ヘッダー
2011年05月 Archive
■いのちを守る食べもの

久しぶりのUP。
もうみなさん知っているコトかと思いますが
まとめてみました*

「食」と「心もち」大切です


放射能物質から防御!「「海草類」」

放射性ヨウ素は体内にはいるとホルモンを作り出す甲状腺にたまります
甲状腺の機能に障害が生じると新陳代謝の低下・栄養不良・血液の減少
甲状腺ガン・白血病へ進行します
ヨウ素はカラダにある一定の量が満たされていれば
それ以上は入り込み浸透する恐れはありません
そのためにヨウ素剤を飲むのが良いと言われて
欧米諸国の大使館ではフリーで配布していたりしていますが
化学薬品のヨウ素剤は副作用という副産物が付いてきます
まれにはヨードチンキを水に薄めて飲むと良いなどの恐ろしい誤報もあります
昆布をはじめとする海草類には安全で良質なヨウ素がたっぷり含まれています
日々の食事からの良質なヨウ素で満たし
放射性ヨウ素が入り込むすきを与えないカラダに維持していくことが大切です

放射能物質を排出!!「「 味噌 」」「「ペクチン」」「「乳酸菌」」

味噌は放射能物質やタバコのニコチンなどを体外に排出するチカラを持ってます
味噌は無添加の天然醸造の本物のお味噌を選びましょう
特に熟成した豆味噌がよいです(豆味噌はお味噌の中でもより陽性なお味噌です)
海草のお味噌汁やおむすび、練り胡麻と合わせてデップにしたりと
味噌料理を楽しみましょう♪
火を通さないで生味噌の状態で頂くのが一番理想的*
酵素も微生物もとっても力強くカラダの中で働いてくれます

「ペクチン」はセシウムと結合して体外に排出する作用があるそうです
りんご、ミカン、苺、柿などはペクチンを多く含むます
これらの果実も完熟されていない「未熟果実 」の
不溶性ペクチンが有害物質を排泄を促します
完熟されるにつれ水溶性のペクチンにかわりまた違う働きになります
果実は大根やキャベツと比べると陰性な性質をもつので食べ過ぎは要注意です

野菜では大根、キャベツ代表的です 
大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれています
ただし酵素は46℃以上の熱を加えると死滅してしまいます
火を通さずにいただくのが大根のもつチカラを丸ごといただけます
特におろし金でおろしすと酵素の量は倍増します

「乳酸菌」乳酸菌はマクロファージですので
体内の腐敗菌や有害物質をパクパク食べて体外に排出してくれます

「乳酸菌」=「ヨーグルト」ではありません
発酵した「漬け物」は乳酸菌がたっぷりです
糠漬け・キムチ・三五八漬け・リジューベラックジュース・ザワークラウト・・
玄米のとぎ汁 黒糖3% 天然塩1%でお家で培養する
飯山一郎氏の「乳酸菌ドリンク」 などなど・・
植物性乳酸菌は生命力が強く活き活きと体内で働きます

「タンニン」を含む食品もよいとされます
タンニンは体内に入ったストロンチウム‐90はタンニンと結合し
体外に排出するチカラがあります
タンニンは緑茶・番茶・柿渋・クコの葉・ぶどうの皮と種・小豆などなど・・
柿の葉茶やクコの葉茶 三年番茶はカフェインフリーなので
子供も妊婦さんも安心して飲めるお茶です


放射能物質の影響に動じないカラダ作り!「「玄米・梅干し・発酵食品」」

主食は栄養バランスに優れた玄米をよく噛んでいただきましょう
玄米に含まれる豊富な食物繊維が有害物質をカラダから排出させます
玄米は発芽玄米や酵素玄米をお薦めします
玄米が重く感じる方は発芽玄米がいいです
または雑穀をたっぷりいれた胚芽米などで
主食なのでおいしく食べれる炊き方を工夫してください

これから暑くなると玄米が重く食べづらくかんじられます
そんな季節はお茶碗で頂くより小さめのおむすびにするとおいしく頂けます
ちょっと平たくした玄米むすびを胡麻油で両面ごんがり焼き上げます
火からおろしてお醤油をジュつとまわしかけ大根おろし添えたり
黒ごま塩とも美味しい組み合わせです
冷めてもうまかぁ〜です

梅干しや漬けものなどの昔ながらの発酵食品は免疫力、抵抗力養います
漬けものは乳酸菌もたっぷり*
梅干しも漬けものも無添加の本物を選んでください
ハチミツ入りの梅干しや砂糖や添加物たくさんの漬け物では
逆に弊害をともないます
梅干しは古漬けになればなるほどカラダには嬉しい効能を持ちます


控えたい食品は・・
砂糖・果物・アルコール類・熱帯の物・・などの陰性な食品
細胞をゆるめ免疫力、抵抗力を低下させます

避けたい心もちは・・
不安・恐れ・悲しみ・憂い・など 陰な思い
放射能は極陰性のエネルギーです
同じエネルギーはチューンしてしまします
極度な怒りや反発も極まって陰なエネルギーに同調します
陰極わまれば陽になり陽極まれば陰になります

色色あげましたが 
玄米や雑穀米を主食に、お味噌汁、海草類、漬けもの
お茶は3年番茶 スウィーツには甘酒 お菓子はポンセン
行き着いたところはマクロバイオティックの基本食でした

もし、クライシスな状況におかされたときには
玄米を200回以上よく噛んで、梅干しや漬け物、胡麻塩
小食にして危機を乗り越えます
ココロのバランスを大きくくずしてしまった時にも効果的です

GO! Free Energey** LOVE My Planet*
Aloha+


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : BODY・MIND・SPIRITUAL | by anna