ヘッダー
2010年02月 Archive
■ THE COVE

先日THE COVEを観に行った。この映画は日本では公開できなかったドキュメンタリー。
YOGABREEZEのパクさんがFree鑑賞会を開いてくださった* mahalo nui !パクさん

和歌山県の太地という地で毎年行われている息をのむ惨事 言葉を失う。
私の地元 伊豆にもイルカの漁をしている場所がある 伊東市富戸。
和歌山よりもスケールの小さいものだけど同じことが行われている

イルカやクジラだけがなんで特別にヒイキされるのか
私個人的にはかなり疑問!?なんですが、、
牛さんもぶた君もニワトリさんもエビも鰺もチキンべィビーの卵だって・・
劣悪な状態で育てられて殺されているのに。。。「いのちの食べ方」
このあたりに意識をフォーカスするとやりきれなくなります。

この映画みていろんな感情が浮かんだけど
イルカたちが和歌山県太地や伊東市富戸。日本の近海をけして通らないように
イルカたちに願いました*

以前は熊本の壱岐もイルカ漁があったらしいけれど
近年はイルカたちは壱岐にこなくなったという話です

IMG_7438.JPG

Let' Eat ManaBurgers!
N'love aki


| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : BODY・MIND・SPIRITUAL | by anna
■カラダのシステム

友人と会った カレとはカレコレ20年位たつもう立派な{旧友}
お互いあまりお変わりない。
でも実は分子のレベルでは
「お変わりありまくっているんだ〜っ」というお話〜〜

カラダの全細胞が入れ替わるのに7年
舌の味蕾が入れ替わるサイクルが7日
で、この味蕾含む、臓器、細胞を作っている分子は絶え間なく入れ替わっている
正確に言えば私たちの食べたものの分子と「絶え間なく置き換わっている〜*」

うひゃ^^ 
お、おもしろい話 ♪ 早速サイトで色色チェックした!


「今からほんの60年ほど前、生命科学上極めて重大な発見がありました
 分子生物学者ルドルフ・シェーンハイマーという科学者が
 窒素原子に“目印”を付けるというアイデアを得ました。
 これを使い窒素原子がどこで何をしているか、ずっと追跡する実験を行った
 彼は目印をつけた窒素原子でアミノ酸を作り、実験用ネズミに食べさせてみた
 食べた標識アミノ酸は瞬く間に全身に散らばり、
 その半分以上が、脳、筋肉、消化管、肝臓、膵臓、脾臓、血液など
 ありとあらゆる臓器や組織を構成するタンパク質の一部となっていた。
 標識アミノ酸はそこにとどまることなく
 しばらくすると分解されて体外に排出されていったのです。

 つまり私たちの細胞を構成しているタンパク質は、アミノ酸のレベルで見ると
 絶え間のない分解と再構成を繰り返しているということです。
 アミノ酸は20種類あり、じゅず玉のように連なってタンパク質を構成します。
 ちょうど、アミノ酸は、A,B,C,D・・といった個々のアルファベット、
 たんぱく質はそれらの組合せからなる言葉にあたります。
 アルファベットとしてのアミノ酸は、身体に取り込まれると
 新しいタンパク質を構成する。つまり新しい言葉を作り出すのに使われる
 複数のたんぱく質は組み合わさって、さらに高次の文章でいうと“情報”を構築します。
 一方で、タンパク質は常に分解されています。一定の情報を保ちつつ、更新していくこと。
 これが生命体の環境への適応を保証するシステム 」
<<サイトより引用>>

なんだが計り知れないシステムをもつ私たちカラダ. 生命
プラーナやmanaといった計れないエネルギーと、
このような「動的平衡」 と名がつけられ計れるシステムで成り立つ私たち生命*
何とも神秘的でかつシステマティク!
とにかくこんなのを作り上げた大いなるエネルギーに頭が下がります


今、「遺伝子組み換え」や 品種改良種の「F 1種」食品添加物」・・の多くの食物。

私たちカラダ.生命のミクロの部分に必ず反応してしまっているはず
きっと、何世代か目の私たちはこの映画もありだろうなー*

R0010755.jpg

))) Let'Eat manaburgers!

N'love aki

  

| Comments (0) | TrackBack (0) | Category : BODY・MIND・SPIRITUAL | by anna