MAGAZINEマガジン

連載

シン・カガク

地球環境本来が持つ"固有"周波数『7.8Hzシューマン共振』

新装版 奇跡の[地球共鳴波動7.8Hz]のすべて.jpg機械等から発する人工的なさまざまな「電磁波」やさらにヒトが発するいろいろな「おもいの波動」が心身の健康や自然環境に影響するということは事実かとおもいます。

シューマン共振(共鳴)という周波数について聞いたことがありますか?

シューマン共振7.83Hzという周波数は、人類が生まれる遥か遠い昔から存在しており、地球の地表と電離層との間で、地球上に住む人類をはじめとする、生きとし生けるもの全てを守るかのように存在しているのがシューマン共振周波数とのことです。
地球(電離層と地面間の球殻状の空洞)の共振周波数は、電磁波の伝搬速度、30万キロメートルを地球周囲の長さ4万キロメートルで割った7.5ヘルツ付近になります。
実際に測定したデータでは、様々な条件から7.8ヘルツを中心としたある一定範囲の周波数で共振が測定されました。

*シューマン共振
シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいはシューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、......と多数存在する。常に共振し続けているので常時観測できる。...シューマン共振のエネルギー源は雷の放電や太陽風による電離層の震動だといわれている。
(引用:ウィキペディア)

〜難しい説明なので、頭では理解できてないのですが(トホホ) 、感覚的にはなるほど、と、なんとなく。

地球大地と電離層の間の球殻状の空洞を、雷放電で発生した極超長波が伝播する現象で、理論的に予測したシューマン教授(ドイツ 1888~1974)の名前にちなんでシューマン共振(共鳴)と名付けられました。

ところが20世紀後半から7.83㎐を大きく超えた周波数が観測されています。
現代は経験したことがない最も悪い周波数環境、エネルギー環境なんだとか。その影響を受けた結果の災いや不調があってもおかしくないと推測されます。

で、シューマン共振7.83Hですが、他にもさまざまな機種+価格がありますが、なんとなく直感でこの機械を手に入れ、デスクワーク+睡眠をとる部屋に設置してみました。
271158046_10224285563480053_6010497155855452500_n.jpg
Schumann Wave 7.83HZ 超低周波パルスジェネレータ オーディオレゾネータ

起動とともに「なんとなくクリスタル」(爆)置いて使ってます。
電波が見えるわけではなく、また、音として聞こえるわけではないので物理的な状況をわかりやすくお伝えすることは出来ません。また、一ヶ月あまり使っていますが、体感変化をコトバに変換伝えること、まだ出来ません。

『本来、7.83Hzのような極々低音は私たちの耳では捕らえることができません。人間が聞こえるのはせいぜい20Hzあたりからです(もし、7.83Hzが聞こえていたら毎日うるさくて大変です)。そこで、「音」として捕らえるのではなく、「波」として捕らえられるように、バイノーラルビートの手法を採用しています。
特別な音程のふたつのクリスタルボウルを同時に鳴らすことにより、バイノーラルビートという特殊な音を作り出しています。バイノーラルビートの音を聞くと、脳波はその波長にシンクロしていくとされ、その作用は「バイノーラルエフェクト」と呼ばれています。』

〜とのことで、この映像を見つけました。
体感してみて下さい。

『バイノーラルビートの音を聞くと、脳波はその波長にシンクロしていくとされ、その作用は「バイノーラルエフェクト」と呼ばれています。
スピリチュアルな世界観では、シューマン共振には深いリラックス効果や、さまざまな治癒効果があるとされています。』

難しいことはさておき〜:)地球生命本来が出している波動、さらにそれを体感できる波=音に包まれながら意識を穏やかにしていくことで、ストレスの緩和・不安の緩和につなげられると幸いです。

こちらの書籍も購入、理解を深めています。
新装版 奇跡の[地球共鳴波動7.8Hz]のすべて.jpg
[新装版]奇跡の「地球共鳴波動7.8Hz」のすべて

理解納得とともに、体感実験は続く...

NEXT

PAGE TOP