MAGAZINEマガジン

連載

TRIP*CLIP

1941-12-8 マレー半島

1941(昭和16)年12月8日午前3時19分(日本時間〜現地時間7日午前7時49分)、日本海軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を攻撃し、3年6箇月に及ぶ大東亜戦争対米英戦(太平洋戦争)が勃発した〜といわれている...

が、同日、じつはそれよりも早く(時差の関係)日本陸軍が午前1時30分(日本時間〜現地時間タイ7日午後11時30分マレーシア8日午前12時30分)から次々とマレー半島タイとマレーシアの国境近くの海岸に上陸、マレー作戦が始まる...

開戦時における日本軍の戦略目標は、石油や天然ガス、ゴム[購入の為]などの豊富な天然資源を持つオランダ領東インド(現インドネシア)の資源地帯の占領であったが、そこに至るには手前に立ちはだかるイギリスの植民地であるマレー半島およびシンガポールを攻略する必要があったためだ...

上陸した日本軍は、イギリス軍と戦闘を交えながら55日間で1,100キロを進撃し、1942年1月31日に半島南端のジョホール・バル市に突入した。これは世界の戦史上まれに見る快進撃であった。作戦は大本営の期待を上回る成功を収め、日本軍の南方作戦は順調なスタートを切った。この作戦の実施司令官は山下奉文中将。この作戦成功により山下中将は「マレーの虎」と評された。

マレー作作戦.jpg
(一億人の昭和史 日本の戦史7 太平洋戦争7 毎日新聞刊 p128)

2013(平成25)年1月上旬、年末年始を南インド アマチのアシュラムで過ごし、その後、マレーシアに。
上記、上陸海岸にこのカラダを持っていき、ここ25年ほど個人的に行っている慰霊平和祈願の旅の一環で手を合わせ祈りを捧げるため。
まずはクアランプール入り、夜行バスでコタバルに。数日滞在。

"マレーシア コタバル"

IMG_1808.jpg
「海岸」

IMG_1809.jpg
「市場」

そこからあらためてバスにのり国境を超えタイ パタニーおよびタペー(こちらも上陸場所)そしてシンゴラに。

"タイ シンゴラ"

IMG_1881.jpg
「海岸」

IMG_1858.jpg
「寺院」

タイにも数日滞在、そしてふたたびバスに乗り、国境を超え、クワランプールに戻ったのでした。

"マレーシア クアランプール"

IMG_1914.jpg
「ペトロナスツインタワー」


すべての戦争犠牲者の方に合掌。
人々が平安で世界が平和でありますように。


IMG_1776.jpg
"おもいで〜コタバル 素食店(中華ベジタリアン)にて〜こんな田舎にあるなんて、毎日通いました...天の計らいに感謝!"

NEXT

PAGE TOP