ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
serch
2011年07月 Archive
■NHK ETV特集「続報 放射能汚染地図」

前にお伝えした「放射能汚染地図」の続編「続報 放射能汚染地図」。
見逃した方も多いでしょ〜〜自分もそのうちの一人。
アップしますね。


Watch NHK ETV特集 続報 放射能汚染地図 in Activism & Non-Profit  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■Pink Floyd最新リマスタリングシリーズ発売!

音楽は食べものと同じで「一番!」がたったひとつしかないわけではなく、「たくさんの一番!!」があっていいし、それが多ければ多いほど自分の生活観光の醍醐味やご馳走が増えるというものです:)

音と食は多様性と棲み分け、ある種、共存や平和を実現している。
だから大好きなのです。

そんな「自分の一番のひとつ!!!」、ピンクフロイド!!!!のグッドニュースが。

1107021.jpg

ピンク・フロイドは、イギリス出身のシド・バレット、ロジャー・ウォーターズ、ニック・メイスン、リチャード・ライトの4人により1967年に最初のアルバム『夜明けの口笛吹き』をリリース。
翌1968年にはシド・ヴァレットが抜けデヴィッド・ギルモアが加入、プログレッシヴ・ロックを代表する歴史的な傑作アルバムを多数生み出してきたアーティストである。
2006年にシド・バレット、2008年にはリチャード・ライトが他界するも、ピンク・フロイドの音楽は時代を超越し、世代をまたぎ、場所と時間のすべてを飲み込んで、世界中のオーディエンスから最大のリスペクトを受け続けている。
アルバム・トータルセールスは世界で2億枚を超える。

1107023.jpg

今回のリマスタリングは、Pink Floydではお馴染みの米のエンジニア、ジェイムス・ガスリーが担当し、CDのブックレットなども、長年Pink Floydのアート・ディレクターを務めているストーム・トーガソン監修の元、デザインが一新され歴史的名盤が新しい音とビジュアルで甦るそうです。

全14作品がすべてリマスター、さらにボックスセットやデラックス・エディション、コレクターズ・ボックス等9月から来年初頭にかけて一気にリリースされます。

1107022.jpg

ヤバっ、クラクラしちゃう〜超楽しみっすね:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■JOURNEYS〜生活観光:)

旅はいいですね。
JOURNEYS #2 NEW ZEALAND NORTH ISLAND

1107031.jpg1107032.jpg

自然はいいですね。
JOURNEYS #1 JAPAN NORTH

真木君たちもですが、彼も最高!
Hisham Bharoochaくん、上記のトリップにも出演+サウンドトラックを提供。
東京生まれのNY在住アーティストです。

人は面白いですね。

ONPA〜zAk〜も参加していた2007年7月7日、ニューヨークで開催されたライブイベント「77BOADRUM」
ボアダムスのコンセプトを基に77台のドラムで一斉に演奏された驚愕ライブパフォーマンスのディレクター兼ミュージシャンも。

1107033.jpg

皆、それぞれ楽しんでます:)
奇跡的に生まれたんだから、自分の生を楽しもう!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■恫喝松本復興相

カチ〜ン!未熟で申し訳ございませんが、
このご仁、呆れる品のなさ、
自分の存在を勘違いしてるんじゃないでしょうかね?

最悪!
やばいぜ、ニッポン!

どういうつもりだろうね〜困った政治家、こんな方が復興相???
どういう基準で選んだのだろうか?

困った“ムラ社会〜財界+政界+官僚”
いいかげん、皆でリコールしたい〜どうしたら出来るんだろう?
お知恵のある方、教えてください。

この方、福岡選出の議員とのこと。
どう思いますか、福岡の皆さん、九州の皆さん、日本の皆さん。

こんなリーダーばっかり…
玄海どうなるか?
母国がこれからどうなるか…
とても心配してます。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■上がるぜ!GOMA まはろ!

呆れた復興相に対するなんともビッシっとした意見。
これとは大違い。
馴れ合い〜「やや違和感を感じる発言」とは…

“今だけ、金だけ、自分だけ”

のエコノミックアニマルだらけのニッポンや世界。
まさしく、カリユガ。

ホント、
ここのところの原発問題や経済問題やTPPや自殺種子等もろもろ、
まともなこと言ってると思ってるだろうけど、本能が狂っているとしか思えない

311以降、特にですが、いや〜未熟な自分のことは棚に上げて(すみません)、カチ〜ンときたり、空しくなっちゃったり…

「喜怒哀楽」ではなく「喜楽」を目指したい自分にとってはこんな気持ちを内省し反省する機会もいただいてますが、なかなか…つい、感情をあらわにしてしまいます。

そんな時は「上を見上げる」こと。
さらに「上がる曲」が助けてくれますよね!
たとえばこんな音

GOMAのサウンド。

好みでいったらディジュリドゥの音色&響きは好きじゃない。
なんか、暗い地の底を感じちゃって…心地よくない。

でも彼はなんでか違う。
コズミックで上がるんだよね〜:)
なんでだろう?

ここ数年、交通事故の影響で音楽活動を思うように行っていない彼。
でも、音もいいけど、彼が事故後に書き始めた絵も素晴らしい!

1107051.jpg

彼の復活とますますのご健勝をお祈り申し上げます。

1107052.jpg

俺たちは「エコノミー」があるから生きてるんじゃなくて、「イノチ」に生かされている。
「イノチ」が根っこで「エコノミー」は花〜でもいい香りじゃないなぁ。
香りじゃなくて臭い、臭過ぎ!!

お釈迦様の手のなかで遊んでいることに気づけば、大丈夫!マイフレンド:)
だと思いません?

有り難いことです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■涼しい音色

PinkFloydとともに大好物の音。
Manuel Göttsching

一生聞き続ける生活観光の定番。
暑いっすね〜こんな時にも個人的にはオススメですが:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■〜音波〜66

最近手に入れた音の一部。

●JOHN BELTRAN/AMBIENT SELECTIONS

●REGGAE INTERPRETATION OF Kind of Blue


●DJ Harvey/LOCUSSOLUS


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■〜音波〜67

●SoftCircle/Shore Obsessed


●DavidLynch/GOOD DAY TODAY / I KNOW

●滞空時間/滞空時間

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■7.15 広瀬隆氏・明石昇二郎「 刑事告発」記者会見

下記、“NO NUKES MORE HEARTS”より転載します。

…7月15日、「自由報道協会」主催の記者会見に参加した。
東京電力福島第一原子力発電所事故に関連し、東京電力会長、社長、福島県放射線健康リスク管理アドバイザー・山下俊一氏などを被告発人として「刑事告発」を行なった、ジャーナリスト・広瀬隆氏とルポライター・明石昇二郎氏の記者会見だ。


平成23年7月8日に広瀬・明石両氏は東京地方検察庁特捜部直告班に2つの告発状を提出、受理された。

●告発状1 「業務上過失致死傷罪」
被告発人:
勝俣恒久( 東京電力株式会社・代表取締役 会長)
清水正孝( 東京電力株式会社・前代表取締役 社長)
班目春樹( 原子力安全委員)
久木田豊(原子力安全委員長代理)
久住静代(原子力安全委員)
小山田修(原子力安全委員)
代谷誠治(原子力安全委員)
寺坂信昭(原子力安全・保安院長)
纐纈一起(東京大学地震研究所教授/総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会
     耐震・構造設計小委員会/地震・津波、地質・地盤合同WG主査)
衣笠善博( 東京工業大学名誉教授/地震・津波、地質・地盤合同WG委員)
岡村行信( 産業技術総合研究所活断層・地震研究センター長/
     地震・津波、地質・地盤合同WG委員)
近藤駿介( 原子力委員会委員)
鈴木篤之(前原子力安全委員会委員長/現・日本原子力研究開発機構理事長)
小宮山宏(東京電力監査役/元・東京大学総長)
武藤栄(東京電力代表取締役副社長/原子力・立地本部長)

告発状 http://www.rupoken.jp/indictment/Indictment(toden).pdf
陳述書(広瀬隆) http://www.rupoken.jp/indictment/statement(toden)hirose.pdf
陳述書(明石昇二郎) http://www.rupoken.jp/indictment/statement(toden)akashi.pdf


●告発状2 「業務上過失致傷罪」
被告発人:
山下俊一(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科長/日本甲状腺学会理事長/
     福島県「放射線健康リスク管理アドバイザー」)
久住静代(原子力安全委員会委員)
高木義明(文部科学省大臣)
板東久美子(文部科学省生涯学習政策局長)
山中伸一(文部科学省初等中等教育局長)
合田隆史(文部科学省科学技術・学術政策局長)
布村幸彦(文部科学省スポーツ・青少年局長)
班目春樹( 原子力安全委員)
久木田豊(原子力安全委員会委員)
小山田修(原子力安全委員会委員)
代谷誠治(原子力安全委員会委員)
神谷研二(広島大学原爆放射線医科学研究所/
     福島県「放射線健康リスク管理アドバイザー」)
寺沢秀一(福井大学教授)
長瀧重信(長崎大学名誉教授/国際被ばく医療協会名誉会長)
谷川攻一(広島大学大学院教授)
高村昇(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授/
     福島県「放射線健康リスク管理アドバイザー」)
佐々木康人((社)日本アイソトープ協会常務理事)

告発状 http://www.rupoken.jp/indictment/Indictment(scholar).pdf
陳述書(広瀬隆) http://www.rupoken.jp/indictment/statement(Scholar)hirose.pdf
陳述書(明石昇二郎) http://www.rupoken.jp/indictment/statement(Scholar)akashi.pdf

過去に原発関係の裁判をおこしたことのある広瀬氏、三権分立が機能していない日本では裁判には勝てない、そこで刑事告発にしたとのこと。
また告発の狙いとして、今の現状を何とかくいとめるため、このような事をやっていると告発されるという事を当事者たちに見せしめるため、そして、多くの人が後に続くための見本として、という事をあげた。

告発状を受け取っても検察が動くかどうかはわからない。検察を動かすためにも、より多くの人が当事者たちを告発してほしいとの事。
また告発のために、被告発者たちの発信した情報の資料などを沢山集めておくこと。
告発状は今回のものを参考にし、是非多くの皆さんに告発をしてほしいとの事だった。
刑事告発をすることにより、法的に圧力をかけたいとの趣旨のようだ。

デモで圧力をかけるのと同時に、この方面の動きも重要に思える。

…以上。
このようなやり方も一方では良いかもですね。

1107171.jpg1107172.jpg

広瀬隆&明石昇二郎最新著作「原発の闇を暴く 」

小出裕章最新著作「原発はいらない」

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■ジェイミーオリバー“子供たちに食育を”

熱く食について語るこの男!
お〜イケメンシェフのジェイミーじゃないっすか?

子供たちへの彼の思い。
家庭への彼の思い。
学校や社会への彼の思い

彼が語ること、伝えたいこと、変えたいこと…すべてに共鳴共振します。

本日店に来てくれた素晴らしいFreeMagのひとつ“Ko-e”のRyさんが「ぜひ観なよ!」と教えてくれました。
MAIDO ARIGATO〜Thanks a lot:)

311が起こってしまったにもかかわらず、どうしようもない大人たちが嘘をつきあい「自分だけ、今だけ、金だけ」を相変わらず続けています。
子供たち=未来のことなんか考えずに。

ジェイミー、政治や経済や教育に関わっているすべての大人たちにも食育が必要だよね。
神様:)このLOVE&SERVEをやり続けさせてください!

ふたたび学校で食育共育始めたいなぁ〜
学校給食手伝いたいなぁ〜
ぜひ、そんな機会をください!神様&関係各位の皆様:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : LivingFood | by tra
■LOVE&SERVEはスラングで…

欧米諸国ではベジフードは当たり前のワンチョイスのジャンル。
特に80年代後半の狂牛病以降。

日本はなかなかおいしくて満足するベジフードを提供する店がないので彼らの間では口コミやWEBでMana Burgersは結構広がっている模様。
そんなわけで世界中の方が福岡に来た時にわざわざ来マナ、食べに来てくれます。
彼らにはとても感謝され、こちらにとってもとても有り難い嬉しいことです。

先日、白人のフレンチシェフの女性が来マナ。
豆腐を作りたいようで「トーフ作るときに入れる、なんだっけ?」と訊ねられたので「ニガリ?」っと答えたら「違う」とのこと。
俺は元豆腐と湯葉の職人見習いを40代初頭にしていたのでこうみえても素人ではない。「ニガリじゃないの?」と…。

そこで閃いたのは葛。
「クズじゃないの?」といったら「違う違う、3文字だった。」とのこと。
「じゃ〜ニガリだよ」、「いやいや〜違うサウンド」…「最初がケだったか?コだったか?」
お互い「???」だったけど、結果、「クズコ」ということで無事問題解決。

葛を入れる豆腐は前に紹介したこれですねぇ〜やるなぁ、フレンチシェフ:)

そんなやり取りのあとに彼女に教えてもらったのが、俺たちがユニフォームとして着ているTシャツの胸にある言葉。大好きな言葉「LOVE&SERVE」ついて。

110724.jpg

「その英語の言葉のスラング知ってる?」
「知らない。」
「“奴隷”という意味もあるのよ。昔、白人が黒人に向かって使ったりしたのよ」とのこと。

…なんとも皮肉な言い方。
本来の意味はもちろん違う。
引き続き本来の意味で「LOVE&SERVE」をやり続けたい、やらせてもらいたいと決心しています。

皆さんにとって「LOVE&SERVE」とはどんな意味?どんなこと?何でしょうか?
311以降のニッポンの大人たちにとって、「LOVE&SERVE」を考えること、実践することはとても大切だと思います。

皆で真面目に面白楽しく「LOVE&SERVE」を生きましょう:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■あらためてどう思います?

長崎大学教授 山下俊一さん


中部大学総合工学研究所教授 武田邦彦さん


経済財政担当大臣 与謝野馨さん


城南信用金庫理事長 吉原毅さん


日本原子力技術協会 石川迪夫さん


京都大学助教 小出裕章さん


そして最後に作家 村上春樹さん

「非現実的な夢想家」
常識でもなく、非常識でもなく、それは超常識を目指す旅人。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Nuclear | by tra
■改革派経産官僚 古賀茂明さん

官僚にもこういう方がいるんですね。
電力会社にも政治家にも役所にもきっと、まだまだいるはず。
皆さん、顔晴ってください!

恫喝されても肩叩かれてもひるまない〜現代のサムライの一人。
ダサイぜ〜仙石。

今、これ、読んでます。

1107261.jpg

●官僚の責任

古賀さん、こんなことツイートしてました。

「6/28 自分の非力さを感じてます。あらためて考えてみました。こわいものランキング。5位:勉強不足、4位:癌の再発、3位:折れる心、2位:驕る心、1位:電力会社の見えない力。」

「7/10 電力会社の根回しはすごいですね。自民党の主流=守旧派は根こそぎやられてるみたい。原子力賠償機構法案に対案も出さず電力にあまーい修正をしてお茶を濁そうとしてます。自民党は変われないのでしょうか。そのあたりも議論したいですね。」

「7/15 おはようございます。これからテレ朝のやじうまに出ます。皆さんにご心配いただいてすみません。たくさんの応援に勇気づけられてます。本日付けの退職はありません。昨日も松永次官に呼ばれて早く辞職を決めるように言われましたが、しばらく待って欲しいと回答しました。」

「本日 あさって木曜日の午後5時以降海江田経済産業大臣にお会いすることになりました。マスコミにオープンにして下さいとお願いしました。密室だと後で事務方が私を誹謗中傷する情報を流すからです。大臣は拒否されましたが引き続きお願いしてます。」

古賀さん、大きな、ある種恐ろしいバビロンシステムのなかで顔晴ってます。
大ショックなことあったけど、めげずにこちとらも顔晴っていこう:)

「非現実的な夢想家」目指して。

PS
新書本、面白いの多いなぁ〜最近、特に。
出すタイミング=スピードもあるしね。
読みたいもの、目白押し〜飽きないですね:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Person | by tra
■イカすぜ、児玉龍彦東京大学先端科学技術研究センター教授

先日の大阪、アマチの集い。
美しい、思いやり溢れるエネルギーに包まれました。
有り難かった、感謝。

1107301.jpg

月曜日、朝方、東京。
徹夜の集いが終わった後、アンマご一行様は本来なら大阪へ。
でも急遽、正反対の仙台に車を飛ばして移動。
仙台にある避難所と海へ、抱擁と祈りを捧げに。
マザーオーシャンをおおいに汚してしまった俺たち人類=無知な子どもたちのかわりにお詫びをしてくれたそう。
キリストが十字架に張り付けされた時の言葉を思い出す。

火曜日、午前中からは大阪で集い。
多くのボランティアスタッフがその朝に大阪着。
まったく、熱い方たちです:)

さて、この方にも感動しました。
東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長、児玉龍彦氏

『私は4つの事を緊急に提案したいと思います

第1に
国策として、食品、土壌、水を、日本が持っている最新鋭のイメージングなどを用いた機器を用いて
もう、半導体のイメージかは簡単です
イメージ化にして流れ作業にしてシャットしていってやるということの最新鋭の機器を投入して
抜本的に改善して下さい
これは今の日本の科学技術力で全く可能です

2番目
緊急に子どもの被ばくを減少させるために新しい法律を制定して下さい
私のやっている、現在やっているのはすべて法律違反です
現在の障害防止法では各施設で扱える放射線量、核種等は決められています
東大の27のいろんなセンターを動員して現在南相馬の支援を行っていますが
多くの施設はセシウムの使用権限など得ておりません
車で運搬するのも違反です
しかしながら、お母さんや先生方に高線量の物を渡してくる訳にもいきませんから
今の東大の除染ではすべてのものをドラム缶に詰めて東京に持って帰ってきております
受け入れも法律違反
全て法律違反です

このような状態を放置しているのは国会の責任であります
全国には
例えば国立大学のアイソトープセンターは
ゲルマニウムをはじめ最新鋭の機種を持っているところは沢山あります
そういうところが手足を縛られたままでどうやって
国民の総力を挙げて子どもが守れるのでしょうか
これは国会の完全なる怠慢であります

第3番目
国策として土壌汚染を除染する技術を民間の力を結集して下さい
これは、たとえば
東レだとかクリタだとかさまざまな化学メーカー
千代田テクノとかアトックスというような放射線除去メーカー
それから竹中工務店とか様々なところは、放射線の除染などに対してさまざまなノウハウを持っています
こういうものを結集して現地に直ちに除染研究センターを作って

実際に何10兆円という国費がかかるのを
いまだと利権がらみの公共事業になりかねない危惧を私はすごく持っております

国の財政事情を考えたらそんな余裕は一瞬もありません
どうやって除染を本当にやるか
7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に 国会は一体何をやっているのですか

以上です』

本編はこちら〜
真実と危機感を伝える姿勢に目頭じ〜んときちゃいますよ。

児玉氏が参考説明で話していたプラトニウムを飲んでも大丈夫と言っていた東大の学者はこの方。
前にもアップしましたが大橋忠弘氏〜今はどこにいるのか、雲隠れとのこと。

さらに児玉氏の質疑応答です。

「今だけ、自分だけ、金だけ!」の時代から「世のため、人のため、自分のため:)」へ、21世紀は意識の、ハートの開国ですかね。
自分もこの機会に成長したいものです。

「わたし」が変わり「せかい」が変わる。

PS
正人、まはろ:)

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Nuclear | by tra
■黄色い呪術師〜江戸アケミ

「バブルまっさかりな80年代において「地球人そのものがヤバイ」と警告していたJAGATARAのヴォーカル江戸アケミ。残念ながら彼の危惧は現実になってしまった。しかしながらそんなバッドな流れに魂を奪われることなく、持続可能な世界に向けて気持ち良いヴァイヴレーションを発している人達も沢山いる。」〜 OTO 〜

なんだか突然、江戸アケミに文字で触れたくなっちゃって〜古本でこの本をゲット。
一気にお風呂浸かりながら読んでしまいました。

1107312.jpg

●じゃがたら

名前やスタイルが変化したバンドだったが、自分にとっては「暗黒大陸じゃがたら」が一番しっくりきます。

1107311.jpg

おまけ〜タンゴレゲェバージョンライブ

さらにおまけ〜ミュートビートとともに

80年代、20代、自分にとって一番不健康だった時代。
それはそれで面白かったけど、ね。

●江戸アケミ

PS
得さん〜ブラックでもなく、ホワイトでもなく、俺たちはイエローだよね、やっぱ:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra