ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
serch
2010年11月 Archive
■ごはんがあぶない!

モウ〜たまらない…イノチを軽んじる食の世界。

101101.jpg

FOOD INC 12月公開

人を良くする食、とは???
食べるということはイノチをいただくこと。
それはイノチを繋げること、循環させること。

工業製品ではなくイノチ=自然=愛情=マナをいただこう!
LifeForce forever:)

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■ふぅ〜大変な添加物

【 アセトアニソール、アセトフェノン、アセチルピラジン、2-アセチルチアゾール、アルファルファエキストラクト、アミルアルコール、酪酸アミル、トランス-アネトール、スターアニス油、リンゴ果汁、濃縮エッセンス、ペルーバルサム油、レジノイド、ミツロウアブソリュート、ベンズアルデヒド、ベンゾインレジノイド、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、フェニル酢酸ベンジル、プロピオン酸ベンジル、2,3-ブタンジオン、2-ブタノール、4-(2-ブテニリデン)-3,5,5-トリメチル-2-シクロヘキセン-1-オン、酪酸ブチル、酪酸、炭酸カルシウム、カラメル、カルダモン油、キャロブアブソリュート、エキストラクト、パウダー、β-カロテン、ニンジンジュース、L-カルボン、β-カリオフィレン、カシア樹皮油、オレオレジン、シダーウッド油、セロリーシード油、セルロース、カモミル油、アブソリュート、シンナムアルデヒド、ケイ皮酸、シンナミルアルコール、ケイ皮酸シンナミル、シトロネラ油、DL-シトロネロール、クラリセージエキストラクト、ココア、エキストラクト、ニブティンクチャ、パウダー、シェル、コーヒー、エキストラクト、オレオレジン、コニャック油、コリアンダー油、コーンスターチ、クミンアルデヒド、β-シクロデキストリン、ダバナ油、δ-デカラクトン、γ-デカラクトン、デカン酸、デキストリン、ディルハーブ油、3,4-ジメチル-1,2-シクロペンタンジオン、4,5-ジメチル-3-ヒドロキシ-2,5-ジヒドロフラン-2-オン、3,7-ジメチル-6-オクテン酸、2,3-ジメチルピラジン、2,5-ジメチルピラジン、2,6-ジメチルピラジン、2-メチル酪酸エチル、酢酸エチル、酪酸エチル、ヘキサン酸エチル、イソ吉草酸エチル、乳酸エチル、ラウリン酸エチル、レブリン酸エチル、エチルマルトール、オクタン酸エチル、オレイン酸エチル、パルミチン酸エチル、フェニル酢酸エチル、プロピオン酸エチル、ステアリン酸エチル、吉草酸エチル、エチルバニリン、エチルバニリングルコシド、2-エチル-3,(5または6)-ジメチルピラジン、5-エチル-3-ヒドロキシ-4-メチル-2(5H)-フラノン、2-エチル-3-メチルピラジン、ユーカリプトール、フェネグリークアブソリュート、エキストラクト、ジェネアブソリュート、リンドウ根インフュージョン、ゲラニオール、酢酸ゲラニル、グリセリン、ブドウ果汁、グアヤコール、グァバエキストラクト、γ-ヘプタラクトン、γ-ヘキサラクトン、ヘキサン酸、シス-3-ヘキセン-1-オール、酢酸ヘキシル、ヘキシルアルコール、フェニル酢酸ヘキシル、ハチミツ、ヒドロキシプロピルセルロース、4-ヒドロキシ-3-ペンテン酸ラクトン、4-ヒドロキシ-4-(3-ヒドロキシ-1-ブテニル)-3,5,5-トリメチル-2-シクロヘキセン-1-オン、4-(パラ-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノン、4-ヒドロキシウンデカン酸ナトリウム、インモルテルアブソリュート、β-イオノン、酢酸イソアミル、酪酸イソアミル、フェニル酢酸イソアミル、酢酸イソブチル、フェニル酢酸イソブチル、ジャスミンアブソリュート、コーラナッツティンクチャー、ラブダナム油、アブソリュート、レジノイド、酵素分解レシチン、レモンテルペンレス油、カンゾウエキストラクト、エキストラクトペースト、エキストラクトパウダー、ライムテルペンレス油、リナロール、酢酸リナリル、ロベージ根油、エキストラクト、マルトール、メープルシロップ、メントール、メントン、酢酸L-メンチル、パラメトキシベンズアルデヒド、メチル 2-ピロリルケトン、アントラニル酸メチル、メチルヒドロキシエチルセルロース、フェニル酢酸メチル、サリチル酸メチル、4'-メチルアセトフェノン、メチルシクロペンテノロン、3-メチル吉草酸、ミモザアブソリュート、トウミツ、エキストラクト、ミリスチン酸、ネロール、ネロリドール、γ-ノナラクトン、ナツメグ油、δ-オクタラクトン、オクタナール、オクタン酸、オリバナムエキストラクト、オレンジフラワー油、オレンジ油、オリス根油、パルミチン酸、ペクチン、ω-ペンタデカラクトン、ペパーミント油、アブソリュート、プチグレインパラグアイ油、フェネチルアルコール、フェニル酢酸フェネチル、フェニル酢酸、ピペロナール、プラムエキストラクト、果汁、プロペニルグアエトール、酢酸プロピル、プロピレングリコール、3-プロピリデンフタリド、プルーン果汁、ピルビン酸、レーズンエキストラクト、果汁、ローズ油、アブソリュート、エキストラクト、ラム酒、セージ油、サンダルウッド油、ソルビトール、スペアミント油、テルペンレス油、スチラックスアブソリュート、ショ糖パルミチン酸エステル、ショ糖ステアリン酸エステル、糖類: コーンシロップ(液糖)、糖類: 果糖、糖類: ブドウ糖、糖類: コーンシロップ(高果糖液糖)、糖類: 転化糖、糖類: ショ糖、マリーゴールド油、ティーディスティレート、エキストラクト、パウダー、α-テルピネオール、酢酸テルピニル、5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリン、1,5,5,9-テトラメチル-13-オキサシクロ(8.3.0.0(4.9))トリデカン、2,6,10,10-テトラメチル-1-オキサスピロ[4.5]デカ-2,6-ジエン-8-オン、2,3,5,6-テトラメチルピラジン、タイム油、トマトエキストラクト、2-トリデカノン、クエン酸トリエチル、4-(2,6,6-トリメチル-1-シクロヘキセニル)-2-ブテン-4-オン、2,6,6-トリメチル-2-シクロヘキセン-1,4-ジオン、4-(2,6,6-トリメチル-1,3-シクロヘキサジエニル)-2-ブテン-4-オン、2,3,5-トリメチルピラジン、γ-ウンデカラクトン、γ-バレロラクトン、バニラエキストラクト、オレオレジン、バニリン、ベラトルアルデヒド、バイオレットリーフアブソリュート、二酸化炭素、エタノール、水 】

どっひゃ〜!!!

一部まともなものもありますが、ほとんど聞いたことのない怪しい響きのもの。
解らない…なんで、なんのために、どうして。
なんで、なんで、こんなにハーブに添加して市販タバコにする必要があるのか???

あの自然界にはない異常にまとわりつき、とれないイヤな臭いはきっとこのせい。
上記をなぜ箱に明記しないのか???
まぁ〜あのサイズには、この文量は入りきらないよね〜だからとは思えないけど。

誠に悲しいかな〜税金に守られている合法ドラッグ。
でも結果、過剰な医療費を支払う負の悪循環の原因のひとつ。
「大人」のやることはマジわかんない。

20代にはまんまと中毒にはまっちゃって〜はめられちゃって、毎日2〜3箱。
両極やったから言えます。

1011031.jpg

愛煙家の皆さま、手巻きタバコやアメリカンスピリットがおススメです。
さらに申せば吸わない方が良いけど〜大きなお世話でしょうが、吸い過ぎにご注意。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : DeadFood | by tra
■なんだかあたらしいフォークロック

先日の福岡ライブ残念ながらワークで行けずでしたが、タイスケくん、なんだかあたらしい存在〜ONPAだね。

七尾旅人〜ボーシとヒゲ、あとマナコ→雰囲気あるね。

このカバー、イカす。
Take a walk on the wild side

トークも。

11年前はこんな感じだったんだ。
これはこれで今でも新しいかんじ。

面構えは今の方がいいなぁ。

| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■おりじなる

Take a Walk on the Wild Side - awesome song!

Holly came from Miami F.L.A.
hitch-hiked her way across the U.S.A.
ホリーはフロリダ州マイアミ出身
ヒッチハイクしてアメリカ縦断

Plucked her eyebrows on the way
shaved her legs and then he was a she
途中でマユ抜いて
すね毛を剃ったら彼女のできあがり

She says, hey babe, take a walk on the wild side
said, hey honey, take a walk on the wild side
「ねえ,ワイルド・サイド,歩かない。」彼女は言う
「ねえ,お兄さん, ワイルド・サイド,歩かない」

Candy came from out on the Island
in the backroom she was everybody's Darling
キャンディはロング・アイランド出身
裏部屋では彼女はみんなからダーリンと呼ばれていた

But she never lost her head
even when she was given head
でもいつも冷静だった
たとえフ○○○オをさせられても

She says, hey babe, take a walk on the wild side
said, hey babe, take a walk on the wild side
and the coloured girls go
「ねえ,ワイルド・サイド,歩かない。」彼女は言う
「ねえ,ワイルド・サイド 歩きましょう」
そして黒人女たちが歌う


Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
(Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(Doo)

Little Joe never once gave it away
everybody had to pay and pay
リトル・ジョーは一度だってソレを許したことはない
みんな次々金を貢がなくてはいけない

A hustle here and a hustle there
New York city is the place where they said
ここで売春 あっちで売春。
ニュー・ヨークはみんながこう言う場所

Hey babe, take a walk on the wild side
I Said hey Joe, take a walk on the wild side
「ねえ, ワイルド・サイド 歩かない?」
私は言う「おいジョー ワイルド・サイド 歩かないか」

Sugar Plum Fairy came and hit the streets
lookin' for soul food and a place to eat
金平糖の妖精が通りを歩く
ソウル・フードとそれを食べる場所を探しながら

Went to the Apollo
you should have seen him go go go
アポロ劇場に行って
彼がゴーゴーをやるのを見るべきだったのに

They said, hey Sugar, take a walk on the wild side
I said, hey babe, take a walk on the wild side
all right, huh
「おい ワイルド・サイド 歩けよ」皆が言う
私が言う「ねえ ワイルド・サイド 歩きましょ」

Jackie is just speeding away
thought she was James Dean for a day
ジャッキーはスピードを出している
一日だけ自分はジェームズ・ディーンだと思った

Then I guess she had to crash
Valium would have helped that dash
ならば激突しなくちゃいかなかったと私は思う
バリウム飲んでいれば爆走できたのに

She said, hey babe, take a walk on the wild side
I said, hey honey, take a walk on the wild side
and the coloured girls say
「ねえ, ワイルド・サイドを歩いて」彼女は言った。
私は言った「さあ ワイルド・サイドを歩くんだ」
黒人女たちは言う

Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo
(Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(Doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo, doo)
(Doo)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■薩摩&これまた

仙巌園から望む桜島
1011091.jpg

日曜日の鹿児島オーガニックフェスタ、大いに気に入りました。
桜島を目の前にたくさんの方が集ったイベント。
多分九州一〜いや全国でも有数のいい感じのフードフェステバルだと思いました。
写真はうっかりi-phone忘れてな〜んもなし。

忙しかったので他のブースを楽しむこと出来なかったのが超残念ですが、来年もこのイベントなら参加したい。
来場者の皆様+関係各位の皆様、ありがとうございました。
紹介してくれたマナバーガーズにコーヒーを卸してくれているポップコーヒーの赤塚組:)に感謝!

おおくの老若男女子供たちが集う大盛況のフェスタ。
先月の福岡での食育月間…見習いたいと思いました。

夕方の桜島から上がっていたモコモコ噴煙な〜んともたまらない風景。
21世紀になっても俺たちははじめ人間ギャートルズだと、大自然に頭を垂れるのでした。

また鹿児島の人たちはなんか、いいなぁ〜緩くて凛としている。
最近ハマっている薩摩〜九州アイランド。
伊豆から来たNAGAREMONO、あらためて生活観光楽しませていただいています。

さて、前回に続いてこれまた。
前にも紹介しましたが三宅洋平くん。
前回の旅人くんといい、存在+メッセージそのものが個性的なミュージシャンが多い昨今の日本。
嬉しい〜:)

福岡でのライブ、請う!!!
オリジナルはこちら。

Everyday my heart is sore
It seem that I'm so poor
But I shall not give up so easily
There's a reward for me
There's a reward for me
Though I'm boarded down with shame
Still there's no one here to blame
But I shall not give up so easily
There's a reward for me
There's a reward for me
There's a reward for me
Everyday sing
There's a reward for me
Everyday my heart is sore
It seem that I'm so poor
But I shall not give up so easily
There's a reward for me
There's a reward for me
There's a reward for me
Everyday sing
There's a reward for me

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Event Category : Music | by tra
■サティシュ・クマール氏&メンズマクロ2:)

下関市から毎度マナに来ていただいているお客様からサティシュ・クマールさんのDVD著作をいただいた。
そこで語られていたことに全面賛同〜嬉しい出会いでした。
上野ご夫妻、びっくまはろ〜ありがとうございます!

サテッシュさん曰く、

「いつもこう訊かれます。
地球温暖化、気候変動、貧困、不正…どれも問題が大きすぎて、どこから始めたらいいのかわからない、と。
確かに危機だらけですね。

私は“食べ物から始めよう”と答えます。ちゃんと食べることが、世界の大問題への取り組みなのです。

“良き食生活”とは、地球への負担を減らすことを意味します。
肉をはじめ、多くの食品が世界の隅々に運ばれ、大変な負担となっている。
排出される二酸化炭素の18%が,食産業に由来している。食べ物を生産し、貯蔵、輸送し、冷蔵するために、何十億バレルという石油を燃やします。

このように現代の食べ物は、環境にも有害ですが、私たちの身体をも蝕んでいます。
社会全体が食べ物のせいで非常に不健全です。おまけに地球温暖化です。
さらに、浪費的で不公平な社会の仕組みが貧困を産み出す。

だから、世界の問題を解決する第一歩は、あなたの今日の食事からです。
食卓に何がのっているのか、どんな食べ物を口にするか、です。」

●まず最初のステップは日常の食から!

さらに

●感謝の意識を育てる+教育を施す

上記の3つをすべてを踏まえた実践のひとつが岡部先生指導の「男性専科〜メンズマクロ」です。

現在の社会の多くの問題は男性が起しているともいえます。
また男性がある意味虐げられているのが現代だともいえます。
それは男らしい男が減ってしまったから、ともいえます

それは性別だけの意味の男性ではありませんが、男性の意識や生き方が変わり、
本当の意味での男らしい男が増えることを願ってやみません。

男らしい男とは?なんなんでしょうかね?
ここ九州はそんな男のメッカといわれている場所です:)
そうなるために一緒に学び、ともに切磋琢磨する仲間が欲しいなぁ〜50にして、そうなりたいと初めて思います。

来週19日(金)
第2回
「陰陽でみる歴史や経済の法則」
−不透明な時代を俯瞰する原理原則−
夕食付き、18時開校〜19時スタート。

申し込み・詳細はこちらまで!
単発参加ももちろん大歓迎ですが、連続参加希望の方は割引もいたします〜ご連絡ください。

このあとは

2010年12月07日(火)
第3回
「食が運命を左右する開運の原理」
−日常茶飯事での人生リセット法−

2011年01月21日(金)
第4回
「無双原理と宇宙の秩序」
−和の道 陰陽と中道−

と3月まで月1回で続きます。

*お知らせ*
サテッシュさん+岡部先生の著作はマナバーガーズ(店舗)+タオリウム(WEB)でも今後、取り扱います。

1011101.jpg1011102.jpg

●DVDブック 「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来」
●書籍 「マワリテメクル〜小宇宙暮らしに活かす陰陽五行」

PS 
たまたま両方ともやさしいキミドリ色が表紙に使われていますね〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : WorkShop | by tra
■ショーケン


やっぱ、サイコ!!!
勝さんとショーケンは日本を代表するアーティスト。
危ないけど…だからこそ、アーティスト!!!

流石、役者バカ。
深〜く、掘り下げている、バカじゃなくて役者大バカ!
面白い!!!

1011111.jpg

●新著=日本映画[監督・俳優]論 ~黒澤明、神代辰巳、そして多くの名監督・名優たちの素顔~

90年代からちょい歌声は心配だったけど…
80年代みたいにライブかましてもらいたいなぁ〜

1011112.jpg

●新譜=ANGEL or DEVIL

作品もだけど、それ以上に存在が昔かっら大好き!!!

| Comments (3) | TrackBack (0) | Category : Person | by tra
■おめでと〜:)

古い友人の1人、リスペクトしてる1人、本田ゆか。

チボマットIF BY YESプラステックオノバンドソロキメラ…コスモポリタンな存在。
当時も今もかわらない+進化深化している個性。

そんなゆかが目出度く結婚!!!
おめでとうございます:)

その模様は完ちゃんのブログにアップ。
「HAPPY!」
東京ブラボー〜お洒落でPOP、ユーモアあるパンクス、当時ゆかや皆と一緒に観に行ったものです。

お相手は凄腕ギターリスト、WILCOはじめ前衛やジャズ…さまざまな活動をしているネルスさん

二人はこんなバンドもはじめたそう。
Floored by Four

末永くお幸せに〜:)

PS
そちらは音で平和を!
こちらは食で平和を!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■〜音波〜61

今回紹介する3枚は内容云々の前に存在が好きなアルバムです。

●オクノ修/オクノ修
1011171.jpg

京都六曜社のマスターの伝説のファースト。1972年作。
裸のラリーズの初期メンバーも参加、村八分ともラリーズとも違う70年代「オルタナティブ・京都」の空気をつたえる「アシッドフォーク」の名演。
オクノさんとは京都の友人福島クンも一緒にコーヒー入れたり音楽奏でたり…でしょ?福島クン?

●金森幸介/箱舟は去って
1011172.jpg

オクノ修さんとも被るような純文学ならぬ純音楽ともいえそうな金森幸介さんのファーストソロ。1975年作。
サポート陣にも興味があり入手。
佐藤博、西岡たかし、有山淳司、中川イサト、長野隆、斉藤哲夫、中川五郎、細野晴臣、石田長生、林立夫、林敏明、田中章弘、いとうたかお。

●加橋かつみ/パリ1969
1011173.jpg

今思えばタイガースのブライアン!?ともいえるようなトッポ。子供心にもなんか芸術魂感じ、個人的には一番GSの中では好きな存在でした。ショーケンがその次かな。
ザ・タイガース脱退後、発表されたこの「パリ 1969」というアルバムは、トッポのなんとも哀しい湿気のある歌声とダブルまっ白なシンプル過ぎるジャケットのアルバム。
このあたり、トッポの美意識を感じます。1969年作。


| Comments (2) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■The Story of Stuff 日本語字幕版

遅ればせながらご紹介です。
全世界で900万人以上に見られた環境ムービーです。
先進国の大量消費生活やものがあふれているのに幸福度は下がっているなどの疑問について問いかけています。

“The Story of Stuff” は、モノ(商品)の一生を追いながら、先進国の経済活動がどんな犠牲のうえに成り立っているのかコミカルに描いた作品。その背後には政府と企業の巧みな戦略があるのですよ、知ってました?――という話。

貧困、人権、不平等、環境、ゴミ、企業の利益追求、政治と企業の癒着、メディアなど、普段別々に扱われがちな問題を大きなシナリオの中で横断的にとらえることにより、政治経済をめぐる大きな流れの方向転換に私たちがどう貢献できるかを提案する。

この映像をアップしてくれたhiroさん、ありがとうございます。

モノ=工業製品となってしまった超安い食べ物の仕組みも同じですね。
毎度の話ですが、食べ物はモノではなくイノチそのものです。
だからこそ、さらに問題が深い、のですが…日本、世界、大丈夫かな〜

一方通行の生産者でもなく、消費者でもなく、持続的なライフスタイル=100%生活者になるための地球人の巡礼の旅=生活観光は続く。

そんなときに内側から響く唄はたとえばこんな唄:)
三つ子の魂100までとはよく言ったものだ〜子供の頃、大好きだった人形劇。
勇気づけられます:)

| Comments (4) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■「火の国」熊本 ゆうきフェスタ&寿宴

昨日は熊本ゆうきフェスタに参加。
熊本市…2回目。

あいにく写真は今回も撮っていないのですが、天気にも恵まれ、会場の熊本県立大学は銀杏並木がちょうどいい色彩。
その芥子色の葉っぱの下で出店。

このイベントで演奏する熊本の吟遊シンガー東田君にも久しぶりの再会。
2番目のお子様が生まれたそうでおめでとうございます!

多くの方との出会いもあり、先日の鹿児島に続き、大満足の一日!!!
福岡も見習う所が多かったこの11月に行われた2つのイベントでした。
来場者の皆さん、関係各位の皆さん、ありがとうございます!
ここのところの相棒ポップコーヒーの赤塚組:)にも感謝です。

さて、6時前には片付けその他すべてが終わり、もう一つの今回の目的、まゆみちゃん&たださんの寿宴。
先週のユカ&ネルスさんの宴に続き2週連続の寿。

会場は熊本市内を見下ろす花岡山の中腹。
1011221.JPG
LOMI LOMI

ほぼ満月、グリーンライムの下の景色はこんな感じ。
1011222.JPG

着いたらお店の横にあるティピの中では印度のSatyananda Dasさん&Hori Dasiさん(こちらは日本の女性)の奏でるBALU SONG=バウルのうたが…大好物の一つ。
たまんない!

こんな感じのミュージック。

バウルとは、インド亜大陸東端に位置するベンガル地方で古くから発展して来た神秘主義、「バウルの道」を歩む者ひとり、ひとりを指す言葉です。経典も、寺院も持たない彼らはその教えや体験を唄うことによって伝えてきました。組織、教団、定住する家なども持たず、放浪し、音に身をゆだねうたわれる「バウルのうた」は聞くものの魂をゆさぶります。

福岡では来月4日に西陣にあるあんま=南印度レストランで公演があります〜皆様いかがですか?
行こうかな:)
それにしてもHoriさんとの語らいは面白かった!!!

まゆみちゃん+たださんとはベジ友&タバコ苦手組の仲間でもあります。
シンプル&美味しいローカル性溢れる野菜料理の食とミュージシャンでもあるたださんの仲間の音。

最後は九州屈指のパーカッショニストたださんとこれまた美味しいDJとヤバいギターを奏でるさとぽん=SPOOKYによる天空ビート&極楽リズムで大満足の火の国でした。
1011224.jpg

お二人&すてきな家族の皆様おめでとうございました!!!
1011225.JPG

PS
世界最大級のカルデラを持つ阿蘇山には行ったことがあり。
福岡が九州のお江戸なら、ここ熊本は京都のような感じも。
九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野及び葦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島がつきだし天草諸島に続いている。
天草+不知火海は行ってみたいエリア。隠れキリシタンという響きと左記の地名の漢字はなんかそそられますな〜:)

1011226.png

ここ九州は日本のビッグアイランド、アフリカなり!

熊本、九州移動するにはちょうど真ん中で便利な感じ。
自給率が高く、水道水水源が地下水のみでまかなわれている世界でも稀有な土地である。
これまたそそられますなぁ〜:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■FOODMATTERS

劇場未公開、最新の栄養学〜植物性のスーパー&ローフードのすすめ!
翻訳DVD、マナバーガーズタオリウムで好評販売中!

1011231.jpg
フードマタース

近日上映会も行います。
興味のある方はメールください。

PS
こちらも在庫あります。
どちらも素晴らしい内容です!
1011101.jpg1011102.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Film | by tra
■三野さん

「三野さんのような業界のヒトに会ったことは一度もない。
普通、ディレクターにしろプロデュサーにしろ、音楽家的な匂いを持っているものだが、三野さんはに限ってはそれがなかった。うまく言えないが、あくまで仕事の目で音楽を見ているといったらいいか。
かといって商売と割りきっている風でもない。要するに、我々ミュージシャンとはまったく違うスタンスで音楽を愛してる。」
〜近田春夫〜

70年代〜80年代にかけて近田さん大好きで、当時、岸本加世子ちゃんの妹分だった風見律子ちゃんたちとよく近田さんのライブに行ってました。
律っちゃんはその後、そんな縁もあって三野さん+近田さんプロデュースで一枚アルバムを作りました。

1011283.JPG
風見律子 Kiss of Fire 1985
この写真はシングル

コロムビア時代には部署違い、すれ違ったけど、三野さん、あらためて興味あります。
こんな著作最近読んでました。

1011282.jpg

●三野 明洋/よくわかる音楽業界
1011281.jpg

音楽に限らず新しいことやるには知恵と行動力。
というか、夢とノリ一発!
音楽の裏方、あらためてリスペクト!三野さん!!

こんなのこんなこともやってるんですね!

近いうちにあらためて会いたいなぁ〜教えてもらいたいことあります。
三野さん、よろしくお願いしますだ!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Book | by tra
■い〜はと〜ぶ1

昨晩のライブよかったです。
明後日も福岡ライブw/大穂cinema dub monks

NAOITO

深いね〜ジュン君ありがと!

The BLUE HERB

元気?まいど京都!!

Nabowa

日本若人音波面白し〜:)

明後日はいぶし銀ライブに行きます。
ZAK音響設計の坂本龍一&大貫妙子UTAU@福岡

1011301.jpg

当日、上記で生中継もあるかも〜会場来れない方はお楽しみに!
流れでNAOITO間に合ったらいいなぁ〜大穂くんとのコンビネーションはラテン+アフリカ+ヨーロッパ+島+艶歌になりそうだからね。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra