08090115.jpg
BGM
Mail News
規約に同意して登録
退会
Tao LabからMail News「毎日がぁ 〜 生 活 観 光 +:)!!」をお送りします。melmaの利用規約をお読み頂き、メールアドレスをご記入の上送信ボタンを押して下さい。(バックナンバーはこちら)
powered by melma
manaburgers

manaburgers

manaburgers

manaburgers

manaburgers

taolabbooks

TGD

OLD TROPICA WEB

TropicaALOHASBlog
News : Antenna
毎日が「Good News」!!!

ALOHASな生活に役立つ
日常茶飯事…ヒトモノコト‥い・ろ・い・ろ
オススメの…時空間‥い・ろ・い・ろ
Category : Film
2008.04.08
■YASUKUNI=靖国

靖国  (2007年/123分)

1006617_00.jpg1006617_03.jpg1006617_02.jpg

今月12日からの上映が中止 になってしまっていた「靖国」。
5月GWからなんとか一般公開に漕ぎ着けるそうです。

「靖国」とはなんなんだろう?
僕らは右でも左でもなく、主義主張でもなく、加害者・被害者といった構図でもなく過去の歴史から未来に向けて「戦争と平和」という今の人類にとっての永遠のテーマとも思える現実と理想について・・・どう思うか?どうしたらよいのか?

「もし私たちが平和を外の世界にもたらしたいなら、私たちの内なる世界も平和でなければなりません。平和は知性で行う決議ではありません。体験です」ーアマチー

地球人として戦争でなくなったすべての方のご冥福をお祈り申し上げます。
観にいきたいと思います。

監督 :リー・イン
配給:ナインエンタテインメント

ふだんは静かな靖国神社だが、毎年8月15日になると様々な人々が集まってくる。大きな国旗を掲げ、英霊や天皇を称える者。旧日本軍の軍服に身を包み、ラッパの音に合わせて行進してくる一団。「天皇陛下万歳」を叫ぶ者、戦没者集会に現れる議員たち、歌われる「君が代」、そしてそれに抗議の意を唱える近隣諸国の若者…。「英霊」という名の姿形がないものをめぐって、称える者も反対する者も熱くなる。そんな「靖国」とは…。

今年90歳になるという刀鍛冶職人が日本刀を作るシーンから本作が始まる。
あまり知られていないが、靖国神社のご神体は日本刀なのだ。
毎年夏になると、ニュースで大きな話題になる「靖国問題」だが、戦後60年たった今、「英霊」と言われても、多くの人にはピンとこない問題だろう。実際に靖国神社に行ったことがなく、まったく関心もない国民も少なくない。
本作は日本滞在歴が長い中国人監督によるドキュメンタリーだが、「靖国」の歴史やイデオロギーを解説するのではなく、そこに「集い」、「行動」する人々の姿をただカメラに収め、結論は見るものにゆだねている。知っているようで知らない「靖国」の一面を見るのにいい機会だろう。
・・・解説より

By tra

Category : Music
2008.03.30
■Jack Jonson 来日

2月リリース予定のニューアルバム『スリープ・スルー・ザ・スタティック』を引っさげ、待望の来日決定!

b-1.jpg大好きなジャック・ジョンソン が来日です。
前回の来日から2年あまり・・・ちょうど彼がそのコンサートを終え帰国するときに同じ飛行機に乗り合わせました。話しかけたらとても気さくなナイスガイでした。

 ●4.12 (sat) 横浜赤レンガパーク野外特設会場
OPEN 14:00 START 15:00
8,000YEN (adv.)

●4.13 (sun) 横浜赤レンガパーク野外特設会場
OPEN 14:00 START 15:00
8,000YEN (adv.)

彼の音楽はなんだろう???取り立てて特別なサウンドとは思えない・・・でも最高!!!それは彼のバイブとスタイルが気持ちいいからでしょう。

僕らは12日に行きます。
前日はこれ で、翌日は・・・嬉しい2日間、楽しみ〜〜〜:)

By tra
Category : Event
2008.03.20
■THE HAPPENING

遂に東京でザ・ハプニング の開催が決定!最先端のアート、音楽、映画、サーフィン、スケートボードの世界がここに集結!!

4 .11 (fri) ラフォーレミュージアム原宿
OPEN / START 17:00
5,000YEN (adv.)

b.jpgサーフィンとスケートボードのカルチャーのスピリッツを表現するアート、映画と音楽のフェスティバル。ブラシュファイア・レコード、ザ・サーフ・ギャラリー、そしてムーンシャイン・フェスティバルを開催しているウッドシェッド・フィルムズのコラボレーションである。このイベントが初めて行われたのはカリフォルニアのニューポート・ビーチにあるオレンジ・カウンティ美術館。2007年1月にはニューヨークのミルク・ギャラリーでも大成功し、サーフカルチャーのアートと音楽を融合したイベントとして最高峰の存在を確立している。

主な参加アーティスト、写真家はトーマス・キャンベル、アンディ・デイヴィス、ウルフギャング・ブロック、アンドリュー・キッドマン、ジェフ・カンナム、グレグ・ラマルシュ、豊田弘治、ハリー・デイリー、スコット・リチャーズ、ジュリー・ゴールドスタイン、ハイ-ダッチ、アレックス・コップス、ハービー・フレッチャー、ケイト・サットン、ジョー・カレンなど。さらにメイソン・ジェニングス、そして最近ジャック・ジョンソンの主宰するブラッシュファイア・レコードから「アンファミリア・フェイセズ」をリリースしたマット・コスタによるライヴ・パフォーマンス。また、ブリトン・カイルエットとニコライ・リドウの「スライディング・リベリア」を含む4本の映画を試写。またザ・マロイズ、トーマス・キャンベル、アレックス・コップスによるショートフィルムも上映される。

僕らも行きます!

By tra

Category : Film
2008.03.05
■NAKBA=ナクバ

080305.jpg

パレスチナ1948 NAKBA  (2008年/130分)

監督・撮影・写真:広河隆一
製作:森沢典子(『1コマ』サポーターズ)
プロデューサー・構成・編集:安岡卓治
音楽:飯利友希子
配給協力:バイオタイド

21世紀に入り、9.11を境に、「テロとの戦い」が叫ばれ、アラブの民、イスラムの民に向けて偏見のまなざしがふりかかる。中東問題の背景を追求する視線は、か細いものになってきた。マスメディアの衰退も著しい。問題の核心を探ろうとするジャーナリズムはどこにいってしまったのだろうか。

今から60年前の1948年、イスラエルが建国され、70万人以上のパレスチナ人が難民となった。動乱の中東の核心には、NAKBAと呼ばれる事件がある。このことをどれほど多くの人が知っているのだろうか。

ここに一人の日本人フォトジャーナリストがいる。現在、報道写真月刊誌「DAYS JAPAN」の編集長を務め、数々の戦場を取材し続けてきた、広河隆一。「被害者側にどんなことが起こっているのか。それを調べ、伝えるのがジャーナリストの役割」を信念とする彼は、40年間パレスチナを追い続けてきた。その間に撮りためてきた写真は数万枚、映像は千時間を越える。しかしその多くが、マスメディアでは様々な限界にぶつかり、未発表のままだった。「このまま眠らせてはいけない」。
その貴重な映像を「映画」として発表するため、2002年、一般の有志による『1コマ』サポーターズが発足。フリージャーナリストとして活躍する広河を支援し、ついに2008年、長編ドキュメンタリー映画『パレスチナ1948・NAKBA』が完成する。

今から60年前、1948年に一体何が起こったのか。廃墟と化し地図から消えていった村々の徹底した取材によって、隠され続けた歴史がいま、姿を現す。
・・・解説より

By tra

60年、イスラエルにとっては建国・パレスチナにとっては亡国・・・
昔の僕ならパレスチナに与するだろう。先日アラブに強い建築家の南部さんからアラブ+パレスチナの生の話を聞いた。でも歴史を知ると“因果応報”も感じるので第3の道=進化した解決策が生まれることを願います。

Category : Event
2008.02.24
■「ナガオカケンメイの考え」展

僕らのワークは「ライフスタイルデザイン」とも言える。
共鳴するデザイナーのナガオカさん のイベントをお知らせします。

●「ナガオカケンメイの考え」展

main.jpg

『ナガオカケンメイはデザインをしない。それにもかかわらず、ナガオカは今最も魅力的な
デザイナーの一人である。ナガオカは考え方をデザインする。そしてそれを具体的な商品
として、責任をもって市場に流通させる。この展覧会を見ると今の時代に何が必要なのか
がわかると思う。ここにはロングライフデザインの思想が一貫して流れている。』
                               展覧会担当 永井一正

場所:松屋銀座7F デザインギャラリー1953
東京都中央区銀座3-6-1松屋銀座7F

開催期間:2008年2月20日(水)〜 3月17日(月)
10:00〜20:00 最終日は17:00閉場

入場料:無料

主催:日本デザインコミッティー

協賛:石塚硝子株式会社、カリモク家具販売株式会社、株式会社コトブキ、株式会社ノリタケテーブルウェア、株式会社ホウトク、北陸製菓株式会社、株式会社マーナ、株式会社マルニ木工

お問い合わせ:松屋銀座 代表03-3567-1211

公式サイト:http://designcommittee.jp/

By tra

Copyright © 2007 Taolab LLC. All Rights Reserved.