MAGAZINEマガジン

Shot

寄稿 青柳拓次

Takujiという名で

takuji1.jpg

ぼくは東京のギタリストの家系に生まれました。
Takuji=拓次という名は、詩人の大手拓次から取られたそうです。

ギターを弾く母親のお腹の中で、
世界の民謡、クラシック音楽、現代音楽を聴いていたからか、
ぼくは世界中の音楽が好きです。
どの国の音楽のなかにも好きな感じの曲を見つけることができます。

ギターは旅する楽器です。
長い歴史のなかで、人々の移動と共に世界を旅してきました。
これまで、どれだけの人を愉しませ、慰め、鼓舞してきたことでしょう。

日々、世界の音楽に耳を澄ませ、民族楽器の奏でるメロディー、
リズム、ハーモニーをギターでなぞります。
ギターの姿形は昨日と何一つ変わらないけれど、
その可能性と音の世界は広がり続けてゆくの感じます。

あるとき、どこの国の音楽にも、意味の無いことばで歌う
スキャットがあることに気づきました。
それからは、スキャットに出会うと、ノートに書き留めて、
自分でも歌えるようにしました。

スキャットが面白いのは、
たとえ、その国のことばが解らなくても、
聞いた人が真似をして、すぐに歌えるようになってしまうことです。
老若男女、人種、宗教、音楽教育の有無も関係ありません。

人間の意識を探って行くと、
最も深いところに人類共通の記憶が眠っている、
そう聞いたことがあります。

姿、形、文化、考え方が違えど、
人々は同じ古代の記憶を抱え、今を暮らしている。

もし新たな音楽的共通言語=スキャットが、
その記憶と共振し、また響き合うことができるのなら、
わたしたちは何かを思い出すかもしれません。

ぼくは、このTakujiという名で、
世界中の唄、自然音、動物の鳴き声に耳を澄ませ、自ら発するスキャットと、
様々な民族楽器のエッセンスが溶け合ったようなギターの音色を掛け合わせ、
響き合う未来を描いていきます。

みなさんの土地で、
お会い出来るのを楽しみにしています。

Takuji


◆ 蓼科公演

日程  2018年8月12日(日)
会場  蓼科 heart house ハートハウス 
住所  長野県茅野市北山5522-324
※近隣のレストランのクッチーナ キムラかパン屋エピで検索ください。
※東京方面からは諏訪南インター、名古屋方面からは諏訪インターから約20~25分です。
電話  090-9624-2541
時間  開場13:00 / 開演15:00
料金  前売り2500円 当日3000円 (30名限定・要予約・当日精算・1ドリンク付き) 
予約:
お名前(ふりがな)、ご住所、携帯番号、人数、お連れ様のお名前をメールか電話でお伝えください。
mikaoriya@gmail.com

※標高1150mの高原ですので肌寒いこともあります。長袖をご持参ください。
※公演後に食事会(会費1000円)があります。ご参加される方はご予約時にお伝えください。
※ギャラリースペースで八ヶ岳在住の写真家・山内悠さんの写真もご覧に頂けます。


◆ 浜松公演

日程  2018年8月17日(金)
会場  静岡県浜松市木下惠介記念館 〒432-8025 静岡県浜松市中区栄町3-1
時間  開場18:00 / 開演19:00
料金  2500円 (30名限定・要予約)
予約:
お名前、人数、ご連絡先をご記入の上、こちらまでメールをお送りください。
cafetheeel@gmail.com

※記念館の展示をご覧になりたい方は観覧料100円をお支払いください。
※館内は飲食禁止となっております。また演奏時の撮影、録音はご遠慮ください。
※専用駐車場はございません。近隣のコインパーキング等へ駐車をお願い致します。

主催  cafe the eel
協力  絵本の店キルヤ


◆ 伊東公演
musiqarium live Vol1 《 Takuji 》

日程  2018年8月18日(土)
会場  GRGRぐるぐる 
    静岡県伊東市十足536-1 十足広場
時間  開場18:00 / 開演19:00
料金  ¥3000 with 1drink ※中学生以下無料
予約:
お名前、人数、ご連絡先をご記入の上、こちらまでメールをお送りください。
mailbox@taolab.com

主催  GRGR & TAO LAB

*GRGRより
お盆明けのGRGRで、青柳拓次さんの[声とギター]による
ソロユニット「Takuji」のライブを行います。

げんこつ山に夕陽が沈み、ヒグラシが鳴く、
最幸のタイミングとロケーションで、
Takujiの声とギターに癒されましょう。

*GRGR+TAO LABより
musiqarium.jpg
ここ伊豆にて満天の宇宙(そら)でキラキラと光輝く星々のような音楽を奏でるミュージシャンと共に素敵なライブを" musiqarium live "と題して今後とも企画していきます。


*Takuji/音楽家
Little Creatures、Double Famous(2010年脱退)、
Kama Ainaや青柳拓次というソロ名義でアルバムを発表し、
映画や舞台、ファッションショーの音楽を手がけ、詩人や作家、写真家としても活動。
輪になり声が渦を巻く参加型コンサート「Circle Voice」主催。

青柳拓次HP

*TAO LABより
" musiqarium live " 第一弾を奏でるのはTakuji。
彼はTAO LAB DIGITAL BOOKS " musiqarium guidebook88 "の第一弾の著者でもあります。
アタラシイココロミにはいつも拓次くんが〜BIG MAHALO ありがとうございます、Takujiくん〜:)

「はじめに耳にするアルバム、いつでも手元に残るアルバム」
My Soul Music』by 青柳拓次

NEXT

PAGE TOP