MAGAZINEマガジン

連載

本日の一枚

The Best Songs of Bellwood

bellwood

The Best Songs of Bellwood 監修:三浦光紀 / オムニバス

レコード会社より
創立45周年を記念した、レーベル・ベスト・アルバム。
はっぴいえんど、大瀧詠一、細野晴臣、はちみつぱい、高田渡他ベルウッドの代表的な楽曲をCD3枚に収録。選曲と監修は三浦光紀氏。ジャケットアートワークは矢吹申彦氏。

ベルウッド・レコードとは・・・
ベルウッド・レコードは、1972年当時キングレコードの社員だった三浦光紀氏が、ニューミュージックを手掛けるために設立した、初のメジャー系独立レーベル。
現在でも第一線で活躍するあがた森魚、細野晴臣、小室等など多くのアーティストを生み出してきたことで知られ、若い世代のアーティストにも多大な影響を与え続けてきた初のメジャー系独立レーベルである。
エレックやURCと並び"3大フォーク・レーベル"と呼ばれることも多いが、ベルウッドのレーベルカラーとしてはロック色が強く都会的な雰囲気、そしてどこか洋楽的な匂いも持ち合わせており当時としては洗練されたイメージのあるレーベルであった。
日本のフォーク・ロックの黎明期を支え、後のJ-POPの発展に大きな影響を与えた。

TAO Labより
ベルウッドの作品群は「サウンド」「アートワーク」とともに「詩」も素晴らしいですよ。
まずは入門編、ここから掘り上げていってください。
本日のオススメの一枚です。

NEXT