ヘッダー
profile
Anna
aki yoshihara
5872601_230s.jpg

Vegie Cooking Artist
AirTropica主宰
やぎ座
"Happy and Healthy"
More Profile
Web:http://www.taolab.com
Mail:alohaaki@taolab.com
calender
2012年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
serch
■ 体温

09876.jpg

新陳代謝や酵素 腸内細菌など体内生命活動がもっとも理想的に働く体温 36.5〜37.2度
低体温と言われる36.2度以下は体内の生命活動が低下し
免疫力 新陳代謝などの体内生命活動の働きが悪くなるそうです
ガン細胞は35.0度を最も好んで増殖し逆に39.3度で死滅するといわれています
37.5度以上になると白血球が活発にりウイルスや細菌などへの戦闘力が高い状態で
風邪などをひいて発熱した時に解熱剤などを使うのはせっかく高まっている
免疫力をダウンさせて治りを遅らせてしまいます

1日の中変動する体温
午前3時頃から早朝にかけて最も低く その後徐々に上がり
夕方4時頃が最も高くなり夜にかけて低くなる 
0.5℃~1℃ほどの1日の体温差があります
そうだったわ〜病院での検温は日に4回してたぁ〜++ 

で、この私たち人間の体温と動物の体温を比べてみると
鶏さん  42℃
牛ちゃん 39.5℃
豚くん  39℃

この高い体温のチキン、ビーフ、ポークの脂を私たちのカラダに入れるということは
まさに冷蔵庫に入ったバターやココナッツオイル状態です
カラダに入った脂は血管や腸のなかで固まり好ましくない
症状を引き起こす原因の1つになっているのは 体温の差だけでも納得! 
脅かしちゃうと〜❤`
腸壁に固まれば消化吸収を妨げ造血の阻止 腸内振動運動を妨げ便秘下痢肥満
脳幹に固まれば 脳梗塞脳血栓 
節に固まればリュウマチ 
心蔵に固まれば心筋梗塞 狭心症・・くくれば【 生活習慣病 】ってやつです
伯母がリュウマチ持ちで「温泉に入って温まると楽なの〜」と
小さい頃に聞いいていた記憶にあるが ////// //
固まってる脂が少し溶けて詰まりが流れるんだろうなとイメージしちゃいます

低体温と騒がれている現代 なんかより極端なバランス**

けして「肉食べたらダメ!」なんて思わない。
でも「過ぎ」や「無くては〜」はないほうが好ましい*
で、食べる時は一緒に消化と助けてくれる酵素がたっぷりなものと〜
そして、カラダ動かして体温あげる時間を作るコト 
持続的なHealthy&Beauty のために☆*””

消化等を助けてくれる相性のいい食べもの:>☆

チキン= 葱・黒胡椒・ニラ・玉ねぎ
ビーフ= ニンニク・クレソン・じゃがいも・にんじん・胡椒・唐辛子
ポーク= 生姜・マスタード・プルーン・葱
そして溜まってしまっているものには「青汁」がいいですね。

今日の私の平熱 36.8度! 爽快♫*”

chok love +anna

by anna
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taolab.com/mt/mt-tb.cgi/2091