MAGAZINEマガジン

連載

本日の一冊

日本の感性が世界を変える: 言語生態学的文明論

「論争より情緒、対立でなく融和。世界には"日本らしさ"が必要だ。言葉と文化、自然と人間の営みに深い思索を重ねてきた著者が、世界の危機を見据えて語る《日本人の使命》とは? 持続可能社会だった江戸時代の豊かさ、外国人が日本語を学ぶとなぜか礼儀正しくなる"タタミゼ効果"の不思議や漢字に秘められた意外な力、そして日本の共生的自然観を西欧文明と対比させつつ、繊細だが強靱なこの国の感性を文明論として考える。」〜書籍内容紹介より〜

日本完成が世界を変える.jpg

日本の感性が世界を変える: 言語生態学的文明論
鈴木孝夫:著

*TAO LABより
最近のお気に入りの著者のひとり、鈴木孝夫先生。
御年91歳の日本の言語学者・評論家。慶應義塾大学名誉教授。
ホーリーアウトローシリーズ三部作(「獄中閑」「WALK ACROSS」に続くものは来年出せればと制作スタート〜仮タイトル「禅surf ー波乗りの彼岸ー」)完結後、取り掛かりたい新シリーズに何らかのカタチで参加していただきたいと思っています。

PS
有難いことに2017年12月8日、お目にかかれることになりました。先生とのご縁もカタチに出来れば。

NEXT