 「赤城の山も今夜限り、生まれ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、国を捨て、可愛い子分のてめえ達とも 別れ別れになるかどでだ。 」

赤城山といえば国定忠次、国定忠次といえば名月赤城山。

年末、縁あってこの赤城山&国定じゃないけど群馬県妙義山の麓に住む赤城忠治さんを訪ね、数日一緒に過ごしたんだ。この名前の響きは忘れるはずはない、日本人だったら。またあの時代のポップでアングラで、夜遊び大好きなカルチャー小僧なら。

赤城忠治さんは1980年前後、自分が大好きだったニューウェーブテクノポップ東京シティーを代表するバンドFILMSのリーダーだ。このバンドには当時同世代の若き凄腕+センスの良いメンバーが集っていた〜またもちろんその回りにも。

一枚限りのアルバム「MISPRINT」は我が愛するその後入社することになるコロムビアレコードからドロップされていた〜自分はちょうどその頃二十歳だったんだ。
当時はダブやパンクとともにニューウェーブ&テクノポップが大好きだったし、昔からだけどニッポンの音も大好物。当時のコロムビアは自分にとってたまらない音波を世に放っていたんだ。

R-2416982-1412504807-4683.jpeg.jpg

世界の極東、亜細亜の小さな島国〜当時の東京はまさしくTOKYOではない昭和元禄といってもよいある種の絶頂を迎えていた。その後、東京はTOKYOとなり、バブルが弾け…また20世紀の終わり、俺たちは右肩上がりの経済がマジックだと知り、地球が有限だと思い知らされる…そんな未來を予見していたかのようなジャケや歌詞〜「あら!未來?」という帯が今思うと意味深い。

昨年、20年来の友、国立&西麻布中一素食店のリーさんに用事があり、電話。その時に彼が

「今、ワタシのニッポンのおニィさんといっているカタと一緒です。その方はミュージシャンで、アカギさんといいます。」
「エッ〜アカギって赤城忠治さん?FILMSの???」
「FILMSは知らないけど、そうです、アカギチュウジさんです。」

〜というわけで、赤城さんと初会話。

なんでか赤城さんがベジタリアンということを前に俺は知っており、音楽のみならずライフスタイル的にも興味深い存在だったんだ。

その後メールのやり取りがあり、お互い、有り難いスピリチュアル+ぶっ飛んだ宇宙的な不思議リアル体験をしていることがわかり、興味津々。近いうちに会おうとなった次第。

高崎や軽井沢はその昔何度か訪ねたけど、富岡や妙義山のあたりはお初。高速走って、目の前に現れた富士山のようなカタチで雪化粧を纏った山とその横に聳えるギザギザな山には目を奪われた…じわ〜っと興奮、観たことないようで観たことあるようなデ・ジャブ感〜それはまさしく旅の醍醐味のひとつだ。
富士山のような山は浅間山、例の連合赤軍の。またギザギザ山は妙義山だった。

myougisan081106-s.jpg
(写真は秋の妙義山)

妙義山、異形だ。その山の麓に赤城さんは居を構えていたんだ。

赤城さんは最近鎌倉であらためて紹介された高木完ちゃん主演(彼の東京ブラボーも1980年初頭当時の大好物でした。センス、よかった。)のこの映画に関わり、その後、その映画の同志ともいえる手塚眞氏のプロダクションに所属。(代々木にあるこの事務所の横に東京安楽死やっていた時に自分が偶然住んでおり、一度手塚氏と立ち話したのも今思えばご縁だ。)
が、表立っての派手な活動は結果していない〜フィルムスの後はクレバー・ラビット、そして初のソロ、それらは10年に一度の皆既月食ともいってよいようなペースだ。彼が伝説の…といわれる所以。

はじめてこの目で見た赤城さんはグラムロックだった。

そしてじっくり話した赤城さんはポップで任侠、プログレでジーザス、さらにフォーキーで観音だった。
この表現、読む方に赤城さんが誤解されなきゃ〜よいけど…俺にとっては全てツボなんだけど 笑。

2日間、味噌のような不思議な味のある話やクソのような笑っちゃう馬鹿話も踏まえ、交歓、楽しかった。有意義だった。
昨年の締めくくりの話が本年からのスタートに繋がることを願って。この時の話はこの後の活動で結果、皆にお披露目出来たら…

というわけでユーチューブに唯一アップされていたこの曲を〜1番思い出の深いディスコというかクラブのハシリであるクライマックスを思い出すようなサウンド。

●おまけ
なんか元旦の夜、久しぶりに長くなってしまいましたが、さらに…

忠治: 「赤城の山も今夜限り、生まれ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、国を捨て、可愛い子分のてめえ達とも 別れ別れになるかどでだ。 」
貞八: 「そういやあ 何だか 嫌に寂しい気がしやすぜ。 」
巌鉄: 「ああ、雁が鳴いて 南の空へ飛んで往かあ! 」
忠治: 「月も西山に傾くようだあ。 」
貞八:「 おらあ 明日からどっちへ行こう? 」
忠治: 「心の向くまま 足の向くまま、あても果てしもねえ旅に立つのだ。 」
巌鉄・貞八:「 親分!」

…忠治: 「心の向くまま 足の向くまま、あても果てしもねえ旅に立つのだ。 」
赤城さん、あらためて第四コーナー廻った〆の人生TRIP一緒に楽しみましょう:)

PS
「忠治=チュウジ(正確には忠次)」とは俺のお爺ちゃんの名前でもあります。ちなみにその息子である父は「忠成」。
今日、あらためて知ったんだけどそのお爺ちゃんは福島須賀川郡山あたりのテキ屋の親分?(兄貴分?)だったそうです。何してたかも知らず、早く亡くなったので会ったこともないけど。
神様の存在は信じるけど、宗教団体は大キライ、同じように仁義憧れるけど、ヤクザな組織は大キライですが〜お爺ちゃんと話してみたかった。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : People | by tra
■父 白澤忠成

本日は父の命日。
歿1976年1月4日42歳。

俺は当時15歳だったけど、あれから40年。
御陰様でお袋は元気ですが、父もあの次元で元気なこと祈ってます。

ものごころついた頃からお父さん、仕事と遊び(そうとうな遊び人だった模様)で忙しかったからほとんど家に居らず、会う機会+話す機会全然なかったけど、映画や読書を好きになったのは父の御陰です。その二つは随分と自分の人生の糧になっています。ありがとうございました。

一見、893さんのような父ですが、魚屋の親父は威勢が大事。
気っ風よく、知恵があり、愛嬌のあった存在だったと憶えています。
でもゆっくりじっくり男同士、話を聞いたり聞いてもらったりしたかった。きっと、オヤジの体験生きざま面白そう。

IMG_07162014111917294620150105133331.jpg

本年はまた、尊敬する人物家康公が亡くなって400年。
40年、400年、2015年は自分にとっても節目になるような年になったらいいなぁ〜。

凸凹でおバカな俺をいつも助けてくれてありがとうございます。
お袋と山田屋(実家)、そして瞳と俺のこと引き続き見守っていて下さい。
合掌。

PS
同じ次元にいる可愛い末っ子の妹、理絵にもよろしく伝えて下さい。
合掌。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : People | by tra
■無知+思いやり

「無知の知」
他人の無知を指摘することは簡単であるが、言うまでもなく人間は世界のすべてを知ることはできない。ギリシアの哲学者ソクラテスは当時、知恵者と評判の人物との対話を通して、自分の知識が完全ではないことに気がついている、言い換えれば無知であることを知っている点において、知恵者と自認する相手よりわずかに優れていると考えた。また知らないことを知っていると考えるよりも、知らないことは知らないと考えるほうが優れている、とも考えた。
なお、論語にも「知るを知るとなし、知らざるを知らずとなす、これ知るなり」という類似した言及がある。

「無知の罪」
一方で、無知を罪とする見方もある。たとえば文化の異なる集団の間でやりとりをする場合、その違いを把握しておかねば、無用な衝突を生じる場合もある。可能な限り、相手に対する知識を得るのは必要にして当然の処置である。たとえば生麦事件のようなことすら起こりかねず、その場合に「知らなかった」では通用しないことはままある。

〜すべてWikipediaより引用

一昨日は雨のために外でやる予定だったワークが中止。
鉛色の午後、雨音を聴きながらこれを観たんだ。

いろいろ考えさせられた。
結果、人類の意識の進化に希望を持つ。とともに個人的に反省することもあり…

「無知」いう言葉が浮かんだんだ。

「無知」のまんまでは “罪”を上塗りしてしまい、罪を犯したことを“知”ることにより自省し、改められれば成長も出来る。

そして「思いやり」という言葉も浮かんだ。

翻って〜テロは言語道断。でも「表現の自由」は大切だけど、「ペンは剣より強し」、といってもそのペンを使う人が「無知」で「思いやり」がないとそれも武器のひとつとなり争いの火種になる。さらにこちらが「善」で相手が「悪」だと決めつけ、お互いが怒りと怨みでそう信じ込んでいたら堂々巡りだ。

本当の「善」は相対的なものではなく、絶対的なものなんだろう…言葉を変えれば「愛」なんだろう…

「思いやり」を調べていたらこれを見つけた。
思いやりと個人 “COMPASSION AND THE INDIVIDUAL”
ーダライ・ラマ 1991年ー

でもこの次元で生きている未熟な自分にはそれを頭で理解出来ても、行動や生き方として現すことはなかなか出来ない。卑下はいかがなものかと思うけど、無明な自分はどうしたらいいんだろう??

自分の問題とその集合体である世界の問題。
問題はあってもいいと思う、なぜならそれは進化のための一つのきっかけだから。

でもどうしたら?どこから?ってグルグル廻る。
お手軽に解決出来ることは問題とは呼ばない。

だから、ここのところシンプルに祈ってるんだ。
「助けて下さい」と。あと「お願いします」って。

大好きなアマチの最近の言の葉を。
「人間の頭脳は、宗教やカーストや言語や国境の名のもとに、数多くの分断を生み出してきました。すべてを包み込む純粋な愛の橋を創り、自分たちの創ったそれらの壁を打ち壊しましょう。」
ーアマチ 2014年スピーチ@ローマ ヴァチカンー

ダライ・ラマやアマチ、同じ時代を生き、自ら世界を廻って語りかけてくれる…在り難い存在ですね〜マジで:)

生命(イノチ)の奴隷化が無くなりますように。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spritual | by tra