ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
serch
recent Comments
2011年05月 Archive
■むーびー

こんなのチェックしてました。

大好きな台湾の景色

大好きな台北の景色

あらためて旅したい南米


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■〜音波〜63

●細野晴臣/HoSoNoVa
1105031.jpg

●高野寛/カメレオン・ポップ
1105033.jpg

●V.A./VELVET SONGS
1105032.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■salyu+こーねりあす

1105051.jpg


↑このアプリも凄い!斬新!

Salyu.jp - s(o)un(d)beams

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■清水靖晃

艶のある音色。

清水さんとコンビ組んでいたジミーさん、元気かな?
フランスでのゲンズブールとバンブーの話とか面白かった。
作詞家+ボーカリスト村川ジミー聡さん、今まであった男のなかでも妙に艶っぽい方でした。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■坂本龍一

懐かしい、カッコイイ曲を。

おまけ

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■三宅純

先日の清水さん→ジミーさん繋がりといったらこの方も艶っぽい音色で大好きですね〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■8日福岡天神サウンドデモ

デモれ!ニッポン!原発はいらない!
【脱原発 サウンド デモ イン 福岡】

また、賛同者&賛同チームも募集中です。
genkaibai@gmail.comにお名前やメッセージとともに送ってください。

1105062.jpg

●玄海原発をやめろ!全原発をやめろ!福岡1万人デモ!

*5月8日(sun) 福岡天神 警固公園
13時集合〜14時出発

*デモ コース
警固公園 → 国体道路 → 渡辺通り → パルコ → 明治通り →
西鉄グランドホテル → 天神西通り → 国体道路 →
渡辺通り → 警固神社 → ビックカメラ → ソラリア → 警固公園

*SOUND DEMONSTRATION
:)SHUNAN ORALE GUEY SOUND SYSTEM
[MC]
FUCK NUKES(JBY)
[DJ]
pktsugi
KATO
EIICHI
GWANN-G

:)PEACE "NO NUKE!" SOUND SYSTEM
[MC]
Q-ILL
[DJ]
FUMI
SHIHO the purplehaze

and more MC + DJ !!!!

[原発いらない実行委員会]
web : http://hantenchi.blog102.fc2.com/
e-mail : genkaibai@gmail.com

1105061.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Event | by tra
■DUB ZOMBIES、反核の歌。

DUB ZOMBIESが上関原発建設反対の気持ちを込めて歌う、反核の歌。
もともとは1991年にあった六ヶ所村いのちの祭りの宣伝のために今年亡くなった宮田雪監督を中心に早稲田にあったRound Houseで編集したものを使わせてもらった。
2011年3月11日に起きた福島の原発事故の20年前に出来ていた映像コラージュ。
とにかく原発は止めないといけない.今 日,4月28日の中国電力の発表だとまだまだ止める気はないようだ。
〜映像アップしたaquilhaさんのコメントより

2月に別ステージに移った宮田監督は3月以降の母国に対してどう思っているのだろうか?

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■ユーロの科学者の意見

「3号機の あれは水素爆発ではなく 核爆発だった、と私は見ている。
原子炉ではなく、使用済み燃料プール内でのね、おそらく。
そして現在も 核分裂 が進行中。これに覆いをするのは不可能だ」
〜バズビー教授〜

以下、YouTubeコメントからピックアップ

*いい動画だ
日本のメディアもこれくらいの報道しろ
日本人はすぐ喉元過ぎれば熱さを忘れるからな
国民全体の危機感を高める必要がある

*少なからず死ぬまで海産物をはじめとする「食」の安全性を常に意 識しつつそして子供にも汚染地域についてしっかり教育していかな いといけない国の国民になった訳ですね 日本を壊した原発村がホント憎いわ

*三号機の爆発映像と分析に関する他の動画も見たが、政府や東電は情報隠蔽してるとしか思えない。
こういう有益な情報は海外からの方が早い。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■〜音波〜64

1105091.jpg

●キノコホテル/マリアンヌの恍惚
1105094.jpg

1105093.jpg

●ゆらゆら帝国/ゆらゆら帝国 LIVE 2005-2009
1105096.jpg

1105092.jpg

●女王蜂/魔女狩り
1105095.jpeg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■デモとUFO

昨日の日中同時刻。

天神ではデモ。
IMG_0507.JPG


新宿ではUFO。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■正しい力と太い母

日本の巧妙に仕組まれた洗脳とも言える原発推進は誰らがいつ始めたのか?

先日、太母さんのことをお伝えしましたが、その後を。
太母さんは20世紀半ばから積極的に人類の精神の荒廃と地球環境の悪化について警告を発してきました。

先日復刊された「舟を岸につなぎなさい」、あらためて深〜い内容でした。
11311が起こってしまったからなおさらです。

1105101.jpg
*この書籍はマナバーガーズでも扱いはじめました。
*表紙の写真はインド最南端、カニャークマリ(コモリン岬)とのこと。個人的には嬉しい表紙。

その延長でこの本を読んでみました。

1104291.png

終戦のだめ押しは原発投下、無差別虐殺ともいえる蛮行。
さらにビキニ諸島での水爆実験に寄る被爆〜1954年の第五福竜丸事件以降、日本では「反米」「反原子力」気運が高まっていく。

そんな中、衆院議員に当選した正力松太郎・読売新聞社主とCIAは、原子力に好意的な親米世論を形成するための「工作」を開始する。

原潜、読売新聞、日本テレビ、保守合同、そしてディズニー。正力とCIAの協力関係から始まった巨大メディア、政界、産業界を巡る連鎖とは----。
機密文書が明らかにした衝撃の事実。

●原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史

日本は太陽の象徴でもある日の丸を掲げた“日出づる国”です。

1950年代半ば、反原発の世論が吹き荒れた時同じく、このころから正力さんをひとつの核に、アメリカの国策と大企業の思惑と共鳴しながら日本では政財官マスコミや代理店を総動員して原子力への道へと国民の意識を染め上げるための工作がおこなわれました。

この工作はまんまと成功〜国民の多くに原発に対して肯定的な刷り込みが完了。
まさしくこのパターンは「食」の刷り込み方とも同じバイブス。
いやはや〜ですね。

そして今回の人災。

1979年アメリカのスリーマイル、1986年ソビエトのチェルノブイリという当時の2大帝国を襲った原子力発電事故があったにもかかわらず、他の先進国は慎重になった核の利用をどういうわけか我が「日いづる国」は90年代〜21世紀になってからも強力に押し進めてきたあげくの結果。

「被爆」から「推進」へ、「被害者」から「加害者」へ。
結果、母国は核に大変ゆかりのある国ともいえます。
他の国と違って地震大国なのにも関わらず…です。

「舟を岸につなぎなさい」の巻末、50年代半ば太母さんが正力さんにしたためた手紙が転載されています。
人類が八正道を生きれるようになるために正力さんに、まさしく、あなたの「正しい力」を使ってくださいと…結果、逆の方向にその力は使われてしまいましたが…

先日アップした孫さんの反省を踏まえたコメントの通り、自分を含め多くの国民はその危険性に関しては認識せずに今まで生きてきました。
こんなにヤバイものとは露知らず。
知らないことはしょうがありませんが、知ってしまった以上、この方向で進むことそのものが問題ではないでしょうか?

皆とさらに幸せになるための「災い転じて福となる」リッセット!の良い機会を逃したくないものです。

PS
原子力推進の機動力が「正しい力〜正力」とか復刊した日が「二〇一〇年一〇月一〇日〜3月11日」とか、神様のリーラ感じる:)と感動。
まさしく生活観光の醍醐味=光、拝めたようで有り難くなっちゃいます。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■10万年ってどんくらい???

「100000万年後の安全」鑑賞。
5月8日デモの前の日、土曜日のKBCレイトショーにて。

『毎日、世界中の原子力発電所から排出される大量の高レベル放射性廃棄物。本作は、世界で初めてフィンランドに建設された放射能廃棄物の永久埋設処理場を取材したドキュメンタリー。廃棄物が有害であり続ける10万年もの間、ずっと保持されるという地下トンネル内の巨大システムにカメラを向け、そのSF映画のような世界へと観る者を誘う1本。』

10万年とか10兆円とか、皆、なにげに使って納得してるけど、どのくらいの時の旅か?どのくらいの金額か?リアルに感じることはほとんどの人間には無理でしょう。
反面、リアルに感じられないことをさもわかったように思い込めるのも人間。

1万年も残った家や文明も持たない、明日のことすらも予測できない自分たち人類が、はるかに長〜いスパンを持つ核に対する安全性をどうこう言えるものじゃないと思いますが〜良いとか悪いとか以前に「触らぬ神に祟りなし」が指針となる次元だと思います。

超危ない廃棄物を閉じ込めるために100000年持つシェルター造るガッツと技術があるなら、『全然危なくない持続的なエネルギー』を造ることも自分たち人類は出来ると思いますが…その方がお利口だし、まさしく進化だと単純に思います。

1105102.jpg

いかがなものでしょうかね?

原発反対とともに他の変わりになるエネルギーについてもいろいろ調べていこうと思います。
そうじゃないと、○×みたいで根本的な解決に繋がらないからです。
詳しい方、いろいろと教えてください。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■NEO ENERGY1

さまざまな代替エネルギーや自然エネルギーがありますが、今回ピックアップは「エネファーム=家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」です。〜エネファームというネーミングはいい感じですね。

エネファームとは、「エネルギー」と「ファーム=農場」の造語だそう。
水素と酸素から電気と熱をつくることと、水と大地で農作物をつくることはとても似ています。
自分のエネルギーを自分でつくる。
これからのエネルギーの考え方を、ファームという世界観により表現し、「家庭用燃料電池」は環境にやさしいというイメージを印象づけますね。

どういう仕組みかというと現時点では都市ガス・LPガス・灯油などから、改質器を用いて燃料となる水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムで、発電時の排熱を給湯に利用する。
なお、発電の際には水素を用いるため二酸化炭素が発生しないが、改質で水素を取り出す過程で微量の二酸化炭素が排出される。

二酸化炭素に関しては温暖化悪玉のごとく言われてきましたが、実は他の要因も多いらしく、今となってはもう一つの刷り込みが行われてきた可能性が大です。たとえば、原子力推進のための方便として。
もちろん日常生活を通してなんでも過度に偏ったものは出さない方がよいとは思われますが。

●メリット
・発電で発生した排熱を直接有効利用できるため、排熱を利用しないタイプの火力発電と比べて発電時のエネルギー利用効率が高い。
・自宅で発電するため、送電ロスがほぼない。
・ガス会社によっては、専用料金メニューを用意しておりガス料金の割引を受けられる。
・給湯時の発電により家庭で使用する4 - 6割程度の電力量をまかなえるため、電気料金が安くなる。
・補助熱源機を組み合わせて使用するため、湯切れの心配がない。

●デメリット
・水蒸気改質などによる全体のエネルギー効率では火力発電に劣る。
・発電時の排熱で貯湯タンク内のお湯を温めるシステムであるため、貯湯タンク設置スペースが必要。
・ガス給湯器やエコウィルと比べると初期費用が高い。1機あたり300万円前後(前者の2つは100万円以下)。
・貯湯タンクのお湯が沸ききると発電を止める仕組みのため、発電量がお湯の使用量に左右される。給・湯能力が高すぎるため家庭用としては過剰性能である。
・停電時には発電できない。

〜なるほど。
ガスを使うのですね。直接、水とかから将来は出来ないんでしょうかね?
助成が100万ほど出るそうなので実質200万ほど。
ただし現時点では費用対効果は望めないのが現状です。
こんな事故があったあとですから国を挙げて安心と分散を望むのなら助成をさらに増やし、国策として進めたらいいのかもしれません。
これはコジェネに限らないですが。

エネファームと同じコージェネではエコウィルというものもあります。
両者の違いは簡単にいえば発電方法が違うということです。
エコウィルは、ガスエンジンによって発電 。
エネファームは、燃料電池、つまり水素と酸素の化学反応によって発電 となります。

環境面では、エネファームはエコウィルに勝ります。
エコウィルは化石燃料を燃焼させて発電しますが、エネファームは化石燃料から水素を取り出して発電するため、CO2の排出は少なくて済むということです(実際には、エネファームのCO2排出が0というわけではありませんが・・・)
片や発電量と熱量の対比でいえば、エコウィルに軍配があがります。
燃焼させるということは、それだけ高カロリーを得られるということです。
大量の給湯に合わせて、複数系統の床暖房設備や、浴室暖房機などの使用が多いご家庭では、エネファームよりはエコウィルの方がその特性を生かせるといえるでしょう。
また費用はエコウィルは80万円でエネファームの1/3ぐらいでしょうか?

自家発電なのに、停電時には使えないという欠点も見逃せません。
動力電源200Vを必要とするそうです。これをソーラーとかでまかなえないのでしょうか?
電気弱いのでぜんぜんわかんないのですが、ソーラー(もしくは他の自然エネルギー)+エネファームのシステムもありかも。

「ダブル発電」、これは、自宅の電気を発電するのに、二つの発電機を使って効率を高めようというコンセプトのものです。



屋根には太陽光発電。
地面には燃料電池。

この組み合わせは、多くのメリットを生み出します。

例を申し上げると

・消費エネルギー効率の向上(自然エネルギー&コージェネレーションの高い総合効率)
・そのことによる環境への負荷軽減(CO2削減)
・天候や季節、そして昼夜を問わない、安定した発電能力向上

などを得ることができるシステムなのです。

またこの仕組みだと電力会社に電気を売れるようです。
太陽光発電は、2009年11月より、1kwあたり48円で買い取ってもらえることになりました。
これは、電力会社が義務付けされている「自然エネルギーの発電利用」という分野の達成に寄与します。そのためでしょうか、一時は、燃料電池を含めたダブル発電による売電には、電力会社は拒否する旨を公言しておりました。

ですが、いくらなんでもそれでは、「分散型発電」という、近未来の高いエネルギーの総合効率にストップがかかるとして、ガス業界や石油業界から猛反発がありました。

それゆえ38円での買い取りが決定したというのは、あまり知られた事実ではありません。
この価格は費用対効果を考えると充分ではないようです、が…

このときに、電力とガス石油双方の業界が反目しあう、一つの契約が浮上するのです。
それが、電力会社との系統連係契約です。

つまりはこうです。

電力会社にしてみれば、都合のいいときだけ買電と売電を繰り返すダブル発電は、巨大なインフラである送電網の有効利用につながりません。
片やガス石油会社にしてみれば、「売電」という付加価値が放棄されることは、ダブル発電の商品力をおとしめ、分散型発電という高い理念が失われるという主張です。

ですが現在の電気事業法では、自家発電装置については、停電時の現場作業員の安全確保のために、家庭からの電気の逆流が起きないよう、逆支弁を取り付けるように定められており、さらには停電時の発電の禁止を謳っています。

それが電力会社との系統連係契約なのです。
これをもっと俯瞰してみると、話は簡単です。

要は、売電を損失と捉える業界と、利益と捉える業界との軋轢が、買取額のズレとなって表面化しているということでしょう。
長らくそれぞれの分野で「独占」を謳歌してきたツケといえばそれまでですが、今はエネルギー間の競争に垣根はありません。

そういう意味では、国の進める「電力会社の買電強化」は、地球環境保護の観点からいっても、公平なものといえるでしょう。
以上、まだよく理解していませんがまとめてみました。

世界的にはとても高い価格で電気を利用している日本ですが、代替エネルギーはそれよりも高いのが現状ですが、こればっかはヒヨコと卵の関係。
ましては安全で、なるたけ持続的なエネルギーにシフトしていくことがとても大切な「今」、未来はその方向にあると確信しています。

さらに研究していきたいと思います。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■NEO1補足

下記、見つけました。
代替エネルギーというよりは省エネ+エコ的というシステムなのかな?

★燃料電池、停電時使えず…太陽光も発電量不足

深刻な電力不足を受けて、家庭用自家発電システムの燃料電池と太陽光発電について、
「停電時に使えるのか」との問い合わせがメーカーに相次いでいる。

燃料電池は一般電源を使ったモーターが必要なため停電時は使用できず、
太陽光発電も発電量が小さい。節電を目的に開発されたものだけに、停電時の代替電源
としては限界があり、注意が必要だ。

東京ガスなどは、2009年から家庭用燃料電池を「エネファーム」の愛称で販売している。
都市ガスなどから取り出した水素と、空気中の酸素を化学反応させて発電する仕組みだ。

計画停電実施後、東京ガスには、計画停電時の代替電源に使いたいと考える家庭から、 「計画停電の時に使えるのか」との問い合わせが増えているという。
しかし、水素や酸素の取り込みには電気で駆動するモーターを使うため、停電時には使えない。

また、燃料電池の運転中に停電すると機器が故障する可能性もあり、
東京ガスはホームページなどで「計画停電が始まる前に燃料電池の電源を切ってほしい」と
告知している。

家庭用の太陽光発電も、多くの家庭では発電した電力を電力会社に売って 電力料金を引き下げるために導入している。停電時に家庭内に電力を供給する 仕組みになっておらず、家電製品に使うには主に屋外に設置された 分電盤に家電製品をつなぐ必要がある。また、発電容量も小さく、晴天時なら一部の冷蔵庫は使えるが、エアコンを動かすのは難しい。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■NEO ENERGY2

昨日は家庭での自家発電でしたが、こんなのもあるそう。

脱化石燃料・脱原発で、研究から開発へと進んできた、1ユニットで原子力発電1基分の発電量に相当する100万キロワット級の大規模洋上風力発電の現状を伝えます。

1105141.jpg

大規模洋上風力発電〜九大風レンズ研究グループ(代表・大屋裕二教授)

欧米では、CO2削減のため、100万キロワット級の大規模な風力発電が陸上や洋上で稼働中、もしくは計画中だ。一方、日本は経済産業省やNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が現在、風力発電の年間総発電量100万キロワットを2020年で600万キロワットにする目標を策定中だが、実現性は不透明だ。陸上での風力発電は国土が狭く、比較的風力が小さい上に地震が多く、その耐震コストも高い。山上では設置点が拡散する上、施行が困難で建設コストが高い。平地では人口密度が高く騒音問題などの社会的制約があるなど、大規模風力発電の普及には限界がある。

一方、海は利用面積が広く、比較的風力条件や地震に強く騒音問題も少ないため、「大規模洋上風力発電」の潜在的可能性が高いと言われている。経済産業省は、09年に洋上風力発電のパイロットプラント(三菱重工など10億円規模)に着手するという段階。三菱重工は、風力発電を07年5月段階で3858基、双発電力374万キロワットを世界から受注した国内トップ企業。しかし、洋上風力発電開発は進んでいない。欧州の洋上風力発電所は、(1)比較的遠浅の立地条件に恵まれ(2)海底地盤も堅牢(けんろう)であり(3)地震が少なく(4)偏西風などの風況条件も良好------のため、着底(固定)式の大規模洋上風力発電が普及している。

日本では、(1)~(4)の条件が悪くその上、(5)初期コストが採算分岐点といわれる1キロワット当たり25万円を上回る40万円以上もかかり(6)耐用年数が30年以下と短く、費用対効果が低い。しかも(7)沿岸漁業への悪影響があり、着底式は適合し難い。このため、鋼製の浮体方式が着目され開発されつつある。しかし、この方式でも(4)~(7)が大きな障害となっているのが現状だ。

そこで、洋上風力発電に希望をもたらす技術を開発したのが九州大学SCF(第2世代カーボンファイバー)研究グループだ。軽くさびず、張力に強いカーボンファイバーは、これまで溶接できなかったのを格段に強度と接合能に優れたものとして開発し、製造用のロボットまで開発した太田俊昭・九州大学名誉教授を中心に九大教授など30人が共同研究している。

1105142.jpg

同グループでは、風力発電の土台となる浮体を第2世代カーボンファイバーで組んだコンクリートで軽量化を図るとともに、さびて30年しかもたない鉄より長い100年もの耐用性を証明した。土台の形状も中抜き六角形を高減衰機能のジョイントで連結したハチの巣クラスター方式を採用。実用段階では中抜き土台の直径は500メートル以上となり、中からプランクトンを誘う青色LEDを出して養殖漁ができるようにしたことで、沿岸漁業との両立を図る。

風車も風を集中させる発電効率を高める実績を持つ九大風レンズ研究グループ(代表・大屋裕二教授)が開発・商品化に成功している構造を採用した。通常風車に比べ3~5倍の出力向上できる第1世代の風レンズ風車は、NEDOの支援を得て1~5キロワットの小型が実用化している。洋上風力発電には10~20メガワット級の第2世代の風車を開発する。落雷や渡り鳥の衝突対策も怠りない。経塚雄策教授や柏木正九大教授らは、台風規模の高波を想定した波浪衝撃エネルギー吸収効果などHMSモデルを用いた実験研究を行なっている。
 
太田名誉教授によると、これら新技術に基づく洋上風力発電のパイロットプラント1号機は、開発費約13・5億円で3年間、大型の実用化パイロットプラント2号機は開発費約10億円、2~3年で開発可能としている。同グループの経済シュミレーション解析によると、100万キロワット級洋上風力発電の初期建設コストは1キロワット当たり7~12万円と格安で、耐用年数が100年と長く、メンテナンス費用も安く、他の発電事業と比較して格段の優位性を誇る。

本格的な水素エネルギー社会の到来。
英国で35万キロワット、米国で50万キロワットの水素タービン発電所が4,5年後に稼働予定で、本格的な水素エネルギー社会が到来する。九大グループでは、大規模洋上風力発電で電力を水素に変換して貯蔵、船で陸に運び電力として利用するシステムの技術を開発している。すでに、太田名誉教授のSCF技術は、JAMSTEC(海洋研究開発機構)の次期深海13000用に共同開発が決まっている。

1ユニットで100万キロワット級の洋上風力発電は、原発1基分の総発電能力と並ぶ。
事故のあった原発に代わる持続可能な新エネルギーとして、国は早急に開発を推進すべき時期に来ている。

*以上、すべて社民党WEBより転載

さらにこんなハイブリットも

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■最近のBOOKTRIP

最近のブックトリップの一部。
福岡来てから旅にあまり出ないために、いつでもどこでもページを開けばスタートするブックトリップは有り難い!
いまここにいながら旅が出来ます〜:)

時節柄、原発関係多し。
もう一つのエネルギー〜食に関しては相変わらずのテーマです。
この2つのエネルギーは今後ともますます重要性増すはずです。

●広瀬隆/二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)

● 食品と暮らしの安全基金/放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

●小林 圭二+西尾 漠/プルトニウム発電の恐怖―プルサーマルの危険なウソ

●大谷 淳一/食糧操作―飢餓の背後に横たわる恐るべき“意図”

●野口 勲/いのちの種を未来に

●農文協/TPP反対の大義

●石田 信隆/TPPを考える―「開国」は日本農業と地域社会を壊滅させる

●佐久間智子/穀物をめぐる大きな矛盾 (筑波書房ブックレット―暮らしのなかの食と農シリーズ)

●内田 美智子、 佐藤 剛史/ここ―食卓から始まる生教育

1105152.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Book | by tra
■九州原発止まっても電力不足はない!

1105156.jpg

九州電力の供給能力は、原発がとまってもまったく心配いりません。

http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1170「あんくる トム 工房」より転載 

九州電力の供給能力は 十分余裕があります。
過去の電力使用量を見てみますと平成20年度の8月が過去最高の使用量です。 
88億KWhです。昨年はちょっと減って84億48百万KWhです。

供給可能量は、水力発電 267.7万KW
火力発電  1118.0万KW
地熱      21.0万KW
これだけで 1406.7万KW
そのほか 内燃機関発電所があります。
(すべて信頼できる九電の資料です)

フル稼働すれば
1日で3億3760万KWh
30日で101億2824万KWhで
88億KWhを十分カバーできます。

そのほか佐賀県には電源開発の松浦火力があります。
ここは200万KWの能力をもっています。
(14億4000万KWh/1ヶ月換算)

また、北九州には企業の持つ火力発電所も利用できます。
需要が殺到したときでも十分対応できる供給能力を持っています。

実際、今、玄海原発も川内も検査で止まっています。(約30億KWhが休止)
でも、足りない状況ではないですよね。
いつもは火力発電のパワーを抑えているのですよ。
(この時期の使用料は12月で68億43百万KWhです。)

心配しないでください。
電力会社は原発を温存しておきたいために『足りない、足りない』と
言っているに過ぎないのです。
東電もそうですよ。火力が復旧したら足りるのです。
ご安心ください。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■夏の電力不足はない!?

たんぽぽ舎の◆地震と原発事故情報より転載

「“夏の電力不足”は大ウソ・東電得意の情報隠し
   わかっているだけで、3つの発電所隠し(広野火力、
   揚水、中電からの供給分)」
  結論。夏の電力は大丈夫。余力あり。停電ありえず。

 ・東京新聞「こちら特報部」は、次々に原発事故にかかわる電力会社、政府の
情報隠し、ゴマ化し、ウソ、インチキをあばきだし、読み応えある記事を提供し
ている。

 ・5月12日号(朝刊)の見出しを紹介する
 「電力不足キャンペーン」にモノ申す。東電また“情報操作”、広野火力復帰、
夏もOK、供給上積み隠し、危機あおる、よぎる計画停電・・・狙いは原発存続?
 電力会社と経産省(菅政権)グルに、という見出しである。

 ・中味の一部を紹介しよう

 イ.中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止決定を機に、またぞろ「電力
不足キャンペーン」が始まった。中電による電力融通の打ち切りが理由のようだ
が、「こちら特報部」の調べでは、被災した東京電力広野火力発電所(福島県広
野町)が七月中旬にも全面復旧する。そうなれば真夏のピーク時も電力は不足し
ない。国民を欺くような“情報操作”の裏には、なおも原発に固執する政府や電
力会社の姿勢が垣間見える。

 ロ.今月六日、衆院科学技術特別委員長の川内博史衆院議員ら民主党国会議員
七人が広野火力発電所(五基、計三百八十万kw)を視察した。首都圏の電力供給力
向上のカギを握る発電所だが、東電は復旧の見通しを示していない。
 しかし、川内氏らが今夏までに再稼働が可能かどうかを尋ねると、発電所の担
当者は「津波で破損したが、全体的には被害は少ない。七月中旬にも全面復旧で
きる」と明言したという。

 ハ.さらに広野火力が復旧すれば、夜間に余った電力でダム湖に水をくみ上げ
て発電する揚水発電も上積みできる。電力供給力見通しでは、四百万kwしか計上
していないが、東電管内の揚水発電能力は最大千五十万kw。今夏の最大需要と予
測する五千五百万kwは十分に賄える計算になる。
 川内氏は「今夏の東電の電力供給力は全く問題がないどころか、需要を上回る。
余剰電力は東北電力などに融通すればいい。

 二.西日本からの電力融通分百万kwの内訳についても、東電、中電ともに口を
つぐむ。(中略)電力供給力への不安を解消するどころか“得意の情報隠し”で危
機をあおっている格好だ。

 ホ.東電や政府は震災後、一貫して電力の供給力情報を出し渋ってきた。
 それを裏付けるような文書「東京電力の設備出力及び地震による復旧・定期検
査等からの立ちあがりの動向」がある。資源エネルギー庁が官邸や与党への説明
用に作成した内部資料で、東電管内の原発、火力発電、水力発電の出力や、震災
前と直後の状況、七月末までに復旧する予定の発電所が一目で分かる。
 この文書でも、東電の当初の供給力見通しのうち、最大千五十万kwの揚水発電
の存在が抜け落ちていたことがあきらかになった。

 ・結論
 わかっているだけでも3つ=東電広野火力(5基380万kw)と揚水発電(東電管内
1,050万kw)と中電からの供給分(100万kw)の三つが、意識的に外されている。民
主党川内博史議員が言うとおり、今夏の東電の供給力は、全く問題ないどころか
需要を上回る。余剰分は、東北電力へまわせる位だ。(柳田)

1105153.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■NEO ENERGY3

広瀬さんのインタビューで知りました。
LNG(液化天然ガス)火力発電所。まずはインタビューの一部から。

――これから発電設備を増強するとすれば、原子力発電に代わるエネルギーをどこに求めるべきだとお考えですか?

電力会社としては、LNG(液化天然ガス)火力発電所を増やすことです。エネルギー・環境問題研究所代表の石井彰氏によれば、LNG火力は最短で数か月あれば設置できると言います(「ガスエネルギー新聞」2011年4月6日)。電力会社は停電を口にする前に、最もクリーンで、世界の発電のエースであるLNG火力を増設するべきです。

1105161.gif

LNG火力というのは、現在、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた「ガス・コンバインドサイクル」として完成しています。この発電設備は、火力のなかで最もエネルギー効率が高いのです。じつは原発のエネルギー効率は驚くほど低く、わずか30%です。電気にならなかった残りの70%は、温排水として海を加熱して、自然破壊を進めています。一方、従来型火力は45%まで、そしてガス・コンバインドの熱効率は実績で60%まで高まっています。

しかも、この方式ではタービンでLNGを燃焼させた後に、何度も排熱を回収してエネルギーを発電機に送るため、熱効率は原発の2倍なのに、排熱量は2分の1に抑えられる。ほかにも、天然ガスはクリーンで地球環境に最もやさしい、小型なので設置に場所をとらない、電源を入れてから1時間で起動できるので消費量の変化に追随できる、という数々のメリットがあります。

原発がなければ経済成長できないと考えるのは大きな誤りで、これがいま世界の趨勢なのです。

〜〜〜さらにこんな記事も…

◆高すぎる原発の発電コスト、LNG火力で代替せよ
だぶつくLNG供給・十分な埋蔵量、日本は積極資源外交を

●再生可能エネルギーへの「過渡的」発電方法
太陽光や風力といった再生可能エネルギーは、現時点では、発電容量やコストの面で他の発電方法を代替するには不十分である。
再生可能エネルギーが、発電容量やコストの面で他の発電方法と競合し得る段階に至るまでの間、当面の過渡的な発電方法はどのようなものになるのだろうか。

●工期とCO2の面で優位に立つLNG火力
火力発電は、燃料別に見ると石炭、石油、液化天然ガス(LNG)に分けられる。

これらの中でLNGは、設置工期の短さと二酸化炭素(CO2)排出量の2点で相対的に優位に立つ。
LNGを燃料とするガスタービンは短期間で設置が可能であるため、今年夏に向けた電力供給能力増加に当たって増備が進んでいる。

また、二酸化炭素の排出量を見ても(単位:g-CO2/kWh)、石炭火力943、石油火力738に対し、LNG火力(汽力)599、LNG火力(コンバインド)474となっている。

●発電コストの計算におけるバイアス

発電方法別のコストに関してよく引用されるのは、電力会社によるデータや、
電力会社の資金提供によって運営されている任意団体の「電気事業連合会」によるデータである。

大島堅一・立命館大学教授によれば、原子力発電の総費用には、
  (1)燃料費などの「発電に直接要する費用」
  (2)使用済燃料再処理費用などの「バックエンド費用」
  (3)立地費用など「国家からの資金投入」
  (4)「事故に伴う被害と被害補償費用」
以上4つの費用が含まれる。

しかし、電力会社が算定する「料金原価」には主として(1)と(2)しか含まれていない。

『電源別発電コスト』(単位:円/KWH)<送電端>
(原子力のコストが過小評価された算出方法:電気事業連合会ウェブサイトより) 
LNG火力    7.0 
石炭火力     7.2
原子力      7.3
水力       10.6
石油火力     12.2

これに対し、相対的に実態に近い値を算定する方法として、『有価証券報告書総覧』を利用して実績値を推計する方法がある。
大島氏はこの方法を用いて発電単価の推計値を算定しているが、その結果は以下の通り。

『電源別発電総単価(単位:円/KWH)<1970~2007年度>  
一般水力       3.98 
水力         7.26
火力         9.90
原子力        10.68
原子力+揚水    12.23
揚水         53.14

なお揚水発電は、運転中に出力を一定に保たなければならない原子力発電の特性から、電力需要が低下する夜間に供給余剰分の電力を用いて揚水し、需要が増加する昼間に揚水した水を落下させて発電するという、一種の「生産調整弁」のようなものであり、原子力発電が存在しなければ不要となる発電方法である。
そのため、コスト計算の際には原子力単体を見るだけではなく「原子力+揚水」も見る必要がある。

●夏に向けて増強されるLNG火力発電
電力需要がピークを迎える夏に向けて、長期計画停止されていた火力発電所の運転再開や定期点検からの復帰(約490万kW/h)、震災によって運転が停止した火力発電所の復旧(約810万kW/h)など、
主に火力発電所の運転再開・復旧等によって、東京電力は夏の需要ピークを乗り切ろうとしている。

4月16日付毎日新聞朝刊は、東京電力は15日、7月末で5200万kW/hの電力供給能力を確保できる
見通しになったと発表した。

新規発電設備の増強面ではガスタービンが主流になっているが、ガスタービンが主流になる要因として、LNGを燃料として相対的に発電コストが安いという点だけでなく、短期間で設置が可能であり、かつ稼働後に出力が柔軟に調整できる点も指摘できる。

●LNGの供給と輸送
今話題の燃料電池において原料として必要とされるのは天然ガスであり、これから夏にかけて増設されるガスタービン発電装置(LNG火力発電)の燃料も天然ガスである。

天然ガスは、日本国内の一部地域(新潟県や千葉県など)で生産されているものの、その供給源の大部分は外国となっており、輸入への依存度が高い。

ちなみに、日本国内の原発で用いるウランも、全量海外から輸入している。
採掘された天然ウランのうち、ウラン235の比率を高めた濃縮ウランも、全量輸入している。

輸送形態は、気体の状態でパイプラインによって輸送する方式と、摂氏マイナス162度まで冷却して「液化」したものをタンカーで輸送する方式の2通りに分けられる。

日本の場合、天然ガス生産国との間にパイプラインが敷設されていないため、輸入はすべて液化天然ガス(LNG)の形態を取っている。

(直近5年間でみると)距離の面で日本に近く輸送コストが相対的に安いロシアからの供給が新たに開始されている。

●福島原発爆発事故を受けてLNGの日本向け供給量は増加へ
LNG火力発電の稼働が増加することによって追加的に必要とされるLNGの量は、石油天然ガス・金属鉱物資源機構の石井彰氏によれば、2011年については年間300万~500万トンと見込まれる。
(石井彰「ポスト『福島』:本格的な天然ガス時代突入へ」)

これに対し、例えばカタールの国営ガス企業であるカタールガス社は、今後1年間に400万トンの液化天然ガスを追加供給する旨を明らかにしている。(4月16日付ロイター)

★カタールのプラント開発には、日本の技術者が尽力しています!素晴らしいです!

また、インドネシア政府は、年内に計18カーゴ(約100万トン)を追加供給することを表明し(4月20日付 時事通信)、オーストラリアのジュリア・ギラード首相も、4月21日の訪日時に液化天然ガスの安定供給を表明している。(4月21日付 毎日新聞電子版)

ロシアも、事故発生翌日の3月12日にウラジーミル・プーチン首相が、さらにドミトリー・メドベージェフ大統領も、3月14日に日本向けLNGの供給増を指示している。
それを受けて、国営ガス企業のガスプロムが、4月と5月にそれぞれ10万トンずつ日本にLNGを追加供給する旨、イーゴリ・セチン副首相が表明している。

LNGによる火力発電は、現在最も合理的な発電システムとなっている。

もちろん、LNGの価格も変動する。
そのリスクはあるが、実は米国発のシェールガス革命によって価格も安定しているし、
原油のように高騰する危険性は薄い。

全文はこちら(2011年4月28日 JB PRESSより)

*なるほど、ソーラーとか風力とかもろもろ自然エネルギー等に移行するにしても時間がかかります。その前に人の意識が変わることも必要。

車にプリウスがあるように、今の現状から未来の理想へと移行する間、また経済活動や日常生活に過度の負担がかかるのはけして良くないので、このような代替に素早く移行するのがベターなような。

最終的には持続可能で危険性の低い自家発電とこの手のものが組み合わさったらいいですね。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■福島1号機、11311の16時間後にはメルトダウン

まっじすか?
俺よくわかってないんですが、メルトダウンって相当ヤバいんじゃないの?
それがもう3月12日から始まっていたなんて。

事故から2ヶ月。
なんだかのど元過ぎてしまったかのようなこの時期。
この情報にも関わらず、危機感抱かない俺たち日本人は…

●東電「一部燃料 底で露出」ー 2011年5月16日 02時21分 (中日新聞)

福島第1原発1号機で、東京電力は15日、地震発生の16時間後には燃料が溶けて原子炉圧力容器の底部に落下(メルトダウン)していたとの見方を示した。津波による電源喪失で冷却機能を失った圧力容器内では、水位が急激に低下していた。

東電は中央制御室の計算機などから回収した原子炉温度や圧力の記録を基に分析。震災45分後の津波で、電源が喪失し、すべての冷却機能は失われていたと仮定した。燃料の上端より5メートル上にあった冷却水は、3時間後に燃料の上端まで低下。500度を下回っていた炉心の温度はその2時間後、燃料が溶融する2800度に達した。この時点で燃料全体が露出し、その後も水位は下がり続けた。

地震から16時間後の12日午前6時50分ごろ、溶けた燃料の大部分が圧力容器の底へ落ちたとみられる。12日午前5時50分ごろには1号機の炉心へ真水の注水が始まり、同日午後8時に海水に切り替えて継続したが、水位は燃料下端からさらに4メートルほど下回った状態が続いた。圧力容器の底は溶けた燃料で配管の溶接部などが破損し、穴が開いている可能性が高い。圧力容器の水位は低かったが、燃料が底に落ちたため結果的に冷却できたとみられる。東電は、現在の燃料の状態に関して「一部は底で水没せずに露出している」とみている。

東電は2、3号機でも同様の分析を行う。松本純一原子力・立地本部長代理は会見で「最悪の場合、2、3号機も同様になっていることが想定される」と述べた。

音楽は宇宙から俺たちを見守ってくれているあの方の歌を再び。
以上どちらも、九州電力館!でのライブの模様です。
それにしてもミュージシャンとしてはもちろん、本能と良識ある人としてキヨシロー&教授は言い続けていました〜リスペクト!

先ほどこんな記事「玄海原発、福島級津波でも安全〜地元で保安院」も見たけど、まだやるの?この場におよんで???

「想定外」という事態が起こる可能性あるのに、保安院の山本哲也原子力発電検査課長と九州電力玄海原発の村島正康所長は何を根拠に???

ほあんいんぜんいんあほ:)山本課長は福井でもこのような発言〜保安院「原発再起動支障ない」福井県会などに説明

山本さんとはこんなおじさん〜正面左側の方、反対にいる方は九電の方。
1105162.jpg

推進派+反対派&どっちつかずの方、すべの方にあらためてこの歌を!

PS
さらにこんなニュースも。
●2、3号機も直後にメルトダウンか

企業も政府もマスコミも関係各位の皆様、「正直」に真実を見つめて、皆でなんとかこの危機を乗り越える方にシフトしましょ!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■5/12小出裕章さん〜メルトダウン1号機について

●小出裕章著作
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ

放射能汚染の現実を超えて

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■広河隆一さんが恐れてる福島事故とチェルノブイリ事故の違い

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■NEO ENERGY4

こんなのも出て来た。
原子力からこちらの発電へ〜もちろん、今すぐに経費的にも技術的にも具体化できるものではないでしょうが、次のステップではこういうもので自家発電出来るようになったら素晴らしいですよね。

●家庭用発電所が実現? 太陽光で水素を発生する「人工葉」

1105151.jpg

カリフォルニア州で開かれた全米化学学会の国内会議で、マサチューセッツ工科大学(MIT)のDaniel Nocera教授が、自然の光合成プロセスを模倣する「人工葉」を、安定性が高く安価な材料から作ったと主張している。

この装置は高度な太陽電池で、一般的なトランプほどの大きさしかなく、水の上に浮かべた状態だ。自然の葉と同様に、日光を利用して水を酸素と水素という2つの主要構成要素に分解し、これらを貯めておき、燃料電池で発電する際に利用する。

Nocera教授の作った葉は安定性が高い。予備試験では、機能低下なしに45時間以上連続して動作した。さらに、シリコン、電子部品、化学触媒といった、入手しやすく安価な材料でできている。しかも強力で、光合成を行なう効率は自然の葉と比べて10倍も高い。

Nocera教授によると、4リットル弱の水で、開発途上国の家1軒に、まる一日供給するだけの電力を作ることができる可能性があるという。地球上のあらゆる家に人工葉を1枚ずつ配れば、[1軒あたり]1日4リットル弱の水だけで14テラワットの需要を満足させることができるかもしれない[2005年の日本語版過去記事によると、米エネルギー省は2002年の世界の総電力需要量を約14テラワットと算出している]。

感動的な主張だが、これは絵に書いた餅のような概念だけの考えではない。Nocera教授はこの革新的なアイディアを商用化するために、すでに世界的な大企業と契約を結んでいるのだ。インドの巨大複合企業であるTata Groupは、Nocera教授と提携し、1年半後を目安に、冷蔵庫ほどの大きさの小型発電所を製造することにしている。

もちろん、これがこれまでで初めての人工葉というわけではない。自然がエネルギーを作り出すプロセスを模倣しようという構想は、数十年にわたって存在し、多くの科学者たちが葉を作ろうと試みてきた。第1号は、10年以上も前に米国立リニューアブル・エネルギー研究所のJohn Turner氏が作ったもので、光合成を模倣することはできたが、稀少で非常に高価な材料でできていた。さらにかなり不安定で、寿命もかろうじて1日もつ程度だった。

これまでのところ、Nocera教授の目は開発途上国に向けられている。「われわれの目標は、各家庭が自分の発電所を持つようにすることだ」と教授は述べる。「今からさほど遠くない将来に、インドやアフリカの村々が、この技術に基づく手頃な価格でシンプルな発電所を購入するようになることを期待してほしい」

WIRED NEWS 原文(English)

いや〜楽しみ!
お日様の恵み、葉っぱ、なによりもソーラーですものね:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」

皆、観るべし。
いやはや…それにしても。

五感では感じられない恐怖。
頭では理解出来ない現実。
これでもまだ原発???
もうやめようよ〜マジで。
本能と直感、退化してしまった日本人。
皆で勇気と知恵出してあらたな次元へ。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■子供たち=未来

あきれるぜ!文科省!!!
この笑顔が希望+平和なのに!!!

1105181.jpg

日本の、地球の未来でもあり、希望でもある子供たちを守り、支援する官庁がこのありさま。
相変わらず未熟ですが、哀しみや嘆きが怒りに変わってしまいます。

●文科省「放射能を必要以上に心配するとPTSD」に精神科医が抗議

大阪で精神科医をしています。
原発問題には以前から関心があり、今回の福島原発の事故も気が気ではなく、
事態の展開を見守っていました。
最近になり、精神科医としても黙っていられない状況となり、以下のようなメールを友人の精神科医たちに送っています。
文科省が教育関係者に向けて「放射能を正しく理解するために」という文書を
4月20日に発表しています。
精神科領域に関係することが書いてあるとのことでしたので、目を通してみたのですが、なんてことだと頭を抱えてしまいました。

「放射能を正しく理解するために」

前半は、あの「年間20mSVまでは安全」というとんでもない基準について述べられていて、これだけでもかなり不愉快なのですが、我々精神科医に直接関係してくるのは後半です。12ページの一番下に
「放射線の影響そのものよりも、『放射能を受けた』という不安を抱き続ける
心理的ストレスのほうが大きいと言われています」と書き、

13ページ以降にその説明として、心理的な強いストレスの受けたときの子供の反応を解説し、「PTSD」について述べ、「放射能のことを必要以上に心配しすぎてしまうとかえって心身の不調を起こします」と結論付けて、「からだと心を守るために正しい知識で不安を解消!」と結んでいます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は過去の心的外傷が原因で発症しますから、現在進行形の事態に対してPTSDを持ち出すことはそもそもおかしな話です。

また、あたかも「放射能を心配しすぎて」PTSDになるかのような説明は間違っています。「心配しすぎて」PTSDになったりすることはありません。
PTSDはレイプ、虐待、戦争体験、交通事故などなど、生命が危険にさらされる現実の出来事の後に生じる疾患です。
今、原発被害に関してPTSDを論じるのであれば、PTSDの予防ですから、「安全な場所に避難すること」と「事実を伝えること」が必要です。

ところが文科省のこの文書は「年間20mSVでも安全という間違った情報」を与え、「避難の必要はない」と言っていますから、PTSDの予防としても間違っています。

そもそも放射線の被曝による生命の危機を認めていません。
あまりのお粗末さにあきれてしまい、開いた口がふさがりません。
福島原発の事故の責任は国にあります。

この文章は加害者である国が、被害者の口を封じ、あたかも被害の責任が被害者側にあるかのような論述を組み立てています。
これは、レイプでも幼児虐待でも加害者側がよくやるやり方です。

このやり方を繰り返されているうちに、被害者は被害を受けたという事実が見えなくなり、自分を責め、PTSDであることすらわからなくなってしまいます。
PTSDという疾患概念は、被害者が自分の症状と過去の出来事との関連に気づくためのものです。
それを被害者の口封じのために利用していることに腹立ちを感じます。

こんな内容の文書を信じる人はいないだろうと思っていたのですが、先週末に福島出身の作業療法士さんと話をしたら、
「そんなことありませんよ。信じてしまいます。肩書のある偉い先生や、政府の人が言ったら、一般の人はそうかなって信じてしまいますよ。福島は混乱しています」と言っていました。

事態は切迫していて、黙っていたら加害者側に立つのと同じになってしまいます。
時間も気力も限られていますので、まずは伝わりそうな人に伝えています。
この文書の作成に協力している小児心身医学会とメールのやり取りをしているのですが、なかなか動こうとしません。
トラウマティックストレス学会には原発事故の際の心のケアについてちゃんとした文章が載っていました。

原発事故による避難者/被災者のメンタルヘルス支援について

以上です。
福島の皆さんにこのことを知らせたいと思っています。
文科省に文書を撤回させることはできなくても、知識を広めることで文書を無効化してしまえたらと思います。
転送等していただけたらありがたいです。

チェルノブイリの事故の後、心身の不調を訴える人々に対してソ連が「放射能恐怖症」という精神科的な病名をつけて、放射線被曝の後遺症を認めようとしなかったことがありました。
それと同じことが日本でも起こるのではないかと心配しています。

放射線被曝の被害を矮小化しようとする国の態度は正さなければなりませんし、
そのために精神医学が利用されることを防ぎたいと思っています。

(転載終わり)

なんなんだ、役人とは、学者とは、政治家とは、企業家とは、大人とは、???
偏差値エリート、最悪。
腐ってるぜ、日本の教育の結果。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■5.23 文部科学省包囲・要請行動&院内集会

前にこのブログで上げたその後の映像では原子力安全委員会は「20ミリシーベルトは安全とは言っていない」と言い始めています。
じゃ〜誰らがそれを決めたのか???
再び〜なんなんだ、役人とは、学者とは、政治家とは、企業家とは、大人とは、???
偏差値エリート、最悪。
腐ってるぜ、日本の教育の結果。

*下記、拡散希望とのこと。転載します。

【5.23 文部科学省 包囲・要請行動&院内集会】

子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!
集合:13:00@文部科学省前
東京都千代田区霞が関3-2-2(最寄駅:虎の門、霞が関)
地図:http://www.mext.go.jp/new_map/index.htm

***************
あまりの事態に、福島の親たちが立ち上がりました!
みなさんもぜひ応援してください。5月23日13:00、文科省前に集まってください。

5月23日のスケジュール:
13:00 文科省前集合
   福島からの代表団到着
13:30 文部科学大臣への要請(交渉中)
   (文科省外にて)要請行動
14:30 移動開始
15:30~16:30
   院内集会「福島の子どもたちを守れ!」
   於:参議院議員会館 講堂
   内容:交渉報告、国会議員との対話、記者会見など
16:30~17:00
   記者会見 於:参議院議員会館 講堂

【主催】子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
【共催】グリーン・アクション、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO FoE Japan
【協力】脱原発と新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)、プルトニウムなんていらないよ!東京

【福島方面の方は下記をご覧ください】
 http://kofdomofukushima.at.webry.info/201105/article_18.html
 連絡先:nakate-s@mvh.biglobe.ne.jp

4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルト、屋外において3.8マイクロシーベルト/時という基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知しました。
3.8マイクロシーベルト/時は労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量です。
基準を現実の合わせて引き上げたこの決定は、行政の都合で、不必要な被ばくを子どもたちに強いるものです。

高まる批判の声に、原子力安全委員会は、「20ミリシーベルトを基準として認めていない。また、どの委員も専門家も安全ともしていない」と発言し、政府の意思決定の根拠は極めてあいまいな状況となっています。

この無責任で非人道的な日本政府の決定に、国際的にも国内的にも、非難の声があがっています。

http://e-shift.org/?p=432

福島県選出の複数の国会議員からも「20ミリ撤回」の声があがっています。

http://blog.canpan.info/foejapan/archive/23

私たちの声を結集し、この「20ミリシーベルト」を撤回させましょう!
福島の子どもたちの未来を守りましょう! 文科省を包囲しましょう!

連絡先:国際環境NGO FoE Japan
tel: 03-6907-7217(平日のみ) fax: 03-6907-7219
E-mail: finance@foejapan.org

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■原子力安全委員会委員 5人衆

この人たちですか?俺たちの安全ではなく安全地帯で国や企業の片棒担いで決めている偏差値エリートは…

福島県民の待避を20kmとした中で、震災1週間後には職員全員50km県外に待避して、現地に専門家が不在となった結果作業員に丸投げし、海外から批判されいた原子力安全委員会の発言。

原子力安全委員会
逃亡委員長  班目春樹
委員長代理 久木田豊
委員 久住静代
委員 小山田修
委員 代谷誠治

1105182.jpg
班目 春樹 (専門:流体・熱工学)
1972.3. 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1990.11. 東京大学工学部教授
1995.4. 東京大学大学院工学系研究科教授
2010.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故で、事故発生から12日間に渡り取材を拒否し続けた。その理由を「官邸や文部科学省へ伝えれば良いと考えていた」と語り、市民へ情報を伝える事を委員長の役目と考えていなかったことを明かした。

3月22日の参議院予算委員会で、2007年2月の浜岡原発運転差し止め訴訟の静岡地裁での証人尋問で、非常用ディーゼル発電機や制御棒など重要機器が複数同時に機能喪失することまで想定していない理由を社民党の福島瑞穂に問われ、「そのような事態は想定していない。そのような想定をしたのでは原発はつくれないから、どこかで割り切らなければ原子炉の設計ができなくなる」と回答した。

3月28日の記者会見では、高放射線量の汚染水への対応について質問された際に、「(汚染水への対応実施については)安全委はそれだけの知識を持ち合わせていない」などと、原子力安全委員会の見識と存在意義について疑問を抱かせる発言を行った。

4月27日の衆議院決算行政監視委員会において、政府の防災基本計画では原子力災害発生時に「緊急事態応急対策調査委員」らを現地に派遣すると定めているが、3月11日の地震発生直後に派遣したのは事務局の職員1人だけだったこと、また安全委員会が福島市の現地対策本部に専門家2人を派遣したのは4月17日となったことについて、委員会議員から質問があった。これに対して班目は、原子力安全専門家の現地派遣が遅れたことを認め、「これは本当に失敗だったと反省しております」と述べた。


1105183.jpg
久木田 豊 (専門:原子力熱工学)
1975.3. 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1990.4. 日本原子力研究所東海研究所安全性試験研究センター
原子炉安全工学部熱水力安全研究室長
1996.10. 名古屋大学大学院工学研究科教授
2009.4. 原子力安全委員会委員(常勤)


1105184.jpg
久住 静代 (専門:放射線影響学)
1972.3. 広島大学医学部医学科卒業
1988.5. 日米共同研究機関・放射線影響研究所臨床研究部副部長
1989.4. 広島大学原爆放射能医学研究所非常勤講師
1996.4. (財)放射線影響協会放射線疫学調査センター審議役
2004.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

下記転載です。

『文部科学省は福島県内の学校などの施設、校庭の利用について校庭、 園庭での1時間あたり放射線量が3.8マイクロシーベルトを超えるところでは屋外活動は1日1時間程度とし、 屋内、園内での活動を軸にするように措置を講じたが、

この基準について放射線影響学が専門の久住静代原子力安全委員会委員は4月20日開かれた衆議院青少年問題特別委員会で

「(基準の妥当性について)社会的、学校教育等々、総合判断の下で可能と判断したもので、
年間20ミリシーベルトで健康に影響が出るということはない」とした。

また、久住原子力委員会委員は

「決して、こども達に放射線量を年間20ミリシーベルトまで受けることを容認しているものでない。
できるだけ、受けないように努めるべき」とした。

また、今回の措置が夏季休業終了までの暫定的なものであることや 継続してモニタリングが実施されていくことも総合判断の材料になっていることをうかがわせた。

また、有松育子文部科学省スポーツ・青少年総括官は

「継続的なモニタリングをしており、
文部科学省として安心して学校教育を受けられるよう努めたい」とした。

これは、宮本岳志議員(日本共産党)が

「こどもは放射線の感受性が成人に比べ3倍から10倍あり、
放射線の影響を受けやすいという専門家もいる」と語り、
許容放射線量を年間20ミリシーベルトとした理由と安全性について
質したのに答えた。』

この久住静代というひとは 一体何を言いたいのか?
こども 20ミリシーベルトの基準は 妥当であるが容認していない?

容認していないなら 判断基準が 妥当と言えないだろうが…。
健康に影響がない・・・と何故いえるのか。

転載ここまで。
まったくこの放射線専門家は何を言ってるのかわからない…


1105185.jpg
小山田 修 (専門:原子炉構造工学)
1970.3. 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
2002.4. (株)日立製作所技師長
2005.10. (独)日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門長
2007.10. (独)日本原子力研究開発機構原子力科学研究所所長
2009.4. 原子力安全委員会委員(常勤)


1105186.jpg
代谷 誠治 (専門:原子炉物理・原子炉工学)
1974.3. 京都大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学
1996.4. 京都大学原子炉実験所教授
京都大学大学院エネルギー科学研究科教授(兼任)
2003.4. 京都大学原子炉実験所長
2010.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

どうなんでしょう?彼らの真理の探究心の信念は?皆の安全を追求する深さは?
こうなると「原子力安全委員会」というネーミングそのものがもう相当ブラックだよね!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■ 「女のからだ講座~愛と喜びに満ちた妊娠・出産・更年期のために~」

マナバーガーズのオハナでもあるなちゅ村さん兵藤さんからこんな情報が〜:)

*兵藤さんより
春日助産院に先日夫婦で説明会に行ってきました。
素晴らしい助産院で、兵藤家もここで出産しようと決めました。
院長大牟田さんは圧倒される本気さで接してくれました。
その大牟田先生を講師に迎えた講演会です。

1105191.jpg

お産の主役は、お腹の中で十月十日、小さな命を愛情こめて大切に育んできた母親であるあなた自身です。そしてお産のカタチは、まさに十人十色一人ひとりみんな違うのです。

講師:大牟田智子(春日助産院)
日時:5月22(日)11:00~13:00
場所:イムズ10階セミナールームA
講座内容
・からだの基本システム  ・妊娠しやすいからだづくり
・生命力あふれた卵子と精子の準備   ・安産するからだ
・母乳という愛を沸き立つ  ・愛されるからだとこころ
定員50名 参加費2000円(マクロビ弁当付)
※要予約
主催:ナチュ村

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : WorkShop | by tra
■「誰にも見えない、匂いもない 2011」

日本のレゲエ・ムーブメントの主導者であり、今も多くのミュージシャンに影響を与え続けるジャパニーズ・レゲエ界のオリジネーター、ランキン・タクシーが、25年前のチェルノブイリ原発の事故後に発表した反核ソング「誰にも見えない、匂いもない」。
”大変だ大変だニュークリア 大変だ大変だ大変事故ったら…”で始まるこの曲の歌詞は、2011年春、東日本大震災をきっかけとする福島原発の事故で、奇しくも現実のものとなってしまった。
ランキン・タクシーの、時に過激でユーモア溢れる批判精神に影響を受けたアーティストは数多い。アイヌの伝統音楽をレゲエやダブを介したレベルミュージックとして表現してきたOKIもそのひとりだ。
今回の福島原発事故を受け、OKIが同楽曲の2011年ヴァージョンの共同制作をランキン氏にオファーした所、氏からの快諾を受け、急遽レコーディングが決定。
リリックは2011年版に書き改められ、OKIがリーダーを務めるダブアイヌバンドから沼澤尚(drs)、エマーソン北村(key)、居壁太(雄叫び)、OKI(bass)が参加し、内田直之がミックスを担当した。
(by Chikar Studio)

「DIY HEARTS 東日本大震災義援金募集プロジェクト」
本プロジェクトにおけるデジタルコンテンツの配信総売上額から決済代行会社イプシロンに支払う決済手数料および消費税を除いた金額を寄付するそうです。

今回紹介はこの楽曲〜200円から任意のお布施感覚の価格
この音源はここからダウンロード可能

PS
最近ネットで音源を購入したりしています。
これとともにここにもユニークな楽曲や企画がそろってますね。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■デタラメハルキ〜魂を金で売った学者

「最後は結局お金でしょ?」
こんなふざけた金権オヤジが原子力安全委員長〜呆れます。
いいんですかこんな輩に原子力扱わして…俺たち&子供たち&未来の地球を預けて…

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Person | by tra
■ブッタボーイ

今週末、手塚治虫のブッタが公開されます。
3部作の第1作目。

ブッタは現在のネーパル ルンビニで生を受けた。
15年ほど前にネパールにトレッキングに行き、その後、インドにバスで向かった途中にあったエリアだ。
この時は南インドを目指していたためにゆっくり出来なかったが、イエスが活動していたイスラエルとともに、近い将来、あらためてじっくりと廻りたいところでもある。

そのネパールに数年前に現れたというブッタボーイ。

『クンチュスーマ(kunchu suma)の祈り
平和のメッセージ

全ての衆生と人類の霊的繁榮のために
全ての宗教の探求者 聖人 宗教と 全ての組織の皆様に、
三位一体の神(三大神?)によって 世界の人類と生物を救い
高めるように命じられた後、
私は感情の海から はかない世界を救い
世俗の罪から世界を解放するという 約束を守りました。

私は 人類と全ての生き物の 解脱をひたすら内観しています。
感覚ある全ての衆生は 世俗の悲しみ痛みから
解放されたいのです。
けれども出生しても 彼らは霊性を追求し解放できる人類として 
身についていません。
彼らもまた神に祈っています。
彼らはこの世にいて満足です。

人類は全世界と生きているすべての神の創造物を
滅ぼす伝統を作っています。
宗教の名において 
殺害 暴力 怒り 嫉妬と分裂が 促進されています。
唯一の源が存在します。
霊には一つの形があり 全ての人間の霊は同じです。
伝統と習慣が異なるだけです。
常に 慈悲 同情 非暴力 平和の道を 受け入れてください。
これは私が、私たちの社会に
そして世界の全ての人々に伝えたいメッセージです。

本当の宗教 本当の人間の宗教は 常に真理を求めます。
真理への探索は 人間の唯一有益な方法です。
何千もの道が存在するにもかかわらず
混沌 貧欲 執着 怒りと嫉妬は
私たちの社会と人類を拘束しています。
このように 世界は 破壊に向かって進んでいます。
ですから、世界の市民が 当然考えなければならない
時が来ました。

人類は究極の宗教的義務と
その社会を、決して忘れてはいけません。
殺生 暴力 貧欲 嫉妬 執着と 
凶悪な性格を自制してください。
慈悲と思いやりの涙を流してください。
世界に救済の方法を示してください。

私たちが死んだ後
人の命を取り戻すのは とても難しいです。
死んだ後に 生まれ変わることなどないと 誰もが思っています。
いいえ 私たちは高潔な行いのために人として生命を与えられるのです。
そして行いの功徳によって 収穫を得るのです。

全世界は三つの姿に支配されています。
第一は 貧欲です。
第二は 怒りです。
第三は この世界を支配している執着と嫉妬です。
全ての宗教的伝統が変わりますように。
全ての宗教的人々は まず真理を見つける必要があり
心で慈悲 同情 非暴力と平和を培うことによって
救済の方法で世界を美しくする必要があります。

私は内観と瞑想をし続けます。
智慧の道に集中することで生きている 衆生の救済のために
無上正等覚の究極な形を見つけるまでは
(百瀬注 無上正等覚:むじょうしょうとうがく。仏教用語。この上ない優れた仏の悟り)
開悟の究極な形に敬意を払い
平和が皆と共にありますように。』

『今日の私たちの世界の平和についての伝言

殺人 暴力 貪り 怒り 誘惑は
人間の世界を危険な場所にしてきました。
恐ろしい嵐が人間の世界を襲いました。
そしてこれは世界を破壊へと向かわせています。
この世界を救う方法は ただ一つ 
ダーマ(ダルマ、法)の道に従うことです。

人は修行の正しい道を歩かなければ
この危険な世の中は必ず破滅するでしょう。

したがって霊性の道に従い
このメッセージを仲間に広めてください。
私の瞑想の布教の道に
決して障害 怒り 不信をもってはいけません。
私はただ道を案内するだけで 
あなたが自分自身で探すのです。

どうあるべきか
何をすべきか
来るべき日に 明らかになるでしょう。
人間の救済
生きもの全ての救済と世界の平和は
自分の目的であり 自分の道なのです。
ナモ ブッダ サンガヤ
ナモ サンガヤ

私は瞑想しています。
怒りや誘惑に無関心で
感情の海と化した
混乱したこの世界を解放するために
そして一瞬でも
道を踏み外さないためにです。

私は永遠に自分の人生と
家族に対しての執着を捨てています。
私は全ての生命を守るために働いています。
しかし このはかない世界において
私の人生の修行は単なる娯楽です。
多くの仏陀の修行と献身は
世界を向上と幸運に向かわせます。

これは根本です。
しかし修行と献身を理解することは
大変難しいのです。
この単純な知識を理解するのは
簡単なことなのですが
人間はそれを理解しません。

けれどいつか私達は
この不確かな世界を
死神と共に去らねばなりません。
私達は長年の親友や家族を、
無に溶け込むために
置き去りにしなければなりません。
私たちは蓄えた富と所有物を置き去りにしなければなりません。

私たちの幸せの使い道は
始めから私を愛してくれていた人
母親 父親 兄弟 親戚の
不幸に対してです。
したがって 全ての感覚ある衆生を救うために 
仏陀の心でいなければなりません。

深く瞑想し 自分の地下洞穴から抜け出し
神の道に従いましょう。
正しい道 そして知識を実現するためです。
ですから自分の修行を怠らないでください。
修行は身体 魂 そしてこの現実から
私を引き離します。

この状態には72人の女神カリス(Kalis)がいます。
違う神も居合わせているでしょう。
雷鳴や他の沢山の音があるでしょう。
この時 天の神と女神は礼拝をしているのです。
そして私がメッセージを送るまで
ここへ来ないでください

そして人々に伝えてください。
世界中の至る所に
霊的なメッセージを広めてください。
皆に世界平和のメッセージを広めて
正しい道を探すのです。

そうすれば智慧は
あなたのものになる。』

『私が今日ここにいるのは、世界に対してメッセージを伝えるためです。
その平和のメッセージとは…

人類の世界は、憎しみ、殺戮、怒り、強欲、邪念に満ちています。
この行いが、世界を救いようもない状態にしてきました。
終末、破滅は、近づいています。

ただ唯一、皆を救う道があります。
それはダルマ(霊的な実践)を通じてもたらされます。
人がダルマの道を歩まない時、
世界の破滅は疑いのないものです。

私が瞑想を行う目的は、この世界を平和なものにするためであり、
ダルマの道を歩む人々を助けるためです。
私の目的は、彼らが
憎しみ、殺戮、怒り、強欲、邪念に打ち勝つのを助けることです。

生贄を捧げることは、ダルマではありません。
これは殺害であり、事態を一層悪くするだけです。
真の愛と哀れみこそがダルマなのです。

私があなたがたを呼んだのは、この言葉を、
このメッセージをすべての人々に伝えてもらいたいからです。』

以上、YouTubeとともにネットで見つけた「探求三昧 by N.Momose」さんのブログから訳を転載させていただきました。ありがとうございました!

この映像はここ2〜3年前のものと思われます。
当時18歳前後とのこと。
今頃は20歳過ぎ。

述べていることはごもっともな内容。
この目でぜひ会ってみたいものです。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■四人のサムライ〜参議院USTREAM中継 脱原発への道

本日画期的なことが!
マスコミもNHKも一切報道しないのがその証。
皆、観てください。

行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■水素爆発と水蒸気爆発

3月11日以降すぐに福島で起こったのは水蒸気爆発ではなく、水素爆発です。
先日アップした参議院行政監視調査のなかで自民党の議員の方が間違えたように自分を含め多くの方が、この2つをごっちゃに理解しているのではないかと思いました。

下記、千葉大学 理学部 地球科学科の准教授、熊先生(本名・吉田修二氏)のお書きになっているブログ「理系人の コミュニケーション と 明るい未来」で見つけました。
許可いただき転載します。

3月14日にアップされた『水蒸気爆発の基礎』から。

〜前略

さて、いろんな人と話していて解ったのですが、多くの人が誤解をしていたり、良く理解されていないのは、水素爆発と水蒸気爆発の違いです。水素爆発よりも威力が強く、破壊される範囲が広いのは水蒸気爆発(Phreatic Explosion)の方です。

水素爆発は水素の入った試験管やシャボン玉、風船に火を近づけると、ボン!と火を出して爆発するように燃えますが(良い子の皆さんは真似をしないで下さいネ)、あれと同じ原理です。水素が漏れると、比重が軽いため、高いところへ移動し、建物の高いところなどへ濃集します。これにちょっとした摩擦や電気などで火がつくと、爆発するのですが、爆発量は水素の濃度や量のほか、酸素がどのくらい周りにあるか、なども関係してきます。本来、原子炉内の水素は酸素と直接反応しないように、窒素が入っているのですが、それが今回の事故では窒素もなぜか漏れてしまっていた、と言うのが(あまり報道されていませんが)問題なのだそうです(昨日参加した記者会見で聞いた話です)。酸素があるところで、かなりの量が溜まってくると、建物も吹っ飛ばすほどの威力があり、皆さんがニュースの動画や写真で見ている通りです。

一方、水蒸気爆発(あるいは単に蒸気爆発)は高温に解けた金属やマグマなどが水に触れたときに起こります。自然界でよく知られているのは温度が1000度位のマグマが地下を上昇し、地下水層を暖めたときに起こります。常温・地上で水が蒸気になるときには、その体積が1600倍以上になりますが、これが地下の密閉されたところで起こるのです。そのため、水が1000倍以上になるのに伴う圧力で、大爆発を起こします。2000年の有珠山の噴火は水蒸気爆発が次々に起こった例ですが、水にマグマが直接触れて、瞬時に水が沸騰し、マグマも飛び散る場合をマグマ・水蒸気爆発(Phreato-Magmatic Explosion)といいます。ちょうど私が学生たちとこの1-2年研究していたのが、このマグマ・水蒸気爆発で、地下水の水蒸気爆発よりも、原子炉安全の際に問題となる「水蒸気爆発」に近いものです。地下水層だけでなく、海や湖の水が温められた場合にも(マグマ)水蒸気爆発は起こります。

この際、何が起きるのか、というと、水素爆発のように上空、球状に広がる爆発だけでなく、地面を這うような高速の衝撃波が走るのです。ちょうど大きな爆弾が落ちたときに、きのこ雲が上がるだけでなく、ドーナツ状の煙った衝撃波が中心から外側へ同心円状に広がりますよね。この衝撃波、いろんな細かい破砕物を一緒に運んでおり、通過したところの木をなぎ倒し、多くの建物を破壊します(映画なんかでよく見ますね)。これをベース・サージと呼び、火山学だけでなく、原爆実験のときなどに計測されて研究されているのですが、火山の場合(ベースサージだけでなく、日本では火砕サージといいます)でも、普通半径数キロをなぎ倒す破壊力があります。1883年のインドネシアのクラカトア山の大噴火でサージが発生した際は、サージが海の上を渡り、スマトラ島に上陸し、噴源から50キロ近くも離れた山麓の村をなぎ倒し、焼いた、という記録があります(BBCの2004年のドキュメンタリーで、欧米の科学者のインタビューを交えながら作った映画、Krakatoaで上手く説明してあります)。

また、上空へ上がる爆風・噴煙の量も、水蒸気爆発のほうが格段に大きいのです(2000年の有珠山の噴火を思い出して下さい)。アメリカのメディアの中には、この水蒸気爆発による「放射性物質の水蒸気爆発による上空1キロ以上への飛散効果ー風に乗って、日本だけでなく、アメリカ・諸外国へも飛散」の懸念を伝えているところがあります。

今、原発事故で懸念されているのは、炉心溶融(MeltDown)で、この水蒸気爆発が起こるのではないか、という事です。火山の場合、マグマが上昇して水と反応して起こるのですが、原発の場合は、核反応を起こしている燃料棒が解けて、それが落下し、冷却水などに触れて爆発が起こるのです。この炉心溶解を起こすときの温度というのは、昨日記者会見でお会いした専門家に伺ったところ、2700℃から2800℃以上のときにスタートするそうです。

昨日のブログにも書きましたが、記者さんたちの中に水蒸気爆発を理解していない人が多く、昨日の会見でも「水と触れるのが危ないのなら、どうして水を注入するんだ?」という質問がインタビューを受けていた原発専門家の方たちへあったのですが、きちんと答えていませんでした。私から簡単に説明しなおしますと(出来れば、原子炉の模式図を見ながら以下の説明を読んでください。新聞に載っている原子炉の図や解釈にもエラーがありますが)、

(1)原発が止まっても、燃料の核崩壊反応と熱の発生はずっと続いているので、温度はどんどん上昇しています。これを炉内の冷却水で冷やさないと、温度はさらに上昇し、水が減って燃料棒が水面上にむき出しになると、さらに温度が上がってしまいます。だから冷却水をどんどん入れているのです。炉内に発生した水蒸気を炉外のパイプにある蒸気口(Vent)から大気中に逃がして温度をさげる、というのも別の方法で、これは海水の注入の前に使われました。パイプからの蒸気抜きと海水注入でもダメな場合、原子炉本体に穴を開け、直接高温蒸気やガスを抜いて温度をさげ、炉心溶解を避けなくてはなりません。

(2)炉心の燃料棒の温度が2700度から2800度にまで上昇してしまうと、炉心融解(MeltDown)を起こし、それが長く続いたままだと炉を溶かして落下し、冷却水のプールなど、多量の水に触れると水蒸気爆発を起こします。

さて、それではどのくらいの爆発が起こるか(つまり、半径何キロ以内が危険か)というと、それは上記の火山や爆弾の場合とは(原理は似ていても)直接の比較は出来ません。まず、溶解したものの温度と量(つまりはエネルギー)と、それに反応する水の量、溶解物と水の比、にもよります。炉心溶融は2700-2800℃以上で、マグマの通常の温度である1000℃と比較すると、かなり高い値なのですが、もともと炉心にあった燃料棒の状態(どのくらいの量が入っていたのか、つまりエネルギー量)が解らないと判断しにくいですし、反応を起こす水の量や耐圧壁など、いろいろなファクターが絡んできます(会見に私と一緒に参加した物理学者、ジェームズ先生に伺った話です)。今政府や東京電力の会見を聞いていて非常に不快なのは、こういった情報を公開しないことです。海水を注入した、といっても何処に注入したのか?リサイクル・循環しているのか?といった具合。

さて、私に今説明できるのはこのくらいですが、この水蒸気爆発について知りたい片は、冒頭の本、「蒸気爆発の科学ー原子力安全から火山噴火までー」を読まれると良いと思います。読んだ方は、周りの人に説明してあげてください。

追記1(翌日の3月15日):3月15日の夜に行われた記者会見のあと、元・東芝原子プラント設計技師の後藤政志さんと、原子力資料情報室の研究者、上澤千尋さんにお話を伺いましたので、そちらをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/globalsciencejournalist/e/ceeba9b2d2174ad33639252d406b7244

追記2:3月15日の後藤さんの記者会見の記事をPart1~Part4の4回に分けて載せていますが、その一回目に「水蒸気爆発の怖さ」について載せています。もしも炉心溶解が更に進み、炉の底やそのまわりの耐圧壁を溶かしてコンクリートの床に落下してしまった場合にも水蒸気爆発の可能性があるそうです。炉内・耐圧壁内の冷却水との反応による水蒸気爆発よりも、コンクリートの床に落ちた溶融物が集まって再臨界を起こし、コンクリート・水と反応して水蒸気爆発を起こした時のほうが怖いそうです。詳しくは3月15日の記事のPart1をご覧下さい。

転載、以上です。
映像は自分が追加しました。
3月14日の記事なのでメルトダウンについては触れられていませんが、メルトダウンが現実に起こってしまっている今、水蒸気爆発にならぬよう祈るばかりです。

天災ではなくとんでもない歴史上ない人災を起こし、本来なら真実を告げ国民一致でこの困難に立ち務変わらなければならない時に、過ちを認めず、自分のことばかりを考え、国民をだまし続ける東電経営陣や諸官庁、政府ではありますが、現場でイノチをかけて働いている皆様とそのご家族には頭が下がります。皆様のご無事と幸せを祈るばかりです。
ありがとうございます。

顔晴れ!大和、大きな調和めざして。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■最悪!原発推進派→大橋弘忠氏(東京大学)

魂を売った御用学者大橋弘忠氏は玄海原発があるここ九州にてもこんな暴言を!

12/25佐賀県主催プルサーマル公開討論会の推進側パネラー
大橋氏の住民を愚弄する発言内容

こやつ、今、雲隠れしているよう〜トホホな大先生です。

毎度小出さん、ありがとうございます。
小出さんが別の場所でおっしゃっていた「科学を人々を幸せにするためにある」という言葉がずっしりと思い。
自分に変えれば「飲食ビジネスは人々を健康でハッピーにするためにある」ということですね!

さらに言わせていただければ、科学も経済も政治もお金も自分たち人類が造ったもの。
宇宙や自然はその人類を生かしてくれている大いなる母です。
その大きな環のなかで楽しく平和に暮らしたいものですね〜:)

| Comments (3) | TrackBack (0) | Category : News | by tra
■ありがとう〜山本太郎さん

311以降、原発関係のアップがほとんどでヤッキリする方もいらっしゃると思いますが、お許しください。

“災い転じて福となる”大きなパラダイムシフトのチャンスですし、何よりも今自分はこの人類の歴史上初めてといってよい現状がどういうことなのか知りたい、理解したい、のです。

その結果、タオラボ+マナバーガーズを運営していることと同じで、たくさんある情報や商品や人の中から生活の中でチョイス体験実践して「これはモノホン!」「これはいいねぇ!」「この方を応援したい!」と自分が納得するコトモノヒトを伝えたいのです。
自分の人生でやりたいのはこれだけ!と言えます。

これも自分にとっての「生活観光」の大いなる楽しみなのです。
まじ、自らの意志で探求することは面白いし、有り難い。

そんななかで彼のこの映像は共鳴しました。

山本太郎さん。
昔のこれも最高ですね!

大バカと憂う気持ち、ユーモアと真面目、カッコイイ!
どっちかじゃなくて、どっちもが自分の理想です。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : GoodNews | by tra
■そうるふるでじゃじー13souls

〜やっぱ、音楽はいいですね:)
食と一緒で音は金メダルがたった一個しかないのではなく、かっこいいなごむ音楽+おいしいヘルシーな食はいくらあってもいい!というのが平和ですね〜:)
あとは個々の好みの問題ですから。

この音楽家たちもいいかんじです。

11052901.jpg

音もいいけど、ジャケットも綺麗。
2011.07.06 (wed) 13souls 1st Album 『BRAND NEW OCEANS 』リリース!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■アマチ7月来日!!!

例年今頃5月に来日しているアマチですが、昨年に続き本年も7月の来日です。
アンマと皆に会える〜うい〜っす、楽しみです!

1105303.jpg

東京と今回は神戸ではなく大阪だそうです。

東日本プログラム7月22−24日
西日本プログラム(大阪)7月26日−27日。

●<東日本プログラム> 7/22(金) 23(土) 24(日)
1105301.jpg

東京会場:ガーデンシティ品川 ボールルーム
東京都港区高輪3-13-3 SHINAGAWA GOOS1F
http://g-city.net/access.shtml

22日(金)
[午前の部] 開演 11:00(開場 10:00)
*22日は抱擁を受けるための整理券は夕方17時までで配布終了しますので、お早めに来場ください。[午後の部] はありません。

23日(土)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)

24日(日)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)
*特別プログラム・世界平和の祈り(18:30〜20:00)が冒頭に行われます。

【交 通】JR 品川駅中央改札口(高輪口) 徒歩3分。京急線品川駅高輪口 徒歩3分。

●<西日本プログラム> 7/26(火) 27(水)
1105302.jpg

大阪会場:梅田スカイビル ステラホール
大阪府大阪市北区大淀中1-1?梅田スカイビル タワーウエスト3F
http://www.skybldg.co.jp/access/train.html

26日(火)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)

27日(水)
[午前の部] 開演 10:00(開場 9:00)
[午後の部] 開演 18:30(開場 17:30)

*特別プログラム・世界平和の祈り(18:30〜20:00)が冒頭に行われます。

何度もアップしていますがフランス人監督Jan Kounenさんが製作したドキュメントアンマ。
カンヌでも上映されましたが残念ながら日本では未公開です。

●<ボランティアミーティングのスケジュール>
これらのイベントは皆のボランティアでなりたっています。人手が必要です。
ぜひ、参加してください〜でも、過度の無理はよくないのでその辺はいい塩梅で!

<大阪ボランティアミーティング>
6月5日日曜日 午後13:30−16:30 
場所 市民活動プラザおおさか東館(もと飛鳥人権文化センター) 201号
大阪市東淀川区東中島3-14-32
・阪急京都線 崇禅寺(そうぜんじ)駅 徒歩1分(駅前)。阪急梅田駅より8分

〈東京ボランティアミーティング〉
日程場所未定

<大阪ボランティア説明会>
7月2日土曜日 午後18時−20時30分
場所 市民活動プラザおおさか西館(もと南方人権文化センター) 4階講堂
大阪市東淀川区東中島2-20-18
・阪急京都線 崇禅寺(そうぜんじ)駅 徒歩5分。
・新大阪駅東口 徒歩10分

<東京ボランティア説明会>
7月3日日曜日
時間・場所未定    

●イベントおよびボランティアのお問い合わせは下記まで
国際チャリティ協会アムリタハート
info@amritaheart.org

こちらも前にアップしてますがなんともシャンティになるこの曲を!

自分たちも調整して参加検討し始めています。
その折には、キッチンのお手伝いです。
キッチンワーク縁の下の力持ち、地味だけど大切な仕事、よろしかったらアンマズキッチンお手伝いご検討下さい。
お手伝い可能な方は、まずは〜メールでもください。

ありがとうございます:)
7月に会場でお目にかかりましょう!!!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■Pacific Roots+Rickie-G@マンマミーヤ

前回に引き続き、音ネタを!
HOMERUN SOUND からグッドバイブスが届きました。

1105311.jpg

ニュージーランド・オーストラリア等の、太平洋にルーツを持つ アーティストのみ初収録したこの夏の決定盤!

「心地良くも男気あるラヴァーズソウル」
「極上のハーモニーを奏でるオーガニックロック」

等の特徴を持つ彼らの、南国の風を感じる音源をセレクト。

*7月6日 IN STORE *
1,890円 (税込) / GDNC-001
発売:Garden Grove Music
洋楽/Organic/Rock/Soul
販売:メディアファクトリー

アートワークは、U.Kの名門サッカーチームリヴァプールへの作品提供等、 日本を代表するペインターDragon76

トータルプロデュースはRickie-Gをマネージメントするbal君。

*6月19日、福岡百道にある塩ちゃん率いるマンマミーヤの12周年を祝うRickie-Gライブが開催されるとのこと。
タイミング合う方はぜひ、どうぞ!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■チャイナシンドローム+ホピの予言

チャイナ・シンドローム(原題:The China Syndrome)は1979年制作のアメリカ映画。
同年のアカデミー賞にて、主演男優賞、主演女優賞、美術賞、脚本賞などにノミネートされた。
カンヌ国際映画祭のパルム・ドールにもノミネートされ、ジャック・レモンは男優賞を獲得。

タイトルを直訳すると「中国症候群」で、映画の中で話されるジョークから採られた。
もし、アメリカの原子力発電所がメルトダウンを起こしたとしたら、地球を突き抜けて中国まで熔けていってしまうのではないか、というものである。

この映画が公開されたのは1979年3月16日であるが、それからわずか12日後の1979年3月28日に、ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で本当の原子力事故であるスリーマイル島原子力発電所事故が起きた。
この事故もあり、映画は大ヒットを記録することとなり、それまで医学用語としてしか使われていなかった「シンドローム」(症候群)という言葉が、他の言葉と組み合わさり、「 - シンドローム」という形で社会現象などを表す言葉としてしばしば使われるようになった。

日本での公開は同じく1979年9月。
32年前。
当時、自分は大学2年生。
その夏はアメリカ西海岸とマイアミ、さらにメキシコ&ジャマイカをバックパックで旅していました。
西海岸のライフスタイル、マイアミのトロピカルデコ。
それ以上にインパクトがあったのはまだ観光地されていなかったメキシコのカンクーン、さらに日本人はじめて見たと言われまくったジャマイカのポートランド。
そんな体験が自分の人生のスタイルのROOTSとなりました〜「生活」でもなく「旅」でもなく、「日常」であり「非日常」でもある「生活観光」の始まり。

帰国後、映画も大好きだったので、これを観ました。
このタイトルはちょっとした流行語に。
内容も深く、それなりにインパクトはありました。
でも、あくまでもそれは自分にとっては映画の世界。
作りものの物語でしかありませんでした。

スリーマイルのことは憶えています。
1105312.jpg
自分にとってはこの映画のように現実ではなく、リアルな怒りや恐怖は感じませんでした。
事故、単なる事故…起こったことより今思えば不謹慎ですが、スリーマイル原発の大自然の中に存在するなんともPOP ARTのような造形美に惹かれました。

311が起こってしまった今、あらためてDVDを借り、鑑賞。
細かくは申しません。
今こそ、皆に観てもらいたい一本。

現在の日本人にとってこの映画は現実です。
こんな危険と背中合わせのもろい生活はご免です。

ピンチはチャンス。
具体的にはエネルギーと食のパラダイムシフト、一極集中から分散。
アメリカとヨーロッパとはまた違うあたらしい国の構築。

それは革命ではなく進化。
進化は一人一人の内側から。
新しい政治も経済も福祉も医療も安全も豊かさもなにもかもがそこからしか生まれないと思います。

引き続き極楽目指して、生活観光の旅は続くのです〜顔晴って行こう、生きよう:)
自らまずは何ごとも楽しもう!!!

「怒り」ではなく「祈り」を〜御陰様:)ありがとう!感謝!!!

PS
今晩はここに顔を出そう!
「ポピの予言」@yogalimt

1105313.jpg

お時間あるかたはどうぞ!
21時から上映。

続きを読む
| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra