ヘッダー
profile
Tra
Hideki SHIRASAWA
earth000.jpg

Environmentalist
TAO Lab代表
うお座
“Think Cosmically
Act Joyfully"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohahideki@taolab.com
calender
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
serch
2010年05月 Archive
■トレイルランニング

福岡に来てから体力作りと気持ちがいいので体動かすこといろいろやっていました。
年齢も半世紀生きてきたから、やっぱ、こうなると健康!
食事は自分の場合、問題ありませんが、あたらしいビジネスにチャレンジしているのでストレスも多し。
そんなもん乗り切るには、やはり肉体力も大切!〜気力・精神力にも繋がるし:)

というわけど、ここのところハマっているのが山道を走るトレイルランニング。
有り難いことにマナのお客様でもあるパタゴニアの宮崎くんにリードしてもらっています。
福岡は山に囲まれており、すぐに楽しめる手頃なコースがいろいろあります。
グリーンでピースフルな景色の中、美味しい酸素いただいております:)

また、グッズに関しては同じく宮崎くんの先輩の田中さんにアドバイスいただき…驚いたのは昨日試したシューズ。
ブルックスというメーカーのものは不安定な山道にしっかりとかみます。
道具は食事と一緒でファッション性=美味しさも大事ですが、機能性=ヘルシーさも大切。
どっちかではなく、欲張りな俺はやっぱ、両方:)

また、水曜日早朝に行く予定。
考えただけで、気持ちがいい!
心地よさや楽しさ、なにごとも大切です〜いろいろあらためて気づかされています。

山も楽しみたいけど、福岡のもうひとつの魅力=海もこの夏は楽しみたいと思っています。
宮崎くん、田中さんはじめ九州メンズの皆様、引き続きよろしく遊んでください!

1005031.jpg
写真はイメージです。
上りは歩いたりしますが、尾根や下りは良いペースで走っています。

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■〜音波〜52

Jim O'Rourke/All Kinds Of People 〜love Burt Bacharach〜
1005061.jpg

●Niraj Chag/Lost Souls
1005064.jpg

●A Filetta/Bracana
1005063.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■“漂泊者”

というタイトルの漫画を一気に読みました。

1005111.jpg

天才「バカボン・ド」じゃないよ:)〜一見、そう読めました〜刷り込み思い込み。
「バガボンド」
作・画 井上雄彦

現在32巻まで発表されています。(もうすぐ33巻が発売)

子供の頃から30代前半までマンガ大好きで、むちゃくちゃいろいろ読んでいましたがここ10数年はほとんど手に取っていませんでした。

1005112.jpg

買ったのは農大が舞台で菌の世界がテーマということで興味をそそられた「もやしもん」ぐらいか…。

作者の井上さんはよく雑誌でも特集されていますので、どんな漫画書いているのかと思いました。最初はタッチも含め期待以上のものとは思いませんでしたが、読み進むにつれ引き込まれていきました。単行本のカバー裏に書かれている作者のつぶやきも楽しめました。

龍馬〜武蔵と型破りなサムライたちからマナいただいています。

PS
30代以降の方には定番でしょが、おなじく井上さんの「スラムダンク」もどんな感じなのでしょうか?

遅ればせながらも、自分にとって新しいものとの出会い=生活観光は楽しい!
感謝〜ありがとうございます:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Book | by tra
■大人に対する怒りを込めて行動する力

お江戸からです。
昨日、午前中にある集いで中里尚雄さんに再会、ご挨拶しました。

1005161.jpg

彼とはそんなに親しい間柄ではありませんが、かっこいいなぁ〜と憧れる男です。
大変リスペクト出来る数少ない現代のサムライ=自分の弱さも認めた上で言行一致を通して成長する男。

彼の最新作『子供達の夢を運ぶ海のポストマン—Boys,be ambitious.』の発刊をその場で知り、即、購入。

1005162.jpg

このプログでもお伝えしましたが、昨年の春、彼は鹿児島から沖縄まで650キロを黒潮の流れに逆らいウィンドサーフィンで南下する命がけの冒険航海を成し遂げました。

「何のために?」…
子供たちの夢を書いたハガキをそれぞれの寄港地に住む子供たちにバトンタッチリレーで手渡すために。
子供達の夢をつなげるために。
ただ、それだけのために。

彼はこの著作でこう書いています。


「口先ばっかりの大人達へのメッセージも込めて走りたいと思った。
 もっと正直に言えば、
 大人に対する怒りを込めて行動力を示したい」と。


実はここのところ福岡であまりにも次元の低い「大人げない大人たち」の言葉や行動に多々触れ、やっきりしていました。
俺の過去を良くご存知の方には「お前が言えた筋合いか!」とお叱りの声も…ホント、我ながらどうしようもない所もあったことは素直に認め、反省いたします。
残りの人生、謙虚に精進を心がけ行動しますのでおゆるしください

さて、常人には到底無理な多くの冒険にチャレンジし、それを克服してきた彼は続けて語っています。
〜文章まんまではなく、俺なりにまとめちゃっています〜あしからず。


「それらは自分の冒険でしかなかった。
 限界への挑戦といっても、
 自分の欲望を満たすだけの冒険はただのエゴではないか?
 大人がすべきことはそういうことではないのでは…?」


「自分の中にではなく、人の心の中にたとえわずかでも、
 何か引っかかるような冒険は出来ないか?
 溢れんばかりの情報が安易に手に入る世の中で、
 あえてウインドサーフィンで夢のハガキを
 今の子供達=未来の大人達に向けて届ける。
 子供達の夢をつなげたい。」


子供時代はピッカピッカな夢やキラキラ輝いている希望に満ちあふれていたはずの大人は今、感動や好奇心すらも忘れ、実体のない恐怖心や不安で一杯です。
その負のエネルギーをなんとか相殺したいがために、他人の志ある行動に嫉妬し、我が子の夢さえも奪っていきます。


「大切なのは夢を諦めないこと。行動すること。
 次世代の子供たちにそれを伝えたい。
 ならば子供達の夢を背負って走ろう。
 海を越えてメッセージを伝えていこう」


 「大事なのは最初の一歩。
  せっかく夢があっても最初の一歩を踏み出す勇気がないと
  夢に近づくことは出来ません。」

優秀だと思われていてもそれは実践家ではなく、たんなる分析家、評論家である場合が多々あります。
たとえばMBAを持つ優秀な人が勇気ある優しい人とは言えないでしょう。
どちらが本当の大人でしょうか?

 「たとえ一度の夢に破れたとしても、
  更なるつぎの一歩を踏み出す勇気を子供達に伝えたい。
  その勇気を手に入れて、夢見る大人ではなく、
  夢に向かって歩み続ける大人になれるよう
  言葉ではなく行動で伝えたい。」


詳しくは書籍を手に入れてください。
個人的には内容に調和していない装丁は勿体ないと思いますが:)勇気=マナいただけること請け合いです。

DVD『中里尚雄・海のポストマン~命のバトンタッチリレー~』

も出ています。
よろしかったらこちらも。

1005163.jpg

●中里尚雄ブログ『水人日記』

PS 若人へ
「夢は願えば叶う」とか「今、ここ」とか「偶然はない」とかいったうすっぺらなNEW AGEと中里さんの伝えたいことは全然違うと思います。

中里さんのなんとも淡々とした顔つきと表情、深く澄んだ眼差しを知っているが故に、じ〜んと感動の涙に魂が癒されます。
マジで何度も涙が流れそうでした。

中里さん&支援した人々とその勇気を支えた子供達の存在に頭を垂れます。
本当にお疲れさまでした!

人生半世紀ダラダラ生きちゃったけど、褌引き締めて真摯に残りの人生楽しみたいと思います:)

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Book | by tra
■全身持久力とメジャーリーガー

福岡戻ってきました。
金曜日から懸案事項のすり合せとともに新たな出会いも〜細かくは報告しませんが、有り難いことです。

さてそんな合間を見て先日お江戸で全身持久力測定行ってみました。

結果は…

50代にしてはベリーグッド!なんと、驚きの10代の普通の方と同じレベル!
え〜まじっすか?ってなわけで、我ながら驚きました。
運動意識的に行っておらず、最近トレイル始めたばっか〜あえて言ったら、食生活がたぶん一般の方よりベターではありますが…これを励みにコツコツ行っていきます。

丈夫な体をいただき、お母さん+お父さん、ご先祖さま、ありがとうございます:)

今回のお江戸のお供の読書TRIPはメジャーリーグで活躍するイチローと松井。

1005201.jpg

イチロー・インタヴューズ不動心信念を貫くイチローvs松井秀喜〜相容れぬ2人の生き様〜

1005202.jpg

子供の頃は草野球で遊んだけど、野球にはまるっきり興味ありません。
試合観に行ったこともなければ、TVでも完全観戦したこと一度もなし。
でも、彼らには興味があります。
流石、どの道だろうと探求者は深い〜尊敬します。

引き続きこの勢いでよく知らず、まだ手に取ったことが無い長谷川 滋利松坂大輔に関係する本も何冊か読んでみようと思っています:)


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Diary | by tra
■15年前の初春

今から15年前1995年。
年明け早々17日、神戸震災〜神の戸開き。
3月20日、地下鉄サリン事件〜日本中でオームの響き。

ちょうどその頃、自分は思うとこあり頭を丸めて四国お遍路徒歩巡礼の真最中。
スタートは3月3日ひな祭り、終わった日は4月8日のはな祭り。
誰とも喋らず、ひたすら歩き続けた空海さんとの二人旅。
玄米+みそ汁+漬けもの背負って日々自炊、TVも新聞も外からの情報も全てをシャットアウトした浮世離れした道中。

あれはちょうど旅の中盤20日を数日過ぎたある日、歩き疲れた足を銭湯でほぐし、体を洗っていた時にトラックの運ちゃんと思われる人がおそるおそる声をかけてきた〜「あんた、オウムじゃないよね?」と…
こちらはハテナ?はてな???

あれから15年。
オウム真理教はじめ宗教団体には一切興味を抱かない自分ですが、なんでかここのところオウム真理教とは何だったのかと思い、ドキュメンタリーなDVDと本でTRIPしていました。

●DVD
森達也監督作品
1005242.jpg1005243.jpg

A & A2

オーム真理教の部屋はとっても散らかっており、聖なる場所とは思えなかった。
またそこに集う人々の目は生き生きというよりは〜なんともです。
そこで行われていたことは…一心不乱の苦行ですね、ずいぶん、と、苦行。

手塚治虫のブッタを思い出しました。
まだ悟る前の苦行時代。
なんともハードな苦行をして悟ろうと必死の面々…その中に彼もいたのですが、一杯のスープで苦行の空しさを感じ、離脱。
当時の仲間からは非難囂々。
でも彼はその後、菩提樹で悟り、ブッタと呼ばれる存在となる…

1005241.JPG

20世紀の終わりにオームがやっていたことは相変わらずの苦行でした。
でも、彼らを攻めるマスコミも一般大衆もその目はなんだか…まともというよりは怖かった。
どっちもなんかおかしい???

●本
森達也
「A」—マスコミが報道しなかったオウムの素顔

村上春樹
アンダ-グラウンド & 約束された場所で—アンダ-グラウンド2

1005244.jpg1005245.jpg

21世紀に入ってからは9・11に見舞われたアメリカ。
その後世界中で行われているテロ対テロの泥沼の戦い。
グローバルな経済による搾取。

日本も世界も嫌な経験を生かし、良き未来をつくりたいものです。
災い転じて福となる。
ピンチはチャンス。
わたしが変わればせかいが変わる。

オーム シャンティ シャンティ シャンティ
願わずにはいられない昨今。
たいしたこと出来ないけどマナバーガーズ等のリアルな活動通してヘルシー&ハッピーを共有し続けたいと思います。
世界が平和になりますように!

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Spiritual | by tra
■〜音波〜53

最近いきなりハマっていたのはJ−POPではなくネオ70's和AORともいえるまだ手垢がついていなかったころのまさしくニューミュージックと呼ばれていたテイスト全開のこんな方達の音楽。
現在の若手のミュージシャン達が奏でるクリスタルでアーバンな、メローでトロピカルなサウンドのナイアガラ。

懐かしい音波になんだか胸がキュ〜ンと…タイムスリップ:)
あの頃のあの娘、なにをしてるかな〜俺の記憶の中ではその時のまんま。
お互い、今、会うにはきっとキツイ(爆笑)から、あの日に帰りたい〜なんちゃって:)
こんな感じだよ!

大好きな山下達郎の初期を彷彿させます。
ナチュラルジャンクマナバーガーズはジャンクフジヤマといつか共演したい:)

1005251.jpg
●ジャンクフジヤマ/A color

下記のアーティストも皆懐かしい雰囲気だけどまさに今、旬!

1005252.jpg
●流線形と比屋定篤子/ナチュラル・ウーマン

1005253.jpg
●サノトモミ/サイレント・フライト

1005255.jpg
●Lamp/木洩陽通りにて

1005254.jpg
●Terry&Francisco/テリー&フランシスコ

熱海のフラのヒロアキ、これ読んでいたらどれか聴いてみて!


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Music | by tra
■近況〜BOOK TRIP

今月後半、お江戸から戻ってきてからイベント出店や自ら企画した各イベント、さらに優秀なチーム:)によるマナバーガーズのPOP展開用撮影など、毎日何らかの作業があり、ありがたい忙しい5月でした:)

一昨日のノコノコロックで一区切り。
サプライズでハナレグミも現れ、海風は強かったですが晴天にも恵まれ、このまま夏に向け爆進したいところ:)

先週行われたアーサーさんのゴスペルトーク。
福岡のやんちゃな野郎達が数人洗礼を受けました。キリスト教ではなくアーサー牧師を通してジーザスとの杯。
形ではなく意識の繋がり。
“悔い改めた”〜笑〜ジョンにマークにジェームスにハレルヤ!個人的に“食い改め”〜笑〜もお勧めしたいところ:)
アーサーさん有り難うございました。

さて、最近読んでいた本をざっと〜
幕末ものハマってました。
大きく時代が変わる〜いな、変わらざるえないこの時代、パラダイムシフトのヒントがあるはずです。
激動の時代こそ、毎度のことながら「わたし」がかわり「せかい」がかわる〜具体的には個々の目指す方向とそのために必要な変化が問われていると思われます。
 
 It is not the strongest
 of the species that survives,
 not the most intelligent that survives.
 It is the one
 that is the most adaptable to change.
               Charles Darwin
 生き残る種というのは、
 最も強いものでもなければ、
 最も知的なものでもない。
 最も変化に適応できる種が生き残るのだ。
               チャールズ・ダーウィン

1006011.jpg

*幕末史
●手にとるように幕末・維新がわかる本
●幕末史
●「幕末」15年・7大事件で歴史の真相を大整理

*龍馬伝に関わるもの
龍馬+弥太郎+海舟を掘り下げました。
●天翔る龍 坂本龍馬伝
●はじめての坂本龍馬
●坂本竜馬
●龍馬の金策日記—維新の資金をいかにつくったか
●龍馬を継いだ男 岩崎弥太郎
●龍馬「海援隊」と岩崎弥太郎「三菱商会」
●岩崎弥太郎と三菱四代
●勝海舟と坂本龍馬
●それからの海舟

*激動の時代の経済の移り変わり
それまでの経済システムが大きく変わる〜現代にもその兆しが。
●幕末ベンチャー 新選組と海援隊の経営学
●幕末維新の経済人—先見力・決断力・指導力

*もうひとつの幕末
歴史はもう一面から見ないと不完全です。
義というものを考えるにあたってはここはさらに探求したいものです。
●偽りの明治維新—会津戊辰戦争の真実
●徳川慶喜—将軍家の明治維新
●新選組

*世界と繋がった人々
藩から国意識へ。
現代に応用するとしたら地球意識〜地球を意識するためには宇宙を意識した方が深まる。
●幕末 維新の暗号
●そこに日本人がいた!—海を渡ったご先祖様たち

1006012.jpg


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : Book | by tra